Blog

マンゴーの効果とは?美肌効果に視力低下の予防に有効

  |   フルーツティーについて

マンゴーの豊富な栄養素

マンゴーは栄養豊富だといわれていますが、その中でも特に豊富に含まれているのが、ビタミンA、β-カロテン、ビタミンC、葉酸などです。
まだ果実が熟していない青い色の時はビタミンCが多く、熟してくるにつれてβ-カロテンの含有量が増えてきます。

ビタミンCは免疫力を高め、メラニン色素の生成を抑制し、風邪・ガンなどを予防する他、解毒作用もあります。
美肌になれることが期待できることからサプリメントになっていたりします。

β-カロテンは細胞の保護や生活習慣病予防、老化防止などに効果的です。
しかも必要であればビタミンAになることもあることからプロビタミンAと呼ばれることもあります。
β-カロテンのメリットとして水や加熱することにも強いというのがあります。

ですから調理をする過程で栄養素が壊れてしまうことがほとんどなく、ある程度は体内に蓄えておけますし、脂溶性のビタミンなので油で炒めたり、油と一緒にとることでより吸収率がアップするのでオススメです。

ビタミンCとの相性が良いので一緒に摂取するようにするとエイジングケアや美肌作りに良いです。
ちなみにビタミンAは目に効果的で、疲れ目や視力の低下に良いとされています。
また胎児の発育、子供の成長促進などにも深い関わりがあります。

胎児に関わりがあるという意味では葉酸もあります。
葉酸は神経細胞の代謝や成長を補助したり、脳の神経伝達物質が生み出されるのを促進します。
肝臓や皮膚の健康維持にも効果的なので、妊婦がマンゴーを食べておくのも良いでしょう。

マンゴーは生で100gほど食べた場合、カロリーは64kcalほどです。
栄養は豊富ですが、栄養素は過剰に摂取すると逆に体には良くない影響を及ぼすことがありますので、食べ過ぎないように気をつける必要があります。

 

マンゴーの栄養素を効果的に摂取する食べ方

 
マンゴーの栄養素をより吸収できるように食べる方法があります。
例えばガン予防に良い食べ方はマンゴージャムにして食べるという方法です。

マンゴーのビオラキサンチンという成分はガン抑制効果があり、煮こんでジャムにすると成分が濃縮されてガン抑制力がアップします。
もしジャムにするのであればトーストなどで食べる時にはバターも一緒につけて食べるのがオススメです。
脂分と一緒にとることで体内への吸収率もアップします。

安眠したい時には夕食後にマンゴーに塩をかけて食べると良いです。
マンゴーからはリラックスできる香りがするのでなかなか眠れないという方にはこの方法がいいでしょう。

マンゴーを冷凍して食事すると認知症予防にもなります。
そもそもマンゴー自体に脳細胞が死滅するのを抑えて認知症予防できるとされているのです。
冷凍することで細胞膜が破壊されるため、成分が吸収されやすくなるのです。
スーパーなどでも冷凍のマンゴーはよく販売されていますから、認知症予防をしておきたい方はそういうものを購入しておくのも良いです。

酢を加えて食べることで目のエイジングケアにも良い影響を与えます。
マンゴーのゼアキサンチンという成分は目の網膜や黄斑部にあり、目の健康を保つ役割があります。
このゼアキサンチンには酢と組み合わせることで腸への吸収率がアップするということが期待できます。
酢とマンゴーを組み合わせるのであればデザートとしてサワームースを作ることもできます。
マンゴーと酢、牛乳をミキサーにかけるだけで簡単にできあがるので、目の衰えが気になっているという方は試してみるのもいいです。

おいしいフルーツをどうやって食べれば栄養素をより、たくさん吸収することができるのかを知っておくことで、美容にも健康にも役立ちますから覚えておくといいでしょう。

マンゴーは視力低下の予防にも効果あり

 
視力低下の予防にも効果をもたらすと言われるマンゴーには、たっぷりのビタミンAが含まれています。
ビタミンAの栄養成分は夜盲症の予防や、角膜の乾燥を防ぐなどの働きをしてくれます。
高い抗酸化作用もありますし、目における新陳代謝を促す働きもしてくれます。
目で確認をした情報を正確に伝達する機能が角膜にはありますが、その機能サポートにもなります。

ビタミンB群も豊富に含んでいる果物であり、ビタミンB1やビタミンB2などのビタミンB群は、目のまわりの筋肉や視神経の疲れを癒す作用を持ちます。
視神経を活性化させるのは、ビタミンB1の働きです。
抗炎症作用を持つのはビタミンB2ですので、角膜の炎症など傷つきやすい症状も、抑制させることになります。
ビタミンCも非常に多く含んでいますが、これは目の水晶体をキレイにお掃除してくれる機能を持ちます。
目にもいろいろな病がありますが、その中でも白内障予防においては、とても大切な成分です。
現代社会においては目は酷使しがちではありますが、そんな疲労回復にもなります。

ビタミンCの特徴として、ビタミンEの栄養素と同時に摂取することで、もっと良い働きにもなります。
ビタミンDも含有していて、ビタミンAの体内吸収を助けてくれます。
ビタミンDの栄養素は不足をしてしまうと、視力が低下をしてしまいます。
極端にビタミンDが足りなくなるのは要注意であり、その状態が続いてしまうと目の機能を大きく損なうこともあるためです。

マンゴーにはビタミンEも含んでいて、体内では血液のめぐりを良くしてくれます。
そのため目の周りの毛細血管における血液の流れも、スムーズなものにしてくれます。
老眼やドライアイを予防するためにも役立ちます。
ネット社会に生きる現代人には、マンゴーはおいしく食べてできる視力低下予防には最適です。
 

マンゴーが発揮する美容効果

 
マンゴーは肌荒れ改善やアンチエイジング、それに美白作用ももたらすことになります。
エイジングでのお悩みや、肌荒れや、くすみ等のお悩みに対しても、解決への道しるべにもなってくれます。
マンゴーは日本女子にも嬉しいことに、美肌効果も抜群に良い期待が持てる果物です。
クイーンの名を持つほどのマンゴーは、その呼び名に引けを取らないほどの、健康と美容のパワーを持っています。

人間の体内を美しくキープするための健康と美容に良い成分とパワーを併せ持っています。
特に大注目の成分はカロテンであり、体の中に入り込むとビタミンAに変わります。
皮膚への強力な潤いキープにもなるのがビタミンAであり、皮膚細胞の老化を抑制する活性化の作用もあります。
酸化防止にとても力になってくれるビタミンEも多いですし、体内の免疫力を高くしてくれるビタミンCの栄養素もたっぷりと含んでいます。
ビタミンCやビタミンE、そしてビタミンAなど、それらの栄養成分の相乗効果によって、肌荒れ改善や美白作用、そして多くの女性の希望にもなるアンチエイジングまでももたらすことになります。

真夏の紫外線によるダメージが気になるシーズンには、積極的に食べたい果物でもあります。
含まれる栄養成分には、カリウムや食物繊維も多いですから、便通の解消や、貧血を予防するためにも効果をもたらすことになります。
健康面においてもこころ強いのは、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧やがん、動脈硬化などの病気の予防にもなりますので、健康を意識する食材としても役立つことになります。

この果物の特徴としても油とも相性がよいため、食事の料理にも活躍することができます。
定番はナイフで果肉をカットして、新鮮なままを食べる方法です。
でも料理にも重宝しますので、脂溶性ビタミンであることを活用して、油を使ったレシピに挑戦をしてみるといいです。
美味しく食事を食べて、体内の吸収率は格段に高まることになります。

美肌効果アップのマンゴーの食べ合わせ

 
美肌効果アップのマンゴーの食べ合わせとして、オレンジも良い相性です。
オレンジのアンチエイジング力は素晴らしく、葉酸にカリウム、食物繊維にビタミンCもたっぷりなので、美肌成分をしっかり含んでいます。
オレンジに含まれる豊富なビタミンCは、紫外線によるシミやシワを抑制し、メラニン色素生成を抑制します。
たるみ解消やコラーゲン生成も高めますし、活性酸素のフリーラジカルを、効率的に除去します。
リモネンの香りがあるので、ストレスの緩和にもなりまし、精神をリラックスさせてくれます。

美肌効果を向上させるマンゴーの食べ合わせとして、グレープもピッタリです。
たっぷりのビタミンCをはじめ、リモネンやイノシトール、クエン酸にナリンギン、食物繊維のペクチンに葉酸にナイアシンも含有しています。
キュートなカラーが魅力のルビー グレープフルーツであればリコピンも含んでおり、特有のピンクの果肉の色を鮮やかに彩ります。
グレープフルーツには、非常に多くのビタミンCを含んでいて、風邪やインフルエンザ予防にもなります。
美肌作用としてはメラニン色素沈着を防ぎますので、美白効果も期待ができます。
1日に1個のグレープフルーツを食べることで、その日に必要となるビタミンCの摂取ができます。
クエン酸もたっぷりであり、乳酸の増加を防いで乳酸を分解するので、疲労回復にもなります。
ナリンギンはポリフェノールのひとつで、苦味のもとでもあります。
アレルギー症状を緩和したり、血中脂肪酸を分解するのにも役立ちます。

ダイエットに励む女性には朗報ですが、食欲を抑制する作用もありますので、良い香りでダイエットをサポートしてくれます。
ヌートカトンとリモネンの成分は、UCPタンパク質の作用を補助しており、これは脂肪燃焼をするためにも大きなサポートになります。
 

美肌効果アップのマンゴーとイチゴ

 
美肌効果を更に高めたいならば、マンゴーとの食べ合わせでは、キュートなイチゴも選ぶといいです。
イチゴを食べることで期待できる効果効能としては、ダントツなのが美肌と美白効果です。
美しい素肌へと導く秘訣は、あんなに小さくて可愛い中に、豊富なビタミンCが含まれているからです。

ビタミンCの含有量は100gで60mgから100mgも含まれていて、これはレモンよりも多い数字です。

大人が1日あたりに必要とするビタミンCを、サイズの少しだけ大きめなイチゴを選んで食べるとすると、8個程で摂取が可能です。
メラニン色素生成を抑制しますし、コラーゲン生成にも積極的ですので、美しい素肌のために貢献をしてくれます。
紫外線は気になるものの、たっぷりのビタミンCで、シミやソバカスから守る効果もうれしいものです。
ポリフェノールのアントシアニンも含んでいて、メラニン色素生成抑制作用があります。
美肌作用と美白のためにも、積極的に食べたい最適なフルーツです。

食物繊維のペクチンも含んでいて、下痢や便秘の予防にもなります。
整腸作用がありますし、コレステロール吸収をセーブさせますし、腸内では善玉菌も増やす作用があります。
ダイエットにも良いフルーツなのは、低カロリーであることと、カリウムも含んでいるためです。
体内の不要な水分を、体外へと排出させる作用があるのがカリウムです。
いらない塩分を外へと出してくれますので、むくみを解消するためにも浸かります。

つい甘いものに手が伸びてしまう人も、ダイエットの味方にして、おやつには低カロリーで美肌作用も抜群のイチゴを食べるようにするのもいいでしょう。
お肌にもビタミンCは豊富ですし、ビタミンAや葉酸にβカロテンも豊富です。
それに食物繊維にビタミンEやカリウムなども含みますので、一緒に食べて美しいお肌を手に入れましょう。

マンゴーの美容以外での女性に嬉しい効果

 
フルーツとしてそのまま食べるのも、スムージーなどのジュースでもフルーツティーとしても人気のマンゴー。
マンゴーの美容以外での女性に嬉しい効果として、妊婦さんにも必須の葉酸が豊富に含まれていますので、貧血予防にもバッチリです。

貧血を起こす原因として大きいのは、体内の鉄分の不足であり、加えて葉酸が足りないことが引き金となります。
だからこそ、マンゴーを美味しく食べることによって、貧血予防にも大きく役立つことになります。
そもそも人間が貧血を起こしてしまうのは、赤血球のヘモグロビン数値の低下です。
血液が薄くなったら貧血と考えることはありますが、ヘモグロビンと赤血球の量によって貧血は判断されています。
赤血球の中に赤い色素がヘモグロビンであり、血中の中を流れて酸素を体中へと運び続けています。
ヘモグロビンや赤血球が体に足りなくなってくると、体内は酸素が足りなくなってきます。
鉄分はヘモグロビン生成に必要であり、体内に鉄分の栄養が足りなくなると貧血状態に陥ります。
酸欠で貧血になる、体は疲労感を感じやすくなってくるので、肩こりを起こしたり、めまいや頭痛を感じやすくなります。
その鉄分の不足する状態が、貧血では大きい原因になります。

それとともに、ビタミンB12や葉酸の欠乏で、赤血球の量が減少をしていきます。
ほかにも腎不全や骨髄の機能低下などでも、赤血球の数は少なくなってくることもあります。
1日あたりで必要な鉄分の量は、およそ10mgから15mgが一般成人では必要となってきます。
めまいなども辛い貧血予防のためにも、日常的に鉄分を補う必要はあります。

女性の場合は毎月の整理で鉄分排出が多くなりますので、できるだけ意識して接種をする必要はあります。
発汗のある夏の季節にも多くの鉄分が排出されますし、運動やスポーツをする人も、意識的に多くの鉄分を含有する食事をすることです。
1日40mgよりも多く摂取をした場合は、逆効果になることもあるので要注意です。
下痢をしたり嘔吐といった中毒症状を発症することがありますので、摂りすぎには注意して、適量を摂取しましょう。
 

フルーツのクイーンであるマンゴーのパワー

 
肌荒れ解消にも最強のフルーツであり、熱帯果実のクイーンでもある素敵なフルーツです。
ミネラル成分やビタミンも豊富ですので、スキンケアやクレンジングオイル、ヘアトリートメントなどにも取り入れることもあるほどです。

ビタミンAをたっぷり含むので、肌荒れのリセットには最適ですし、多くのフルーツの中でも含有量は最高レベルです。
さらに、ビタミンCにビタミンE、そしてビタミンB1にβカロチンなどの栄養も含みますので、強い抗酸化作用もあります。

鮮やかなイエローカラーは、フラボノイドのひとつである、エリオシトリンを含有するためであり、ビタミンCの吸収を補助します。
風邪をひいた時にも食べるといいのは、気管の粘膜を守ってくれる作用が有るためであり、それは豊富なビタミンAの働きです。
女性にとってハッピーな作用が本当に多いフルーツであり、肩こり解消や冷え性の改善にも良いですし、婦人病の更年期障害や生理痛にも優しく作用をしてくれます。

成人病予防や風邪予防、整腸作用や便秘予防にもなりますし、もちろん肌荒れ防止や美肌作用も抜群です。
まだまだメリットのあるフルーツであり、眼の老化防止や認知症の予防、それに感染症の予防や、安眠効果まであります。

そんな素敵なフルーツを選ぶときには、カラーが均一であり、ソフトタッチで触れてみて、柔らかさがあるものを選ぶといいです。
特有の良い香りのするマンゴーですが、人間にとってのリラックス効果もあります。

塩を軽くひと振りすることで、ひときわ良い香りがしますので、睡眠前には香りのパワーを借りることで、安眠効果が期待出来ます。
マンゴーの食べ方として、ジャムやサワームースにしてもいいでしょう。
煮詰めてジャムにすることで、ビオラキサンチン成分が濃縮されます。
体内の細胞をガンにするのを抑制するパワーがあります。