Blog

フルーツティーにはどんなお酒が合う?引き立てあう組み合わせ

フルーツティーにはどんなお酒が合う?引き立てあう組み合わせ

  |   ティーとお酒について, フレーバーティーについて, 紅茶について

実はフルーツティーとお酒は相性抜群!

 

甘酸っぱい香りが特徴のフルーツティーを、より深い味わいにしてくれるアイテムがあります。

それはお酒です。

実は紅茶とお酒は非常に相性が良く、リキュールを1滴紅茶に加えるだけで、
まるで違う飲み物になったかのように変化を与えてくれます。

そんな魔法のアイテムであるリキュールは、フルーツティーとも相性抜群です。

この飲みかたは、海外でも特に北に位置する寒い地域でよく見られ、
寒い地域では温かい紅茶に度数の高い芳醇なスピリッツや
リキュールを数滴垂らして飲むことで、体を効果的に温めることができます。

極寒の地域では、いくら室内を暖めても体はなかなか温まらないものです。

そこで、こうした方法で体の内部から温めることで、身体の末端から温めることができ、寒さをしのぐことができるのです。

また、温め効果の他にもリキュールなどを入れたことで、
紅茶の薫りとリキュールの薫りがどちらも邪魔しないように上手くマッチして、とても薫り高い紅茶へと生まれ変わります。

あらゆるお菓子とも相性が良いため、アフタヌーンティーの時間がとても楽しみなものになります。

夏場にはアイスティーに入れることで、ティーカクテルにも変化するため、
アルコールの弱い方にも比較的、安心して飲むことができます。

 

フルーツティーと相性の良いお酒は?

 

季節のフルーツの豊かな香りが漂うフルーツリキュールには、芳醇な薫りを持つブランデーやウイスキーなどが最適です。

フルーツティーは比較的爽やかな印象があるため、薫りが豊かなブランデーを入れることで大人の紅茶へと変化します。

ブランデーは果実を発酵させてから蒸留をし、さらに樽で熟成させることで作られるお酒です。

その種類にはブドウの他に、チェリーなどの果実も使用されていることから、フルーティーとの相性も抜群なのです。

また、ブランデーの一種であるカルバドスもこの紅茶と良く合います。

カルバドスはリンゴから作られたブランデーで、特にリンゴベースのフルーツティーとの相性が良いとされています。

カシスティーには、黒スグリのリキュールであるクレーム・ド・カシスがおすすめで、
濃厚なベリーの風味が楽しめ、糖度・酸味・薫り共に高いリキュールです。

リキュールを選ぶ際には、紅茶に含まれているフルーツの中で、
どれがベースになっているかによって違ってくるため、
どれもバランスよくミックスされている場合にはブランデーやウイスキーなどを選び
一つのフルーツをベースにいくつかのフルーツがミックスされている場合には
メインフルーツと相性の良いものを選ぶと間違いないでしょう。

おすすめのリキュール入りフルーツティー

 

大人のフルーツティーを楽しむには、紅茶にリキュールを数滴垂らすことで変化させることが分かりました。

そこで、ここでは、おすすめのリキュール入りフルーツティーをいくつかご紹介します。

一つ目は、ウバや同じ柑橘系の香り付いた紅茶(特にアールグレイ)に、
グランマニエを入れてオレンジティーとしていただく方法です。

このグランマニエは、オレンジの皮とコニャックから作られているオレンジリキュールで、爽やかな風味が味わえます。

 

二つ目は、良く飲むことが多いレモンやオレンジティーにも意外と合うのが梅酒で、
柑橘系の薫りとの相性が良く、ティーパン地にすると上手く調和してくれます。

 

三つ目は、コクの強いアッサムティーや
マスカットフレーバーと呼ばれる独特な薫りを持つダージリンなどと相性が良いとされているのが、
芳醇な薫りが溜まらないラムです。

ラムにもホワイト・ゴールド・ダークの三種類があり、
あっさりとしたニルギリにはホワイトが合い、
薫り高いアッサムにはダークが合います。

その他にもアールグレイなどとも相性が良く、ブドウベースのフルーツティーでも最高です。

リキュールを選ぶ際には、フルーツティーの香りを損ねないものを選ぶことも大切です。

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら