Blog

ルイボスティーの味が苦手な人でも飲みやすくなるブレンドとは?

ルイボスティーで妊活効果!意外な活用方で産後の抜け毛への育毛剤にも?!

  |   ハーブティーについて, ルイボスティーについて

1024-cc-library010005964

ルイボスティーは妊活から産後の後も活躍します。

妊活・妊娠に関して効果が期待できます

最近になって、急速にルイボスティーが多くの女性から支持を集めています。
ここ数年で日本は生活習慣が欧米化していますので様々な種類のお茶が飲まれるようになっていますが、その中でもルイボスティーは女性に嬉しい効果がたくさんあるとされ注目を集めています。

まず、ルイボスティーの最大の特徴は高い抗酸化作用になります。
抗酸化作用とは体内の活性酸素を除去する事を指していて、その事が様々な効果につながっています。

この抗酸化作用とは体内に溜まった余分な活性酸素を除去する事で、様々な効果が期待できるとされています。

抗酸化作用は、一般的にはアンチエイジングとして知られています。
と言うのも老化の原因は活性酸素だとされており、その活性酸素を除去する事は老化を防ぐことに繋がります。
ですので抗酸化作用を持つものは、アンチエイジング効果が期待できると言われていてルイボスティーもその中に含まれています。

また、ノンカフェインな点もメリットになります。
例えばカフェインの過剰摂取は美容に良くないとされていますので、効果の高いお茶でも避ける方がいらっしゃいます。
そのため、ノンカフェインなら気にせず飲めると言えますし、大人だけではなく子供でも安心して飲むことができます。

そして、女性ならではの悩みである妊娠に関しても高い効果を発揮するとされています。
上記のように活性酸素が老化の原因になるとされていますが、それは過剰に溜まった場合になります。

基本的に活性酸素は良い点もあるとされ、排卵や着床率に大きく影響しています。
ただ余分にできた活性酸素にはデメリットが多く、生理痛が酷くなったり着床率が低くなったりします。

そこで、そのバランスを整える為にも抗酸化作用が注目されています。
したがって妊活中の飲み物として積極的に飲むことが推奨されています。

ルイボスティーはいつ飲んでも良いとされていますが、妊娠中に飲むことも推奨されています。
と言うのも、妊娠中はしっかりと栄養を取ると共に免疫力を下げない事が重視されます。

例えばカルシウムの不足は赤ちゃんの成長を妨げてしまいますし、カフェインの摂取も良くないとされています。
なので妊娠中は飲み物に制限がかかるのですが、逆にルイボスティーは飲んだ方が良いとされています。

ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれていますので、体内の水分量を増加させてくれます。
体内の水分量が増えると母乳の質が良くなりますので、産後はもとより妊娠中から飲むことが推奨されています。

また、ノンカフェインなのに鉄分やカルシウムが含まれていますし、ホルモンバランスを整える効果もあるとされています。

そして、高い抗酸化作用により母子ともに健康を維持できるとも言われています。
なお産後はホルモンバランスが崩れやすい傾向が見られますので、精神的に追い込まれイライラしやすくなったり産後鬱や体重の増加などが問題になりやすいとされています。

その場合にもルイボスティーは高い効果を発揮するとされていますが、出来る限り高品質のルイボスティーを飲む必要があります。
低品質の物はそれほどの効果は期待できないとされていますので、産後は出来る限り品質の高い物を選ぶ事が重要になります。

 

妊娠や妊活以外の効果も期待できます

上記のように妊娠中の栄養や水分の補給、着床率の上昇や産後の不安の解消などに効果的ですが、その他にも女性に嬉しい効果があるとされています。

例えば、ルイボスティーは冷え性の解消に効果を発揮するとされています。
血管の拡張作用がありますので、血行が促進され体の末端まで血液がめぐるようになります。
また毛細血管を丈夫にする効果もありますので、体の隅々まで効率的に血が流れるようになります。

そして、アンチエイジング効果もルイボスティーの有名な効果の一つになっています。
体内の活性酸素を除去する事で老化を食い止める事が可能になりますので、ルイボスティーはアンチエイジング効果が高いとされています。

皮膚が老化するとたるみやシワの原因になりますし、ハリや艶が失われる事で実年齢より老けて見えてしまう事があります。
なので老化の原因である体内の余分な活性酸素を除去する事は、アンチエイジングの重要なポイントになります。
そして、それには高い抗酸化作用があるルイボスティーが良いと言えます。

さらに、活性酸素が除去されると新陳代謝が正常化すると言われています。
新陳代謝が正常化する事で肌のターンオーバーが正常になり、くすみやシミが解消されるようになります。

それに加えて、新陳代謝の正常化はダイエットにも繋がっています。
基本的に、新陳代謝は脂肪の燃焼に重要な役割を持っています。
代謝が落ちると脂肪の燃焼効率が下がりますし、便秘の原因にもなりますので新陳代謝を正常化させ、脂肪の燃焼効率を上げる事や便秘を解消する事はダイエットに繋がると言えます。
なお、こちらの場合は、特別高品質である必要はないとされています。
もちろん品質が良いに越したことはありませんが、品質の良いものは高級品なので常用する事は難しいとされています。

妊婦や赤ちゃんにも最適な飲み物です

ルイボスティーはカフェインゼロの飲み物ですので
のどが渇いたときやスポーツのあとに飲むのに最適です。
カフェイン入りの飲み物の副作用としては飲みすぎると消化器官に負担をかけることがあったり、カルシウムを溶かしてしまうことがありますが、ルイボスティーならノンカフェインですので安心です。

活性酸素をデトックスしてくれるSOD酵素がたっぷりと含まれていることも知られており、健康的な飲み物として人気があります。

妊婦さんだけでなく不妊で悩んでいる方にもおすすめです。

マメ科の植物を乾燥させたもので原産地のアフリカでも美容や健康のための飲み物として親しまれています。
フラボノイドやカルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄などミネラルが豊富に含まれており、貧血予防になります。

のどに不調を感じたときにもアレルゲンがのどを刺激していることが多く、ルイボスティーを飲むことでのどのいがいががやわらぎ、調子を整えてくれる働きもしてくれます。

美肌効果も抜群で、しみやしわの予防、ストレス解消、生理痛の緩和、生理不順の改善、風邪の予防と毎日飲むことで肌をきれいに体を健康にしてくれます。

母乳の分泌を促進する作用もあるといわれており、赤ちゃんのいるママにもおすすめです。
アレルギーを緩和してくれる作用や口臭や体臭を緩和してくれる作用がありますから、家族全員で飲むドリンクとしてもおすすめです。
味にくせがあるため、最初は違和感があるかもしれませんが、ホットでもアイスでもおいしくいただくことができます。

乳腺炎の予防になったり、葉酸を含むことから妊娠しやすい体になることができるともいわれており、女性にとっては出産前、妊娠中、出産後と体調の変化にかかわらずのみ続けることでき、副作用の心配がないことがメリットです。

 

3909c198d4cc478ee343d6907c028801_s

妊活とルイボスティーの関係。ルイボスティーがもたらす効果

妊活とルイボスティーの関係

カフェインは体を冷やすため、妊活中はカフェイン入りの飲み物は避けた方がいいと言われています。
実際、アメリカで行われたある研究結果では、カフェインの過剰摂取が妊娠を妨げる要因になることが報告されています。
ですので、妊娠を望む女性は、ノンカフェインの飲み物を選ぶようにしたいものです。

ノンカフェインの飲み物の中でも、注目を浴びているのがルイボスティーです。

ルイボスティーの茶葉は、南アフリカの大地で育つマメ科の植物であるルイボスの葉を乾燥させたもので、現地では300年以上に亘って、先住民の間で愛飲されてきました。
南アフリカでもある地域でしか成長せず、その地域の土壌はミネラルが豊富なため、ルイボスの茶葉には他に類を見ないほどの栄養が含まれ、様々な効能を期待することができます。

特に注目したいのが、活性酸素を除去する作用がある高い抗酸化力で、これが妊活中に推奨される飲み物としてルイボスティーが選ばれる理由です。

正常な排卵、そして受精と着床が滞りなく為されることが妊娠のプロセスには大切ですが、そのためには子宮と卵子に問題がないことが重要です。
ですが、年齢と共に、ホルモンバランスが変化したり、体内で発生する活性酸素の影響によって、子宮と卵子は老化し、それが妊娠の確率を下げる要因になります。
特に過剰な活性酸素は、子宮や卵巣に大きな影響を与え、排卵障害・黄体機能不全・卵巣機能不全などの妊娠を妨げる深刻な問題を引き起こす場合があります。

妊娠しづらい体質の人は、体質改善が必要ですが、ルイボスティーは、老化の原因となる活性酸素を取り除くため、妊娠しやすい体作りのサポートとなります。

また、ルイボスティーにはホルモンバランスを整える作用があるため、ホルモンバランスの乱れが原因の不妊を改善することも期待できます。

ルイボスティーが男性にも、もたらす効果

ルイボスティーには、鉄分、亜鉛、銅、マンガン、カルシウム、カリウムなどのミネラルの他、高い抗酸化作用を持つフラボノイドなどがバランスよく含まれています。
その成分バランスはヒトの体液に近いため、体への吸収率が高く、赤ちゃんから老人まで幅広い世代で飲むことができます。
ルイボスティーには、体の老化の大きな原因となる活性酸素を除去する働きがあるだけではなく、気持ちを落ち着かせてくれる効果もあるため、妊娠できないことによるストレスやイライラした気持ちを緩和する作用もあります。

ルイボスティーは、睡眠の質を向上させる作用があるため、就寝前の飲み物にも適しています。
人は眠っている間に、体の細胞が修復されますが、質の良い睡眠をとることで体全体の細胞の新陳代謝が促されます。
また、便秘、アトピー、花粉症などにも効果があることが知られています。

そして、ルイボスティーは質の良い精子を作る栄養がたくさん含まれているため、妊活をしている女性だけではなく、男性にも効果が期待できます。

パートナーと同じものを口にすることは妊活の助けになりますので、ルイボスティーで一息つくような時間をふたりで持つと良いでしょう。

ルイボスティーは、マグカップにお湯を注いで飲むよりも、煮出して飲む方が茶葉に含まれる栄養素を摂取することができます。
水を入れたヤカンにルイボスの茶葉を入れ、火にかけて、沸騰してから10分間煮出します。
フラボノイドは5分以上煮出さないと抽出されないため、煮出す時間には注意が必要です。
ルイボスティーには副作用はありませんが、飲み過ぎないようにしましょう。
また、体を冷やさないためにも、温かい状態で飲むようにすることも大切です。

ルイボスティーは、様々なメーカーから販売されていますが、これから授かる命のためにも、安全性の高い品質の良い茶葉を選ぶと良いでしょう。

 

sleeping_baby_on_a_hand_199952001

つわり中でも美味しくルイボスティーが飲めるおすすめブレンド!

ルイボスティーは女性ホルモンのバランスを整えてくれます!

女性は、月経の関係でイライラしたり、体調を崩したりすることが多いですよね。
自分でもそんな状態に不満を持っていても、どうすればこの不調から抜け出されるのか、どうしたら楽になるのか答えを探している人も多いと思います。
そのイライラの原因は女性ホルモンのバランスが崩れているからなのです。

女性ホルモンのバランスを整えることが、不調から脱する近道なのです。

ルイボスティーをご存知でしょうか?
ルイボスティーはクセがあまりなく、苦みも少ない紅茶のような味で、ホットでもアイスでも美味しく飲めると女性から好まれています。

このルイボスティーは、美容にも健康にも効果があると注目されているお茶の1つです。
ルイボスティーには女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果が期待されています。
PMS(月経前症候群)に良く効くと言われているのです。

女性の多くはこのPMSに悩んでいる方が多く、月経前になると体の不調だけではなく、精神的な不調を訴える女性もいます。
ルイボスティーには、精神バランスを整えてくれる効果が期待されており、ホルモンバランスを整えてくれる他の食品などに比べて副作用がないと言われているので安心して飲むことができます。

オススメはホットにして飲むことで、体を温めてくれますのでより効果的です。
ルイボスティーには女性に嬉しい、美容やダイエットに対しても効果が高いと言われています。
抗酸化作用がありますので、老化予防にも効果的です。
腸内環境を整えてくれる効果も期待できますので、便秘がちの女性にも良いでしょう。
ダイエットの敵であるむくみに関しても、利尿作用が促されますので、むくみを改善することができます。
このように、ルイボスティーには女性にとって嬉しい作用がたくさんありますので、上手に取り入れていきたいですね。

ルイボスティーは、つわりの症状を軽減する効果が期待できます。

妊娠をして初めての壁が、「つわり」です。
つわりは、赤ちゃんが順調に成長している証ですが、母体となる女性としては本当に辛い時期ですよね。
酷い人は、食事だけではなく水分までも吐いてしまうこともあります。
酷い場合は、入院加療が必要となる女性もいますが、ほとんどの女性は家でつわりに耐えているでしょう。
水分が取れなくなることは、命に関わってきますから、どうにか水分だけでも取りたいですね。
つわりの時にはすっきりとした物なら飲むことができるという方が多く、その中でもルイボスティーは胎児に影響のでないノンカフェインなので飲んでいる方も多いようです。

他のお茶には、カフェインが少なからず入っていますので、ノンカフェインのお茶としてもルイボスティーは妊娠中の女性に良いでしょう。
妊娠中は女性ホルモンの影響で精神的にも不安定になりやすい時期です。

ルイボスティーには、リラックス効果があり、精神的な安定をもたらしてくれます。
そして、栄養価が高いお茶でもありますから、つわりで食事がとれない時こそ飲んでほしいお茶です。
ノンカフェインのお茶ではあるのですが、眠気を覚ます効果がありますので、寝る前に飲むのは控えましょう。
ルイボスティーとレモングラス、ミントなどのハーブ系をブレンドしたお茶も販売されていますから、自分にとって合うものを探してみましょう。

つわりは一時のものですが、母体である女性には耐えがたい時間です。
食事がうまくできないことで、胎児への影響を心配する方も多いでしょう。
しかし、その期間、食事ができなくても胎児には影響はありません。
まずは、母体である女性の体が一番大切なのです。

つわりの時には、ミントなどのハーブ系が精神的な安定をもたらしてくれますし、
口の中がすっきりすることで、吐き気が軽減されることが期待できます。
上手に取り入れて辛い時期を乗り越えていきたいですね。

 

授乳中のママにもおすすめ

ルイボスティーはノンカフェインで、不妊で悩んでいる方や妊娠中、授乳中、赤ちゃんや小さなお子さんが飲んでも問題なく、副作用も起こらないとされています。

不妊の方に効果的だといわれているのは体内の活性酸素を除去し、卵子の老化を防いでくれるからです。
妊娠をするには着床するかだけではなく、健康的な卵子と精子も必要となります。

卵子の老化をくい止めることで卵子の質のアップにもつなげることができるので、普段の生活にルイボスティーを取り入れるのも良いでしょう。
カフェインは過剰摂取することで血圧を上げたり、骨を弱くするなどの副作用があるといわれています。
また赤ちゃんや小さなお子さんがカフェインを飲むと精神的に落ち着かない状態になるので、あまり良くありません。

しかしノンカフェインであるルイボスティーであれば全くそれらについて心配する必要がありません。
授乳中もカフェインの摂取は避けたいところですから、ノンカフェインの飲み物を選択するのがベストです。

ちなみにカフェインは有名なところではコーヒーがありますが、他にも緑茶やウーロン茶、紅茶、ココアなどにも含まれています。

カフェインは人の中枢神経を興奮させるとされていますので、ストレスフルな人が多い現代ではリラックス効果が期待できるノンカフェインのものをとることが望ましいです。

もちろんそれぞれにも良い効果がありますから、たまに飲む程度であれば全く問題はないのですが、毎日飲むことを習慣にしてしまうのは過剰摂取しないという意味でも避けたほうが良いでしょう。

授乳中のママにオススメのルイボスティーブレンド

同じルイボスティーを飲むのであれば、より効果が高くなるブレンドをされているものを飲みたいものです。
おすすめのブレンドティーにはまずダンデライオンがあります。
ダンデライオンはいわゆるたんぽぽコーヒーのことで、その名の通り、たんぽぽの根っこを乾燥し、焙焼したものでノンカフェインです。

見た目はコーヒーのような色をしていますし、味もコーヒーに似ているので妊婦や授乳中のママがコーヒーの代わりに飲むことも多いです。

ダンデライオンは母乳の出をよくするといわれています。
また鉄分やカルシウム、ビタミンAやCなどを豊富に含んでいます。
また冷え性の改善にも効果的です。

母乳はお母さんの血液からできていますから、血流が良くなればその分母乳の出も良くなるのです。
そして、ラズベリーリーフは安産のハーブティーとして海外では古くから飲まれているもので、妊娠後期から飲み始めることで子宮の筋肉を正常に保ち、陣痛を和らげます。
産後も子宮が元の位置に戻るのをサポートするのでおすすめされています。

産後1週間以内に出る母乳は粘り気のある黄色をしており、脂肪分や糖質が通常の母乳よりも少ないのに赤ちゃんにとって必要な抗体はたっぷりと含んでいます。

ラズベリーリーフをブレンドさせたものを飲むことで子宮を収縮し、母乳分泌を促進します。
そしてあまり名前を聞いたことがないかもしれませんが、ネトルというものがあります。

ネトルは昔から血を作るハーブといわれてきました。
そのため女性のいろんな悩みにも効果を発揮するといわれていますし、血液を浄化する作用もあります。
血液と母乳は深い関係がありますからネトルをブレンドすることで母乳不足も改善できることが期待できます。
ネトル自体は緑茶のような味なのでそれだけでも飲みやすいです。
もし単体で飲むのなら産後が良いとされています。

授乳中は赤ちゃんにも効果あり

ルイボスティーの効果は飲んだ人だけが得られるものではありません。
授乳中や妊婦の場合でもノンカフェインなので安心して飲むことができます。
さらにお腹の中にいる赤ちゃんにも栄養を与えることができたり、授乳を通して赤ちゃんにカルシウムをよりたくさん摂取させることが出来ます。

ミルクの時に数滴、混ぜて飲ませることも出来ます。
ルイボスティーは無添加で、ノンカフェインで、健康に良い成分しか入っていないので、赤ちゃんが口にしても害はありません。

そのまま飲ませるときは大人が飲むときより、薄くしてミネラルウォーターに数滴入れるような感覚で作ると負担がありません。

赤ちゃんにまれに見られる症状の便秘改善にも効果があります。
腸の働きを良くする成分が含まれているため、赤ちゃんの便秘にも効果があります。

あまり飲ませすぎると逆に便が緩くなってしまうので、便秘が気になるときに適量飲ませることがポイントです。

大人用を薄めて飲ませることも、母乳から赤ちゃんに届ける方法もありますが、赤ちゃん用のルイボスティーも市販で売っています。

ルイボスティーに入っている成分には、大人のストレス解消や、様々な効果もありますが、赤ちゃんのストレス解消や、夜泣きの改善にも効果があります。
興奮状態を落ち着けることができたり、精神的に安定させる効果もあるので、育児で悩んだときはルイボスティーを飲ませてみると問題が解決する場合もあります。
小さい子供からお年寄りまで幅広く多くの人に様々な良い効果を発揮します。
薬に頼る前に自然療養できる場合もあるので、体の不調、肌に気になることができたときは、まず飲んでみると何かしら改善される可能性があります。

ルイボスティーは一度にたくさん飲むのではなく、適量を毎日続けることがより成分を効率良く摂取できる方法でので試してみてはいかがでしょうか?

 

children_girl_boy

赤ちゃんのオムツかぶれ、湿疹に効果的

ルイボスティーの魅力は、飲むことだけではありません。
ノンカフェインで癖のない味なので、赤ちゃんの水分補給としても利用できますが、実はオムツかぶれにも活用できるお茶です。
赤ちゃんの月齢が低いほど、オムツかぶれに悩まされているお母さんは多いものです。

オムツかぶれの原因は、長時間汚れたオムツを穿いていることで、おしりが蒸れて湿疹が出来てしまったり、敏感肌の子供の場合はオムツの生地が合わなくて荒れてしまうという場合もあります。

このような時には、患部を清潔に保ち乾燥させることが最もよい対処法とされています。
しかし、それでもなかなか治らない場合には、患部を洗い流し清潔にした後に、ルイボスティーでパッティングしてみましょう。

ルイボスティーは飲むだけでなく、肌に直接塗ることで肌荒れを改善したり、保湿効果が期待できると古くから原産国の南アフリカでは活用されていた方法です。
オムツかぶれは、赤ちゃんの成長過程でほとんどの子供が起きる症状です。
悪化してしまうと軟膏などで保護する必要がありますが、軽症のうちに正しいケアを行えば簡単に治るものです。

赤ちゃんの肌は大人の肌に比べて、とても薄く敏感になっています。
特におしりなどは他の部分に比べて、デリケートなので少しの刺激でトラブルが起きてしまいます。
日頃から注意したいのが、おむつ替えの時のケアです。

おしりを拭くときには力を入れてゴシゴシ拭くのではなく、優しくなでるように拭き取りましょう。
またおしりふきに含まれる成分もチェックしましょう。
アルコールや香料は赤ちゃんの肌には刺激が強すぎてしまう場合があります。

出来るだけ水分だけのものを使用しましょう。
敏感肌の子供であれば、市販のものでなく、コットンを水で濡らしたものをおしりふきとして利用したほうが良いでしょう。

 

cc-library010001093001

驚きの使い方!産後の抜け毛に使える「ルイボスティー育毛水」の効果と作り方

実は飲むだけじゃない、ルイボスティーの効果的な使い方

ダイエットに、アンチエイジングに、便秘予防にと、その美容と健康効果の高さから話題集中のルイボスティーですが、実は産後の気になる抜け毛にも威力を発揮してくれるのです。

ルイボスティーの底知れぬパワーについて、見ていきましょう。
ルイボスティーは南アフリカ原産のマメ科の植物で、強い抗酸化作用を持つフラボノイドや
タンパク質、ミネラルを豊富に含んでいることで知られています。

ことにミネラルに関しては、量や種類の豊かさはもちろん、バランスの良さがすばらしく、その構成比は人間の体液とほぼ同じと言われています。

こうしたルイボスティーの豊富な栄養成分が、身体の中の活性酸素を除去し、身体を内側から整え、若返らせてくれるのです。
そんな優れた効果を持つルイボスティーですが、実は飲むだけではなく、育毛水として散布することで、抜け毛にも効果を発揮してくれるというのです。

そもそも産後の抜け毛は、どのようなことが原因となって起こるのでしょうか?
妊娠中は女性ホルモンの分泌が非常に活発になります。
それが出産をすると、身体は元の状態に戻ろうとし、急激に女性ホルモンの分泌量が変化するのです。
大量の女性ホルモンによって抑えられていた抜け毛が、ここで一気に現れる、というわけです。
しかも出産時の疲れが残っているうえ、定期的な授乳など疲れやストレスがたまりやすい状況にあります。
それで、よけいに抜け毛が促進されてしまうのです。

ルイボスティーにはホルモンバランスを整える働きがある他、身体の中から働きかけて弱った細胞を修復してくれる働きがあります。
また、塗布することで毛母細胞に直接的に働きかけて、その作用を活性化してくれるのです。
産後の抜け毛は、多くは一過性の症状ではありますが、しかし中には気になってしまい、精神的に落ち込んでしまう方もいます。
ルイボスティーで改善して、元気で明るいママでいてください。

副作用がなく安心な「ルイボスティー育毛水」の簡単な作り方

ホルモンバランスを整え、頭皮の状態を改善し、毛母細胞を活性化してくれるルイボスティー育毛水、その簡単な作り方を見ていきましょう。

用意する物は、ルイボスティーを3g、これは茶葉でもティーバッグでもどちらでもかまいません。
それからグリセリンを5mlと精製水を45ml、これはどちらも薬局で購入することができます。
あとは普通の水道水を500mlです。

まず、水道水500mlをやかんなどの容器に沸騰させ、そこにルイボスティー3gを入れ、弱火で10分程煮出します。
その煮汁を冷ましてからこし、こした煮汁50mlとグリセリン5ml、精製水45mlとを混ぜ合わせたら、育毛水のできあがりです。
これを朝晩2回、だいたい5mlを目安に頭皮に散布して、5分程マッサージしてください。
ルイボスティー育毛水の抗酸化作用が頭皮に働きかけ、頭皮における新陳代謝を活性化させます。

また、この育毛水の嬉しい点は、副作用を気にしなくてよい、という点です。
産後というデリケートな体調の時、やはり肌につけるものには気を使ってしまいます。
妊婦さんや授乳中の方は使用してはいけない育毛剤などもありますし、そうでなくとも安全性は気になるところです。
しかし、このルイボスティー育毛水でしたら赤ちゃんを産んだばかりの方でも、安心して使用することができるのです。
浴槽が茶色にならないように気をつける必要はありますが、ルイボスティーは入浴剤としても利用できることから、湯船に茶葉を入れてルイボスティー風呂を利用しても良いでしょう。

もちろん授乳中の方でも大丈夫です。つけ過ぎたために副作用が起こるという心配もありません。
育毛水として頭皮につけたら、残った茶葉はお茶として飲んでもいいでしょう。
内と外両面から産後の抜け毛にアプローチして、若々しい髪を取り戻しましょう。
生き生きとした明るいママでいるためには、ツヤツヤと輝く髪の毛から、です。
産後、髪の毛が薄くなってしまったと悩んでいる方は、一度このルイボスティーパワーを体験してみてください。

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら