キャドバリーワールドはチョコ満載!ティートータルと共に味わえます♪

ニュージーランド
ディズニー最新作 ピートと秘密の友達 / PETE’S DRAGON はニュージーランドがロケ地!
2016年9月21日
セントジョーンズワート(セイヨウオトギリ) 基礎知識と効能効果、作用について
2016年9月25日
チョコレート工場

ニュージーランド観光地紹介、
今回は前回に引き続きダニーデンの人気スポット

キャドバリーのチョコレート工場を取り上げてみます。

 

 

チョコレート工場

 

 

キャドバリーワールド / Cadbury World

 

 

チョコレート工場

 

〜 みんな大好きチョコレート! 〜

 

キャドバリーのチョコレート。

特に女性のお客様に人気の美味しいチョコレートですね!

今回、紹介するのはダニーデンの市内にあるキャドバリーチョコレート工場です。

 

チョコレート工場

 

ダニーデンのキャドバリーワールドは2003年に作られました。

実は、キャドバリーワールドは、世界で2箇所、
イギリスのバーミンガムと、ニュージーランドのダニーデンにあります。

英国圏のニュージーランドとイギリスと、という訳です。

工場の規模はダニーデンにある様々な工場と比較しても最も大きな部類に入ります。
市内にあるのに、こんなに大きな工場を作るとは、、と思ってしまうほどにデカイです。

そして、キャドバリーワールドでは、
チョコレート製造工程などの説明を受けながらの見学ツアーに参加できます。
もちろん、試食あり

 

 

チョコレート工場

 

ツアー中にもぐもぐとチョコレートを食べながら、
チョコレートの甘い香りの中、様々な工程を見て歩くことができます

しかも、イギリスのバーミンガムにあるキャドバリーワールドは見学ツアー無しなのに、ダニーデンでは有りなんです。

ツアー自体は75分あり、結構、ゆっくりと固形チョコレートから液体のチョコレートまでいろいろなチョコレートを食べさせてくれます。工場が閉まる時や祝日祭日は45分のショートツアーに変わります。

ツアーは大人でだいたい2000円以下くらいですね。
ショートツアーの際には割引されます。

工場は平日に行った方が75分のロングツアーの確率が高いので平日に行くのをおすすめします。

 

 

〜 チョコレートの流れる滝を見逃すな! 〜

 

 

一番の見所は、何と言っても
現在、存在する中で、世界最大のチョコレートの滝を見ることが出来ます。
その大きさは5階建の高さになりますので、非常にダイナミックなチョコレートの滝を見ることができ、
チョコレートが流れ落ちる時には、歓声が上がるほどです。

イヤッホー

ってな感じですね、毎回。

ダニーデンはスコットランドからの移民たちから作られた街なので、
非常に外国らしい街(ニュージーランドも外国ですが。笑)

そして、超巨大なチョコレート三昧のチョコレート工場は、
映画、ジョニーデップが主演の「チャーリーとチョコレート工場」を彷彿とさせてくれます。

 

pc277592

 

ツアーの最後にはチョコレートの売店も通ります。
Tシャツなどのノベルティグッズはここでしか買えませんが
チョコレート自体はいろいろなスーパーマーケットで販売しているものなので。

まぁ、ここではツアー中にチョコレートも食べてるし、
ツアー中にお土産としてチョコレートをたっぷりくれるので、
買わないでしょうね。たぶん。いや、チョコレート好きは買うな。きっと。笑

 

 

チョコレート工場

 

 

〜 キャドバリーワールドカフェでもティートータルが人気ですよ♪ 〜

キャドバリーワールドカフェ / Cadbury World café

 

 

 

チョコレート工場

 

日本向け正規代理店としてニュージーランドのブランド、Tea Totalのティーを日本の方にお届けしていますが、
ここ、キャドバリーワールドに併設されている横にあるカフェでも
もちろん、ティートータルのティーを味わうことが出来ます♪

 

チョコレート工場

 

2014年にオープンしたこのカフェでは
チョコレートのスィーツやコーヒー、ティーなどなどゆっくりと味わうことが出来ます。

チョコレートとティー、コーヒーも相性抜群ですので、
甘くなった口の中をホッと一息、ここのカフェで休憩がてら味わうのも良いですね。

チョコ、食べたくなりましたか?

 

 

チョコレート工場

 

 

 

イギリスには無いのに、こちらのダニーデンの方には見学ツアーがあり、
さらに世界最大のチョコレートの滝が見れるダニーデンのチョコレート工場。

 

元はイギリスのブランドのチョコレートでしたが
今やもはやニュージーランドのブランドのチョコレートのような扱いになっている
キャドバリーのチョコレート工場、キャドバリーワールドのご紹介でした。