BLOG
【毒素が溜まったときに】解毒作用&デトックスに優れたハーブ・ペパーミント
  |   ハーブについて(種類別)

ペパーミントティーの効能!花粉症にも効く!?食後におススメな3つの理由

ペパーミントの効能と成分 ペパーミントはシソ科のハッカ属の多年草です。 その歴史は古代ギリシャ時代やローマ時代に香料として使用されたことが始まりだといいます。 国内ではセイヨウハッカと言われることもあるハーブのひとつです。 そして、ウォーターミントとスペアミントの交配種が、ペパーミントです。 (ペパーミント系と、スペアミント系が、ミントにはあります。) ほんのりと甘い香りが心地よいのは、スペアミントになり、メントールを含む量が多いのは、ペパーミントです。 また西洋では古くから軽度の病気の薬...

Read More
09 5月
14
上質な香りが決め手!ハーブ「サンダルウッド」のポイント4つ
  |   ハーブについて(種類別)

上質な香りが決め手!ハーブ「サンダルウッド」のポイント4つ

サンダルウッドとは ビャクダン科の熱帯性常緑樹で、インドが原産です。 インドでは4千年以上も前から使われており、紀元前5世紀には高貴な香木として扱われ、香水の原料としては最古とされるハーブの一つです。 サンダルウッドは、インドのマイソール産が最高級とされますが、近年数が減っているため、インド政府が伐採制限や輸入規制を行っているので、入手困難です。 また別名で白檀のことを言います。 仏教の伝来と共に、日本に伝わったもののひとつに香木があります。 芳香のある木を燃やして香らせるもので、様々な種...

Read More
08 5月
21
anti_stress
  |   ティーの原材料、素材について

フェンネル(ウイキョウ) 基礎知識と効能効果、作用について

フェンネルとは、 セリ科ウイキョウ属の多年草で、英語でのフェンネルの名前の由来は、ラテン語で「小さな干し草」を意味するFoeniculumに由来しています。 また古代ギリシャでは、ギリシャ語で「細くなる」を意味する言葉で呼ばれていました。 和名はウイキョウ(茴香)、または、ショウウイキョウ(小茴香)。 仏名ではフヌイユ (fenouil)。イタリアでは、フィノッキオ(Finocchio)と呼ばれてます。 地中海沿岸が原産とされ、古代エジプトや古代ローマでも栽培されていた記録があり、歴史上もっとも古い作物のひとつとされて...

Read More
07 5月
20
ハーブ「ウイキョウ(フェンネル)」が料理のスパイスにオススメ!
  |   ハーブについて(種類別)

フェンネル(ウイキョウ)が料理のスパイスにオススメ!魚や肉料理に活躍!

フェンネルとは、 フェンネル(ウイキョウ)はハーブであると同時に、日本薬局方に記載される生薬でもあります。 生薬として用いるのは果実の部分ですが、料理ではフェンネルシードとして用います。 漢方的な効能としては、芳香性健胃や去痰などがあり、独特な芳香によって胃の動きを活発にさせて、食欲を増進させることになります。 植物学的にはセリ科に分類され、地中海沿岸が原産地となります。 ウイキョウ(フェンネル)の、甘さとスパイシーさを合わせ持った香りは、魚料理と非常に相性が良く合います。 ヨーロッパ各...

Read More
30 4月
26
民間薬としても有名!ハーブ「カモミール」の特徴
  |   ハーブについて(種類別)

カモミールの花言葉・効能・ティーの作り方から美味しい飲み方まで伝えます

カモミールについて 名前の由来と花言葉 カモミールの語源は「大地のリンゴ」という意味でギリシア語で 地上のという意味のChamai(カマイ)と、 りんごという意味のMelon(メーロン)からつけられた名前です。 カモミールの花がリンゴの果実に似た香りがあるためと ギリシャ語で『大地』を由来する言葉に由来するといわれている説があります。 日本には江戸時代に伝来しており和名はカミツレです。 花言葉は、『励ましの言葉』と『友人との親交』になります ・苦難に耐える ・逆境に耐える ・逆境の中のエネルギー ・逆...

Read More
28 4月
23
傷を治す言い伝えがあるハーブ、セントジョーンズワートの効果
  |   ハーブについて(種類別)

セントジョーンズワートのハーブティーの効果と飲み合わせや飲み方は?

セントジョーンズワートとは?その歴史と効能 ハーブは、ヨーロッパにおいては、代替医療の一つとして扱われ、 健康や美容を目的に、様々な場面で活用されています。 お茶や食品としての摂取の他、皮膚や傷口への塗布、芳香などに使われるのが一般的です。 その中でセントジョーンズワートは、古来より傷を治す力があるという言い伝えがあり、 または、セイヨウオトギリソウ(西洋弟切草)と呼ばれる根茎性の多年草ハーブの一種です。 歴史を遡ると、その使用起源は2000年以上前にも遡ります。 古代ギリシャ時代や、古代ヨー...

Read More
25 4月
44
【料理にブレンドもOK】ハーブ「レモンバーム」が万能すぎる!
  |   ハーブについて(種類別)

レモンバームの効能!ティーに料理にお風呂に使用用途はたくさん

レモンバームとは・・・ レモンバームは人気があるハーブの一つです。 南ヨーロッパ原産のシソ科に分類されるハーブで、セイヨウヤマハッカという和名もあります。 「バーム」という名は、バルサム(香膏の意)を縮めたもので、『レモンように香る固体』から来ています。 学名は、Melissa officinalisとなり、レモンバームは別名「メリッサ」とも呼ばれます。 属名のギリシャ語「メリッサ」は、ミツバチの意味で レモンバームが付ける白い小花は、ミツバチに非常に人気があり、よく集まってくるのです。 砂糖の精製技術のな...

Read More
30 3月
21
香りや味で選ばれています!女性に人気の「ハイビスカス」
  |   ハーブについて(種類別)

ハイビスカスティーは女性に人気!色・味・香りに美容や健康に効果的!!

ハイビスカスとは 鮮やかな色の花びらで南国をイメージする花として、 世界各地の熱帯や亜熱帯に生えることでお馴染みの、あの美しい花を思い浮かべる方も多いでしょう。 日本でもとても良く知られたハイビスカスは、ハワイの州花です。 ハワイで正装の際に女性が長い髪に飾っている大きな花、それがハイビスカスです。 アオイ科フヨウ属の総称で、その種類は3000種以上にも上り、 それらの種類のほとんどが園芸品種だと言われており、花のタイプも実に様々なものがあります。 鮮やかな緑色の葉と極彩色の花とのコントラス...

Read More
28 3月
26
【疲れやすい人に】ハーブ・ローズヒップティーがオススメな理由【疲れやすい人に】ハーブ・ローズヒップティーがオススメな理由
  |   ハーブについて(種類別)

ローズヒップの効能!ビタミンCの美肌効果にダイエットなど嬉しい効果

ローズヒップの栄養と効能 ローズヒップの種類として、ロサ・カニナという品種の野バラ(ドッグローズとも)から採取され、 ヨーローッパでは古くからローズヒップが親しまれてきました。 ローズヒップはハーブティーをはじめとして、 ジャムやアロマオイルなど様々な方法で人々の生活に取り入れられてきました。 特に北欧やロシアやアラスカなどの寒い地域では、 長く厳しい冬を乗り切る健康食材としてジャムやスープなどで摂取することが多いといいます。 あなたは毎日の生活の中で疲れやすくなっていませんか? そん...

Read More
27 3月
25
心の健康に効果アリ?アールグレイがリラックス効果を生む理由
  |   紅茶について

アールグレイは心身に効能あり?ベルガモットの香りがリラックス効果を生む

心の健康と身体の健康 紅茶やハーブティーなどは、身体の美容や健康などの直接的的な問題を解決するのに持ってこいですが、 精神的な問題を解決するにも効果があります。 ですが、どんなに身体に必要や健康に効力があっても、 過剰な摂取は身体の毒になり身体を壊してしまいます。 このことは精神的面でも言えることです。 人間は喜怒哀楽が認識・表現できます。 適度な表現が出来れば、心身や人間関係に良い影響を出してきます。 それが過剰であれば自分の心身にも、回りの人間関係にも問題が発生してしまいます。 心身の悪...

Read More
24 3月
42
  |   お知らせ, その他, ヤスブログ, 知識

パンナコッタとプリンの違いとは?レシピやババロアの違いも解説

ご挨拶-前文- こんにちは 甘いもの大好きな私です。 紅茶のお供に何かしら欲しくなってしまうのですが、 我慢するのもしばしばです(泣)。 今回はスーパーのお勤め品に、 「パンナコッタ」があり、 パンナコッタとプリンの違いが、 気になりレシピを調べてみました。 さらに、様々な気になった食べ物の違いなども   パンナコッタとプリンの違いとは・・・ 材料はほぼ同じ!? 結果は、原材料はほぼ同じで、 小さな違いは、繋ぎの材料が違うだけでした。 繋ぎも作る材料なのだから、全然違うじゃないか...

Read More
23 3月
39
甘いのに低カロリー!ダイエットにハーブ「リコリス(甘草)」がオススメな3つの理由
  |   ハーブについて(種類別)

ダイエットティーのおすすめ!リコリス(甘草)ブレンドが良い3つの理由

リコリス(甘草)とは・・・ リコリス(甘草)はマメ科の植物で、ダイエットに効くハーブとして知られています。 甘草というと、日本の方がすぐにイメージするのは、漢方薬かもしれませんね。 これは、薬効や芳香、強い甘味を持つ非常に優れた薬用植物です。 長い歴史の中で、実に幅広く使われてきた植物、それがリコリス(甘草)なのです。 漢方のような東洋医学だけでなく、西洋でも様々な症状に有用なハーブとして古くから使われており、 嗜好品の風味付けや、甘味料としての側面もあります。 甘草という名前のとおり、...

Read More
22 3月
34