Blog

ハーブティーの魅力!デトックスやダイエットなど健康効果のある3つのハーブティーを紹介

  |   ハーブティーについて

こんにちは、
暑い季節や季節の変わり目などは、皆さん体調管理はしっかりとして、体調を崩さないようにしましょう。
今回は、おススメするハーブティーを3つご紹介します。

デトックス効果満載!マヌカフラワーティー

弊社で人気の高いハーブティの一品!!
『マヌカフラワーティー』
男性女性様々のお客様の声では、
『とてもサッパリして飲みやすい』
『他所とのデトックスティーと比べて癖が無くて美味しい』
と大変ご好評頂きました。

他所様と違う点での人気の秘訣は、何て言っても配合されているハーブに『マヌカハニー』で有名な『マヌカの葉』が配合されています。
風邪や感染予防に効果的で体調を崩さないために、涼しい日はホットで・暑い日はアイスで飲み分けしましょう。

原材料のご紹介

・マヌカの葉
・ブラックベリー葉
・キイチゴ葉
・レッドサンダルウッド
・イチゴの葉
・イラクサの葉
・クルミの葉
・オート麦、
・フェンネル(ウイキョウ)
・レモンバーム(西洋ヤマハッカ)
・ペパーミント
・タンポポ
・ヘリクリサムの花
・マリーゴールドの花
・ヒエンソウの花
・カンゾウ根

続いて味や香りは、味も香りはほとんど無く微かに葉っぱと花の感じられるか、感じられないかのレベルです。
一応は甘草が入っているのですが、味としての甘みもほとんどありません。
口に含んだ際のティーの舌触りや飲み心地がとても柔らかいのが特徴です。
色は、黄色とほんの少し赤みのある色ですね。

マヌカフラワーティーは、様々なハーブの効果を合わせて60種以上!!

特長は、体内に溜まった毒物を排出させることに有効な効能を持ったハーブ(タンポポ・マリーゴールド等)や体外に出来てしまった。
にきび、膿傷、吹き出物にも有効なハーブ(ヘリクリサム等)も入っており、身体の内も外も良くしてくれるハーブティーです。

代表的なのを幾つかご紹介
デトックス効果である
『便秘の改善・利尿効果・発汗・消化促進・浄血』

マヌカのパワー
『感染予防・風邪予防』
だけではなく、更に
風邪の症状改善
『解熱・去痰・鎮咳・体温調整』

美容面では
『ダイエット・美肌・むくみ』

精神的効果で
『リラックス効果・抗鬱効果・ストレス改善』

香りや味が殆ど無いので、白湯のようにとても飲みやすいおススメの一品です。
この機会にお試し頂きたい一品になります。

ご購入は以下のリンクから

美味しく頂いて健康効果を感じて見て下さい。

リラックスに効果的!アップルティーのような味のリラックスティー

自然の甘さで甘党に人気の高いハーブティ―『リラックスティー』
ドライフルーツのアップルが入っており、アップルティーのような甘い味が特徴です。
甘さの補佐と甘草(リコリス)の根もブレンドされており、甘さと味に自身のある一品になっております。
また、レモンバームやセントジョーンズワートなどのハーブも入っており、名称のようにリラックス効果も大いに期待できるのが特徴です。

原材料のご紹介
アップル
ラズベリー
レモンバーム
セントジョンズワート
ラズベリーリーフ
甘草の根
マロウフラワー

代表的なのを幾つかご紹介
デトックス効果である
『便秘の改善・利尿効果・消化促進』

美容面では
『ダイエット・美肌・むくみ』

精神的効果で
『リラックス効果・抗鬱効果・ストレス改善』

フルーツティーと差異がない甘くとても飲みやすいおススメの一品です。

ご購入は以下のリンクから

甘さと香りでストレス対策!アンチストレスティー

上白糖の30倍以上の甘さを持つ、自然甘味の甘草(リコリス)が多くブレンドされているのが特徴のアンチストレスティーです。
第一の特長は、上記で書いたように砂糖を使ってないのに甘いということです。
この甘さによって女性に嬉しいダイエット効果が得られます。
簡単に言うとこの同じ甘さのティーを飲もうとすると甘草の30倍の砂糖を使わないと得られない甘さということです。
また、ハーブティーですが、葉は一切使っていないのも特徴です。
シナモンとオレンジの香りに、ウイキョウとカルダモンのスパイスの風味が調和している一品です。
濃く抽出すると甘みあるトロミにあるティーになるので普通のティーよりもお腹にも溜まります。

原材料のご紹介
シナモン
甘草の根
オレンジの皮
ウイキョウ
カルダモン

代表的なのを幾つかご紹介
デトックス効果である
『利尿効果・消化促進』

美容面では
『ダイエット・美肌・むくみ』

精神的効果で
『リラックス効果・抗鬱効果・ストレス改善』

ご購入は以下のリンクから

特徴あるハーブティーを独自ブレンドしてみよう-デトックスティー&アンチストレスティー

上記でご紹介したハーブティーは、ストレートで飲んでも美味しいですが、自分の好みにブレンドしてみるのも面白いです。

ブレンドの例を挙げてみようと思います。
今回は、筆者の私が自身が良く飲む組み合わせです。

マヌカフラワーティーとアンチストレスティーの組み合わせをご紹介します
この組み合わせは、ハーブティーの効果よりも美味しさを楽しむための組み合わせです。
もちろん多種のハーブが混ざるので、ハーブティー効果もあります。

こちらも自分の好みの配合量にするのがおススメですが、まずはハーブティー単体の味を確かめてからブレンドしてみましょう
私のブレンド配合比率は、
アンチストレス:2
マヌカ:8

アンチストレスは甘草の根が多くブレンドされているのでアンチストレス単体でも、とても甘みを感じられます。
シナモンの香りもパンチが効いているので少量で良い味を出すことが出来ます。
アンチストレス単体でのとろみの結構出ます。
マヌカはハーブティー特有のさっぱりとした味わいが特徴です。

注意点としては、アンチストレスの分量が多すぎると味香りともにデトックスの美味しさが、主張の強いアンチストレスに食われてしまう点です。
アンチストレスは自然の甘味料と言われる甘草を含んでいるので甘いのが好きな人はアンチストレスの分量を増やしても良いです。
自分の好みの独自ブレンドでティータイムをレッツエンジョイ!!

リコリス

高血圧な人は注意!ハーブ「リコリス(甘草)」を摂取するときの注意点3つー

上記ので上げた3つのハーブティーでブレンドされているリコリスについての注意点を記載します。
通常のハーブティーとして飲む場合は、特に問題になることのないことですので、安心して下さい。

リコリスを摂取する際に注意する一つ目は、過剰な摂取です。
リコリスの多量の摂取は、頭痛や嘔吐などを引き起こします。
適量を守ることが原則です。
高血圧な人は特に、症状が悪化しますから、気をつける必要があります。

リコリスを摂取する際、ハーブだと安心して、漢方薬として長期間服用をしないことです。
リコリスを含んでいる漢方薬を長期的に服用している場合、高血圧の人は気をつける必要があります。
リコリスは、解毒や抗アレルギー、痛み止めや抗炎症などの薬効を持っている生薬でもあります。
リコリスの主要有効成分はグリチルリチンですが、これが腎臓内のホルモンの調整を妨げることになります。
体の中の不要な塩分を取り除いたり、必要になったら吸収したりするのが、肝臓のホルモンの働きです。
しかし、ホルモン量の調整機能をグリチルリチンが妨げてしまうことになると、腎臓の働きは乱れやすくなります。
そして、塩分を過剰に再吸収して、高血圧をさらに悪化させてしまいます。
長期的な使用は控えることが大切ですし、長期間にしても、それは数週間程度に控えるべきでしょう。
いくらハーブだから、漢方薬だからといって、安心しきって長期間たくさん使用するのは、体にとってもマイナスとなることがありますから、気をつけなくてはいけません。
高血圧がある人は、リコリス(甘草)を摂取するときには、服用している薬があるかどうかを確認しましょう。

3つ目としては、服用している医薬品があるときには、正確な情報を医師に伝えておくことも必要です。
高血圧の適切な治療をするためにも、摂取していいものか、アドバイスも貰うようにしたほうが安心です。
リコリスは、和名では甘草と言われている、世界的にも歴史があるハーブです。
健康の効果としては素晴らしく、美肌効果やダイエット効果、免疫力アップの効果や肝機能を向上する効果、それに胃腸の機能を高める効果などもあります。
炎症やストレスにも対抗する副腎皮質ホルモンの活躍も高めてくれます。

摂取の量としても、食品などに含むほどの量であれば、健康な人なら問題はないです。
摂取の期間としても、短期間であれば、健康にも害はないものです。
しかし長い期間ともあると、そうも言っていられないため、4週間以上の長期を予定している時には、医師へ相談したほうが良いでしょう。
妊娠中の女性や、授乳中の場合も、摂取には注意が必要です。