Blog

ルイボスティーを飲んではいけない人っている?副作用はあるの?

ルイボスティーの効能効果や副作用を知る!飲み方や飲む以外の活用法とは?

  |   ハーブティーについて, ルイボスティーについて

目次

ルイボスティーが人気になるのには理由があります。

最近、ルイボスティーが大注目されています。
今では専門店が登場するなど、すっかり市民権を得た南アフリカ生まれのルイボスティー。
日本では育てることが難しいことから、今もそのほとんどが南アフリカから輸入されています。

その人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

「ノンカフェイン」で鉄分やカルシウムなどの栄養素がたっぷり含まれているルイボスティーは、小さな赤ちゃんや発育期のお子さんから、妊娠中や産後の特別なケアが必要な女性や、スポーツ選手、働きざかりのお父さんに到るまで、体を強く健やかに保つ上で素晴らしい効果を発揮します。

お茶に含まれる抗酸化成分がお肌の「しわ」や「たるみ」を防いだり、キメを整えてくれるので、美容にも最適です。
さらには体内の血管を再生する作用もあるため、血管年齢が気になるお年寄りにとっては長寿の源ともなり得ます。

さらには、神経を鎮静させるリラックス成分、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の存在が、ルイボスティーの人気を不動のものとしています。

そもそもストレスとはなんでしょうか?

医学的には人間のストレスには、体内で生成される「モノアミンオキシターゼ=モノアミン酸化酵素」(Monoamin Oxidase-MAO)が深く関わっていると考えられています。

モノアミンオキシターゼが発生すればするほど、人は「イライラ」したり「うつ状態」になったりと、負の心理状態に陥ります。
このモノアミンオキシターゼを抑制する酵素が、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)であり、ルイボスティーにはSOD酵素が豊富に含まれています。

イライラしている時にルイボスティーを飲むと、ストレス成分であるモノアミンオキシターゼが減少し、リラックス状態に早く戻ることができます。
特にお休み前に飲むことで、精神の昂りを抑えてゆったりとした気持ちで眠りにつけるようになるのです。

 

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

ルイボスティーの抗酸化作用、その効能とは?

「ルイボスティーは体に良い」というのは何となく聞いたことがあるけど、実際どのような作用があり、どのような点が優れているのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

ルイボスティーは南アフリカの一部の地域でしか採取できない貴重な植物であるアスパラサス・リネアリスから作られるお茶で、現地では300年以上前から「奇跡のお茶」「不老不死のお茶」として日々飲み続けられています。
なぜルイボスティーが「奇跡のお茶」と言われるのかというと、大きな理由はSOD様酵素が含まれているからです。

SOD様酵素とは、活性酸素を抑える力のある酵素です。

活性酸素は人が生活する中で生成される成分で、外部から侵入した菌などを倒す作用がある反面、体に蓄積されると体の機能を低下させる作用があります。
具体的にはお肌の老化や内臓機能の低下や動脈硬化などを引き起こすため、活性酸素を除去する抗酸化物質は健康な体作りには必要不可欠となります。

活性酸素というと老化現象へとつながるイメージがあるかと思いますが、それだけではありません。

ストレスを感じると活性酸素は急激に増えますが、ルイボスティーの抗酸化作用によりそれが軽減されて、ストレスの緩和や高いリラックス効果を感じることができます。

また、二日酔いも然りです。
二日酔いの時も体内では活性酸素が激増しています。
そのため、ルイボスティーを飲むことで、二日酔いの辛い症状が和らぎます。

また、ルイボスティーを継続して飲むことで活性酸素が軽減し、アトピーや花粉症、ぜんそくなどの症状が和らぎ、アレルギー予防としての効果をみることもできます。

そして、意外と知られていないのですが、加齢臭の原因であるノネナールは活性酸素が原因で増加します。
そのため、ルイボスティーを飲むことで加齢臭も改善します。

 

慣れ親しんでいるお茶とブレンドする飲み方

ルイボスティーはノンカフェインで苦みや渋みもないので飲みやすいお茶ですが、独特のクセがあるので苦手な方は他の種類の茶葉をブレンドすると、飲みやすくなります。

手軽なところでコーヒーや紅茶でも良いのですが、ノンカフェインにこだわりたい時は麦茶とブレンドしてみましょう。
麦茶にはカリウムやカルシウムなどのミネラルが含まれていて、カロリーはゼロに近いのでダイエットにも最適です。

玄米茶やほうじ茶はわずかにカフェインを含んでいますが、コーヒーや紅茶に比べると低く、気にならない程度なのでほぼノンカフェイン飲料になっています。

玄米茶にはポリフェノールの一種、γ-オリザノールという成分が含まれていて、ルイボスティーとの相乗効果で活性酸素の除去やコレステロール・中性脂肪を下げる力がさらに高まります。

さらに、玄米茶とほうじ茶は気持ちをリラックスさせる作用のあるGABAとテアニンが含まれています。
どちらもアミノ酸の一種になり、GABAは中枢神経に働きかける神経物質なので、興奮をもたらすドーパミンの分泌を抑制し、ストレスを和らげる作用が期待できます。

茶葉に含まれているテアニンは旨味成分で、ドーパミンやセロトニンを調整する働きがあるため、心身をリラックスさせて集中力を高める作用があるとされています。
お茶を飲むと気持ちが落ち着いてくるのは、こうした成分の働きが関係しています。

ほうじ茶と玄米茶に含まれているビタミンEやビタミンCは、皮膚や粘膜を状態を整えてコラーゲンの生成を促進する作用があるので、お肌の調子を整えたい時に最適です。

ルイボスティーと玄米茶・ほうじ茶・麦茶のブレンドは、香ばしさもあって食事時の飲み物にもピッタリです。
目覚めた時や入浴後、睡眠前などこまめに飲んでいれば、エイジングケアやデトックス効果が期待できる飲み物です。

ハーブティーをブレンドして効果を高める飲み方

ルイボスティー独特のクセを無くしながら、美容効果を高めたい時は、ハーブティーとのブレンドが最適です。
赤い色をしたローズヒップティーは、バラ科植物の果実を使用したお茶で、ビタミンE、βカロテン、リコピンや食物繊維などが含まれているのですが、特にビタミンCが豊富です。

ビタミンCはコラーゲンやヒアルロン酸などの生成する線維芽細胞を活性化し、肌のターンオーバーを正常化してメラニンの作用を抑え、皮脂分泌をコントロールする働きを持っています。
ローズヒップティーはかなり酸味が強いので、はちみつを加えると甘味がプラスされてマイルドな味になります。
ここで酸味についてですが、市販のものはハイビスカスがブレンドされているため酸味が強いですが、ティートータルのローズヒップティーは、オーガニックのローズヒップティー100%のため酸味も少なく酸っぱくないのです。

また、リンゴのような甘い香りがするカモミールは、やさしい味わいなのでブレンドしやすいハーブティーです。
カモミールには、炎症を鎮めて痛みを抑える作用があり、風邪をひいた時やおなかが痛くなった時に利用されてきたハーブです。
疲労回復や不安を取り除いて心を穏やかにする働きもあり、不眠の解消にも役立てられています。

カモミールに含まれている成分のカマメロサイドは糖化を予防する効果があるとして注目されています。
糖化とは体内のタンパク質や脂質が糖と結合することで、細胞の老化を促進させるので黄色くくすんだ状態になります。
肌細胞の糖化がおきると、肌が硬くなって黄ぐすみが生じ、乾燥気味になるのでシワやたるみが進行してしまいます。
カモミールは2種類あって、味の良いジャーマンカモミールと効能が高いローマンカモミールがありますが、カマメロサイドはローマンカモミールの方が含有量が多いので、糖化防止目的ならローマンカモミールが最適です。

飲みやすさを優先したい時は、ジャーマンカモミールを選びましょう。

ブレンドしたルイボスティーをもっとおいしく飲みたい場合は、ミルクフォーマーで泡立てたミルクを入れて、上にキャラメルソースやバニラシロップを加えると、かなりおいしい飲み物になります。

 

cc-library010000012

ルイボスティーをブレンドして様々な味を楽しむ

便秘解消効果のあるお茶というのはとてもたくさん販売されていますが、そのほとんどが苦いものであったり、飲みにくいものであることが多いです。
ですから飲みにくさを感じることで避けてしまうような人であれば、自分の好きな香り・味を感じることができるものを加えてみるのも良いでしょう。

また、比較的個性的な味のしない麦茶やほうじ茶などのお茶を混ぜてブレンドしてみるのも良いです。

別のお茶の成分をたくさん加えることで、ルイボスティーが持つ便秘解消というのが少なくなってしまうこともありますから、
便秘解消のために飲むのであれば配合や割合を考えなければなりませんが、味を楽しみながら飲みたいというのであればブレンドしてみてもいいでしょう。

特にどんなに好きなお茶でも、同じお茶ばかりを毎日飲み続けていては飽きもきてしまうものです。
飽きてしまうことを避けるためにもブレンドして味を変えていくといいでしょう。

ルイボスティーは南アフリカ原産のお茶ですから、昔から日本で頻繁に飲まれていた日本茶や中国茶、紅茶のように馴染みがないものでもありますが、ノンカフィンで安全に飲めるお茶のひとつでもあります。

お茶をたくさん飲むことで気になるのがカフェインが体に蓄積されていくことですが、こういった体への影響がないということでも安心できるものです。

カフェインが多く体に蓄積されることで白髪が増える原因になったり、睡眠障害が出てしまうようなこともあります。

女性は自分にあうお茶を選択して睡眠をしっかりと取ることでストレス解消ができたり、美肌維持ができるようなことも多いので、和かさを維持していきたいのであれば美肌効果にもなるルイボスティーを飲んでいくといいでしょう。

女性の体に優しいお茶として、毎日マイボトルで持ち歩くにもおすすめです。

 

アイデア次第!ルイボスティーの利用法

ルイボスティーの加齢臭の消臭効果

ルイボスティーには抗酸化作用があり美容や健康に大変良いお茶という事は知られていますが、元々は南アフリカの先住民が「不老長寿のお茶」「奇跡のお茶」として愛飲していたことで知られ、今では世界各国で飲まれている優れた健康茶です。

飲む際には出来れば[10分以上]煮だす事でその効果(抗酸化作用)が発揮されると言われていますが、特に体内で悪さをする活性酸素の除去に効果的だという実験結果も出ており、その効果にはアンチエイジング(老化防止)や病気予防、ダイエット、美肌、腸内環境の改善、血行不良の改善、不妊、浮腫みの改善、抗アレルギー作用(蕁麻疹や喘息など)など数えきれないくらいの効果があります。

しかも、ルイボスティーには抗酸化物質の1つフラボノイドが含まれているので体内の宿便など悪臭を放つ原因を体外へ排出してくれる為、飲む事で体臭や口臭といった気になる臭いを軽減する作用もあり、その上、一般的な悪臭以外にも老化予防と消臭作用の相乗効果で年齢を重ねる事で増す加齢臭にも効果を発揮しますので、加齢臭が気になる中高年にもお勧めのお茶です。

ルイボスティーでペットや気になるところの消臭効果

さらにタンニンを含まずノンカフェインのお茶なのでペットに飲ませてあげる事で、気になるペットの臭いや排泄物の臭い対策にもなりますし、出がらしをペットのトイレに撒いたり、濃い目に煮出したお茶をスプレー容器に移しペットのトイレにスプレーしてあげるというのも良いでしょう。

また、同じように臭いが気になる玄関やトイレ、台所、靴箱にスプレーしたり、煮出した出がらしを臭いが気になる場所に置いておくと消臭剤の代わりにもなります。

他にも、夏場に気になる腋の臭いや足の臭い対策に濃い目のルイボスティーと局方アルコールを同量まぜたものをそのまま腋や足にスプレーするか、コットンなどに含ませてパックしてあげると臭いを抑え消臭効果を発揮します。

ルイボスティーで二日酔い対策

アンチエイジングに効果的な有効成分を含有しているルイボスティーは、シミやしわ、たるみなどの加齢による問題に悩んでいる人には特にオススメできます。
また、強い覚醒作用があるカフェインを一切含んでいないので、幼児や妊婦、年配者など幅広い年齢層の人が安心して摂取できる安全性の高さも魅力的です。

なお、このルイボスティーは、水から煮出して飲むのが効果的です。

具体的には、2.5グラム程度のルイボスの茶葉が入ったティーバッグや茶葉を1.5リットルほどの水に入れてから沸騰させて、10分以上煮出すという内容です。

また、冷めてからティーバッグを取り出すことにより、抗酸化作用がさらに強くなることが判明しています。
ちなみに、ルイボスティーの1日の摂取量は500ミリリットル程度が目安とされています。

なお、ルイボスティーは、男性にもオススメできる内容を備えています。
ルイボスティーを飲むことにより、二日酔いの予防と改善に効果を期待できるからです。

これは、体内のアルコールが毒性を持つアセトアルデヒドに変わることが二日酔いの原因なのですが、ルイボスティーは、アルコールがアセトアルデヒドに分解されてできる活性酸素を除去するからです。
また、ミネラル分が豊富に含まれているので、肝臓の働きもサポートします。

これにより、アルコールの分解能力が低下しないので、飲酒による負のスパイラルを断ち切る効果が発揮されます。
さらに、中年以降の男性の多くが悩んでいる体臭に対してもルイボスティーは消臭作用があります。

これは、加齢臭の原因物質の生産を抑制する作用があるフラボノイドの作用によるものです。
このために、女性だけではなく男性にとっても非常に頼りになる存在と言えます。
このように、日常生活を快適に過ごすために有効ということが、ルイボスティーが人気を集めている理由となっています。

飲む以外のルイボスティーの利用

ルイボスティーは優れた抗酸化作用があり病気予防や老化予防、血行改善、ストレスを抑制する働きなど様々な効果を発揮します。

その上、タンニンやカフェインを含まないので赤ちゃんからお年寄りまで幅広く飲む事が出来、妊娠中の方にもお勧めの健康茶なのです。

そんなルイボスティーですが煮出す際には主に[10分以上]煮出す事でようやく有効成分が溶け出すという特性を持ち、せっかく長い時間かけて煮出したお茶を飲む事以外でも使用することが出来、中でも有名なのがお風呂へ入れて使う「ルイボスティー風呂」やスプレー容器に入れて使用する「化粧水」「育毛スプレー」としての利用方法です。

実はルイボスティーには抗酸化作用のほかにもミネラルが豊富で肌を整える作用や抗アレルギー作用などもありますのでアトピーをお持ちのお子さんの化粧水としての使用や肌荒れ、ニキビ、白髪や加齢による髪の毛の悩みにも効果的で、お子さんからお年寄りまで安心して使用することが出来ます。

お風呂に入れる際はいつものようにお湯を湯船に張って15分~20分、濃い目に煮出したルイボスティーをそのまま浴槽に入れる方法と、煮出した後の出がらしをそのままお風呂のお湯に入れる方法がありますが、出がらしの場合は煮出したものを保管してまとめて2袋~3袋入れるとより効果的です。
(ただし、長時間ルイボスティー入りのお湯を放置したり、タオルをお湯に浸すと浴槽やタオルが染まってしまいますので要注意です。)

また、ルイボスティーを利用した化粧水や育毛スプレーの作り方は、というと濃い目に20分以上煮出した物を冷めるまで茶葉を入れて放置した後、スプレー容器に移し替えるだけですぐに使用することが出来ますが、もうちょっと保湿させたい方はそこにグリセリンを数滴混ぜて使用すると、さらに保湿力がアップし冬場の乾燥肌対策にもなります。

飲み終わった後も捨てるだけではないルイボスティーの活用法

毎日飲んでいると、茶葉を捨ててしまうのがもったいなくなります。
ルイボスティーを飲み終わった後の出がらしは消臭剤としても使えます。

ティーバッグや茶葉を十分に乾かしてから、冷蔵庫や靴箱などの臭いが気になる場所に置いておくだけです。
生ゴミと一緒にしておけば、嫌な臭いも抑えられます。

トイレや洗面所など見える場所に置きたい時には、ティーバッグなどから茶葉を出して、ポプリポットや小さ目のボウルに入れておきましょう。
水分が残っているとカビが生えてしまうので、しっかりと乾かしておきます。
時間がない時は、茶葉をキッチンペーパーでくるんでから、爆発しないように電子レンジで少しずつ温めていくと早く乾かせます。

玄関掃除の時には、湿ったままの茶葉を玄関にばらまいてから、ほうきで掃くとホコリが立ちにくくなり、ゴミが取りやすくなりますし、ルイボスティーは油汚れを落とすのにも効果的で、スプレー式のボトルに詰め替えて汚れに吹きかけたり、飲み終わったティーバッグをキッチンペーパーで包んで掃除すると、汚れがキレイに落とせます。
頑固な汚れは、ルイボスティーをしみこませたキッチンペーパーで掃除したい部分をパックすると、汚れを落としやすくなります。

さらに安全な天然成分なので、キッチンまわりの掃除に適しています。
抗酸化成分やAHAが含まれているルイボスティーは、肌に直接つけることで美容効果が期待できます。
AHAには古い角質を除去する作用があるので、ゴワゴワした肌をやわらかくするのに最適です。

入浴剤や洗顔時に利用できますが、刺激を受けるような時は使用を中止しましょう。
茶葉を袋に入れて入浴中にマッサージをするのもおすすめです。
袋に入れた茶葉は、電子レンジなどで温めればアイマスクとしても利用できます。
首を温めるのも効果的で、体が温まり血行が促進されるので、肩こりを和らげる目的でも利用できます。

 

ノンカロリーで生活習慣の予防にもなります

飲み物を飲むなら、ノンカロリーでおいしいものがいいですよね。

ルイボスティーは栄養豊富でノンカロリー、ノンカフェインといいことづくしの飲み物です。

清涼感があるので油っぽい食べ物といっしょに飲むと後味がすっきりしますし、紅茶や緑茶のようにほのかな甘みと苦味を感じるため、たくさん飲んでも飲み飽きない味です。
水をたくさんとって代謝をあげたい人にも味のない水より飲みやすく、1リットルくらいの量は軽々飲むことができますので体調管理にもなります。

アトピーにも効果があるといわれていますし、ノンカロリーなのでダイエットのための水分補給としても最適です。
血圧や血糖値を下げる働きもありますので、飲んでいるだけで内臓の調子を整え、血管を若々しく維持してくれます。
不良長寿のお茶とも呼ばれており、動脈硬化を予防したり、コレステロール値を下げるといった効果も期待できます。

原産地の南アフリカの土壌にはミネラルが豊富に含まれているため、高血圧に効果があるといわれるカリウムをとてもたくさん含んでいるのが特徴です。

葉を煮出して飲んだり、ティーバッグを使ったり、ペットボトルを利用したりと様々な方法で手軽に利用することができます。

水出しにしてもおいしくできあがります。
ポットにつくりおきしておいても、時間がたっても味が劣化することがなく、癖がないのでいつでもおいしく飲むことができます。

脳の中枢に作用する物質も含まれているといわれており、それが原因で血圧をさげているという説もあります。
食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きもあり、血液中の尿酸濃度を低下させることも知られていますので糖尿病予防にも効果があります。
脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、がん、白内障、ぜんそく、痴呆症、リウマチ、胃潰瘍などの予防にも最適な飲み物なのです。

 

冷え性などにも気になる効能

ルイボスティーは酵素が十分に含まれていて、老化防止や美容に非常に効果があることが実証されています。
ハーブティーの中でも高い人気を誇り、沢山の人に愛飲されています。
お店でも比較的手に入りやすいので思いついた時にすぐに飲むことが可能です。

ルイボスティーは冷え性を軽減させるため体の不調を改善してくれます。
冷えは様々な病気を招くため、万病のもとと言われ特に女性は気をつけるべき症状です。
ルイボスティーはこの女性にとって大敵とも言える冷え性を、血行を良くすることで体の中から改善します。

冷え性対策にルイボスティーは欠かせない飲み物の一つとなっています。

また、美容や老化防止に非常に高い効果を持ちます。老化の原因となる活性酸素を取り除くことにより、
肌のシミやほうれい線を薄くする効果があります。
一度シミやほうれい線が出来てしまうと諦めがちですが、ルイボスティーはこれらを薄くする効果を確実に発揮してくれます。
そして、気になる便臭・体臭をなくすことが出来ます。
こちらも活性酸素が関係していて、これらをルイボスティーを飲むことにより除去出来れば、臭いが気にならなくなります。

 

cc-library010000873001

 

ルイボスティーの選び方と飲み方

ルイボスティーには南アフリカ共和国の政府が厳しく管理している等級があります。
できれば高品質な茶葉を選ぶようにしてください。
等級が上がれば上がるほど、体に良い成分がたくさん含まれた良質な茶葉ということになります。

南アフリカ共和国でオフィシャルに認定されたスーパーグレート級の中でも、クラシック茶葉と認定されたものは全体の0.3%しか取れない大変貴重なものとされています。

また、茶葉は、空気に触れた瞬間から酸化が始まり、成分がどんどん失われてしまいます。
ですので、空気に触れない真空包装で輸送されたものを選ぶようにしましょう。

大袋入りよりは少量ずつ個包装されたものの方が理想で、可能であれば開封したらすぐに消費することをおすすめします。

飲み方は簡単です。

普通のお茶と同じように、ティーバッグ等に入ったルイボスティーと水を鍋に入れて沸騰させ、10分以上煮出したり、茶葉を急須に入れてお湯を入れて数分待ちます。

できあがったお茶は、なるべく早く飲みきるようにしましょう。

カフェインを含まないルイボスティーは、渋みがないためそのままでもゴクゴク飲めてしまいますが、お子さんには、はちみつなどを入れてさらに飲みやすくしてあげるのもいいでしょう。

ルイボスティーをアレンジして、さらに美味しく飲む方法

ルイボスティーはノンカロリーでノンカフェインな点や、美容や妊活に効果的なので女性に飲まれる事が多くなっています。
しかし、中には飲みたいけれどどうしても飲めないと言う方がいらっしゃいます。

これはある意味当然の結果で、食べ物に好き嫌いがあるようにルイボスティーの味や匂いが苦手な方がいらっしゃいます。
その様な方は、無理に飲む必要は無いとされています。

嫌いな物を摂取する事は大きなストレスになりますので、美容などの為に飲むはずが逆効果になる可能性があります。
ただ、ルイボスティーの効果をどうしても必要とする場合には、アレンジして飲むことが良いとされています。
また、ストレートで飲むことに飽きてしまった方にもアレンジは有効な手段になります。

一般的にされるアレンジとしては、普通の紅茶と同じようにミルクやレモンを入れる方法になります。
ストレートのルイボスティーは甘みがありますので、ミルクとの相性は良いですし逆にレモンでサッパリさせることも良いと言えます。

最近は様々なフレーバーを追加したルイボスティーも人気ですが、おうちでも簡単にフレーバーティーを作ることができます。

ルイボスティーに蜂蜜やシナモンを入れると、より甘みやお茶の風味が増してより飲みやすくなります。

例えば、煮出したルイボスティーと温めた牛乳に砂糖とシナモンを加えると、「シナモンミルクティー」の出来上がりです。

さらにホットティーを夏場に飲むことに抵抗がある方などは、冷やして飲んでも良いとされています。
一般的なイメージとしてルイボスティーはホットですが、アイスにしても何ら問題は無いとされています。
その場合にはオレンジジュースやレモネードなど柑橘系の飲み物とブレンドする事が良いと言われています。

また、ミルクやレモンが苦手な方は、ジャムなどを入れる方法が良いとされています。
ジャムには様々な味のものがありますので、自分の好きなジャムを少し落として飲むのは有効な手段になります。
そして冬場などは、生姜を入れる「ジンジャーティー」が推奨されています。

同じく煮出したルイボスティーに生姜の絞り汁を数滴落とし、砂糖とお好みでレモンを少々加えると、ポカポカと体が温まるお茶が出来上がります。
生姜自体に冷え性の解消効果などがありますが、ルイボスティーに入れて飲むことで相乗効果が期待でき効果が高くなるとされています。

くせがないお茶ですので、アレンジは無限に広がります。
飲みやすさは毎日続ける上で必須なので、ぜひ、オリジナルのレシピで自分が最も好む飲み方を見つけて、極上のリラックスタイムをお楽しみください。

さらに、朝食にルイボスティーとヨーグルトの組み合わせもお勧めです。
ヨーグルトは健康効果が高く様々な症状を改善し腸の調子を整えますので、ルイボスティーと合わせることによって相乗効果が期待出来ます。
時間のない朝でもこの組み合わせなら手間なく作ることが出来ますので、どんな人にもお勧めです。
少しの工夫で健康になる体作りが可能になります。

 

cc-library01001096274i9x

飲むだけじゃもったいない!ルイボスティーを使った料理とは?

ルイボスティーは体に良いことがいっぱい

ノンカフェインで妊娠中や授乳中、子供からお年寄りまで幅広い世代に飲めるルイボスティー。
ミネラルが豊富、腸内環境正常化の作用、アンチエイジング、不妊症の方は生殖器の正常化、アトピー性皮膚炎の減少、花粉などのアレルギーの減少、加齢臭の低下、ストレスの緩和、二日酔いの軽減です。

ミネラルは、髪や皮膚や爪、骨や歯の形成にとても必要な栄養素。
また体液と似たようなバランスで出来ていることから、細胞を活性化させる効果があるともいわれており、アンチエイジングにはお勧めです。

アフリカの鉱物をたくさん含んだ土で育っているため、その分、栄養は抜群です。
なぜ不妊に良いかというと、亜鉛をたくさん含んでいるからです。

亜鉛が不足すると、卵子や精子の製造を低下させます。
女性だけではなく、男性にもミネラルが必要なのです。

また、アトピー性皮膚炎の方は、炎症を抑えてくれる働きがあります。
ルイボスティーを選ぶときは、品質のいいものを選ぶようにしてください。
抗酸化作用のあるこのお茶は、活性酸素を除去してくれる働きがあります。
悪玉菌を減らしてくれ、マグネシウムは腸内の水分を増やしてくれる働きがあります。
便秘で困っている方にはお薦めの飲み物といえます。

ノンカフェインで、薬ではないため、どんなに飲んでも副作用はありません。
妊産婦さんや赤ちゃんが飲んでも安心できる飲み物です。
むしろ温かくして飲めば、リラックス効果があり、不眠症や自律神経が乱れている方にはお薦めの飲み物です。

そして、むくみやダイエットにもおすすめ。
ミネラルをたくさん含んでいるため、代謝促進や脂肪燃焼、精神を安定させるカルシウムや、どか食いを防ぐ亜鉛が豊富です。
体内の余分な水分を排出するので、むくみで悩む人にもおすすめです。
温かくしてマイボトルに持ち歩きましょう。

飲むだけではなかった。ルイボスティーはこんなにも使える

実はルイボスティーは飲むだけではなく、料理にもとてもおすすめなんです。

まずはルイボスティーの茶飯。
美味しいのか不安になる方は多いですが、ほうじ茶でお茶漬けをする方はいます。
それと同じで、ルイボスティーは料理に使っても特に独特の味はしません。
むしろさっぱりとした口当たりと、他の食材の味を邪魔しないことが魅力的です。
癖もないので、食べやすくてお薦めです。
炊くときに煮出したお茶をいれるだけです。
後はお好みの具材を入れて炊くだけ。

次に煮豚。煮るときにティーパックと他の食材を入れて30分煮込むだけ。
お肉の生臭さを消す働きと、柔らかく仕上げる働きがあります。
お肉だけではなく、お魚の臭みも消えますし、お味噌汁の出汁にも使えます。

そして、紅茶のようにジャムをいれるのもお薦め。
イチゴや柑橘などのジャムを入れれば、あなただけのオリジナルフレーバーティーに。
ミルクを入れればミルクティになりますし、寒い日は生姜を入れればポカポカ温まるため、冷え性や妊活女子、妊産婦さんや授乳中の方は、血流がよくなるのでお勧めです。

また、甘党でどうしても甘いドリンクにしたい人は、キャラメルシロップとミルクを入れれば、甘くて美味しいキャラメルミルクティになります。

お子さんのおやつタイムにも喜ばれます。
また、茶葉をクッキーに入れて、紅茶クッキーのようにすれば、まるごと栄養が取れます。
糖質の制限をしている人は、ミルクを豆乳に置き換えるだけでカロリーはぐんと減ります。
パウンドケーキやゼリー、パンや離乳食のお粥を茶粥など、幅広いお料理や飲み物に活用できます。

また、臭い消しになるので、お部屋の片隅に煮出した後のお茶を置けば
消臭効果もありますし、植物の肥料にすれば元気になります。

飲む以外にも貴方だけのお気に入りの活用法を見つけてみてください。

お家でカフェ風の味わいに!一度食べてみてほしい「ルイボスティーカレー」の作り方

ルイボスティーにはSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という抗酸化成分が含まれており、これが肌の老化をゆるめて美肌へ導くお手伝いをしてくれます。
体内の活性酸素を除去し、体の免疫力も高めてくれるので細胞の新陳代謝もアップします。
ルイボスの茶葉には、マグネシウム、カリウムなどのミネラル、ビタミンC、カルシウムなどの美肌のためには欠かせない成分もバランスよく含まれているのです。
ルイボスティーは妊活中女性にもおすすめです。
亜鉛やミネラル、ポリフェノールなどの成分は、卵子の質を上げる効果を持っています。
また排卵周期も安定させてくれるので、妊娠しやすい身体作りの手伝いをしてくれるというわけです。
SODは活性酸素を除去するので、卵子の老化防止効果も期待することが出来ます。

亜鉛は黄体形成ホルモンを活性化させてくれるので、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌も促してくれます。
ルイボスティーは女性の敵であるむくみや冷えにも効果的です。
リンパの流れをよくして老廃物の排出を促してくれます。
亜鉛は体内でエネルギーを発生させて体温の上昇に役立ちます。
リンパや血の巡りをスムーズにさせ、老廃物などの余分なものを排出させるデトックス効果を期待することもできます。

ルイボスティーを毎日飲むと、アトピー性皮膚炎の緩和や改善にも役立ちます。
アトピー性皮膚炎によって作り出された活性酸素を除去してくれるからです。
乾燥肌の原因の過酸化脂質の量も減るので、皮膚炎を抑える効果を期待することが出来ます。
また亜鉛は皮膚細胞の新陳代謝を促してくれるので、皮膚の修復能力も高まります。

ルイボスティーにはダイエット効果を期待することも出来ます。
先ほども述べたSODのデトックス効果によって、老廃物を排出させ、胃や腸のはたらきを正常化させることでやせやすい体作りのお手伝いをしてくれるのです。
マグネシウムは腸内の水分を集めるはたらきがあるので、ダイエット中に陥りやすい便秘の解消効果を期待することも出来ます。
ルイボスティーのカロリーはほとんどゼロに近いので、たくさん飲んでもルイボスティーだけで太るということはありません。
飲みすぎはいけませんが、ダイエット中のサポートとして飲用することをおすすめします。
ルイボスティーにはリラックス効果やストレス軽減効果や体温上昇効果を期待することができるので、安眠のお手伝いをしてくれます。

ルイボスティーを使ったカレーの作り方

ルイボスティーはハーブティーの一種で、味も比較的飲みやすく、喫茶店やカフェなどでもよく提供されていますが、ただカフェなどで飲むだけではありません。
おすすめの摂取方法としては、ルイボスティーカレーという方法があります。

作り方は非常に簡単で、家庭でいつも作るカレーの野菜を煮込むときの水を、よく煮出したルイボスティーに変えるだけになります。
普通の水を使用したカレーよりも味の深みが増し、いつものカレーとは一味違ったものになるのでおすすめです。
普通の水で作ったときに濃くやまろやかさが足りないといった人は、是非作ってみることをおすすめします。

カレーにいれる具材との相性もよく、人参やたまねぎやじゃがいもなどの定番の野菜はもちろんのこと、トマトやおくらにもよく合います。
肉の種類はチキンにもよく合いますし、ビーフやポークでも美味しいです。
もちろんシーフードカレーにしても良いでしょう。

ルイボスティーはハーブなので、肉や魚の臭みを消す効果もあり、さらに柔らかくする効果もあるので、肉や魚の下処理にも向いている食材なのです。
他の料理でもよくハーブを使用すると思いますがこういった理由から使用するのです。

ルイボスにはカフェインが含まれていないので、子どももルイボスティーカレーを食べることが出来ます。
ごくたまにルイボスティーの味が苦手だという人もいるのですが、カレーにすることによって独特の味や香りなども薄まりますので、美味しく摂取することが可能です。

またルイボスティーで炊いたご飯も美味しいのでおすすめです。
ポイントとしては濃い目に煮出したルイボスでジャスミンライスを炊きます。
ローリエなどのハーブと一緒に炊き出すとさらに香ばしくなります。
カレーの他にはお肉料理の下処理に使用したり、ジャムなどに加工されたものをティーに入れて飲んだり、様々な利用方法があります。
またお酒が好きな人には、カクテルなどのお酒に利用することも可能です。

料理に使用する際のポイントとしては、よく煮出すことです。
料理に使用しても健康効果などがなくなったり薄れることはありませんので、色々と試してみることをおすすめします。
お粥やお味噌汁など作るときに利用している人も多いので、どの味が自分に合うか色々と試してみましょう。
毎日、上手に飽きずにルイボスティーを摂取して、美容的で健康的な生活を目指して行きたいものです。

万能!色々なものをルイボスティーで代用して健康促進!

前項でも紹介しましたが、栄養豊富で美容と健康に役立つルイボスティーは、ただ飲むだけでなく色々なところで活用できる便利なお茶です。

ルイボスティーを使った茶飯は、水の代わりにルイボスティーを入れるだけで、簡単にできあがります。
ごはんを炊く時に、酒や醤油、塩を加えると炊き込みご飯のような茶飯になります。

飲み過ぎた時や胃腸が弱っている時、風邪をひいて食欲がない時は、ルイボスティーのおかゆが最適です。
ノンカフェインなので胃にもやさしく、お茶漬けのような感覚で、おかゆが食べられて、赤ちゃんの離乳食にもおすすめです。

ルイボスティーを使った煮豚も、手軽にできる料理です。
材料は豚ももまたは豚ロースのブロック肉としょうが、ねぎ、にんにくを準備します。
まずは軽くブロック肉の表面を焼き、少し焦げ目がついたところでルイボスティーと肉が隠れる程度の水、お酢を入れて40~60分煮込みます。

別の鍋に醤油とお酒、みりんを入れてひと煮立ちさせて、冷めたところで、煮込んだブロック肉と一緒に保存容器に移し、冷蔵庫で一晩寝かせたら完成です。

他にもシチューやポトフなどの煮込み料理にも便利に使えます。
また、ルイボスティーを使ったクッキーやパウンドケーキ、ドーナツなどのスイーツもおすすめです。

紅茶ケーキを作る要領で茶葉を使い、ホットケーキ用の粉を使えば簡単にできあがります。
茶葉ごと食べればルイボスティーの栄養成分を残さず摂取できるので、とても健康的なスイーツです。

ミルで茶葉を粉末にすると活用の幅はさらに広がり、粉末になったルイボスティーを相性の良いバニラアイスやヨーグルトに混ぜるだけで、暑い季節にもピッタリのおいしいスイーツが完成します。

寒天を使ったスイーツならカロリーも抑えられる上に満腹感もあり、食物繊維がたっぷりなので便秘の解消にも利用できますよ。

苦手な人でも食べられる!お手軽ルイボスティーゼリーの作り方

今話題のルイボスティー。
ルイボスティーの味が苦手ならゼリーで食べてみてはいかがでしょうか?

「ティー」とは言っても紅茶や緑茶と同じ茶葉が使われているわけではなく、南アフリカ共和国にあるルイボスという植物の葉を乾燥させ茶葉にしたものです。茶葉の色は茶色っぽく、お湯で煮出すことで紅茶のような赤茶色になります。

とはいえ紅茶とはまったく異なる味です。
苦味や渋味はなく特徴と言う特徴のないクセのないお茶です。
カモミールティーローズヒップティーなどは独特な香りや酸っぱさが苦手な方も多いですがルイボスティーだと飲めるという方の方が多いでしょう。
健康茶は毎日飲むことによって身体に良い効果効能をもたらすものですから飲みにくいものだと続けられません。
そういった意味でもルイボスティーはおすすめなのです。

とはいえ、それでもルイボスティーが苦手という方はゼロではありません。
それに毎日毎日お茶やお水の代用品として飲んでいると苦手でなくても飽きが来ることも。
ちょっと趣向を変えてルイボスティーをゼリーにしてみませんか。

作り方はとってもお手軽。
ゼラチンや寒天などを使ってルイボスティーを固めてしまえば良いだけです。
つるんと飲み込めるのでルイボスティーが苦手な方でもそれほど香りや味を気にすることなくお口に入れることができそうです。
お砂糖やはちみつを加えてちょっと甘味のあるゼリーにすると更に食べやすくなります。

ダイエット中で甘いものはちょっとという方であればパルスイートなどで甘さを付けるようにするとよいでしょう。
ミントの葉を飾ったりすればお手軽でいておしゃれなゼリーになります。
紅茶を作るようにミルクも入れたゼリーにしてみてもよいでしょう。
クセのない味だからこそ、フルーツやレモン果汁を加えたり、ジンジャーとシナモンで冬用にアレンジをしたり、いろいろなレシピが思いつきそうです。ルイボスティーが苦手だった方もきっと好きになるでしょう。

同じルイボスティーでも商品によってその味は美容に違います。
品質の悪い茶葉だと味に癖が出てくることもあります。
一度試しただけで苦手意識を持つのはもったいないことです。
ティートータルのルイボスティーは色々な種類があります。
ルイボス クリームキャラメルなどは、そのままゼリーにして楽しんでも良いでしょう。
いろいろな商品を試してみましょう。
しょうがやレモンを入れるだけでもクセが消えますし、砂糖を少し入れると甘さが際立つので飲みやすくなります。
ゼリー以外にもこうしたアレンジ法をいろいろ知っておくと飽きることなく毎日続けられそうです。
ただ飲めばよいだけのお手軽健康法です。
あなたも試してみてください。

ルイボスティーの効果効能についてのおさらい

それでは、具体的にどのような健康効果があるのでしょうか。
もう一度、おさらいしてみましょう。

茶葉ではないため紅茶や緑茶と違ってカフェインは入っていません。
そのため小さなお子さんや妊娠中の方でも飲むことができます。
むしろ、鉄分やカルシウムがたっぷり含まれているためお子さんや妊婦さんにぜひ飲んで欲しいお茶なのです。

抗酸化成分が含まれているのでお肌の老化を防いでくれ、ママたちの美容のためにも最適です。
体内の血管再生作用もあるため血管年齢が気になり始めたお年寄りたちが長生きするためにもおすすめです。
加齢臭の原因・ノネナールの増加を抑えてくれるので中年男性にも良い効果をもたらします。
明日からは、あなただけでなく家族全員で飲むようにしてください。

さまざまな健康サプリなども出ていますが、健康茶が人気なのはお水代わりに飲むだけという手軽さと、そのリラックス効果にも理由があります。
ルイボスティーにもスーパーオキシドディスムターゼ・SODという成分が含まれており、これが神経を沈静化させリラックスできるのです。

現代社会はストレス社会とも言われており多くの人々が大なり小なりストレスを抱えていますが、医学的に見るとストレスというのは体内で生成されるモノアミンオキシターゼ=モノアミン酸化酵素というのが深く関わっていると言われています。
この成分が発生すればするほど負の感情が生まれるのです。
スーパーオキシドディスムターゼはこのモノアミンオキシターゼを抑制する酵素が含まれているのです。
イライラしたときにはルイボスティーを飲んでストレスを緩和させてやりましょう。

温かいままでも冷たくしても飲むことができるルイボスティーは、ゼリーに変えてもその成分が弱まったり消えてしまう危険性はないため安心してください。
むしろ、苦手な味を無理して飲んだり、毎日毎日続けなければならない苦痛でストレスを溜めるよりはツルンとしておいしいゼリーで楽しく摂取する方が身体のためにもおすすめなのです。

カフェインが入っていないので眠りを妨げられることはありません。
精神の昂りを抑えて質のよい眠りを取るためにも、眠る前にルイボスティーを一杯飲むという習慣をつけるのもよいでしょう。

ルイボスが取れるのは南アフリカの一部の地域のみ。現地では300年以上前から飲まれてきており、「奇跡のお茶」「不老不死のお茶」と言われているのです。健康な毎日を送るためにも、あなたも毎日の生活に取り入れましょう。

 

cc-library010001020002

人だけじゃなく愛犬にも!ワンちゃんへのルイボスティーの与え方とその効果

人間に大変良い効果をもたらすルイボスティーですがワンちゃんにも安心して与えることが出来ます。
ワンちゃんの寿命はもちろん人間よりも短いので、短期間で様々な加齢による症状が出現します。
そのうちの一つが便臭・体臭で動物なのでこの臭いはかなり気になるものです。
部屋に入るとすぐに分かってしまうくらいなので飼い主にとっては悩みの種です。

しかし、薄めたルイボスティーを飲むことにより便臭・体臭は気にならなくなります。

この時のポイントは必ず薄めたものをあげるようにしてください。
人間と同じように蜂蜜やシナモンは必要ありません。
美味しく飲ませてあげたい気持ちになりますが、その事によって時として思わぬ症状を招いてしまう事があります。
人間とは体の作りも体重も違うため、余計なものは入れないでおきましょう。
少ない量でも十分に効き目があります。

また飲むだけではなくルイボスティーで体を洗ってあげるだけでも効果がみられる場合があります。
こちらも体臭や皮膚の炎症を抑えることが出来るので、気になる時には試してみたい方法の一つです。

アトピー性皮膚炎といった慢性で深刻な症状も改善することがあります。
アトピー性皮膚炎に効果があるお茶はなかなか見つからないので非常に貴重なものだと言えます。
ハーブティーやお茶と一言で言っても、ワンちゃんに与えて良いものとダメなものがあるので
飼い主がしっかりと成分を把握し見極める必要があります。

カフェイン入りのものかどうかも一つの目安としても良いでしょう。
このように日ごろからルイボスティーを飲んだり使用したりしているワンちゃんはストレスが少なく長生きする傾向があります。
ワンちゃんも大切な家族の一員です。
体の不調を改善したり症状緩和のために出来るだけの事をしてあげる気持ちが大切です。

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら