Blog

girl

【ハーブデトックスとは?】効果とやり方、気になる期間は2週間?

  |   ハーブティーについて

目次

体調不良、肌荒れetc…悩みを吹き飛ばすハーブデトックスの効果

美容や肌荒れにも効果が期待できる

ハーブデトックスにはさまざまな効果があるため、興味を持っている人も多いでしょう。
欧米では古くからこの美容法を利用してきており、医療機関などでも利用されています。

さらに、いつまでも綺麗な肌をキープしたい女性は多いかもしれません。
年齢を重ねるごとに肌荒れなどの悩みを抱える人が多くなってしまうのですが、ハーブデトックスを利用すれば肌荒れを改善することもできるのです。
何気なく行っているハーブデトックスの種類や組み合わせがポイントであり、肌荒れに効果のある方法を知っておくと良いでしょう。

ティートータルのハーブティーは、種類もさることながら、その効果や効能を考えて独自にハーブをブレンドしていたり、カモミールローズヒップハイビスカスなどは100%オーガニックであり、逆にブレンドせずに、その素材のみを100%活かす近年では珍しいティーとなっています。
ただ、その素材100%というだけではなくその独自の加工方法や素材の品質の高さゆえの香り、色、そして味も他の追従を許さない大自然ニュージーランドならではのブランドティーなのです。

さて、そこで今回はハーブデトックスについてです。
ハーブの成分が美容に良いということを知っている人は多いですよね。
ハーブデトックスで最もよく知られているのがローズヒップであり、ビタミンCがレモンの約20倍も含まれていることが特徴です。
ビタミンCは肌に良いと言われていますが、ローズヒップにはビタミンC以外のビタミンも含まれていますし、高い美肌効果を期待できるということです。
その美肌効果は多くの日本人女性に注目されており、飲んだことのある人も多いでしょう。

 

ハーブデトックスには含有成分の薬効だけでなく、香りによってリラックスする効果も得られます。
優しい香りや甘い香り、爽やかな香りに癒されることもあるでしょう。
このような香りには高ぶった神経を静める効果やリフレッシュ効果などが期待できるのです。

そして、ハーブデトックスは体内に成分を直接取り入れる美容法であり、慎重に選んでいくことが大切です。
購入する時も無農薬のものや野生のものを選んだ方が良いでしょう。
また、自宅で育てることもできますが、その時も農薬は使わない方が安心です。

フレッシュのハーブを使って作るものとドライのものを使って作るものがあります。
フレッシュの方が見た目は綺麗になりますが、効果を期待するならドライの方が良いでしょう。
ドライはフレッシュの約3倍の効果があると言われており、肌荒れを効率よく改善してくれるでしょう。

また、フレッシュと併用すれば香りを良くすることもできます。
紅茶用のティーポットを使えば簡単に楽しむことができますし、自宅でリラックスしたい時などに飲むと良いでしょう。
ブレンドもハーブデトックスを楽しむための大切な要素であり、香りの良いものや酸味のあるものはクセのあるものとブレンドするのがおすすめです。
効果が高くてもクセがあるものは飲みにくいため、飲みやすくするためにブレンドするものを用意しておくと良いでしょう。

味や香りを楽しむためのポイントについて

ハーブデトックスではラベンダーもよく利用されています。
ヨーロッパでは古くから薬草として使われてきた植物であり、消毒や虫よけなどの効果が知られています。
日本では昭和初期から栽培が開始されたと言われており、香水や化粧水の原料として使われていました。
ハイビスカスにはビタミンCやクエン酸などが含まれており、むくみ解消や美容効果などがあると言われています。
そのため女性におすすめのハーブデトックスと言えるでしょう。

ダンデライオンはビタミンや鉄分、ミネラルなどが豊富なハーブであり、むくみが気になる人におすすめです。

カモミールには筋肉の組織を落ち着かせる作用がありますし、女性の生理痛を和らげる効果もあるということです。
また、強い抗炎症作用を持っており、化粧品などに使われることもあります。

 

ハーブデトックスは難しそうだと感じる人もいるかもしれません。
しかし、基本を知っていれば誰でも簡単に実践できる美容法だと知っておきましょう。

乾燥させた状態の茶葉は好みの量で入れることができますし、濃さも自由に調整することができます。
茶葉を使った方法なら量を増やしても値段が安いですし、続けやすいというメリットがあります。

まずは乾燥茶葉とティーポット、茶こしを用意しましょう。
使用するポットは何でも良いですし、緑茶などを入れる急須でも構いません。

しかし、ハーブデトックスではお茶の見た目を楽しむという要素もありますし、味だけでなく雰囲気を楽しみたいならポットにもこだわると良いでしょう。
ガラス製のポットなども人気となっており、お湯を注ぐと花が開くといった動きを楽しむことができます。

まずはお茶を注ぐ前にポットをお湯で温めておきましょう。
そして、ポットに茶葉を入れることになりますが、ティーカップ1杯に対してティースプーン1杯~1.5杯、マグカップなら山盛り2杯程度が入れる目安となっています。
お湯が沸騰したら少しだけ間をおいてポットに注いでいきます。
お湯の温度は高めにすることがポイントであり、成分をたくさん抽出できるということです。
しかし、煮立たせると香り成分がなくなってしまうので注意しましょう。
香りを逃さないように蓋をするのも良く、お湯を注いだ後は3~4分蒸らすようにします。
蒸らすのは面倒だと感じるかもしれませんが、蒸らすことでハーブに含まれている香りや味、成分などが抽出されるということです。

 

blonde

ハーブデトックスは身体の根本をリセット&整備する作業

知らないうちに体にたまってしまう毒素を排出するハーブデトックス

普通に生活をしているだけなのに、知らず知らずの間に体にたまってしまう毒素は、体内にたまってしまう有害物質のことで、体に悪影響を及ぼす物質のことを言います。
食べ物や飲み物、水などに含まれている合成添加物や有害金属、農薬や殺虫剤、合成肥料などの薬品、抗生物質やカビ、車の排気ガスに含まれている一酸化炭素など種類が多く、普通に生活していると避けられないものもたくさんあります。

身体に入ってしまった毒素は、少量なら身体が自然にデトックスするはずなのですが、現代の生活で取り込んでしまう毒素の量は、体が排出できる能力を超えてしまっているため、体に少しずつ蓄積され、悪影響を及ぼすと言われています。
また、生活習慣の乱れや不規則な食生活、睡眠不足やストレスなどによって、身体が本来持っているはずの解毒作用が低下することも、毒素が蓄積されやすくなっている原因のひとつです。

身体に毒素が蓄積していくと、疲れやすく、疲労感が抜けにくかったり、風邪をひきやすくなったりする症状が出ることがあります。
また、便秘や下痢をしたり、ガスがたまりやすくなるという胃腸の症状や頭痛や吐き気、めまいが生じたり、花粉症のような症状やアトピーなどアレルギーの症状が出てしまう人もいるので、毒素を排出するデトックスは、現代人にとって、健康で明るい生活を送るためにとても重要です。

知らないうちに体にたまってしまう毒素を排出する方法として、最近特に注目されているのがハーブデトックスです。
自然のハーブのやさしいデトックス作用を活用して、毒素を排出することは、古くから世界中で行われています。
毎日の飲み物を有害物質を含んでいる可能性がある飲み物から、デトックス作用があるハーブティーにするだけでも、効果的です。

さらに積極的に身体に蓄積している毒素を排出し、身体をリセットしたいという人の間では、断食やプチ断食を取り入れたハーブデトックスも人気があります。
胃腸を休ませて、体の機能を回復させながら、ハーブの解毒作用でデトックスすることで、リセットされて、すっきりとした体になることができ、気持ちまですっきりするという人が多く、最近、大変注目されている方法です。
ハーブデトックスを行う場合には、水分をしっかりととることが大切なので、ハーブティーを飲むことは水分補給にもなり、おすすめです。
むくみや疲れ、胃腸の不調などが軽減され、代謝が良くなるため、健康維持やダイエットにもおすすめです。

身体の根本をリセット&整備するハーブデトックス

特に悪いところはないのに不調が続いている人や風邪をひきやすく、疲れやすい人、アトピーやアレルギーなどで悩んでいる人におすすめのハーブデトックスは、睡眠不足や不規則な食事など生活習慣が乱れている人やストレスがある人、慢性的な疲労で悩んでいる人などにもおすすめです。
毎日飲むだけなら、簡単に生活の中に取り入れることができ、デトックス効果が期待できます。
効果が高いと評判のハーブティーを、ホットやアイスで楽しんだり、炭酸で割ってさわやかなドリンクを作ったり、楽しみながら続けることが、毎日続けるためのコツです。
ハーブの香りとさわやかでさっぱりとした味わいが、気分をリフレッシュさせたり、リラックスさせたいるする効果も期待できます。

そして、身体に蓄積されている毒素を、しっかり排出して、リセットしたり、整備したりしたいという人の間で話題になっているのが、週末を利用して行うプチ断食です。
金曜日の夜から、ハーブティーをたっぷりと飲み、野菜ジュースや野菜サラダを食べたりして過ごします。
脂っこい食事や炭水化物たっぷりの食事を避けて、食物繊維が多い野菜とハーブティーを中心に過ごすことで、胃腸を休ませることができ、毒素の排出も促すことができます。
胃腸をしっかり休ませることで、身体のデトックス機能が高まるため、プチ断食後も毒素を排出したり、新陳代謝が活発になったりする効果が持続すると言われています。

また、おなかがすいていないのに、何か食べたくなってしまうことや、めぐりが悪くなっているために生じる不調などもリセットされる効果を期待することができるので、食生活の乱れ自体をリセットする効果も期待でき、ダイエットがうまくいくようになるという人もいます。
ハーブティーには、毒素の排出を助けるたくさんの成分や食物繊維、気分をリラックスさせるアロマなどが含まれているので、たっぷり飲んで、食事を控えることがポイントになります。
身体と心がすっきりとして、むくみやだるさなどから解放される爽快感を味わうことができるので、定期的に行って、身体をリセットしたり整備したりしながら、毎日の飲み物としても活用し、デトックスしながら、リラックスすることを習慣にしている人も多く、おすすめです。
続けることで、毒素が排出されていくため、身体本来の解毒機能や調整機能を発揮することができるようになり、いきいきとした健康的な毎日を送ることが期待できます。

 

デトックス=毒素排出!普段の身体にはどのような毒素が溜まっている?

めぐる体ができている人は少ない

デトックスや解毒という言葉、最近よく耳にしますが身体の中に溜まっている毒素とは一体どのようなものでしょうか。
私たちは口から物を食べ、飲み、栄養素や水分を吸収して生活しています。

しかし、全てを吸収することはできないため、不必要なものは体の外に排出しなければいけません。
排出で一番最初に思い浮かぶのは便や尿です。
汗をかくことでも老廃物を排出していますが、大事なのは代謝です。
代謝が悪いと身体の中で起こっているめぐりが悪くなります。
血液の流れ、食べ物の流れ、水分の流れ、これらが滞ると不調の原因になってきます。

便秘は最も顕著に不調として現れる問題です。
食べたものが消化されて便となることは当たり前のことですが、数日間便通がない人も少なくありません。
腸は第2の脳と言われるほど大切な器官です。
そこに老廃物が溜まり続けると腸内環境が悪くなり、悪玉菌が活性化します。そこで作り出されるのがまさに毒素です。
これらは顔の吹き出物となったり頭痛として現れたり、もちろん肥満にもつながります。
毎日、便通があるという人でも宿便が溜まっていることがありますので、デトックスをしてみる価値はあります。

また、普段何気なく食べているもの、全てがオーガニックや有機野菜、無添加のものではありません。
化学物質や残留農薬、保存料や防腐剤といったものは長い間食べ続けることで身体に溜まっていきます。
脂質過多、糖分過多も脂肪となって身体に溜まっているものと考えられます。
多少の飲酒は身体にいいとも言われますが、たばこは毒素をそのまま取り込んでいるようなものです。
これらが悪いと言われる要因に活性酸素の存在があります。

活性酸素は非常に毒性の高い物質で、老化や病気の原因となっていきます。
健康的な生活を送っていると活性酸素も増えすぎることはありませんが、めぐりが悪かったり不健康な生活を続けていると増えてしまいます。
毒素が溜まる原因は食べ過ぎにもあります。
身体は毎日消化活動を続けなければならず、胃腸は休む暇がありません。
毎日大量の脂質や糖分、お酒や添加物がたっぷりの食事を時間も選ばず食べたのでは消化が追い付かないということもあります。

身体の限界を超えて食べ続けると、せっかく健康的なものを食べたとしてもきちんと吸収されないというデメリットもあります。
そこで、注目されているのがデトックスなのです。
デトックスの方法は様々ありますが、身体に溜まっている毒素を排出するために断食や特定のデトックス作用のあるハーブなどを摂取する方法などがあります。

フィジカルだけじゃないメンタルにもデトックスは必要

身体に溜まった毒素を排出するためのデトックス方法に断食がありますが、フィジカルな効果以外にも心に大きく働きかけることにも注目が集まっています。
脂肪や添加物、活性酸素が身体の毒素ならば、心の毒素はストレスです。

心の問題が身体にも影響を与えるというのは広く知られたことですが、ストレスによって実際に不調を感じることは多くあります。
肌荒れや便秘、肩こりなども実はストレスが原因だったということもあるので、デトックスを実行して心も身体もすっきりを目指しましょう。

断食を行うと、胃腸が休まるので食べていないのに便通が良くなる人が多くいます。
今まで溜まっていたものがどんどん排出されるのでお腹がペタンコになり、不思議なことに空腹もあまり感じなくなってきます。
「食べる」という行為は思いのほか負担の大きい仕事だということが分かります。
その証拠に断食をしていると、精神が研ぎ澄まされたような感覚が起きてきます。
イライラや気分の落ち込み、といったことも減ってきます。

そして、食べるという行為が、今までなんと無意識の中で行われていたかを知ることができます。
人は本来、本当にお腹が空いたときに必要なものを必要な分だけ食べればいい動物です。
しかし、現代は飽食の時代であり、おいしいものをいつでもお腹いっぱい食べることができます。
現代人は本物の空腹をあまり知らないとまで言われます。
そして、食べ過ぎれば体重が増えていくので、外見を気にする女性などは特にそれがストレスになっていきます。

食べることがやめられないのに、太ることを嫌悪する気持ちは非常にストレス度が高いものです。
そもそも太るまで食べるということは、身体の食欲ではなく、目で食べている、脳で欲求を感じているからです。
断食でデトックスをすることによって、「食べる」という意識に変化が生まれます。
本当に必要な食事量と食事内容が分かってきます。
適量を食べることを学べば、食欲によって生じるストレスを感じなくて済むようになります。

もちろん心のストレスは食に関するものだけではありませんが、デトックスをしていくことで心の声を聞くという習慣ができてきます。
断食は特に深く心の中を探る時間にもなりますので、忙しくて余裕がなかった人にもちょっと立ち止まって考えるきっかけになります。
ただし、断食は方法を間違えると健康被害につながることもありますので、やりすぎに注意して専門家のアドバイスなどを参考にしましょう。

 

ハーブデトックスの効果が出るまでにはどれくらい期間がかかる?

手軽にデトックスできる方法とは?

体を綺麗にするデトックス効果のある方法を知りたい人もいるでしょう。
デトックスできる方法といってもいろいろありますが、ハーブデトックスは元気な心と体を取り戻したい人におすすめの方法です。
人間は食べ物を消化するためにたくさんのエネルギーを消費するため、食べ過ぎなどで胃腸に過剰な負担がかかった場合、体がダメージを受けてしまいます。
そこを修復する必要がありますが、エネルギーが不足してしまうとしっかり修復することができなくなりますし、どんどん疲労が蓄積してしまうということです。

また、腸壁には毒素が溜まってしまいます。
この毒素は添加物や有害物質などであり、現代の生活においてなかなか避けることができないものでしょう。
大切なのは消化器系をしっかり休ませることであり、そのために一定期間だけ固形物を食べないようにします。

固形物とは普通の食べ物のことであり、一種の断食とも言えるでしょう。
最適な期間は人によって異なっていますが、1~4週間行うことになります。
中には1ヶ月以上続ける人もいるということです。
どのくらい続けるのかはトレーナーと相談しながら決めていきましょう。
この断食に似た行為は自分で急に行ったり、無理をしたりすることは逆に体調を壊す恐れもありますし、低血糖症や貧血などで倒れたりする可能性もありますので、無理は禁物です。
重要なのは日々の生活の中にデトックス作用があるハーブやデトックスウォーターを取り入れ、体内の巡りを良くするということです。

消化器系を徹底的に休ませることで体内をリセットすることができますし、本来の働きを取り戻すことができるのです。
食べるのをやめると生きていくために必要な栄養素が不足してしまいます。
ポイントは自然由来の良質なハーブを摂取することであり、それによってしっかりと栄養を補給することができるのです。

ハーブティーや、サプリメントのようなハーブ製品を利用することになりますが、摂取する製品の質がとても重要です。
人工的な材料や農薬などを使っていると副作用のリスクもありますし、良質な製品のみを摂取しましょう。

デトックスには準備と断食、回復という3つの段階があります。
最初は普段通りの食事を摂取しながら重要なハーブをいくつか摂取していくことになります。
体を慣らしていくための機関であり、少しずつハーブの種類と量を増やしていくようにしましょう。
断食期間では食べ物を一切摂取しないようにしますが、続けていくうちに感覚や意識、心に変化が出てくるということです。
断食が終わったら最後の1週間は回復期間であり、1日1食のみを摂取して少しずつハーブを減らしていきます。
最初の1食はお粥からスタートすると良いでしょう。
回復期間は体を少しずつ固形物に慣らすことが大切であり、こってりしたものなど胃腸への負担が大きい食べ物は避けた方が良いでしょう。

デトックス効果で注目されている

デトックスの際には、まず解毒のためのハーブを摂取することになります。
成分が腸内を通り抜ける時に解毒を促してくれますし、無理なく体内を整えてくれるでしょう。
腸内環境を改善することで後から摂取する成分を効率よく吸収できるようにサポートしてくれるのです。

また、食物繊維が豊富に含まれたハーブも重要です。
食物繊維をきちんと摂取することにより、便通が改善されるでしょう。
普段から便通が良い人でも効果を実感できるということです。

ハーブは自然由来の素材ですし、下剤のように無理やり出すわけではありません。
そのため腹痛などのトラブルの心配もないでしょう。
L-アルギニンはハーブデトックスにおいて重要な栄養素です。
体の解毒をする時には血管がポイントであり、毒素は全て血管を通って体外に排出されるということです。
欠陥が弱ってしまうときちんと解毒することができなくなってしまうため、血管を若返らせるための栄養素をしっかり摂取すると良いでしょう。
血管を若返らせるためには一酸化窒素が必要となりますが、一酸化窒素の生成をサポートしてくれるのがアミノ酸の一種であるL-アルギニンという栄養素なのです。

さらに相乗効果で力を発揮すると言われるL-シトルリンという栄養素も一緒に摂取するのがおすすめです。
また、健康だけでなく美容に役立つ成分を含んだハーブなどもあるため、デトックスして綺麗になりたい人はチェックすると良いでしょう。

ハーブは昔から体の調子を整えるためのものとして使われてきました。
最近では研究が進み、心身の健康のために医療の現場などでも使われるようになってきています。
その効果は種類によって異なっていますが、基本的には緊張をほぐすリラックス効果と疲労を回復する効果、体内の毒素や老廃物を輩出するデトックス効果という3つに分けることができます。

また、全てのハーブには抗酸化作用があることが分かっています。
抗酸化作用というのは老化の原因となる活性酸素を除去する働きのことであり、ハーブを生活に取り入れることでアンチエイジングにも役立つと言えるでしょう。
ハーブには良い効果がいろいろあるのですが、特にデトックス効果で注目されています。
デトックス効果によって体内の老廃物をしっかり排出できるようになりますし、ダイエット効果も期待できるでしょう。
また、肌の調子を整えることもできますし、体の調子を整えることもできるので人気となっています。

 

herb

自然派ハーブで内側からデトックス!安全に健康を手に入れよう

日本ではデトックス効果が期待できるハーブが人気

日本では、昔から健康や美容のために様々な植物が使われてきました。
現在でも、漢方薬やハーブは女性を中心に根強い人気があります。

ハーブには、様々なメリットがありますが、そのひとつが今回、取り上げているデトックス作用です。
人間の体には、もともとデトックス機能が備わっています。
尿や弁、汗、リンパ液などにより、毒素が体外へと排出されています。
それをハーブや酵素ドリンクなどを利用することで、毒素の排出を後押しします。

デトックスの目的は、体質を徐々に改善していくことです。
効果は急には現れませんが、体に溜まった老廃物や有害物質が排出されやすくなっていきます。
ハーブや酵素を使ったデトックスを行うと、新陳代謝が高まり、細胞の機能が活発になりますので、健康効果や美容効果、ダイエット効果が期待できるのです。

健康的に痩せるためには、栄養を補給しつつ基礎代謝を高めていく必要があります。
安全に無理なくデトックスできれば、血液やリンパ液の循環が良くなり、女性の悩みで多いむくみの解消にもつながります。

普通に生活していても、老廃物や有害物質は溜まってしまいます。
ですから、定期的にデトックスを行って、毒素を排出していくことが大事なのです。

そして、デトックスを行って新陳代謝が活発になると、肌にも良い影響が出てきます。
肌に良くないものを取り除くことで、肌を美しく保つことができます。
老廃物が体内に溜まると、ニキビや肌荒れなど肌トラブルの原因となりますね。
美肌を維持するには、積極的にデトックスを行って、老廃物を減らすことが重要です。

デトックスは、内臓を休ませるので、それだけ内臓が元気になります。
また、自律神経や脳神経を安定させるので、精神面でも良い影響が期待できます。

女性の場合、美容目的やダイエット目的でデトックスする人が多いのですが、その結果、体が健康になった人も少なくありません。
女性の生理もデトックスのひとつです。
生理中は、体内の古い血液や水分、老廃物を排出します。
生理周期を利用することで、効率良くデトックスすることができます。

女性の悩みで多いのが便秘ですが、生理の期間中は便も出やすくなっているので、安全に便秘を解消するチャンスでもあります。
生理中はデトックスが最も活発ですが、体が冷えやすいので、健康のためにも様々な工夫をして温めることが大事です。
生理期間中は、シャワーだけで済ませてしまう人も多いのですが、お湯の中で体を温めることで、肝臓の機能が高まりデトックス効果が向上します。

健康と美容のためにハーブを活用する

健康と美容のためにハーブティーを利用している人は少なくありません。
日本では、国内外の様々なハーブティーが販売されています。
ハーブティーの代表的な効果作用には、リラックス作用があります。
よく眠れない時や気持ちが落ち着かないときは、カモミールやラベンダーのハーブティーを飲む人が多いです。
カモミールには、心を落ち着かせる働きがあり、ラベンダーにはストレスを緩和し、さらに安眠作用があります。

日本女性は貧血気味の人が少なくありません。
鉄分の吸収を促すビタミンCが含まれているローズヒップやローズマリーは、人気が高いハーブティーです。
ローズヒップは、ビタミンCを多く含んでおり、風邪の予防もできます。
また、疲労回復にも役立ちます。
ローズマリーは、血液中のコレステロールを下げ、血行をよくします。
ペパーミントは、腸内環境を整え、腸の中に溜まったガスを出しやすくします。

そして、最近、女性の間で大きな話題となっているのが、マヌカフラワーティーです。
マヌカは、フトモモ科の低木で、ニュージーランドに自生しています。
マヌカは、昔からケガや病気の治療に利用されており、マヌカからとれるマヌカハニーは医薬品として扱われていました。
マヌカハニーには、独自の成分UMF(ブランドにより表記方法がMGなどと異なります。)が含まれており、UMFの数値により4種類に分かれています。

そして、ピロリ菌を殺菌できるのは、はちみつの中でマヌカハニーだけなのです。
はちみつは肌への浸透性が高く、少し塗るだけで保湿効果や殺菌効果が期待できるので、美容のために利用している女性も多いです。
マヌカハニーには、ビタミンやミネラル、酵素などの天然成分が含まれており、現在でも健康と美容のために多くの人が愛用しています。

このマヌカフラワーティーは、デトックスに特化したハーブティーで、安全性が高く幅広い年齢層の人々に支持されています。
ノンカフェインなので体に優しく、夜寝る前でも安心して飲むことができます。
ニュージーランドだけに自生しているマヌカの木には、強い抗菌作用がありますし、マヌカフラワーティーは、ブレンドを工夫することで自然な甘みを出しています。
香りが良く飲みやすいこのハーブティーは、日本でも非常に注目を集めています。
また、ハーブティーはノンカフェインのため、子供から高齢者まで飲めるので、家族全員で楽しむことができます。
ティーポットなどにマヌカフラワーティーを入れて、沸騰したお湯を注ぎ、ちょうど良い濃さになったら取り出して飲みます。
ストレートティーでも、ミルクティーでも美味しく飲むことができます。

 

 

デトックス効果のあるハーブはどんなものがある?

デトックスウォーターとはどんなもので、なぜ水が必要なのか

疲れが取れない、寝ても寝た気がしない、やる気が起こらないなど、原因は分からない不調を我々、現代人は誰もが持っています。
まだ病気ではなっていないけど病気の一歩手前の状態を東洋医学では未病といいます。
未病のうちに解決をしないと内臓などの疾患や、精神疾患につながってしまいます。

疲れが取れない、寝ても寝た気がしないという状態が続いてしまうということは免疫の低下が考えられます。
免疫力が下がると新陳代謝も悪くなり、血液やリンパの流れも停滞しがちになり、月経トラブルやむくみ、冷え性などになり、自律神経の乱れによる不眠や情緒不安定などの不調になってしまうこともあります。

では、何を始めたらこの状況を止められるのか、それは特別な方法はいりません。
まずは水を2リットル飲むことから始めましょう。
人の体は消化や代謝、排尿・排便、発汗などで一日2リットルの水分を使い、失われます。
そのため食事や飲料で最低2リットルの水が必要ですが、この量を確実に摂取できている方は限りなく少数です。

しかし、肌をきれいにするには最低4リットル、ダイエットには5リットル以上の水分が必要と言われています。
水を飲めば飲むだけ、体内の水分を入れ替えることができ、体に溜まった毒素を尿などで排出することができます。
しかしながら、これだけの水分を毎日飲むというのは習慣が付かないととても大変なことです。

そこでおすすめなのがデトックスウォーターです。
一日5~7リットルの水を飲んで、美容とスタイルをキープしているスーパーモデルや一流女優の方々も、このデトックスウォーターを愛用しています。
デトックスウォーターの作り方はとてもシンプルです。
自分の好みの野菜や果物を適度な大きさでカットしたり、大きさによってはそのまま丸ごと入れてしまいます。

ボトルにカットした食材と水、氷を入れ、数時間置きます。
就寝前に作ると翌朝にちょうどいい状態で飲むことができます。
このデトックスウォーターは防腐剤を入れないので、賞味期限は1日です。
自分の飲みたい分量を作って、一日で飲みほしてください。
もし家族でシェアする場合はボトルに口をつけると細菌の繁殖の原因になります。
グラスやほかのボトルに移し替えて飲んだり、持ち歩くようにして下さい。
デトックスウォーターはこの食材を必ず使わないといけないというルールはありません。
自分がどうにかしたい症状や不調に合わせて、使う食材やハーブを選ぶとより効果的です。

デトックス効果のあるハーブはどんなものか?

体の毒素を排出するにはどんなハーブがよいのか、特におすすめのハーブをご紹介します。
まずはダンデライオンです。
ダンデライオンは言わずと知れたタンポポのことです。
利尿作用があり老廃物を排出したり、肝臓を強くして脂肪の分解や体内の解毒をしたりする効果があり、デトックス能力の高いハーブです。
ナトリウムを排出するカリウム、鉄分、ミネラル、ビタミンも豊富に含んでいるので、妊娠中の方や貧血やむくみやすい方にお勧めです。
ダンデライオンは、ハーブティーやコーヒーにして飲むこともでき、もちろんノンカフェインです。
レモンやクランベリーと組み合わせると飲みやすくなります。
前項でご紹介したマヌカフラワーティーにもブレンドされています。

続いてはエルダーフラワーです。
マスカットに似た香りと風味を持ち、スキンケアや高い発汗作用があるのでインフルエンザの時に処方されるハーブです。
エルダーフラワーは利尿作用に効果的なカリウムが豊富に含まれており、体質改善やデトックスに効果的です。
ただし、フレッシュハーブから自作する際などは、エルダーフラワーの熟していない青い実や葉、種子には毒性があるので、絶対に使用しないでください。
スイカやレモン、ハーブではミントとの相性が抜群です。

最後はローズヒップです。
こちらは上述で紹介もした通り、ハーブティーの代表的な1種です。
ローズヒップは美肌や美白に効果的なレモンの20〜40倍のビタミンCが含まれています。
また抗酸化作用のあるもビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなども含んでおり、アンチエイジング、利尿作用や整腸作用によるデトックス効果、新陳代謝促進の効果もあります。
ハイビスカスとの相性が抜群でダイエットをしたい人、きれいになりたい方には特におすすめのハーブです。
ハイビスカスとブレンドした場合、特に酸味が強いので桃やベリー系など甘みがある食材がオススメです。

デトックスウォーターは水ベースが基本ですが、ハーブティーや炭酸水をベースにしても効果的です。
特に今話題のマヌカの木からとれるマヌカのハーブティーはデトックスに最適です。
そもそもマヌカハニーはよく聞くけど、マヌカフラワーティーはまだ耳に新しいものでしょう。

マヌカフラワーティーとはどんなものかというと、まずフラワーと付きますがマヌカの葉(リーフ)で作られます。
次項でもさらに詳しくご紹介しますが、マヌカリーフは特に、整腸作用や脂肪を貯めこみやすい方にお勧めです。
マヌカリーフ自体はそのままでは飲めないほど癖が強いのですが、ティートータルの独自製法と独自ブレンドにより特に強い癖もなく、さっぱりしていて飲みやすいので、ベリー系やレモン、桃との相性も良いです。
また抗菌作用もあるので体調管理にも最適なハーブです。
もちろんノンカフェインなので免疫力の低い小さな子供やお年寄り、妊婦さんも飲めます。
自分のライフスタイルや体調に合わせて、デトックスウォーターを楽しんでください。

 

manuka-flower-detox

デトックス作用◎マヌカの木の葉を利用したマヌカフラワーティー

美容と健康のためにはデトックスが大事

人間の体には、知らないうちに有害物質が取り込まれています。
食品添加物や重金属、環境ホルモンなどの有害物質や老廃物が体に蓄積されていくと、新陳代謝にも影響を与えます。
場合によっては、臓器の機能に悪影響を与えることもあるので注意が必要です。

体に悪影響を与える老廃物や有害物質を体外へと排出することをデトックスと呼びます。
日本では、デトックスを利用したダイエットが盛んです。
体に蓄積された毒素は、ほとんどが便から排出されるため、デトックスを行うには腸内環境を整えることが重要です。

日本女性は便秘で悩んでいる人が多いのですが、便秘がちだと腸内に老廃物や有害物質が溜まり、腸内の悪玉菌が増えます。
デトックスを行っても、すぐに効果が出るわけではなく、少しずつ体質が改善されていきます。
人間の体は、もともとデトックス作用があり、普通に生活していても便や尿、リンパ液、汗などによって必要のないものを体外へと排出しています。

デトックスが女性に人気なのは、ダイエット効果が期待できるからです。
体内の老廃物や有害物質を排出すると、新陳代謝や細胞の機能が活発になってダイエット効果を高めることが可能なのです。

新陳代謝が活発になると、肌にも良い影響があります。
新陳代謝が滞るとニキビや肌荒れの原因になります。
デトックスをすると、内臓を休ませることができるため、内臓の疲労で肌トラブルが発生している場合は肌の改善につながります。

毎日の生活で溜まった老廃物や有害物質は、意識的に排出することが大事です。
女性の場合、生理もデトックスで、体内の古くなった血液や余分な水分、老廃物を排出しています。
生理中は便が出やすくなるので、効率良く不要なものを体外へ排出できます。

デトックス方法は、人によって様々ですが、手軽に利用できるお茶や酵素ドリンクは人気が高いです。
特に利尿作用があるハーブティーなどのお茶は、毎日飲むだけで、体内の毒素を排出して腸内環境を整え、新陳代謝を活発にすることができます。
日本では、ネットショップでもスーパーでも多種多様なハーブティーが販売されていますし、最近は、ノンカフェインのハーブティーの人気が高いです。
コーヒーなどカフェインが多い飲み物は、脳が覚醒して夜飲むと眠れなくなることがあります。
ノンカフェインのハーブティーは、寝る前でも安心して飲むことができ、子供から大人まで飲めるので、まとめ買いをしておけば家族で楽しめます。

注目を集めるマヌカフラワーティーはマヌカのお茶

デトックスに特化したお茶として、先ほどもご紹介した注目を集めているハーブティーのひとつがマヌカフラワーティーです。
マヌカフラワーティーは、マヌカの葉をベースにしたハーブティーです。
リラックスしたい時やリフレッシュしたい時に適しています。

マヌカというと、ニュージーランド土産の定番ハチミツが有名です。
マヌカのハチミツには抗菌作用があり、風邪の予防にも利用されていますが、ニュージーランドに自生するマヌカの木は、ハチミツの元となる花を咲かせて、古い時代から先住民族の健康のために利用されてきました。
その抗菌作用は、ハチミツだけでなく、マヌカの葉や樹液にも含まれているのです。
マヌカの木には、多くの薬用効果があります。
1000年以上も前からニュージーランドに住んでいるマオリ族は、マヌカの葉を煮詰めてお茶のようにして飲んでいました。
樹液は咳止めや筋肉痛、ヤケドの手当てなどに使っていたのです。

万能薬として利用されてきたマヌカの木は、自然保護の分野でも活躍しています。
マヌカの木は、低木で、荒れ地を森に変える木だと言われています。
ニュージーランドでは、自然保護のために植林をする場合、マヌカの木を植えます。

マヌカの木は、春から夏にかけて白やピンクの美しい花を咲かせます。
この花が有名なマヌカハニーのハチミツの元となります。
美容に良い作用や健康に良い作用があり、日本で一般的に利用されているハチミツとは特徴が異なります。
ハチミツは、ビタミンやミネラル、酵素などの成分が含まれ、栄養豊富な食品として世界中で愛されています。
マヌカのハチミツには、様々な栄養のほかに、抗菌力(UMFやMGなどの表記で表される)が含まれています。
この抗菌力、抗菌作用はマヌカ独自の成分であり、数値によって種類が分かれています。
世界中にハチミツは数多く存在しますが、ピロリ菌を殺菌できる唯一のハチミツとして多くの家庭で利用されています。
肌への浸透力も高く、保湿のために化粧品のように使って肌を保護している人も少なくありません。
ハチミツは、腸内環境を整える効果も期待できるため、ハーブティーに入れることで、相乗効果も期待できるのです。
ハーブティーにハチミツを入れると、飲みやすくなり、栄養価も高まります。

そして、マヌカの葉を主にブレンドしたティートータルの世界でも唯一のマヌカフラワーティーは、ノンカフェインなので、妊婦や子供が飲んでも安心です。
お湯を注いで作るホットティーも水出しのアイスティーも楽しめます。
ストレートで飲んでも、ミルクを入れてミルクティーにしても、他のハーブティーをミックスして独自のブレンドティーにしても美味しく飲むことができます。
そして、マヌカハニーをスプーン1さじ入れて砂糖の代わりとして飲むのもダブルの作用でとてもおすすめなのです。

 

ハーブデトックスは断食を伴う!?気になる空腹対策

ハーブデトックスで空腹を感じるのはなぜか?

デトックスとは「解毒」という意味ですが、そもそもなぜ断食することが解毒になるのでしょうか。
ハーブデトックスとは、天然ハーブを使ったサプリメントや食品(ハーブティーも含む)などを摂取しながら断食、つまり固形物を食べないように過ごすデトックス方法です。

私たちは、毎日3回、人によってはそれ以上の回数、食べ物を口にします。
食べることは身体にとって必要なエネルギーを摂取するために必要不可欠なことですが、現代の食事というものはただ生きるためだけでなく、嗜好品として楽しむために食べることも多くなります。
誰でも、お腹が空いているわけではないのになんとなく食べてしまった、ということがあるのではないでしょうか?
空腹ではないのに、食べたくなるのは習慣や脳が食べることに依存しているためで、本当に体が欲しているわけではありません。
これを続けていくと太ってしまったり生活習慣病などのリスクも上がっていきます。

さらに、食品添加物や過剰な糖分、脂質などは身体に大きな負担をかけ溜まっていきます。
これらが蓄積すること、絶え間なく食べ物が押し寄せることで、胃腸は弱り毒素が溜まるので、デトックスが必要になります。
断食の期間は目標や体力によって変わってきますが、固形物を食べないことは空腹を呼びます。
ですが、数種類のハーブと水分だけで過ごす、と考えただけで空腹になったような気がしているだけではないでしょうか。

好きなものを好きな時に好きなだけ食べられる生活をしているところから急に食事制限を始めると、1日中食べ物のことが頭から離れなくなることがあります。
そうなればなるほど空腹感に襲われ我慢が出来なくなってきます。

しかし、それは身体の声ではなく脳の訴えです。
脳は思考をつかさどる重要な器官ですが、時に私たちをだまそうとします。
食は最も抑制が効かなくなる部分で、一部中毒にも似た依存状態を生むことがあります。
これに打ち勝つには、強い意思とハーブデトックスで断食に入る前にきちんとした準備期間を設けることが大事です。
週末だけのプチ断食だけだとしても丸1日以上かけて徐々に食事量を減らしていくようにしましょう。

期間が長くなればより長い準備期間を作り、良質なハーブを使った製品を少しづつ体に入れていき、慣らしていくことも必要です。
そして、本当にお腹が空くとはどういうことかを身をもって体験してみます。
それが脳によるものか体による声かを見極めるようにしてみましょう。

ハーブデトックスをしたときに感じる空腹への対策

ハーブデトックスをしたときに感じる空腹は、ほとんど初めの数日間で収まってきます。
ハーブデトックスは断食といっても一切のカロリーを取らないのではなく、固形物を避けて胃腸を休ませ老廃物を排出することに専念させるものです。

最初の数日は脳がまだ状況を呑み込めていないため食べたい衝動が絶え間なく襲ってくるかもしれません。
しかし本当に必要な栄養素だけがきちんと体に取り込まれ、腸が解毒されていくと体だけでなく心が研ぎ澄まされて落ち着いてきます。
いつもよりも五感がさえて元気になったような気がするので不思議です。

最初の数日間の空腹への対策は、どうしても我慢が出来ないようならば水分やお茶を飲んで紛らわす、集中できることをしてみる、ストレッチや軽い散歩をしてみることで解消していきましょう。
ここで食べてしまっては何の意味もありません。

ハーブデトックスは見よう見まねでやるよりも、専門のトレーナーや栄養管理士の元で取り組んだ方が効果も大きく安心です。
しかし、全ての人が専門トレーナーにつけるわけではありません。
そうした場合、気持ちを強く持ちすぎて健康を害する場合もありますので注意してください。

どのような方法でも断食というのは1歩間違えれば危険なものです。
体質や摂取しているハーブのとの相性によっても思わぬ事態になることも考えられます。
万が一、デトックス期間中にめまいや動悸、息切れ、頭痛などを感じた場合は速やかにやめて医師の診断を受けましょう。
多少の不調は断食の始めには起こりやすいものですが、数日たってからいきなり不調を感じるときは身体に限界が来ている可能性もあります。

低血糖などは危険な状態ですので、必ず長期にわたって断食を決行する場合は専門のトレーナーなどとコンタクトを取りながら指導を受けるようにしましょう。
週末だけのプチ断食をしている場合でも、やりすぎは禁物です。

デトックスはダイエットではなく結果的に痩せるだけであって体重減少を目的としてはいけません。
水分も制限すると大変危険ですので、必要最低限の栄養素と十分な水分を摂取することを忘れないでください。

そして、断食を終了する時は、いきなり好きなものを食べ始めるのではなく、おかゆなどの消化のいいものから始めます。
準備期間と同じくらいの時間をかけて徐々に戻していきます。
デトックス後は本当の空腹と体の声を聴聞いて、食べ過ぎに注意して過ごせばリバウンドもなく健康的に過ごすことができます。
ただし、断食のやりすぎや2週間にこだわり無理をすると逆に体を壊しますので、毎日の生活の中にデトックス作用のあるハーブティーを飲むことなどを取り入れ、3食食べすぎず、ハーブデトックスを行うのが理想なのではないかと思うところもあります。
どちらにしても、毎日、食事を摂っている生活の中と仕事や運動をしている通常の日常生活の中で、急に断食をするのも、無理も禁物なのですから、徐々に少しずつハーブデトックスを取り入れて試してみるのがやるならば良いでしょう。

 

berry-peach-crumble

 

身体を癒やす「デトックスウォーター」の簡単な作り方

デトックスウォーターの作り方と注意点

なかなか疲れが取れない、肌のトラブルが増えた、ダイエットがまったくうまくいかないなど体にまつわる不安や悩みを持っている方は老若男女問わずたくさんいらっしゃいます。
体質改善の第一歩と言われているのが毎日2リットル以上の水分の摂取です。
人の体は何もしていなくても尿や便、汗、消化や代謝などで少なくても2リットルもの水分を毎日消費、排出します。

そのため食べ物や飲み物で2リットル以上の水分を摂取する必要があります。
しかし実際に2リットルの水分が摂取できている方は限りなく少数です。
そのため肌荒れや乾燥、便秘、太りやすい、疲れやすいといった悩みを持ってしまいます。
しかし1日最低2リットルの水をひたすら飲み続けても飽きてしまうし、お茶は飲んでも利尿作用が強いのですぐに排出されてしまいます。
ましてや美容のためだったら4リットル、ダイエットしたいなら5リットルの水分が必要です。

実際にスーパーモデルや一流女優の方々は5~7リットルの水分を毎日飲んでいます。
そこで美味しくて苦にならず、飽きずにおいしく水を飲み続けることができるのがデトックスウォーターです。

デトックスウォーターは海外では定番のドリンクです。
日本でも近年、モデルや女優を中心にオシャレな見た目と持っているパワーに夢中になる方が続出しています。
デトックスウォーターは好きな野菜、果物、ハーブなどを入れて作ります。
自分自身でカスタムできるので、ダイエット、美肌、便秘対策など自分が求める効果を元に作ることができます。

また、使う水は一般的にはミネラルウォーターや浄水ですが、ココナッツウォーターや炭酸水を使うのもおすすめです。
ただし、便秘に効果的ともいわれている硬水は味や食品の栄養が出にくいのでお勧めできません。

そこでデトックスウォーターの作り方とレシピをご紹介します。
簡単に作れてしまうので、忙しい毎日を送る方にもピッタリです。

デトックスウォーターを飲む上での注意点は3つです。
1つは賞味期限です。
防腐剤を入れず常温保存もしないので賞味期限は長くて24時間です。
生の野菜や果物は傷みやすいので、保存方法と賞味期限には気を付けてください。
また1度で飲みきれないくらいの量を作るときは菌の繁殖に注意せねばなりません。
ボトルには直接口をつけずにグラスやミニボトルに注ぎ分けて飲んでください。

2つ目は農薬です。
特に皮付きの食材を使うときは良く洗って使用します。
また柑橘類は苦みが出るので早めに飲み切るか皮を排除してください。

3つ目は健康上の注意です。
デトックスウォーターは血糖値を下げる効果があります。
糖尿病や高血圧の薬を服用している方はお医者さんに相談してください。

とっても簡単なデトックスウォーターの作り方

デトックスウォーターの作り方はとても簡単です。
見栄えが良いように透明のボトルやビンを用意します。
あとはミネラルウォーターと好みの食材だけです。

ここでは美肌、デトックス、ダイエットに特化したデトックスウォーターの作り方をご紹介します。

美肌効果を期待したいならベリーをたくさん使ったドリンクがオススメです。
いちご、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、タイムを使います。
イチゴはサイズが大きいので半分にカットします。
あとはボトルに氷とともに入れ、水を注ぐだけです。

ベリー系のフルーツにはビタミンCが多く含まれ、メラニン色素の抑制、コラーゲン生成をするので美肌と美白に効果が期待できます。
また、ブルーベリーには抗酸化作用の高いアントシアニンが豊富に含まれ、シミやシワなど肌の老化も防ぎます。

ラズベリーにはメラニン色素を生成する時に働くチロシナーゼの抑制するエラグ酸が含まれ、美白へ導く効果があります。

いちごにはカリウムが多く含まれており、むくみが気になる方にもオススメです!
タイムはハーブの1つですが抗菌作用や利尿作用や疲労回復の効果があります。
このベリー系のフルーツを使ったデトックスウォーターには、ベリーピーチクランブルが非常に役に立ちます。
ベリーピーチクランブルは、4種のベリーを特殊な大粒カットでドライフルーツ加工したフルーツティーです。
そのベリーのドライフルーツの大きさには驚くことでしょう。
そのまま水を注ぐだけでベリーのデトックスウォーターが出来上がります。
もちろんノンカフェインで、天然のベリー、天然の甘味で人口の甘味料は使用していませんので体にも優しいフルーツティーです。
他のハーブティーと好きな分量でブレンドしても美味しく飲めますので、おすすめです。

デトックス効果を求めるならやはりマヌカフラワーティーがオススメです。
マヌカフラワーのハーブティーにブラックベリー、ペパーミント、レモンを入れます。
上述したベリーピーチクランブルを入れるのもおすすめです。

ブラックベリーやレモンには美白・美肌に良いビタミンC、ペパーミントには抗菌作用があります。
マヌカフラワーティーには医療現場でも用いられるほどのマヌカ独自の強力な抗菌作用があり、デトックスにはとてもおすすめです。
このブレンドのデトックスウォーターは、レモンやミントを入れることで酸味とスッキリした爽やかさ、ベリーでほんのりとした甘みを感じます。

ダイエットにデトックスウォーターを使いたいならレモンとラズベリーの組み合わせがオススメです。
ラズベリーの香りにはラズベリーケトンという成分が含まれており、唐辛子に含まれるカプサイシンの約3倍の脂肪燃焼効果があります。

また、ラズベリーのビタミンEは抗酸化作用があり、血中のコレステロールの酸化を防ぎ、アンチエイジングに期待できます。
ラズベリーとレモンには水溶性食物繊維が多く含まれており、腸内をキレイにしてくれます。
レモンのビタミンCは美肌・美白に効果的です。
甘酸っぱい味と香りで美味しくダイエットができます。
レモンのドライフルーツを利用したレモンシトラスティーと4種のベリーやビタミン豊富なローズヒップを含んだベリーピーチクランブルを組み合わせて作るデトックスウォーターも良いでしょう。
デトックスウォーターの作り方は食材との組み合わせによってとても豊富です。

すでに各種フルーツがドライ加工ブレンドされた天然素材のティートータルの各種フルーツティーをボトルに入れて水を注ぐだけでも完成です。

ドライフルーツで構成された各種フルーツティー同士を自分の好みでブレンドしてもおすすめですし、

ベースに100%オーガニックのローズヒップティー x ドライフルーツで構成された各種フルーツティー

大粒のカットりんごのドライフルーツがブレンドされたリラックスティー x ドライフルーツで構成された各種フルーツティー

抗菌作用とデトックス作用に特化したマヌカフラワーティー x ドライフルーツで構成された各種フルーツティー

このようにティートータルのハーブティーやフルーツティーは素材が天然物であり、ドライフルーツやハーブ認定士も認める品質の良いハーブを利用しているため、組み合わせもその人それぞれ、無限に広がります。
断食にこだわることなく、デトックスウォーターを毎日の生活の中に取り入れるだけでも体の巡りが変わります。
自分自身でアレンジして楽しんで飲んでみてくださいね。