Blog
カモミールってどんな味?ハーブティーの効能

カモミール(カミツレ)ってどんな味?ハーブティーの効能

  |   ハーブティーについて

カモミールの嬉しい効果と利用方法

カモミールティ―の効果

ハーブティーはそれぞれ身体に良い効能にがあります。
その中でカモミールは女性特有の悩みを和らげてくる効果があります。
まず、体内の平滑筋という組織を落ち着かせる作用があり腹痛や胃痙攣、生理痛を和らげてくれます。
また、胃の粘膜を修復して丈夫にし、消化機能を正常な状態に保ってくれます。
眠りに就く前に飲むことは避けるように言われているハーブティーもカモミールであれば、
心身をリラックスさせてくれる効果があるので、不眠症を改善しよく眠れるようになり、
冷え性や貧血の改善にもつながっていきます。

 

●カモミールの様々な効果
・アレルギー物質を防ぎ、花粉症や鼻炎(鼻づまり)に効果
・不眠対策やリラックス効果
・消化器系トラブルの改善
・眼精疲労回復効果
効能まとめ
胃腸のトラブル(下痢や便秘、食欲不振、消化不良、過食)の改善
リラックス効果、むくみ、冷え性、風邪予防、不眠症改善、アレルギー症状緩和、
口臭予防,眼精疲労

以下のHP内から抜粋

カモミール(カミツレ)として飲む以外の活用方法

カモミールは、入浴関係の使用でも効果があり、
カモミールティーをリンスとしてすると髪にツヤが出てきます
入浴剤の代わりにカモミールを入れると傷や湿疹などの炎症系トラブルに効果を発揮します。
ご興味のある方はぜひ、試してみてください。

因みに、入浴関係で効能があるのに
カモミールの名前では入浴剤とかの販売はほとんど見かけませんが、
カモミールの和名『カミツレ』では、
色んな種類の入浴剤やリンス・シャンプーに使われて販売もされていますので、
バス用品の原材料で『カミツレ』を見かけたら、
カモミールが入っているとの目線で見てみるのも面白いかもしれませんね。

 

カモミールの味と香り~美味しい飲み方(ブレンド)の紹介

味と香りをしろう

カモミールには二種類あり、ジャーマン種とローマン種があります。
ジャーマン種は甘くて口当たりがよく、
ローマン種は少し苦味があります。
ハーブティーが苦手、という方はこうした種類にも気を配ると知らなかった味に出会えるかもしれません。

TeaTotalのカモミールは、オーガニックのジャーマン種カモミールになり、
甘みのある美味しく飲みやすいカモミールティーになります。

カモミールの香りは、りんごのような香りがほんのりとするので、
ミルクティーにする場合は紅茶とブレンドすると
さらに自然の香りが楽しめるフレーバードティーになります。

カモミールの美味しい飲み方

飲み方も多様にありますが、夏に飲むのであれば、アイスティーとして召し上がるとさっぱり飲めますし、
冬の寒い時期であれば、ミルクティーにすると甘みもあり就寝前や午後のひとときに最適です。
ハーブティーを淹れるのは難しそうと思う方が多いですが、

コツをつかめばそんなに難しいものではありません。

~ストレートティーの入れ方~

ポットに茶葉と沸騰したての熱湯を注ぎ、三分間蒸らします。
アイスティ―の場合は、
ティーストレーナーで別のポットに注いで冷蔵庫で冷やして出来上がりです。
ちなみにアールグレイのようにカフェインが含まれていないので、
冷やしても茶液の変色がありません。
ただし、早めに飲みきること大切です。

 ~ミルクティーの入れ方~

ミルクを合わせると柔らかみも増し、とても飲みやすくなります

作り方はミルクパンもしくは小鍋に水を入れて沸かし、
火を止めて茶葉を加え三分間フタをして蒸らします。

そしてミルクを加えて沸騰直前まで煮て、
ティーストレーナーで濾しながらカップに注いで出来上がりです。
他にもお好みでひと工夫の自分なりの味を作ってみるのもありです。
蜂蜜を加えると甘みとよりリラックス効果が望めます。
レモン果汁を加えてさっぱりしたレモンティ―にして、ビタミンCの補充を。
生姜を加えて、風邪予防や身体を温めるために。
シナモンパウダーを加えて、冷え性や血流改善効果をプラスに。
味や効果を吟味して独自のブレンドしてみては如何でしょう?

いろいろ書きましたが、原点回帰になりますが
ストレートティーで自然のまま味わいを楽しむことが、
最も飲んだ時に効果が実感できるものでもあります。
天気の良い日や、おやすみの日などにゆっくりと味わってみてもいいかもしれません。