Blog

パイナップルのカロリーは?美容・ダイエット・便秘にも効果的なその理由とは

  |   フルーツティーについて

パイナップルの健康効果

南国フルーツの定番、パイナップルは健康効果たっぷりです。
食べるだけで南国パワーを手に入れることができます。
今、流行の酵素も多く含まれています。

酵素はもともと人の身体に含まれているものですが、老化などにより減ってしまうことで太りやすくなったりお肌のトラブルが起きたり、身体が疲れやすくなったりとさまざまな悪影響が起こります。

酵素成分がたくさんのパイナップルを食べれば美肌になれます。
夏ばてや疲れ・倦怠感の解消にもなります。
食物繊維も多く含まれているので便秘の解消にも効果的です。
朝、ヨーグルトと一緒に食べる習慣にすれば腸内環境が整い、お腹の中から美しくなれるのです。

南国フルーツだけに夏バテにもよいですし、日焼け対策にもなります。
また、身体を冷やしてくれます。
そのためやはり夏に食べるほうがおすすめなのです。

寒い時期や冷え性の方は食べすぎに注意しましょう。
酵素は60度以上になると効果が弱まります。
そのため缶詰の形で食べる場合は健康や美容のためにそれほど期待はできません。
ビタミンCの量も7分の1ほどまで減少していると言われてます。

やはり生パインの方がよいでしょう。
たんぱく質を分解してくれる成分も含まれているので、お肉と一緒に食べるのも最適です。

胃や肝臓の負担が減ります。
胃腸の働きが弱い人は食前食後に取り入れることで天然の胃腸薬としてみてもいいでしょう。

健康によいパイナップルですが、しっかり熟したものを選ぶようにしましょう。
熟していないものの場合は、シュウ酸という成分を多く含んでいることから、消化不良を起こしたり口の中が荒れてしまうなど逆効果だからです。
お尻が黄色いものの方が甘くておいしいですし、葉っぱが短いほうが新鮮なので丸ごと購入する際には葉とお尻部分の様子に注意してみましょう。

集中力とパイナップルについて

ビタミンB1は世界で最初に発見されたビタミンです。
水溶性ビタミンであるビタミンB1は水に溶けやすく熱にも弱く、日本人に不足しがちな栄養素でした。
そのビタミンB1不足からもたらされる脚気は国民病でした。

ビタミンB1は糖質を分解する酵素の働きを助けてくれます。
不足することでイライラしたり疲れやすくなったり、集中力が低下したりするのです。
ビタミンB1は豚肉やうなぎ・玄米などに多く含まれていますが、そのどれもが熱を加えて調理しなければ食べることができません。
玄米は炊く前に洗うので水からも栄養成分が逃げていってしまいます。

パイナップルにもビタミンB1は多く含まれます。
パイナップルの場合、硬い皮で包まれているのでそれを剥いてしまえばわざわざ水洗いする必要もありません。
煮たり焼いたりと熱を加える必要がなく生のまま食べることができます。
そのためビタミンB1が逃げていくことが少ないのです。

最近ではビタミンB1の水や熱に弱いという性質が科学的に分かり、調理方法も発達しました。
さまざまな食材からビタミンB1を取り入れることもできるようになりました。

しかしながら、インスタント食品ばかりで偏った食生活の人の場合はビタミンB1が不足するケースもあります。
毎日の食事にパイナップルを取り入れることは美容や健康のためだけでなく、ビタミンB1不足解消にも役立つのです。

ダイエットのためにと朝食抜きで済ませる若者も多いですが、それよりはパイナップルをヨーグルトに混ぜたりジュースにして取り入れることで逆にダイエットがスムーズになりますし、集中力アップにもつながり1日を元気にスタートできるのです。
胃や腸の中で水分を吸収し膨らむので、朝食をパイナップルジュースにするだけでも十分に満腹感を得ることができるのです。

便秘とパイナップルについて

つらい便秘の解消に効果大なのが、ジューシーなパイナップルです。
その秘訣は食物繊維の含有量の多さにあります。
さらに効果をパワーアップさせたいなら、ヨーグルトには腸内環境を整える働きがありますので、相乗効果で腸内をスッキリとリセットできます。

含有されているタンパク質分解酵素のプロメラインは、一般的にはお肉を柔軟にすることで認識されています。
クエン酸は酸味成分であり、胃液の分泌を活発化させてくれます。
胃液が順調に出るので、食事をしたあとの胃腸の働きも良くなって、消化不良なども助けてくれます。

加熱には弱いという弱点を持ちますので、60℃以上に熱を加えてしまうと作用はなくなります。
その特徴を考慮した、料理で食事に取り入れてみるのもいいでしょう。

プロメラインは体内において、タンパク質分解酵素として活躍をしますが、それ以外にも活躍があります。
抗炎症や抗浮腫に血栓溶解作用もありますし、血管内皮細胞の機能変化や、血液中の接着分子に、サイトカイン生成とエン駅細胞の活性化や調整作用もあります。

プロメラインは、パイナップルの葉や果汁の消化酵素ですので、タンパク質をしっかりと分解してくれます。
胃腸に掛かりやすい負担も軽くしてくれますし、消化と吸収も向上させてくれます。
お肉料理のトッピングにも登場をしやすいのは、こうしたタンパク質分解酵素があるためです。

熟した甘い状態の果実を食べた時には、舌がピリピリとしやすくなります。
これはまさに、プロメラインの刺激による反応です。
プロメラインのタンパク質分解酵素の刺激が、とても強すぎて起こるものです。

ほかにも作用はいろいろあって、ねんざや怪我や関節炎といった炎症の痛みや腫れも抑えてくれます。
腸内の不要物質の分解作用がありますので、消化不良や下痢の発生という、消化器系に起こりうるトラブルの助けにもなります。

腸内環境とパイナップルの良い果実の見分け方

腸内環境を良い状態に整える効果があるのも、このパイナップル果肉の特技と言えるでしょう。
パイナップルのタンパク質分解酵素は食べることで腸内において、その環境を整える働きもしてくれます。
炎症をしずめてもくれますし、体内の有害物質を分解したり、ガスの発生をよくする働きもにないます。

とても栄養に恵まれている果実ですが、気をつけたいのはあまり熟していない状態です。
シュウ酸を多く含有していることから、口腔内が荒れてしまったり、消化不良を起こす事があるからです。

熟しておいしい状態を見分けるためには、果実の葉の状態を見て、青々としていて元気であり、枯れていないかを見ましょう。
手で持ってみて実はずっしり重いかも確認をして、甘い香りが下の部分より漂うかも調べてみましょう。
状態として葉っぱとは逆のおしり側に、特有の甘みはたまりやすい果実です。
購入をしてから保存をする期間は、状態を逆さにして保存をしておくことで、甘さは全体へと広がりやすくなります。

この果実は追熟しませんので、いつまでも常温で置いて置くのには向きません。
冷蔵庫で保存をするか、すぐに食べてしまうことです。
常温でストックしておくと、傷みが早くなります。
冷蔵庫での保存であっても油断はできませんので、2日から3日のうちの美味しい頃に食べるようにしましょう。

成熟をした状態の果実は、そのほとんどがショ糖になります。
胃もたれにも解消になるというのは、タンパク質消化酵素が含まれるからです。

パイナップルを食べると、ピリピリするも感じますが、消化酵素による刺激です。
タンパク質を分解する酵素ですので、この果実と一緒に肉や魚を調理すると、そのタンパク質の分解を促し舞うので、胃腸への負担は軽くなります。
腸内で滞りがちな老廃物を、積極的に分解してくれますので、バランスが乱れがちな腸内環境も整えることになります。
現代では流行にもなっている、いわゆるデトックス効果も期待できることになります。

ダイエットとパイナップルとの関係~パイナップルのカロリーは?

パイナップルのダイエット効果とは、含まれる酵素が痩せるためのサポートとなります。
体内の脂肪を分解してくれるのが、酵素の働きであるためです。
ビタミンB1もたっぷりですので、体内の糖質を分解するのを助けてくれます。
さらには新陳代謝を促す作用もあります。

ビタミンCやビタミンB2といった、豊富なクエン酸も含みますので、疲れをリセットさせてくれますし、アンチエイジング作用ももたらすことになります。
ほかにも成分として、タンパク質分解酵素を含有しているので、消化をサポートしてくれます。
こうした働きから、胃腸を健やかに保つ働きにもつながります。
たっぷりと食物繊維も入っていますので、便秘にお悩みの人でも便通を解消することになります。

パイナップル100gあたりのカロリーは、51kcalほどです。

痩せるためのタイミングとして、朝の時間にパイナップルを食べた方がいいと言われています。
ミネラル成分やビタミン、それに食物繊維も豊富であり、抗酸化活性としても強力なものです。
抗酸化活性の作用は、腸内における老廃物を分解する働きがあります。

こうして効率的な整腸作用を行いますので、痩せるためにも、デトックス作用ももたらすことになります。
ダイエットの心強い味方にもなってくれますし、便通の改善におなります。
さらには美容効果も抜群ですので、美しく痩せたい人には最高の果物でもあります。

痩せるためには、朝にパイナップルを食べるだけでいいのですから、とてもお手軽な方法です。
朝というと慌ただしいですが、午前中の時間帯に食べれば大丈夫です。
人間の体内における排泄時間は、早朝の4時からお昼までが活発ですので、午前の時間に食べるのがいいのです。
だから痩せるために食べるなら、これだけを食べて他の物は、午前中は食べないようにします。

パイナップルに期待できる美白などの美容効果

イエローカラーがポイントのパイナップルですが、この果肉にはたっぷりのセラミドが含まれていて、保湿には欠かせない成分でもあります。
パイナップルセラミドは、お肌を乾燥からしっかりと守ってくれます。
お肌の潤いは保持されて、小じわが皮膚のゴワつきなども修復をする作用をもちます。

成長遺伝子であるEGFやFGF-2は、お肌の若々しさをキープする成分であり、それらの発現を積極的に促すことにもなります。
まさに遺伝子レベルで、お肌の状態を良い方向へと改善していくことになります。
メラニン色素生成を抑制するのは、フィトールの成分の作用によるものです。
そのためお肌には、美白効果をもたらすことになります。
くすみがちなお肌の明度を上げる作用をもたらしますので、お肌はさらに若々しさを取り戻すことになります。

スイートでヘルシーな夏の代表格でもあるフルーツは、真夏の紫外線による肌ダメージの救世主にもなります。
美容効果としてビタミンが豊富ですので、美肌効果も大いに期待ができます。
美味しく食べることのできるパイナップルは、ビタミンCが多いですので、美容効果がとても高いです。
皮膚や粘膜を健やかにしてくれますし、身体の活性酸素をおさえてくれるので、お肌の老化を防止する抗酸化作用もあります。
紫外線を浴びるときになるシミを予防しますし、素肌にはハリをもたらします。

美味しく食べるだけなのに、新陳代謝を高めることになりますので、お肌を健康的に保つことができます。
大活躍をしてくれるのが、含まれるブロメニン酵素になります。
料理では肉と一緒に、果物のパイナップルを炒める事により、肉が柔らかくなります。
パイナップルの果汁に秘密があって、ブロメニンの酵素が含まれているためです。
この酵素はたんぱく質を分解するのが得意であり、体内での消化力を高めます。
新陳代謝も向上をしますので、皮膚状態は健やかに変わります。

アンチエイジング効果アップ!パイナップルとの食べ合わせ

パイナップルのアンチエイジング効果アップの食材として、ブドウもよいでしょう。
ヨーロッパにおいては畑のミルクと言われるくらい、高い栄養を誇る果物です。
美容や健康、それにアンチエイジングのもうれしい栄養素を含んでいます。
果糖やブドウ糖といった糖質も豊富であり、疲労回復を即効で手助けしてくれることになります。
糖質は脳を活性させますので、勉強や仕事でも良い栄養となります。

カリウムの栄養素も多いので、利尿作用にも優れていますので、体のむくみを解消する作用にもなります。
アントシアニンやレスベラトロールにカテキンといった、豊富なポリフェノールも、ブドウにはたっぷりと含まれています。
老化を促進させてしまう活性酸素を、豊富なポリフェノールの成分が除去してくれます。
ですからブドウを美味しく食べることで、若返りの効果までも期待できます。
レスベラトロールといったアンチエイジング効果のある成分は、特に皮の法にたくさん含有します。
ですから若返りを目指すならば、皮はむかないで、そのまま食べてしまうのがよいでしょう。
ほかにも栄養素は豊富であり、ビタミンAにビタミンB1にビタミンB2、それに美肌作用抜群のビタミンCに、カルシウムや鉄分にリン、そしてリノール酸やクエン酸なども含みます。

アンチエイジングにも最適な組み合わせとして、紅茶もよいでしょう。
抗酸化作用を持っているのが、紅茶フラボノイドです。
紅茶フラボノイドは抗酸化物質であり、老化の引き金になる活性酸素に、しっかりと対抗する力を持ちます。
活性酸素の発生により、血管や細胞は傷つきます。
そして高血圧や糖尿病といった、生活習慣病の引き金になりますし、がんになってしまうこともあります。
紅茶フラボノイドは体内において、動脈硬化予防になったり、コレステロール値を下げたりしてくれます。

パイナップルのアンチエイジング効果とアボカド

パイナップルのアンチエイジング効果アップが期待出来る食べ合わせとして、アボカドもとても良い組み合わせとなります。
森のバターとも呼ばれる食材であり、その高い栄養価は評価されるべきものです。
お肌の老化防止にもなる、素晴らしいのアンチエイジング効果もある食材です。
美しく若い素肌をもたらすための、高い栄養価が凝縮されていますので、もはやアンチエイジングにおける、完全食品といっても過言ではないでしょう。

アボカドを食べることによって、老化防止のパワーを受け取ることになります。
もはや食べる美容液と言われるほど、栄養価は優秀です。
アンチエイジングや美肌に作用をする栄養素が豊富ですので、食事にも積極的にプラスをしていきたいものです。
老化で発生しやすい肌トラブルを、美味しく食べるだけで予防をしていくことになります。
ビタミンB6もたっぷりと含んでおり、新陳代謝を促すことになります。
代謝が良くなりますので、新しい皮膚の生まれ変わりは、非常にスムーズになります。
体内における女性ホルモンのアンバランスな状態も整えてくれますので、生理痛緩和や更年期障害の症状も和らげてくれます。

豊富なビタミンEにも恵まれていますので、高い抗酸化作用をもたらして、アンチエイジング効果をさらに向上させることになります。
皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーを正常化しますので、シミをゆっくりと薄くしていく期待も持てます。
オレイン酸も含有をしており、血液をサラサラにしてくれます。
血行がよくなりますので、お肌のくすみを解消させることにもなります。
美容意識の高い人であれば関心は高い成分の、コエンザイムQ10も含んでいます。
体内の活性酸素を除去する抗酸化作用を持つのがコエンザイムQ10です。
アボカドを食べることで、老化防止を体内からすることができます。

美容と健康で上げたパイナップルがブレンドされたフルーツティーはこちら