Blog

tea

ハーブでデトックス!飲むだけじゃないハーブデトックスの方法と効果まとめ

  |   ハーブティーについて

目次

毎日のハーブティー習慣で、お手軽デトックスは可能?

手軽にデトックスしたい人におすすめ

手軽にデトックスしたいという場合、ハーブティーを飲む習慣をつけると良いでしょう。
このお茶が好きで普段から飲んでいる人もいるかもしれません。
美味しいといった理由で飲む人もいますし、お洒落なので飲んでいる人もいるでしょう。
このお茶はいろいろなハーブを混ぜてオリジナルのものを作ることもできますし、効能に合わせてブレンドしているものなどもあります。
また、最近ではティーバックでブレンドされているものなども販売されており、手軽に取り入れることができるでしょう。

ハーブの種類やブレンドによって味もいろいろ異なってくるのですが、それぞれの効能を知ることで美容効果やデトックス効果なども得られるということです。
普段飲まないという人でも簡単に生活習慣に取り入れることができますし、体の内側から綺麗になりたいという人におすすめです。

人間は日々の食事や呼吸により、体内に老廃物を溜めています。
この老廃物は食品添加物や有害物質などであり、これkらが溜まると全身に悪影響を及ぼすことが分かっています。
そのため、しっかりと体内から排出する習慣をつけることが大切です。
これをデトックスと呼んでおり、飲むだけで老廃物や毒素を排出してくれるお茶が注目を集めています。

デトックスとは解毒という意味のある英語であり、体内に老廃物や毒素が溜まると新陳代謝の低下や栄養の吸収を妨げるなどの影響が出てしまいます。
体から老廃物を排出するデトックス機能はもともと人間に備わっているのですが、現代人は生活習慣の乱れなどが原因で老廃物が溜まりやすい状況になっています。
そこで積極的にデトックスを行うことが大切なのです。
ハーブティーを飲むことでデトックス効果が期待できると言われていますが、なぜそのような効果があるのか知りたい人もいるでしょう。
このお茶には病気の症状を緩和する効果や解毒効果、ダイエット効果などがあると言われています。
薬のような効能があるということですが、飲むことで利尿作用や発汗作用が働きますし、新陳代謝が良くなることで体内が綺麗になるのです。
ハーブそのものに解毒に役立つ成分が入っており、それを煮出したお茶を飲むことでデトックス効果を得られるということです。
ちなみに、このお茶にもいろいろな種類がありますが、リラックス効果を得られると言われているものは飲みやすいものが多いです。
爽やかな香りと綺麗な色を楽しむことができるでしょう。

ハーブティー習慣で得られる効果

ハーブティーはリラックスして香りや味を楽しむことはもちろん、肌トラブルの解消やダイエットなどの効果もあります。
その効果によってはデトックスに繋がるものも多いのですが、種類が多いのでどのお茶を選んだらよいのか迷ってしまうという人もいるかもしれません。
そこでおすすめのハーブティーの選び方や飲み方について知っておくのがおすすめです。

デトックス効果のあるお茶と聞くと香りや味にクセがあって飲みにくいというイメージを持っている人も多いでしょう。
効能だけで選ぶと確かに飲みにくいものもありますが、飲みにくいお茶には数種類のハーブをブレンドしてみるのがおすすめです。
ブレンドすることで飲みやすい味に変わることもあるでしょう。
ちなみに、このお茶は天然の植物を煮出したものであり、薬のような即効性はありません。
毎日飲み続けることで体質を改善し、少しずつ老廃物を輩出できるようになるのです。
効果の出方には個人差もありますが、最低でも1~3ヶ月はかかるとされています。
基本的に副作用などはないため、水やコーヒーなどの代わりに飲んでも良いでしょう。

デトックス効果を得られる方法としては、時間や経済的な負担が少ないというメリットがあります。
飲む時には熱いお湯を注ぎ、有効成分をできるだけしっかり抽出するようにしましょう。
蒸らす時間は通常3〜4分程度であり、10分以上蒸らすと苦味が出てしまうこともあるので注意が必要です。
もちろん種類によって最適な飲み方は異なってくるため、きちんと確認すると良いでしょう。
最近では専門店などで購入しやすいハーブティーなども増えています。
興味がある人はいろいろな種類を試してみると良いでしょう。

このお茶を飲むと体内に溜まっている老廃物や毒素はもちろん、余分な水分も排出することができます。
むくみ解消や便秘解消にも繋がりますし、血行が改善されることで新陳代謝が活発になるでしょう。
ハーブティーによるデトックス効果を期待する場合、毎日飲み続けることが大切です。
単体では飲みにくいものもあるため、さまざまなお茶の中から目的に合った効能のものを探し、飲みやすいオリジナルのブレンドを作ってみると良いでしょう。
ハーブは世界中に約2万種もあると言われており、数種類をブレンドすることでそれぞれの成分を体内に取り入れることができるのです。
デトックス効果があっても香りや味にクセがあるものだと長く飲み続けることができないでしょう。
しかし、何種類かブレンドすると飲みやすくなりますし、さまざまな効果を得られるというメリットもあります。
ドライハーブをいくつも購入してブレンドするのがおっくうだという方はすでにブレンドされているハーブティーを購入するのが一番です。
ハーブ認定士のもと、そのハーブの効能や効果、そして、飲みやすさを考えながらすでにブレンドされているためです。
また、そのブレンドされているハーブティー同士をさらにブレンドするのもおすすめなのです。

 

デトックスハーブティーを自分でブレンド!オススメの組み合わせ

様々な効能をもつハーブティーの優れたデトックス効果

西洋の生薬とされるハーブティーには、様々な効能があります。
注目されているのが、日々、蓄積していく、添加物や環境ホルモン、そして老廃物などの有害な物質を身体から排出してくれるデトックス効果です。
老廃物の排出、利尿作用、発汗作用、血液の浄化、脂肪の分解効果など、ハーブから得られるデトックス効果は、少しずつ優しく自然に、有害な毒素を身体のなかから追い出してくれるのです。

約100種類以上もの種類があるハーブのなかでも、利尿効果や発汗、浄血作用に優れたものは、高いデトックス効果が期待できるのです。
ダンディライオンは、強力な利尿作用がある高いデトックス効果で知られ、むくみの解消や便秘、血行不良にも効果が期待できます。
肝臓の働きを高めてくれる働きがあり、体内の老廃物の排出をサポートしてくれます。
鉄分、ビタミンやミネラルも豊富です。

ジュニパーベリーは、肉料理の匂い消しのスパイスとして知られています。
老廃物の排出効果に優れ、むくみを改善してくれるデトックス効果が得られます。
胃の働きを助ける食欲増進や消化促進効果もあるのです。

クミスクチンは、別名、猫ひげ草とも呼ばれ、ポリフェノールの1種であるロスマリン酸を含み、抗酸化作用による老化防止の効果も高いとされます。
豊富なカリウムによる利尿作用、老廃物の排出に大切な働きをする腎臓の働きをサポートするデトックス効果が期待できるのです。

ハイビスカスは、酸っぱい風味が特徴で、肌の調子を整えるビタミンC、疲労回復効果や新陳代謝を促すクエン酸、リンゴ酸などを豊富に含んでいます。
カリウムも豊富で高い利尿作用があり、胃の調子を整え、消化を助けてくれるのです。

エルダーフラワーは、甘いマスカットのような香りが特徴。万能の薬箱と飛ばれるほど、すぐれた効能をもちます。
発汗作用と利尿作用、高い抗炎症作用もあるため、痛みをやわらげる効果もあるのです。

ネトルは、血行促進効果が高いことで知られ、ビタミンや鉄分を豊富に含み、血液を増やす効果も期待できるのです。
利尿効果にも優れ、体内の毒素排出をサポートしてくれます。

マヌカハニーで知られるマヌカの葉であるマヌカリーフは、穏やかな香りが特徴で高い抗菌効果をもちます。
胃の調子を整える効果もあり、毒素を排出する解毒作用の効果、アレルギー予防の効果も期待できるのです。
復活の木とも呼ばれる、マヌカの葉には、様々なデトックス効果が期待できるのです。

ジャーマンカモミールは甘いフルーティな香り、古くから万能薬として知られています。
アズレン誘導体が胃の粘膜を修復し消化機能を整えてくれます。
心を落ち着かせてくれる効果で知られ、不眠に効果があるといわれます。

 

ハーブティーの効果を生かす組み合わせで身体のなかからデトックス

ハーブのデトックス効果を得るためには、飲み続けることが大切です。
しかし、香りや味、効能も様々で期待する効果と味の好みが合わないこともあるのです。
身体に良くても味が好みでなければ、飲み続けることが苦痛になってしまうのです。
そんなときに試したいのが、得たい効能と味を組み合わせるオリジナルブレンドのハーブティーです。

風味が好みに合わず、飲みにくい味も甘味や旨みを加えることで、飲みやすいフレーバーにすることができるのです。
ブレンドの方法はとても簡単、用意するのはブレンドしたいハーブと、保存用の蓋付きの瓶、瓶に貼るラベル、そして清潔な乾いたチャック付きの袋です。
ブレンドするハーブをチャック付きの袋に入れ、袋に空気を入れよく振って混ぜ合わせるだけ。

ブレンドできたら保存用のガラス瓶に入れ、日付と使用したハーブをラベルに記入。
効能やコメントを書き込んでおけば分かりやすくなります。
それぞれの持ち味を生かすブレンドとして、例えば、朝スッキリ目覚めたいなら、リラックス効果があり、すっきりした飲み口のペパーミントと、眠気を覚まし気分をリフレッシュさせてくれるレモングラスの組み合わせ。
ブレンドすることの相乗効果によって効能をアップさせるのです。

デトックス効果が期待できるおすすめの組み合わせは、老廃物の排出に優れるジュニパーベリーとフルーティで飲みやすいジャーマンカモミールの組み合わせ。
胃にも優しく、心を落ち着かせてくれます。
ジャーマンカモミールは、エルダーフラワーとも相性が良い組み合わせです。
甘い香りですっきりした飲み口です。
物足りないときには、ハチミツを追加してみましょう。

利尿効果が高いダンデライオンと、浄血効果とミネラルも豊富にふくむネトルの組み合わせもおすすめ、飲み口がさわやかなレモンバームなどを追加すると味わいも変わります。
組み合わせのコツは、メインとなるハーブを決めてプラスアルファの要素として効果や風味を追加してブレンドすること。
香ばしいフレーバーが好みならダンデライオン、酸っぱい味が好みならハイビスカス。

メインにするのは、ブレンドに慣れていないうちは、くせが少ないジャーマンカモミールが良いでしょう。
味の好みはもちろんですが、効果のあらわれ方も人それぞれです。
利尿作用が強く出てしまうと、お手洗いが近くなりすぎてしまうのです。
ブレンドする量も自分の身体に合う適切な分量を見つけるために、いろいろ試してみることがおすすめです。
オリジナルブレンドは、それぞれのハーブが持つ身体に良い効果を、1杯飲むことで同時に得られることが大きなメリットで魅力なのです。

 

美味しさとデトックス効果を両立させる工夫がなされたマヌカフラワーティー!

体が疲れて機能低下を感じた時はデトックスで癒す

頭と体を動かすためには、エネルギー源となる栄養分が必要になるため、私たちは毎日の食事から栄養分を補給しています。
体に取り込まれた成分は代謝によって役立てられ、その過程で老廃物が発生します。
老廃物は体にとって不要な存在で、時には悪影響を及ぼすこともあるためデトックスを促すことが大事です。
老廃物には皮膚についた垢や汗、腸内にたまった便やアンモニアなどがあり、蓄積すると美容は勿論、体の機能低下に結びついてしまいます。

自然にデトックスできることが一番良いのですが、既に老廃物がたまっていて排出力が落ちていると感じた時は、デトックスティーを試してみてはいかがでしょうか。
お茶で使われるハーブには老廃物の排出を促す成分が含まれているため、デトックスをスムーズにしてくれます。

ハーブティーをデトックスに役立てるには、毎日飲めるものを選びましょう。
ハーブにはデトックス効果の高い成分が含まれていますが、体に浸透させなければ意味がなくなってしまいます。
デトックスティーの中にはクセの強い物もあるので、デトックス効果と美味しさを兼ね備えている物を選ぶと続けやすくなります。

マヌカフラワーティーは、美味しさがあって飲みやすいと評判のデトックスティーです。
このお茶は自然が豊かなニュージーランドで作られていて、茶葉にはマヌカの葉をはじめ、デトックス効果のあるハーブを数種類ブレンドしてあります。
カフェインが含まれていないので就寝前に飲むことも可能で、1日中美味しさを楽しめるハーブティーです。

マヌカフラワーティーの飲み方は、ティーポットにスプーン1杯分の茶葉を入れ、お湯を注いでしばらく蒸らします。
放置する時間は4~6分程度で、蒸らすことで成分がお湯にしみ出し、香りや美味しさが際立ちます。
氷をいれて冷やしても美味しさは変わらないのですが、冷たくして飲むよりも温かい方がデトックス効果が高まります。
温かいお茶を飲んで内臓が温まってくると、血行が促進して代謝機能が活性化してくるので老廃物を排出しやすい状態になります。

1日に飲む回数の目安は3~4回、体の調子を見ながら回数を増減してみましょう。
大切なのは、ムラのある飲み方をしないことです。
ハーブの効果は穏やかなので、時々飲んだとしてもデトックス効果はそれほど実感できません。
成分の鮮度も大事なポイントなので、面倒だったとしても作り置きしないで飲むたびにお茶を入れるようにしましょう。

美味しさが感じられるマヌカフラワーティーの成分

マヌカフラワーティーの材料であるマヌカの葉は、ニュージーランドやオーストラリア原産のフトモモ科の植物、マヌカの木から収穫しています。
ちなみにマヌカの花から採取される蜜はマヌカハニーと呼ばれ、殺菌効果があることから食品の他、石鹸や化粧品に利用されています。

マヌカの葉はするどく尖った細長い形をしていて、香り高い油分を含んでいます。
この香りはストレスを取り除くと言われていて、抗炎症作用や抗菌作用があります。
ニュージーランドの原住民マオリ族の間では、風邪を引いた時や胃腸が弱った時にマヌカの葉を煎じて飲み、目を洗ったりうがいをしたりして健康管理に役立てられていました。

この他に、マヌカフラワーティーにはウイキョウとタンポポ、ペパーミントとラズベリーの葉が入っています。
ウイキョウはフェンネルとも呼ばれていて、胃を温めて消化を促進してくれるので料理のスパイスに使われています。
腸にたまったガスを排出する働きがあり、むくみや便秘の解消する目的で利用されています。

タンポポはダンデライオンであり、利尿作用や発汗を促す作用があり、デトックス効果が注目されている素材です。
体に必要なビタミンとミネラルが含まれていて、毛細血管の血行促進してくれるので体が冷えやすい方におすすめです。
排便を促す働きもあることから便秘にも効果的なハーブです。

ペパーミントの香りには緊張を和らげて気分をリフレッシュさせる効果があり、消臭にも利用されています。
胃腸の機能を調節して消化を促進したり、痛みを緩和する働きがあるので、食べ過ぎや飲み過ぎて胃腸に負担がかかった時に利用されています。

女性のためのハーブと呼ばれているラズベリーの葉には、ホルモンバランスを整えて子宮の動きを調整する働きがあります。
炎症を鎮めたり下痢を和らげる効果があるため、体の調子が不安定になった時に利用したいハーブです。

そして、マヌカフラワーティーの美味しさを高めているのは、ブラックベリーやレモンといった甘酸っぱい果実で、これらの材料がブレンドされて爽やかな風味を醸し出しています。
酸味のある果実は抗酸化成分を含んでいるので、美容にもおすすめです。

デトックスティーを飲む時に気を付けたいのは、毒素の排出を助けるために余計な成分を摂取しないようにすることです。
暴飲暴食を避けることは勿論ですが、毒素を排出する妨げとなる添加物を極力とり込まないようにしましょう。
老廃物がたまってしまった体は、冷えやすくなり代謝が鈍くなってきます。
むくみや便秘、肌の老化だけでなく、倦怠感が強くなりイライラしやすくなるなど精神面での変化も出てくるので、デトックスティーをうまく利用してきれいな体づくりを目指しましょう。

tea

 

デトックス狙いのハーブティーはいつ飲むのがベスト?

デトックスティーを飲むタイミングは、いつがベストなのか

身体に累積した老廃物や毒素、余分な水分を排出して体調を改善してくれるデトックス。
デトックス効果が高いハーブティーを生活に取り入れて飲むことで、ハーブの有効成分が優しく身体に染み渡り、内側からきれいにしてくれるのです。
デトックス効果を得るために、ハーブティーを飲むタイミングはいつがベストなのか。
タイミングに気を配ることで、より効果的にハーブの力を引きだすことができるのです。

ハーブ本来の効果が出やすいシングルティーは勿論、ブレンドティーもおすすめです。
ハーブそれぞれの有効成分の効果も期待できますし、フレーバーが飲みやすくなることも魅力なのです。

まずデトックスティーを飲むタイミングとしては、スポーツを始める前がベスト。
身体を動かす前にデトックス効果があるハーブティーを飲むことで、運動の効果をさらに高めてくれるのです。
酸素を取り入れて脂肪を燃焼させる有酸素運動との相性が良く、ウォーキングやジョギングなど自分のペースで続ける軽めのスポーツを始める前に飲むことで、効果を高めてくれるのです。

スポーツ前におすすめなのは、糖質の代謝を促進してくれるハイビスカスをメインにしたブレンドティーです。
ハイビスカスにはスポーツドリンクに多く含まれる、疲労回復の効果があるクエン酸も含まれているのです。
そして身体を動かすことで消費される、ビタミンCを多く含むローズヒップもおすすめです。
飲み口も酸っぱく、爽やかで飲みやすいのです。
飲み物は吸収が早いので、運動を始める30~1時間までに飲むのがベストです。
血糖値が上がる食事中もベストのタイミング、食事中にデトックスティーを気軽に取り入れることで、余分な糖分や脂肪の吸収や分解を助け、胃腸の働きを促進してくれます。

ダンデライオンは、利尿作用が高く老廃物の排出や脂肪を分解する働きをもち、体内の毒素を追い出す効果が期待できるハーブです。
食事中におすすめなのは、ダンデライオンを含むマヌカフラワーティーなどのブレンドティーです。
また消化を助ける働きをもつ、フェンネルやレモングラスもブレンドされているマヌカフラワーティーや、アンチストレスティーもおすすめ。
フェンネルは利尿作用と発汗作用があり、皮下脂肪のなかの老廃物を排出する働きもありダイエット効果も期待できるのです。
飲み口が爽やかなレモングラスは消化を促進し、胃腸の働きをサポートしてれるので便秘の解消によるデトックス効果が期待できるのです。
食事に合わせた飲みやすい、自分好みのデトックスティーを選びましょう。

 

シンプルに気軽にデトックスティーをベストのタイミングで生活に取り入れてみましょう

朝の目覚めや眠りにつく前も、デトックスティーを飲むベストのタイミングです。
朝目覚めたときにデトックスティーを飲むことで、乾いていた身体にハーブの有効成分がすっと染み渡るのです。
朝は起きるのがだるくて辛いという方には、ローズマリーがおすすめです。
スパイシーな香りが頭をすっきりとさせ、含まれているロスマリン酸が脳内物質のドーパミンなどを増加させて集中力を高め、やる気と元気を高めてくれるのです。
眠りにつく前には、ノンカフェインのデトックスティーを飲むことで深い眠りと、睡眠中にハーブの有効成分の働きで身体のなかをデトックスすることができるのです。
就寝前に飲むのは、カモミールを含むブレンドティーがおすすめ。
優しい香りは心を落ち着け、身体を暖めて発汗を促してくれるデトックスが期待できるのです。
また、セントジョーンズワートをブレンドしたドリームタイムティーもおすすめです。
安眠を念頭に置いたハーブティーでドイツではセントジョーンズワートはストレスや不眠に悩む方に処方されるほどメジャーなハーブです。

また、タイムとリンデンフラワーのブレンドティーもおすすめ。
タイムには疲労回復効果と利尿作用があり、リンデンフラワーは発汗作用と心を静める効果があり、深い眠りに導いてくれるのです。

デトックス効果が高いブレンドティーとしては、マヌカフラワーティーもおすすめです。
身体の老廃物の排出に特化したハーブティーで、脂肪の分解効果が高いダンディライオンも含まれ、ミントとラズベリーリーフが含まれているため飲み口も優しいのです。
ビタミンCやカルシウム、鉄分などのミネラルも多く含まれるため美容効果も期待できます。
口当たりが良く発汗作用もあり、消化を助けるフェンネルも含まれているマヌカフラワーティーは、食事中に飲むにも相性が良いブレンドティーです。
就寝前に飲むハーブティーは、暑い日でも身体を落ち着かせるために温かいものを飲むようにしましょう。

様々なデトックス効果が期待できるハーブティーは、日々の生活のなかで水やジュースの感覚で、いつでも飲めるように用意しておくこともおすすめです。
生活習慣に取り入れることで、日常的に体内のデトックスをおこなうことができるのです。

毎日飲むハーブティーは、好きなフレーバーのものをチョイスしてブレンドしてみましょう。
飲み口がさっぱりで血液の循環を良くして老廃物を排出するデトックス効果が高いローズヒップを含むブレンドティーがおすすめです。
ビタミンCも多く含むため、美肌効果も期待できるのです。
ハーブティーは効果があらわれるまでには個人差があり、1ヶ月から3ヶ月程度ともいわれています。
デトックスティーを生活に取り入れ、シンプルに気軽に、そして美味しく飲み続けることが大切なのです。

 

woman

ハーブで作るデトックスウォーター、効き目を実感できるまでの期間は?

ハリウッドセレブも注目のデトックスウォーター

なかなか体調がすぐれない、疲れが取れないなど体に不調を感じている方は少なくありません。
人の体が新陳代謝が落ちたり、体温が低くなっていたり、ストレスが溜まっていると免疫力が低下してしまいます。
それはまだ病気ではないけど、このままの状態が続けばじきに病気になってしまうだろうという状態を未病といいます。

まさに疲れが取れない、だるいという状態はまさしく未病です。
この状態を打開するには様々な方法がありますが、一番手っ取り早い方法は代謝を上げる方法です。
新陳代謝を上げる方法はいろいろありますが、水分を摂取するのが最優先事項です。

人の体は毎日汗、尿、消化・代謝などで2リットルの水分を使っています。
そのため食品や飲料で2リットルはかならず確保しなければならないのですが、実際にそれができている方はとても少数です。
日常生活を送るだけで2リットルなので、肌がきれいになりたいなら3リットル以上、ダイエットなら4リットル以上の水分が必要です。
この水分を摂取をすることで体内にたまる毒素を排出できます。
摂取する水の量が多ければ多いほど、早く毒素を排出することができます。
そのためモデルや女優さんなどは一日に5リットル以上の水分を摂取しています。
水を飲むことで毒素を排出し、新陳代謝が活発になることで美肌効果も期待できますし、体温も上がるので女性特有の生理痛などの緩和も期待できます。
ずーんと重かった体も軽さを実感できます。

しかし、毎日2リットルの水を飲むというのは今まで飲んでいなかった方にしてみたらとてもハードなことです。
そこは水を飲みなれているモデルさんたちの飲み方を参考にしてください。
最近、国内外のモデルさんや女優さんたちはデトックスウォーターに夢中です。
デトックスウォーターは野菜や果物、ハーブなどを水と氷とともにボトルに入れるだけでできるドリンクです。
デトックスウォーターは作ってすぐは飲めないので何時間か経ってから飲み始めます。
寝る前作ると翌朝しっかり味や風味が付いて飲みやすいです。
特にたくさん水を飲むのが苦手な方でもほんのりとした食材の風味や香りで飲みやすくなります。
毎日忙しく過ごしている方でも気軽に作ることができることも魅力ですし、小さな子供からお年寄りまで飲むことができるので家族みんなで飲むことができます。
透明のドリンクを使うとオシャレです。好みや効果によってフルーツやハーブを入れて、デトックスウォーターを楽しんでください。

デトックスウォーターの効き目を実感する期間と方法

デトックスウォーターの効き目を実感するには自分の体調に合ったフルーツや野菜、ハーブを使うとい良いです。
例えば、美肌を期待している方は水溶性の食物繊維は、腸内環境を整えたり、抗酸化作用で肌の老化も防いでくれるリンゴ、体内でコラーゲンを生成したり、疲労回復にも効果的なビタミンCを含むレモン、抗酸化作用のビタミンE、アンチエイジングのアントシアニンやポリフェノールなど、シミ・シワ・たるみからお肌を守ってくれるベリー類がおすすめです。

ハーブではメラニン色素の生成を抑えてシミを予防するビタミンCを含むローズヒップがおすすめです。
またローズヒップには抗菌、抗ウイルス効果もあり風邪予防にも効果的です。
また若返りのハーブともいわれているローズマリーは細胞の老化を防止する抗酸化作用や新陳代謝を促進してくれます。ダイエットでは体の基礎を整えるビタミンCやカリウムを多く含むグレープフルーツ、抗酸化作用に優れたビタミンCとビタミンEを多く含むキウィ、むくみに効果的なカリウムを多く含む桃やスイカなどもオススメです。

ハーブでは古代ギリシャで女性にも愛用され、便秘解消や解毒作用、食欲を抑制するフェンネル、利尿作用に効果的で老廃物の排出を促す効果のあるネトルがオススメです。
デトックスウォーターはミネラルウォーターを主に使いますが、炭酸水やハーブティーをベースにするのもおすすめです。
特にマヌカフラワーがおすすめです。
同じマヌカの木からとれるマヌカハニーは有名ですが、マヌカフラワーはマヌカの木の葉からできるハーブティーです。
特に便秘、関節痛、高血圧、脂肪をため込みやすい方にオススメです。
このマヌカフラワーティーはデトックス効果が期待できるので、レモンやミントなど好みのフルーツなどを入れて飲むとより効き目を実感できます。
これらのデトックスウォーターは防腐剤を入れないので基本的に1日で飲みほしてください。

また、デトックスウォーターの効き目を実感自体のであれば、少なくても60日は毎日2~3リットルを飲み続けてください。
なぜなら新陳代謝によって細胞は生まれ変わるにはすくなくても60日かかるからです。
60日経っても何も効き目を感じられない場合は1カ月増やすか、デトックスウォーターの内容を変えて飲み始めてください。
また、デトックスウォーターは毒素の排出、新陳代謝を活発にする以外にも香りや風味でリラックス効果も得られます。

 

woman

デトックスに効くハーブバス!その効能とは?

入浴効果でハーブの効能をアップ、心地良いバスタイムを

ハーブをお風呂に入れることで様々な効能が得られるハーブバス、温かいお湯に浸かる温熱効果と浴槽に身体を沈める水圧は血流を促し、心地良い浮力は筋肉に適度な刺激を与え、足や腰の疲れを癒やしてくれます。
そして、ハーブの有効成分がお湯から肌に吸収されることで、肌を美しくする美肌効果や老廃物を排出してくれるデトックス効果が期待できます。

入浴による相乗効果は、ハーブの効能をより高めてくれるのです。
お風呂に入れるのは、血流を促し発汗作用があるハーブがデトックスが期待できるでしょう。
肌の美しさ、抗菌作用をもつものを組み合わせることもおすすめです。
そして香りも大切、浴室に満ちる心地良い香りが気分をリフレッシュさせ、1日の疲れを癒やしてくれるのです。

カモミールは、血行を促進する効果があり発汗作用によるデトックス、抗炎症効果。
にきび、湿疹などに有効な美肌効果、そして優しい香りには心を落ち着ける鎮静効果があるといわれています。
ペパーミントは、高い抗菌作用と清浄効果が期待できます。
爽やかな香りで気分もスッキリ。
入浴後の清涼感が心地良く、気分をリフレッシュしてくれます。

ラベンダーは、お肌を整える美肌効果と独特の香りが心を落ち着かせ、深い眠りに誘ってくれます。
だるさや足のむくみにも効果が期待できるのでフットバスにもおすすめです。

ローズマリーは、お肌の角膜を引き締めるアストリンゼント作用があるとされ、肌が本来持つ、バリア機能を高めてくれる効能があるのです。
ローズは、ビタミンCやポリフェノールを豊富に含み、肌をみずみずしく若返らせる効能があるといわれます。
優美な香りが心を落ち着かせ、リラックスさせてくれます。

タイムは、成分のなかに抗菌作用と抗ウィルス作用をもつ、チモールを含むため、強い殺菌作用で肌を浄化してくれます。
爽やかな香りが気分をリフレッシュさせてくれるのです。レモンバームは、爽やかな香りで不安な気持ちや緊張をやわらげる効果があるといわれています。
発汗作用に優れ、デトックス効果も期待できるのです。

独特なスパイシーな香りのジュニパーベリーは、高いデトックス効果で知られています。
発汗を促し、むくみを取る効能も期待できます。
抗菌効果にも優れ、脂性肌にも効果があるとされています。

ジンジャーは、発汗作用に優れ、血流を促し身体を芯から温めてくれます。
ゆっくりと浸かり、汗をたっぷり流すことでデトックスが期待できるのです。

ハーブバスの場合には、その香りと効能を考慮して、リラックスティーを利用するのもおすすめです。

手軽に楽しめるリッチなハーブバスで、心も体もデトックス

ハーブバスを全身浴で楽しむ方法はとても簡単。目が粗めの布製の袋や手ぬぐいを用意し、使いたいハーブを刻み袋や手ぬぐいに包み入れて、お風呂に浮かべるだけ。
欲しい効能あるものを何種類か入れると良いでしょう。
布袋が無い場合は、ヒモで束ねましょう。

最も効果的なのは、鍋で約20分煮ること。
有効成分を煮出して、お風呂にそのエキスを入れる方法です。
色合いが美しいローズは、片付けが大変ですが、花びらをバスタブに浮かべれば芳醇な香りでゴージャスでリッチなバスタイムが楽しめます。
様々な方法を試してみましょう。
またバスソルトを加えることでも、発汗作用や代謝をアップ、保温効果を得ることができるのです。

全身浴でハーブバスに入浴するとき、ハーブバスの効能をより高めるには、温度も大切なポイントです。
42度以上の熱めのお湯は、自律神経の交感神経を優位にし、38~40度のぬるめのお湯は副交感神経が優位に働かせます。
血管を収縮させる交感神経の働きは身体が適度に緊張させ、入浴後は深い眠りに落ちることができます。

副交感神経が優位に働くと、末端血管を拡張させ、身体のすみずみにまで血液を行きわたらせます。
血圧も下がるため、ゆったりとリラックスすることができるのです。

深い安眠効果が欲しいのであれば42度の熱いお湯を、デトックス効果を期待するのなら、ぬるめのお湯が良いでしょう。
ラベンダーには、副交感神経の働きを高めるリラックス作用もあるのです。
ぬるめのお湯に入れることで、ラベンダーの効能をさらに引きだすことが見込めます。

発汗作用に優れるカモミールを加えれば、さらに高いデトックス効果が期待できるのです。
手軽に楽しめるフットバスも、方法は全身浴と同じです。
有効成分を抽出したお湯をバケツなどに入れ、足の疲れを癒やしましょう。
むくみ解消の効能があるラベンダーやジュニパーベリー、殺菌効果が高いタイムがおすすめです。

使用するのは生でも乾燥ハーブでもお好みで。
入れる量はお風呂の大きさによりますが、乾燥したものなら、20グラム程度が目安です。
入れすぎるとバスタブなどに、色がついてしまうことがあるので注意が必要です。
ハーブバスは気持ちの良さで、つい長湯してしまいそうですが入浴の前後には必ず水分補給をおこない、身体に負担がかからないように楽しみましょう。
ハーブバスは、お風呂に入れたいハーブを何種類でも自在に選べることが魅力です。
自分好みの香りと効能をチョイスして贅沢なバスタイムを楽しみ、デトックスすることで心と身体をきれいにしましょう。

デトックスのために…!「ハーブバス」の準備と適切な入浴方法

お風呂にハーブを入れることにより、手軽にデトックス効果を得られるということで注目が集まっています。
入浴にはさまざまな効果があると言われています。
42度以上の熱いお湯は交感神経を優位にしてくれますし、38~40度のぬるいお湯は副交感神経を優位にしてくれるのです。
交感神経が優位になると血管が収縮して血流が抑制され、心と体が活性化して眠気が取れるということです。

そして、副交感神経が優位になると体の隅々まで血液が行き渡るようになりますし、体が休息状態によってリラックスできるようになります。
また、お風呂では水圧によって血液やリンパが上半身に押し上げられるようになるため、血流を良くする効果も期待できるでしょう。
全身浴の場合は肺の活動が約9%減少するため、呼吸が頻繁にななって心臓の動きが活発化するということです。

健康に良い影響を与えるのですが、循環器・呼吸器に病気のある人や高齢者などは注意しましょう。

また、お湯の中では浮力の作用を受けて体重が軽くなるため、体重を支えていた足や腰の関節の負担が軽減されますし、体を動かすと筋肉が刺激されるのでマッサージ効果を得られます。
全身浴法では浴槽にお湯を入れてハーブを入れて準備し、よくませてから肩まで浸かりましょう。
半身浴法では下半身だけ浸かりますが、この方法は循環器系への負担を少なくすることができますし、長時間入浴することで全身を温めることができます。

しかし、冬などは体が増えやすいですし、タオルなどを羽織って行った方が良いでしょう。
また、手や足だけを温めるという方法もあります。
これらは体力の消耗が少ないため、全身浴法が難しい人でも簡単に準備できるのでおすすめと言えるでしょう。

デトックス効果のあるハーブがいろいろあるため、目的に合わせて選び、コンディションや気分によってブレンドを変えてみるのがおすすめです。
ハーブバスはお風呂にハーブを入れるという入浴方法であり、血行促進や美肌効果、デトックス効果、疲労回復効果などが期待できるとされています。
得られる効果はハーブの種類によって異なっていますが、どれを利用してもリラックス効果は得られるということです。
デトックス効果のあるハーブには、乾燥させてあるものと新鮮なものの2つの種類があります。
どちらを利用しても良いですし、ガーゼなどに包んで軽く縛り、湯船に浮かべるだけでハーブバスの準備ができます。

入浴のデトックス効果をアップさせる

入浴には血行を促進して新陳代謝を高める効果や疲労を緩和する効果、デトックス効果などがあると言われています。
そのバスタイムにハーブの効能を取り入れたものがハーブバスであり、口コミでも評判となっています。

人間の皮膚には皮脂腺がありますが、そこから親油性の物質を吸収しやすいという特徴があります。
ハーブの成分は皮膚に馴染みやすいという性質があり、表皮から吸収されて全身に行き渡るとされています。

また、粘膜から入った成分も吸収された各細胞に届けられますし、香りの成分は脳にも働きかけるということです。
ハーブバスは植物の成分によるデトックス効果だけでなく、入浴によるリラックス効果や血行促進効果を得られることもポイントです。
選ぶ植物によって心身への作用は異なってくるため、効果によって使い分けると良いでしょう。

しっかり眠りたい時はラベンダーやカモミールが良く、冷え性が気になる場合はローズマリー、リフレッシュしたい時はグレープフルーツなどがおすすめです。
ちなみに、シナモンやジンジャー、ブラックペッパーなどは刺激が強いため、お風呂に入れるのはあまり良くありません。
ゆっくりと深呼吸しながら入浴するとデトックス効果がさらにアップするでしょう。

成分はお湯に溶けにくいため、先に希釈してからお風呂に入れると安心です。風邪などで入浴できない時や気軽に気分転換したい場合、手浴という方法がおすすめです。
この方法では洗面器や洗面台のシンクにお湯を張り、ハーブを入れて両手首までを浸しましょう。
また、指や手を軽く揉み解すのも良いですし、これだけで上半身の血行を促進することができます。
また、足浴は冷え性の人や高齢者におすすめの入浴用であり、下半身のデトックス効果を期待できるでしょう。
足浴ではバケツや深めの洗面器を用意し、少し熱めのお湯を入れてハーブを浮かべることになります。
くるぶしの上ぐらいまでお湯に浸かるのが良く、10分程すると体全体が温まるのを感じられるでしょう。
足首や指を動かすとさらに効果がアップします。

ハーブバスを利用する場合、刺激の強い植物は使わないようにすることが大切です。
刺激の強いものを使ってしまうと肌トラブルの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。
また、3歳未満の乳幼児も使わない方が良いとされています。
3歳以上の子供に使う時は肌の様子を見て少量から使うようにしましょう。

髪にも効果あり!ハーブデトックスは飲むだけじゃなかった!?

ハーブデトックスはさまざまな美容効果で人気となっており、髪の毛の悩みを抱えている人にもおすすめです。
育毛成分が含まれているものもあるため、さまざまなハーブデトックスの特徴を知っておくと良いでしょう。

ハーブデトックスには血行促進や美白効果、冷え症改善などの効果でよく知られています。
種類によって期待できる効果が異なってきますが、多くのハーブデトックスには血行促進やリラックス効果があるため、どれを利用しても頭皮や髪の毛に良い影響を与えてくれると言えるでしょう。
ハーブデトックスには女性ホルモンや男性ホルモンに影響を与えるものもありますし、結果として育毛に繋がっていくということです。
薄毛や抜け毛は男性ホルモンによって引き起こされると言われています。

男性ホルモンは男性だけに存在するわけではありませんし、飲酒や喫煙などの習慣によって女性ホルモンのバランスが乱れた時にも増えてしまうことが分かっています。
また、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下することも薄毛や抜け毛の原因です。
そこで女性ホルモンの分泌を促すものを利用すると良いでしょう。
女性ホルモンの分泌を増やしてくれるものといってもいろいろありますが、まずはセージがおすすめです。

セージに含まれる成分は副腎皮質を刺激する作用や血行促進などの作用がありますし、エストロゲンの分泌量を増やしてくれることも知られています。
最初は少し飲みにくいと感じるかもしれませんが、育毛のために飲んでいる人も多いです。
フェンネルも女性ホルモンの分泌を活性化してくれるハーブであり、むくみや便秘の改善などにも役立つとされています。

カモミールは不眠に役立つと言われており、発汗作用があるので風邪にも良いと言われています。
粘膜の炎症を鎮める作用や口臭予防、抗酸化作用などもありますし、男性ホルモンの分泌を調整する働きもあるということです。
男性ホルモンが過剰に分泌された場合、髪の毛の成長が妨げられてしまいます。
それによって髪の毛が生えにくくなってしまうのですが、カモミールにはそれを抑える作用があるということです。
髪の毛は毛根にある毛母細胞の分裂によって生えてくるのですが、毛母細胞の活動には栄養が必要となります。
栄養が不足すると健康的な髪の毛が生えなくなってしまうため、血行を良くすることが大切なのです。
また、血行が悪い状態だと現在生えている髪の毛まで抜けやすくなってしまいます。

薄毛や抜け毛の悩みを改善できる

ハーブデトックスの中で育毛効果のある成分を含むのがナツシロギクであり、薄毛や抜け毛で悩んでいる人におすすめとなっています。
この成分はもともと、がんの転移の抑制や関節炎の炎症抑制などで注目されていたのですが、毛母細胞を活性化することで増毛効果があることも分かったのです。
また、天然由来のハーブデトックスであり、副作用の心配がないというメリットもあります。
独特の味が気になる場合、飲みやすいハーブとブレンドすると良いでしょう。

ちなみに、髪の毛はタンパク質によって作られているのですが、タンパク質の働きをサポートしてくれるのが成長ホルモンです。
成長ホルモンの分泌が活性化されないと健康な髪の毛は生えません。

成長ホルモンの分泌は22時~2時ごろがピークとされており、薄毛や抜け毛で悩んでいる人はしっかり睡眠を取った方が良いということです。
育毛のために早く眠りたいけれど、寝つきが悪いという人もいるでしょう。
そのような人にもハーブデトックスがおすすめであり、副交感神経の働きを高めることができます。

カフェインも入っていませんし、寝る前に飲むのは最適と言えるでしょう。
その香りにはリラックス効果もありますし、心も落ち着くのでスムーズに眠れるようになります。
安眠効果を得るためにはカモミールやラベンダーなどがおすすめであり、心配なことがあって眠れない時はミントが良いでしょう。
オレンジは優しい甘味で飲みやすいですし、心を落ち着かせてくれます。

ハーブデトックスはお茶やコーヒーと比べてあまり飲み慣れていない人も多いでしょう。
しかし、カフェインが入っていないので就寝前におすすめの飲み物と言えますし、血行を良くする作用やリラックス効果があるため、質の良い睡眠をもたらしてくれるのです。
育毛効果があるとされるハーブデトックスにもさまざまな種類があるため、いろいろ試してみると良いでしょう。
クセのある味のものも多いのですが、飲みにくいと感じる場合は他のハーブをブレンドするのがおすすめです。
数種類をブレンドすることで飲みやすくなりますし、複数の効果を得られるというメリットもあります。
好みのハーブデトックスを利用して美しい髪の毛と肌を手に入れると良いでしょう。
ハーブデトックスは香りが気になってなかなか利用できない人もいるかもしれません。
しかし、いろいろな種類があるため、悩みに合ったものを見つけていくと良いでしょう。

 

chaplet

デトックス効果のあるハーブを使ったレシピでお菓子を作ってみよう!

おやつを食べるならデトックス作用を取り入れた手作りがおすすめ

女性のストレス解消法の一つにお菓子を食べるということがあり、甘さというのは古来から幸福感を与えてくれるので、ぴったりだと言えます。
ただ砂糖は体に良くない、太る、体の中をサビさせるといったマイナス面が強調されるようになってきて、食べることに対してストレスや負担を感じている人も少なくありません。
これが食べなくてもいい人はともかく、我慢が必要になる場合は精神面を追い詰めてしまうので、考え方を変えるのもひとつの方法です。

体に悪いと言われているなら、良くすればよく、手作りなら可能になります。
ポイントはデトックス作用のあるハーブを使ったお菓子で、体に優しく良い作用があるなら食べても負担やストレスになりません。

デトックスとは体内に溜まった毒素や老廃棄物を体外に流し出すことを言い、外見だけではなく内側から綺麗になっていきます。
ハーブ類にはそれぞれ固有の作用があるので、上手く取り入れることによってデトックス作用を高めることが可能です。
手軽な方法としてハーブティーを楽しむことが多いのですが、お菓子に取り入れることもできるので、体と心に優しいおやつが完成します。

これまでのマイナスのイメージと違い、プラスに働いてくれるので、食べることに対して罪悪感や拒否感といったものが生まれず、心からリラックスして食べられるのは魅力的です。

では、ここでデトックス作用の高いハーブについて説明すると、マヌカフラワーやタンポポ、エルダーフラワー、ジュニパーベリーなどがあります。
どれも利尿や発汗作用が強く、脂肪の分解、便秘対策にも用いられるでの最適と言えるはずです。
特に最近になって注目を集めているのがマヌカフラワーで、こちらはマヌカハニーで有名な木の葉っぱで強いデトックス作用を持っているので人気となっています。

他にもリラックスやリフレッシュといった精神面に役立つカモミールやミント、ラヴェンダーなどをブレンドしてもよく、ハーブは単体でも役立ちますが、相乗効果を考えて組み合わせるとさらに効果が高まるのが特徴です。
食材として気軽に利用したい場合はお茶として売っている品を求めるとよく、煮出す、もしくはそのまま使用することができます。
デトックス作用の高いブレンドティーも販売されていますので、いくつか求めて自分好みの味や香りを見つけ出すのもおすすめです。
手作りは幅広いアレンジができるので好みのものを作り出せます。

簡単なデトックス菓子のレシピを紹介します

手作りのお菓子は理想的だけど料理が苦手だ、忙しい、そういった人もいるはずです。ただそういう人ほど日々の疲れから甘いものに手が伸びてしまうので、簡単に作れるレシピを知っておくと役立つので、チェックしてください。
デトックス作用の高いハーブを取り入れたお菓子でおすすめなのがゼリーで、動物性のタンパク質は美肌効果に役立つので、余分なものを排出するだけではなく、美容にもプラスになるのでおすすめです。

ゼリーの作り方
水400㏄、顆粒ゼラチン10g、ハチミツ(なければ砂糖)大さじ2、任意のハーブのティーバッグ2袋
ゼラチンは分量外の水大さじ2でふやかしておきます。
小鍋に水とティーバッグを入れて火にかけ、沸騰後、5分ほど煮出していきます。
その後ティーを取り出してハチミツを加えてよく混ぜて、すぐにゼラチンも加えて混ぜていきます。
カップに流しいれて冷えたら出来上がりです。

とても簡単に作れて、デトックス作用がかなり高いおやつになります。
ハーブの種類を変えることで香りや味わいが違ってきますので、いろいろと試して自分好みのゼリーを作り出してください。
カロリーも低く、刺激物であるカフェインも使われていないので、夜中にちょっと甘いものが食べたくなった時におすすめです。

ハーブ味の簡単おからケーキ
生おから50g、ベーキングパウダー小さじ1/2、きび砂糖大さじ1、豆乳(牛乳)大さじ5、Sサイズの卵1個、ハチミツ大さじ1、ティーバッグ1
予め豆乳でハーブティーを煮出し冷ましておきます。
電子レンジ対応の容器に生おからとベーキングパウダー、きび砂糖を入れて良くかき混ぜます。
さらに煮出した豆乳、ハチミツ、卵を加えてさらに良く混ぜてください。
ラップをかけず、そのまま電子レンジに入れて500wで3分、650~700なら3分間加熱します。
粗熱が取れたら容器から取り出して出来上がりです。

おからを使っているので食物繊維も加わり、デトックス作用がさらに高まるレシピになっています。
腹持ちもいいので、ダイエット中の方はパンの代わりに食べてもいいかもしれません。
ややモッサリとした食感なので、ハーブティーと合わせるのがおすすめの食べ方になります。

とても簡単にできて、デトックスだけではなく美容に役立つのでお菓子を食べるなら手作りがおすすめです。
市販されているお茶パックなどに茶葉を入れるとティーバッグが出来上がりますので、自宅にある品で作れますから、気になる方は一度試してください。

デトックス効果のあるハーブを使ったお料理のレシピ

フレッシュハーブを使い切る料理レシピ

ローズマリー、バジル、タイム、シソなどのハーブは栄養価が高く、デトックス効果も高いので食生活に取り入れたい食材ですが、料理しても大量に食べられない、付け合わせ以外のレシピがわからないという理由であまり料理に取り入れていない方も多いのではないでしょうか。
香りつけや盛り付け以外にあまり利用されないハーブですが、使い切る料理レシピを知っておくと便利です。

ローズマリーはお肉の下ごしらえに使い、フライに使うと香りと味が食材に移り、アジアンテイストになりますし、見た目もおしゃれになります。
マリネに漬け込んでじゃがいもや肉、魚と一緒に焼くと豪華な一品になります。
生でもドライでも利用できますので便利です。
余ったらオリーブオイルに漬け込んでおきます。
はちみつやお酢に漬け込んでおくのもおすすめです。

フードプロセッサーがあるならバジルがおすすめです。
サラダ、パスタ、ピザなどに使うことができ、プロセッサーで細かくペーストにすればジェノベーゼやマリネに使えます。
ローズマリーよりも香りや味にくせがないので使いやすいハーブです。
育てやすいハーブですので家庭菜園にもおすすめです。
殺菌作用、消化促進作用があり、トマトとの相性が良いので食欲の落ちやすい夏におすすめの食材です。
トマトとチーズとバジルでカプレーゼを作ったり、バケットに着けて食べたり、パスタに入れて食べたりできます。
余ったらオリーブオイルにニンニクと一緒に漬けておきます。
バターに混ぜ込んでバジルバターにしておくのも便利です。
レモンとミントとバジルを水に入れて冷蔵庫に入れておけば1日でバジルウオーターができます。
脂肪燃焼、デトックス、美白、疲労回復に効果があります。

ハーブが苦手な方には大葉がおすすめです。
ビタミン、カルシウム、鉄分が豊富な和風ハーブです。
殺菌効果や精神安定の効果があり、薬味としても活躍してくれます。
長芋を大葉に包むだけのレシピや竹輪と大葉をごま油としょうゆ、白ごまで和えるだけで美味しい副菜になります。
トマトと大葉をパスタソースにしてオリーブオイルとにんにくで味付けをすれば見た目もおしゃれな和風パスタが出来上がります。
大葉には肝臓の解毒作用を促進させる働きがあり、便秘解消やデトックスに最適です。

料理にハーブを使うのはデトックスに効果があるとはいえ、ちょっと面倒という方にはハーブソルトが便利です。
クレイジーソルトやマジックソルトといった商品名で販売されています。
自分の好みのハーブをプラスして使えます。
ナッツやクミンなどを加えてエスニック風に仕上げればデトックス料理が簡単に出来ます。
デトックスウオーターを作り、うがい薬として使うのもおすすめです。

デトックスに最適なマヌカフラワーティー

マヌカフラワーティーはノンカフェインのデトックスに特化したハーブティです。
マヌカハニーの原産国であるニュージーランドでマヌカの葉とベビーリーフをベースにしたハーブティーです。
ひまわりやレモン、たんぽぽ、ペパーミント、ブラックベリーやラズベリーなどのハーブをブレンドし、リコリスで甘みを出し、ローズヒップでビタミンCをプラスするなど栄養価や味についても考慮されているのが特徴です。
ストレート、水出し、ミルクティにしてもおいしく飲めます。

ノンカフェイン、ノンタンニンで妊婦の方や授乳中の方、高齢者やお子様にも飲めますので便利です。
現地からの直輸入で、ホテルでも利用されているほどの高級茶ですのでギフトとしても喜ばれます。
他のハーブを加えて飲んでもおいしく飲めます。

香り、色、風味を楽しめる美味しいお茶で、体の中から健康にしてくれます。
食品添加物や大気汚染などによって余計なものを体にため込んでしまう現代において、目に見えない毒素をデトックスしてくれますので、体が本来持つ健康と美を取り戻すことができます。
高い抗菌作用を持つマヌカの木の葉を利用し、ドライストロベリーで甘みを出すなどハーブの味や効果を高めるように組み合わせされているのが特徴です。

便秘、関節痛、高血圧、体脂肪に悩む方におすすめのお茶です。
疲労やイライラに悩む方にもおすすめですし、デトックス効果が高いお茶ですので不要なものを排出し、栄養素が入りやすい体作りに役立ちます。
料理が苦手な人でもお茶ですのでレシピ不要で体に良いことができますし、マヌカハニーを甘みに使えばより高い効果が期待できます。
ビタミンを多く含むローズマリーやハイビスカスなども配合されていますのでアンチエイジング対策にもおすすめです。
美肌やダイエットを目的とする方にも利用できます。
ノンカフェインですので眠る前のドリンクとしてもおすすめです。

ルイボスティーにマヌカの葉をブレンドして飲むハーブティもおすすめです。
ルイボスには活性酸素を除去する働きがありますので、アトピーに悩む方や妊活をされている方におすすめです。
マヌカの葉には呼吸系をサポートする働きがありますので、相乗効果が期待できます。
渋みのない味ですので食事の時の飲み物としてもおすすめです。
ルイボスは陰と陽のバランスのとれた食物で、夏はミネラルを補充でき、冬は体を温めてくれます。
腸内環境もよくしてくれますので便通も快適になります。
水分、ミネラル、酵素を補給してくれます。

 

basil

ハーブデトックスを試す時に気をつけるべきポイント・気になる注意点

安全に楽しむためのポイントとは

ハーブデトックスを行うことで健康や美容にさまざまな効果を期待できますが、気をつけるべきポイントや気になる注意点なども知っておくと良いでしょう。
一歩間違えれば体に害を与えてしまうものなどもありますし、注意点をしっかりと理解して安全にハーブデトックスを行うことが大切です。
ハーブデトックスを利用する時にはそれぞれのハーブの効果をきちんと把握することがポイントです。

植物にはそれぞれの効果がありますし、何もしらずに利用すると危険なこともあります。
また、もう一つの注意点としてはハーブデトックスには副作用が出るものもありますし、アレルギーが出やすいものもあるということです。
もちろんそのような副作用は必ず出てしまうわけではありませんが、注意点を知っておくことで安心して利用できるようになるでしょう。

イチョウは生の葉を自身で乾燥させた場合、副作用の原因となる成分の濃度が高くなってしまいます。
イチョウに含まれる成分には神経毒性や細胞毒性が存在しており、体内に吸収すると腹痛や湿疹、下痢などが起こってしまうこともあります。

また、エゾウコギは過剰摂取によって不安や鬱、イライラなどの症状が起こってしまうこともあるため、適量の摂取を心がけましょう。
シナモンにはクマリンという成分が含まれているのですが、この成分は過剰摂取によって肝障害を引き起こす可能性があります。
アレルギー症状が出る植物もあるため、特に花粉症の人がハーブデトックスを行う時には注意しましょう。

キク科の植物は一般的に子供が利用しても問題ないのですが、人によっては発疹や喘息、アレルギー反応を起こすことがあります。
また、アレルギーがある方には、嘔吐や下痢、口の渇き、頭痛、眩暈などの副作用も確認されています。
そんなキク科の植物の中ではカモミールが特に有名であり、ハーブデトックスで利用したい人も多いでしょう。
自宅で育てている場合は特に注意が必要です。

また、病院で薬を処方されている場合も注意点があります。
病院で処方される薬を飲んでいる時には飲み合わせをチェックしましょう。
飲み合わせによっては互いの効果を打ち消してしまうこともありますし、重篤な副作用の心配もあるということです。
薬もハーブの成分も化学物質の1つであり、体内で反応することで悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
知らないと安全に楽しむことができませんし、ハーブデトックスに興味を持っている場合はきちんと知識を身に着けておきましょう。

デトックス効果を得るための注意点

高血圧を改善するために降圧剤を飲んでいる場合、ミントやセージ、リコリス、ローズマリーなどのハーブデトックスは避けた方が良いでしょう。
これらの植物は血圧を上げる効果があるので摂取を控えた方が良いのです。

セントジョーンズワートは欝や沈んだ気持ちに効果的とされていますが、薬を飲んでいる場合は注意が必要です。
この植物は単独でも体温上昇や血圧上昇などの効果がありますし、抗うつ剤や鎮静剤、抗てんかん剤、血液凝固防止剤などとの相性が悪くなっています。
薬を飲む場合はセントジョーンズワートを飲まないことがポイントです。

また、リコリスは特定のホルモン活性を変化させてしまうため、高血圧や糖尿病、心臓疾患、甲状腺に問題がある人は控えた方が良いでしょう。
妊娠中や授乳中の人がハーブデトックスを行う時にも注意点があります。
ハーブの中にはホルモンの分泌を促して子宮に影響を与えるものがあり、そのようなものは妊娠中に摂取しない方が良いのです。
特にローズマリーは子宮収縮作用があるため、妊娠中に飲むのは危険とされています。
妊娠中はウコンやシナモン、セージ、ナツメグ、フェンネル、アロエ、チェストツリー、バジル、ショウガ、リコリス、レモングラスなども避けた方が良いでしょう。
また授乳中も体調が変化しやすいですし、母親が飲むものは赤ちゃんにも影響を及ぼします。
そのため授乳中でもセージなどは避けた方が安心です。

もちろん妊娠中や授乳中でも飲めるものはありますし、ビタミンやミネラルを補給するために最適なものなどもあります。
妊娠中に飲みたい場合、ローズヒップやラズベリーリーフなどがおすすめです。
もちろんどのようなものが良いのか迷った場合、病院で相談してみるのも良いでしょう。

病気でない場合や薬を飲んでいない場合、妊娠中・授乳中でなくても注意が必要な人はいます。
睡眠の質が悪い人や不眠の症状は強い人、朝の目覚めが悪い人などはあまりハーブデトックスの効果を得られないとされています。
もちろんそのような人が飲んでも重篤な副作用が起こってしまうことはありません。
しかし、効果を期待して飲んでもその効果を得られない可能性が高くなってしまうということです。
中には寝つきを良くする効果のある植物もあります。
しかし、睡眠の質自体は改善することができないでしょう。
寝つきが悪い人はお茶ではなくサプリメントを利用した方が良いかもしれません。

どのハーブも一度に過剰に摂取するのではなく、適量を続けて摂取し体内のデトックスに繋げていきましょう。

ハーブデトックスについての参考記事↓

マヌカフラワーティーを含む、様々なハーブティーはこちら↓