Blog

パンケーキロック

美味しそう?自然の造形を堪能できるパパロア国立公園のパンケーキロック

  |   ニュージーランド, ニュージーランド観光地をご紹介

今回のニュージーランドの観光地の紹介は、
パンケーキロックです😄

パンケーキロック / Pancake Rocks

 

パンケーキロック

ニュージーランド南島、
西海岸のウエストコーストという地域の有名な観光名所で、
プナカイキ / Punakaiki という場所を南に走った場所にあり、
約2万ヘクタールのパパロア国立公園の入り口としても有名です。

 

パンケーキロック
名前の通り、
パンケーキを重ねたような岩が連なり
自然の造形を感じることが出来る場所です☝️

 

パンケーキロック

 

 

パンケーキロック

日本だと、パンケーキという言い方よりも
ホットケーキ?という言い方の方がしっくりくるのかもしれませんね。

 

パンケーキロック
写真を撮る際に、
大きな口を開けて撮ったりしている人も多くいたりします😁

長い年月をかけて地殻変動や侵食により出来た変わった形の岩が
パンケーキのように重ねられているみたいに見えるのでパンケーキロックと呼ばれています。

 

パンケーキロック

 

 

パンケーキロック

パンケーキロックには25~30分ほどで一周出来る遊歩道が整備されており、

 

パンケーキロック
のんびり歩きながら、随所随所でフォトを撮影出来たり、
岩の間から吹き上がる潮を見たり出来ます。
パンケーキロックの前にはカフェがあり
いつも賑わっています。

海外らしいミートパイやソーセージロールが美味しいですし、名物はパンケーキのカフェです😉

ウエストコーストの街、
グレイマウス、ウエストポート、どちらからも約一時間で行ける距離です。

パンケーキロック
ウエストコーストは、ニュージーランド、南島の中でも自然が多く残されている場所で、
パンケーキロックの観光名所だけでなく
カヤック(カヌー)や、ロッククライミング、簡単なウォーキングから、
歩きながら山小屋を転々と寝て山を歩く泊まりがけのウォーキング(トランピング/トレッキング)なども楽しめます。

ニュージーランド南島を横断する南アルプスを境にみた東側とは異なり、
ウエストコーストの西側は雨も多く、木々やニュージーランドのシンボル的な植物のシダや、
その他にもブナなどもたくさん生えているので、東側から行くと違う雰囲気を感じることも出来ます。

また、生態系も貴重な種が多く、
特に野鳥の宝庫であり、
ウェストランドクロミズナギドリという野鳥が居るのですがウェストランドクロミズナギドリの巣(コロニー)は、
地球上でもこのパンケーキロックがあるパパロア国立公園にしかない貴重なものと言われています。

カメラ好きで野鳥撮影が好きな人にはたまらない地域の一つかもしれませんね😊

〜 ウェストランドクロミズナギドリについて 〜

ウェストランドクロミズナギドリは、絶滅危惧種(絶滅危惧2類)に属している鳥で、
胴は、ぽっちゃりずんぐりな感じ、
クチバシは先が黒くて、生涯のほとんどを洋上で過ごす鳥です。
繁殖期のみ、ニュージーランドのパパロア国立公園にて生活をします。

野鳥というより海鳥ですね。

今回は南島の西側、ウエストコーストのパパロア国立公園、パンケーキロックの紹介でした〜👍

Sota😊