Blog

anti_stress

【フェンネル(ウイキョウ 茴香)の効果】ハーブの効能や副作用と活用法

  |   ティーの原材料、素材について

フェンネル(ウイキョウ 茴香)とは、セリ科ウイキョウ属の多年草で、英語でのフェンネルの名前の由来は、ラテン語で「小さな干し草」を意味するFoeniculumに由来しています。

また古代ギリシャでは、ギリシャ語で「細くなる」を意味する言葉で呼ばれていました。
和名はウイキョウ(茴香)、または、ショウウイキョウ(小茴香)。
仏名ではフヌイユ (fenouil)。イタリアでは、フィノッキオ(Finocchio)と呼ばれてます。
地中海沿岸が原産とされ、古代エジプトや古代ローマでも栽培されていた記録があり、歴史上もっとも古い作物のひとつとされてます。
ギリシャ人は、フェンネルをハーブティーをダイエットティーとして利用していました。

黄色い小さな花を沢山つけます。
花言葉は「賞賛に値する、精神の強さ」

目次

フェンネルの原産地

原産地は地中海沿岸などで、主産地はヨーロッパや、インド、中国、エジプトなどです。
日本では、長野県、岩手県、富山県などで多く栽培されており、沖縄料理においては『いーちょーばー(胃腸葉)』と呼ばれ、整腸作用のある島野菜として珍重されてます。

近年では、ダイエットハーブとして注目されていましたが、中世のころから食欲を抑える効果があるとして用いられており、空腹感を紛らわせてくれるために断食日によく食されたようです。

・フィノッキオ=フェンネルの鱗茎
丁度セロリの根元のような食感と独特の香りがあり、生のまま、又は加熱調理して食用とします。
ヨーロッパでは比較的一般的な野菜の1つです。

・フェンネルの葉
葉の部分はハーブとして利用されてます。
サラダや和え物に加えたり、スープに加えるなどの他、ハーブティーとして飲用にもされています。

・フェンネル、シード(種)
フェンネルの種にも強い香りがあり、主に香辛料として様々な料理に用いられており、なかでも魚料理と相性がよく(魚臭さなどを消臭する効果があり)、フェンネルは魚料理に合う「魚のハーブ」といわれています。
ほのかな甘みとピリッとしたスパイシーな風味は、カレーなどのスパイス料理にも扱われます。
ハーブティーとしても、他のハーブとブレンドされて使われています。
他には、化粧品などにも使われています。

フェンネルの栄養素と効果や効能

・胃腸機能の調整

フェンネルは、食事における消化を助け、胃腸に溜まったガスを除いてくれます。
鼓腸に効果があるためフェンネルの種や葉はキッチンハーブとして主に魚料理に使用されており、便秘や消化不良、ガスでお腹が張っているときなどに効果があるといわれています。
また鎮痙作用を持ち、胃腸の状態を整えるために使用されています。

・ダイエットや、むくみの防止や口臭予防

利尿・発汗作用があり、身体の新陳代謝を活発化させ昔から痩せる効果(ダイエット)のあるハーブとして利用されてきました。
利尿作用により余分な水分や毒素を体外に排出し、手足などのむくみを取り除きます。
体内の毒素を出すことによる、ダイエット効果も期待出来ます。
消化を促進する作用があり、食べ過ぎなど胃もたれの解消や過食などの食欲を抑え、胃を強くする効果があるともいわれてます。

また、ハーブティーとして飲むことも一般的で、食後にこの種を噛むことで消化を助けると同時に呼気をさわやかにする効果があります。
古代ローマの偉人プリニウスはその薬効に22種類もの効果があると述べているほどに、その用途は幅広く用いられました。
更に、以下の効果があるとされています。

・消化器系を鎮静し、痙攣を防ぎます。
・女性ホルモンを活発化させ、母乳の出を良くします。
・眼精疲労の回復効果があると言われており、視力回復に使用されてきました。

日本では、ウイキョウ(茴香)とも呼ばれ、フェンネルシードは、消化器官を整える効果と血行促進による身体を温める効果のある漢方として、利用されています。
強壮作用もあり、緊張からくるストレスなどの感情をほぐし、イライラする気持ちを鎮める作用も期待できます。
肌のたるみやしわなど、年齢からくる肌の問題予防にも効果的です。
女性ホルモンに似た働きをするトランスアネトールという成分が含まれており、女性ホルモンの活発作用もあり、生理不順、月経前のイライラ、月経痛、更年期障害にも有効です。

眼精疲労の回復には、布をフェンネルの入ったハーブティーなどで濡らして、疲れ眼に乗せることで効果があるとされてます。

抗炎症作用も含んでいるので、ハーブティーとして飲むと口内炎や喉などの辛い炎症部分にも効果があります。
殺菌効果もあるので、うがい薬にも使えます。

他に効果があるとされているのが、乗りもの酔いにも効果があるとされています。
これは、消化器系の鎮痙効果と香りによる精神を安定させる効果の合わせ技による効果になります。

作用まとめ
健胃、胃腸機能の調整、駆風(胃腸内にたまったガスの排出を促進する)、
鎮痙、強壮、発汗、利尿、矯味、去痰、女性ホルモン様作用、催乳

効能まとめ
抗炎症、抗菌、抗ウイルス、デトックス、肌荒れ改善、眼精疲労、便秘、ダイエット

主要成分
精油、脂肪酸、たんぱく質、ビタミン類、ミネラル、トランスアネトール、フェンコン、フラボノイド(ルチン)など

漢方としても大活躍!身体の冷えを取り除くフェンネルの効果とは?

フェンネルとはどんな植物でどんな効能があるのか

フェンネルはセリ目せり科ウイキョウ属で、種子を乾燥させたものです。
葉や茎、種実に香りがあり、ハーブやスパイスとして利用されています。
葉も茎も種も使えるためよく利用されているハーブで魚料理やサラダ、パン、ケーキなどに幅広く用いられています。
原産地は地中海沿岸で日本には平安時代に入ってきたといわれています。

草丈が80センチから2メートルにもなり、黄色い花を咲かせます。
毎年育つ多年草で、日当たりさえよければどこでも育つといわれています。
アネトールと呼ばれる成分で独特の香りとかすかな甘みが特徴です。
精油はリキュールやマッサージオイルとして利用されます。中華料理やキャンディなどにも利用されています。

フェンネルは漢方薬として用いられ、散寒薬として体内の冷えや冷えによる症状を緩和してくれる働きをしてくれます。
鎮痛薬としてアロママッサージオイルとして利用され、心身ともに癒してくれます。
食用、薬用、化粧品などにも用いられ、漢方では体熱の産生を高めてくれる効果が期待されています。
胃腸を良好にしてくれる働きも期待できます。

シーフードとの相性が良く、魚料理やピクルスの香りづけとしても利用されます。
血行を促進して利尿剤としての働きもあり、東洋医学では気の乱れやストレスによる機能低下や疾患を気を整えることで改善することができる利気効果をもたらすとされています。

冷えや冷え性の生薬として用いられ、冷え性の入浴剤としても使われています。
消化促進、消臭、肥満防止にも効果があり、漢方で生薬として利用されるのはフェンネルシードです。
軽くてスパイシー、甘い香りがする魅惑的な味わいは空腹感を和らげ、ダイエットにも向いているといわれています。
胃炎、腹痛、感冒、母乳不足にも対応でき、使いやすい漢方です。

鎮痛剤として仁丹や胃散、漢方では安中散として広く利用されています。
利尿作用と発汗作用があることで皮下脂肪中の老廃物の排出に効果があります。
ウイキョウオイルは関節炎やリウマチの炎症を鎮めてくれます。

種子を使ってハーブティにすることができ、入浴剤として利用すれば冷え性にも高い効果が期待でき、ぐっすり眠れます。
活性酸素生成抑制や放射線障害防護の作用もあることが研究されており、抗菌、抗アニキサス、抗消化性潰瘍の作用も見られ、消化促進と血行促進もあることから、漢方だけでなく中国伝統医療でも積極的に用いられています。

女性の冷えやトラブルを取り除く働きをしてくれるフェンネル

西洋東洋問わず漢方ではウイキョウ、西洋ではハーブ、スパイスとして幅広く用いられてきたフェンネルは植物性エストロゲンを含むことでも知られており、更年期障害や月経不順、生理痛、月経前症候群など女性の悩みを解決してくれる漢方としても人気があります。

カレーのスパイスや中華料理の香りづけに利用され、料理や医療に古くから用いられています。
ハーブティにすると消化促進に役立ち、胃もたれや食欲不振を取り除く働きをしてくれます。
腸の蠕動運動を促進するため便秘解消にも役立ちます。
下痢や過敏性症候群、胃やおなかにガスがたまっているときにもおすすめです。
アネトールの成分が口臭防止の役割をしてくれます。

さらに、フェンネルのアネトールには植物性エストロゲンが含まれており、更年期障害を緩和してくれるほか、母乳の出をよくしてくれます。
エストロゲンが多すぎる場合には受容体に入り込み総量を調整してくれるため、生理痛や月経不順、月経前症候群の改善が期待できます。
エストロゲンの分泌量が少ない場合にはエストロゲンの働きを補充してくれるので、女性らしいボディラインを作ったり、更年期前の老化防止にも役立ちます。

循環器系を刺激する作用を持つことから、利尿作用があり、むくみの改善に役立ちます。
発汗作用や血行促進作用も高いことから、冷えを取り除く働きが期待できます。
フェンネルのハーブティを普段から飲んでいると過剰な食欲を抑制してくれるとも言われています。

フェンネルを希釈してマッサージオイルにすればストレスや緊張でイライラしている心を鎮めてくれたり、むくみやセルライトの予防にもなります。
殺菌や消毒作用も高いので肌を清潔に保ってくれるだけでなく、毒素排出の作用も期待できます。

肌のくすみやしわ、たるみの予防にもなり、口臭予防や歯周予防にマウスウオッシュとして利用したり、痰が絡んだり、のどが痛い時にはうがい薬として利用することもできます。
フェンネルは丸ごと食べられますので便利です。
葉っぱはトッピングにしてサラダにするのがおすすめですし、熱を加えると甘みがでますのでスープにするのもおすすめです。
オリーブオイルで炒めてコンソメを入れるだけで簡単なスープができます。
生でも煮ても焼いてもおいしく食べられる優秀なハーブです。
小さじ1杯のフェンネルシードにお湯を加えればハーブティーが作れます。
カモミールやジンジャーを加えたりしてハーブをミックスしてハーブティを作るのもおすすめです。

 

close-up

フェンネルの発汗作用&利尿作用でダイエット!

古くから薬用や健康のために重宝されてきた野菜

フェンネルは日本ではまだあまり馴染みのない植物ですが、ヨーロッパでは地中海地方を中心に広く普及しているセリ科の野菜です。
イタリアやギリシャでは昔から胃腸の調子を整えたり風邪の予防や安眠などのために万能薬として使われていて、今日でもフェンネルティーやフェンネルシードを常備している家庭が多く、生の野菜は食材として積極的に使用されています。

フェンネルにはカリウムをはじめとするミネラルがたくさん含まれているので発汗作用や利尿作用があり、この発汗作用を利用すれば余計な水分を体外に排出しておなかを引き締めたり、腸の働きを活発にして便秘を解消したりすることでダイエットのために効果的です。
発汗と同時に体内の老廃物も一緒に排出されるため美肌やアンチエイジングのためにも有効で、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCなど美容に効く栄養素も豊富な万能野菜です。

フェンネルの発汗作用には体脂肪を燃やす効果もあるのでダイエット中に積極的に食べていると効率よく脂肪を撃退して引き締まった体が手に入ります。
スパイスとしても使われている野菜で、程よい刺激があって爽やかな風味が胃腸で作用することにより脂肪の吸収を抑制したり食べたものがそのまま体脂肪として蓄積されるのも防ぐことができます。
脂っこい料理もフェンネルを加えると爽やかになるので整腸のためにも役立ちますので、毎日摂取していれば体脂肪が付きにくい体質になったり、発汗作用のおかげで新陳代謝が盛んになって痩せやすく太りにくい理想のコンディションを維持できます。

フェンネルティーは発汗作用や利尿作用を得るために最適な飲み物で、ノンカフェインなのが特徴です。
水分をしっかり補給すると同時にカリウムやビタミン類を摂取して、体内の余計な水分を排出するのでダイエットをサポートしてくれます。
カフェインが入っていないため時間帯を気にせず何杯でも飲めて、小さい子供や高齢者も安心なので家族全員で使うのもおすすめです。

ダイエット中は食事のカロリーが気になりますが、フェンネルはほとんどカロリーのない野菜なので健康的で低カロリーなメニューに最適です。
生の野菜の根茎部分をスライスしたサラダや、ほかの緑黄色野菜と一緒に煮込んだスープは脂肪燃焼や発汗に効果的で、コショウやショウガ、カレー粉などほかのスパイスを加えればより一層脂肪を燃やして体を引き締めることができます。

デトックスや体質改善にも有効な成分

フェンネルの発汗作用と利尿作用を利用すれば運動やサウナでたっぷり汗をかいたように手軽に水分調節ができて、老廃物や毒素も一緒に排出されるのでデトックスにも有効です。
フェンネルは古くから胃薬や整腸剤としても使われている植物なので、腸内環境を整えるためにも優れた効果を発揮します。
食物繊維もたっぷり含まれているおかげで善玉菌を増やすことができ、便秘を解消したり肌荒れやニキビ対策にもなります。
ダイエット中は栄養が偏って便秘になりやすいので、フェンネルを食べたりハーブティーを飲むことで腸内環境の改善に取り組みましょう。

ダイエットを成功させるためには効率よく脂肪を燃焼して、太りにくくて痩せやすい体質を作ることが大切です。
フェンネルの成分は程よい刺激があってスパイシーなので発汗を促して新陳代謝を盛んにし、脂肪燃焼をサポートしてくれます。
胃腸で余計なエネルギーが体脂肪に変換されるのを防ぐためにも役立つので、食事をしても太りにくい体質になるためにも有効です。
運動をするとすぐに汗をかいて余計な水分が体外に出るおかげでむくみも解消されて、おなかや太もものたるみがなくなって引き締まったスタイルを実現できます。

ダイエットをしていると栄養が偏って肌が荒れたり便秘になることがよくありますが、フェンネルには美肌のための成分や食物繊維が豊富に含まれているのでバランスのよい食事をするために活用できます。
カロリーが低いので食べ過ぎてしまう心配がなく、野菜中心の食生活に最適です。
鶏のささみや白身魚など低カロリーなタンパク質との相性もよくて、さまざまなダイエットレシピに応用できるのもメリットです。
利尿作用のおかげでむくみが取れて、体の隅々まで細胞が活性化されて美肌を維持するためにも効果的です。

ヨーロッパでは万能薬として親しまれているフェンネルは、健康維持や体質改善をすると同時に美容とダイエットができる便利な野菜です。
根茎も葉も食べられて、ハーブティーやスパイスとしても使えるので飽きずに続けられるのが魅力です。
特にたるみやむくみが気になっている人、慢性の便秘で悩んでいる人、冷え性や肌荒れで困っている人におすすめで、運動をしてもなかなか痩せられない体質でも少しずつ脂肪燃焼が促進されて体を引き締めることができます。
デトックスをして体の内側からきれいになれるので、フェンネルを活用してダイエットを始めてみましょう。

妊婦や子供は気をつけておきたいフェンネルの効果

たくさんあるフェンネルの効果、効能

フェンネルとは、葉、茎、花、種子全てを利用することができ、様々な場面で活用され、重宝されているハーブですが、主にティーや料理、美容、アロマなどに使われ、様々な効能を持っています。
原産地は南ヨーロッパの地中海沿岸で、古代のエジプト、ギリシャ、ローマでも栽培され、食用や薬用として活用されていました。
中世ヨーロッパでは呪術にも用いられていたといいます。
フェンネルは高さが2mほどまで生長するものもあり、黄色の小花をたくさんつけます。

効能はたくさんあり、消化を助ける。
利尿発汗作用がある。
痙攣を和らげる、女性ホルモンを活性化させるので、母乳の出を良くする。
眼精疲労に効果がある等です。

フェンネルには消化酵素の分泌を促す働きがあるので、食べ物の消化や吸収を促し、胃腸の調子を整えてくれる効果が期待できます。
胃腸に溜まったガスを排出する作用もあるので、胃もたれや、おなかの張りにも効果的といわれています。
漢方薬では、「ウィキョウ」の名で知られていて、胃腸薬にも配合されています。
痙攣を和らげる物質が多く含まれているので、消化器系の不調を沈め、痙攣を防ぐので、腹痛にも効果があるといわれています。

利尿・発汗作用があり、体の中の余分な水分を排出する作用があるため、むくみを和らげてくれます。
体の新陳代謝を上げてくれるので、痩せやすい体を作ります。
甘くスパイシーな香りには食欲を抑える働きがあるので、食べすぎを抑えますから、この効果により、ダイエットに効果があるとされています。

そして、眼精疲労に効果があるとされていて、フェンネルを使用する地域には目の悪いひとの割合が少ないという報告もされています。
古くから、視力回復を目的とした目薬としても利用されてきました。
パソコンやスマホ、ゲームなど、近くを見続けて目を酷使することの多い現代人には、種を煎じた液体をコットンなどに浸して、瞼に乗せるのがおすすめです。痛み、炎症を和らげてくれます。

他にも、葉と種には化粧を落とす効果や、鎮静作用があります。
このため、フェンネルを使用したスキンケア商品も多くあります。
肌を清潔に保ち、炎症を鎮静させるので、シミ、シワ、たるみ、くすみやニキビ等のトラブルを予防し、美肌に近づく手伝いをしてくれそうです。
また、フェンネルの万能なところとして、心への効能も期待されることがあります。
考えすぎてしまい、なかなか行動に移れない人、感情を自分の中にため込んでしまう人、そんな人の、自己表現をサポートしてくれるのです。

採り方と注意点。妊婦や子供、思春期の子供には注意が必要

フェンネルの利用方法としては、香辛料としての利用があり、葉や種は魚料理と非常に相性が良いです。
独特の芳香を持っているので、魚の生臭さや油っぽさを消す効果があります。
このために、ヨーロッパでは「魚のハーブ」と呼ばれています。
種子を乾燥させると、すっきりした甘さとぴりっとした風味があり、魚の香草焼きにはかかせません。
若葉をオリーブオイルに着け混んで、調味料としても使われます。

種子はハーブティーとしてもよく利用されます。
フェンネルの芳香成分には、「フェンチ」が多いとされています。
炎症を鎮める効果もあるので、風邪を引いたときに飲むと、早く回復することが望めます。

ハーブティーにする場合は、長間の抽出時間がよいです。
根元がセロリに似ており、生のままや、ゆでたものをサラダとして食べるのが一般的です。

効果、効能が多く、利用の方法も様々なフェンネルですが、実は注意点もあります。
ハーブティーなどにブレンドされているくらいの量であれば少量になるのであまり気にかけることもないのですが、
料理などに多く利用する場合には注意点も覚えておきましょう。

女性ホルモンを活性化させるので、母乳の出を良くしてくれる、と良い効果に挙げた効能があるのですが、この女性ホルモンに似た働きをする物質に注意が必要なのです。
この物質を摂取することで、ホルモンのバランスを崩してしまう原因となってしまう危険があるのです。
そのため、妊婦さんや、「てんかん」の持病を持つ人。

また、まだ体が未発達である子供や、思春期の子供が摂取する場合には注意が必要です。
妊婦さんの場合、子宮を刺激する作用があります。
ですが、妊婦さんが間違って使用してしまった場合でも、少量で、特に体調に異変がなければ、問題はないと思われます。
でも、妊婦検診などの際にお医者さんへ伝え、その後の使用は控えるようにしましょう。
妊婦ではない女性でも、子宮筋腫、子宮内膜症、乳がんなどの婦人科系の病気を持っている方は、過剰な摂取は影響があるとされるため、注意をしなければいけません。

何の食品でも過剰摂取は逆に良くない場合もありますので、適度な量を無理なく摂取するようにしましょう。

効きすぎるので飲み過ぎには注意!フェンネルティーの適正量と副作用

セリ科の植物であるフェンネルは、日本ではそれほど馴染みがない珍しい野菜ですが、ヨーロッパでは大昔から薬草として使われていて、特に地中海の沿岸ではスープやサラダなどにして日常的に食べられています。
フェンネルは根茎や葉、種など全ての部位が使える優秀な野菜で、花や種は主にハーブティーの原料やスパイスに活用されます。

フェンネルティーは、ほのかな甘みがあって爽やかなお茶で、欧米では万能薬として重宝されています。
胃腸の働きを整えたり気持ちを落ち着ける効果があり、適正量を飲んでいれば体質改善にも役立ちます。
しかし、フェンネルに含まれているカリウムの働きで強力な利尿作用があるため、副作用にも注意が必要です。
過剰に飲み過ぎると強力な利尿作用があるため、逆に体の水分が失われてしまい、喉が渇いたり頻尿になって困ることも考えられます。

一日にマグカップ3杯程度のフェンネルティーなら副作用が起こらない適正量の範囲に入るため、それほど気にすることはありません。
フェンネルが主でなくブレンドされているティーでもさほど気にすることはありません。
カフェインは含まれていないハーブティーなので夜寝る前に飲んだり胃が荒れやすい人でも安心で、子供や妊婦、高齢者などカフェインが苦手な人も使用できます。
ただし、利尿作用があるので就寝前に大量のフェンネルティーを飲み過ぎると夜中にトイレに何度も行きたくなって困ってしまうこともあります。

また、フェンネルティーは優れた発汗作用も持っているので汗をかきやすい体質の人や夏場の暑い時期には適正量を守らないと大量の汗が出てきます。
スポーツの前に飲んだ時も同様で、少ししか体を動かしていないのに汗をかいてしまったり、途中で脱水症状を起こしてしまう可能性もあるため、この発汗作用と利尿作用のことを頭に置いて飲むタイミングを決めましょう。

一日に2~3杯程度の適正量を守っていれば副作用の心配はなく、健康茶として活用することができます。
発汗作用と利尿作用を上手に利用すれば体内の余計な水分と一緒に毒素や老廃物を排出して自宅で簡単にデトックスに取り組めます。
花や種に含まれている成分が胃腸の調子を整えてくれるので、食欲不振や食べ過ぎ、胃もたれなどを改善したり、便秘を解消して腸内環境を良くするためにも有効です。

フェンネルティーはそのままでも砂糖や人工甘味料を入れても美味しく飲めて、ホットでもアイスでも楽しめる便利なハーブティーです。
自宅に常備しておいて胃腸を整えたりデトックスのために使ってみましょう。

適度に飲めば健康やダイエットに効果的

飲み過ぎるとトイレが近くなったり汗や水分が大量に体外に出る副作用が気になるフェンネルティーですが、適正量を考えて注意しながら飲んでいれば優れた健康効果が期待できます。
ヨーロッパでは万能薬として古くから利用されていて、特に消化器系の機能を正常に保つために効果があるので腸内環境を正常に保ったり、胸やけや胃もたれを改善したり、食べ過ぎのとき気分をよくするために有効です。
カフェインの入っていないハーブティーなので飲むと気分が落ち着いて、安眠や快眠のためにも使えます。
寝る前に飲み過ぎてしまうとトイレに行きたくなる副作用があるので注意が必要ですが、適正量なら問題ありません。

フェンネルティーの発汗作用はダイエットにも活用できて、体を引き締めたり新陳代謝を促すことで体脂肪を燃焼させるために有効です。
全身の血行もよくなるので脂肪を燃焼しやすい体質になって、食べても太りにくい体を作れます。
むくみやたるみが気になって悩んでいる人も、フェンネルティーで水分調節を行えばすっきりと引き締まった体になって、便秘を解消することでおなかとウエストのサイズダウンも期待できます。

食事の前にフェンネルティーを飲んでおくと、脂肪分を吸収しにくくなる効果もあるので余計なエネルギーが体脂肪に変換されず、急激に太る心配がなくなります。
水分を胃に入れておくことで適度な満腹感が得られて食べ過ぎを予防したり、小腹が空いたときにもジュースではなくハーブティーを飲めば健康な食生活ができます。
汗をかいたり水分を排出することでデトックスができて、肌がきれいになる効果や細胞を活性化させるアンチエイジングにも有効です。
腸内環境が整うのでニキビや肌荒れも改善されて免疫力や体力を強化することも可能です。

適正量に注意をして上手に飲めば健康や美容のためにさまざまな効能があり、カロリーやカフェインが含まれていないハーブティーなのでダイエット中も使えます。
フェンネルは少しクセのある味わいですが、慣れると壮快な香りが心地よくて口の中や胃腸をさっぱりさせたりリラックスするために便利です。
仕事や勉強の合間に飲んだり、脂っこい食事の前後や気分を落ち着けたいとき、むくみが気になるときなど自分で飲むペースを決めれば副作用を気にしないで楽しめます。
発汗作用や利尿作用を活用すればたくさんの効能が得られるので、健康維持やダイエット時の利用がおすすめです。

 

girl

フェンネルのクレンジング効果がすごい!パックに混ぜて毛穴の奥の汚れとおさらば!

フェンネルシードはクレンジングや毛穴引き締め効果がある

上記のように解説してきたフェンネルシード、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、アメリカではフェンネルシードの美容効果がとても注目されています。
「フェンネル」とはセリ科の植物の種なのですが、精神状態を落ち着かせてくれる甘い香りがあり、口臭予防にも役立つ「天然のガム」としてもおすすめなのです。

今回はこのフェンネルシードの美容効果についていくつかご紹介いたします。
まずフェンネルシードには「クレンジング」の効果があります。
フェンネルのクレンジング効果は、肌についた垢や汚れ、余分な皮脂の他、古くなった細胞や細菌などを毛穴の奥深くから取り除く働きがあります。
「植物の種でそんなことできるの??」という方にその方法を簡単にお教えしましょう。

まずは、お鍋やボウルなどに熱湯をはり、その中にスプーン1杯分のフェンネルシードを入れます。
そのまま20分おいて冷ましたら蓋つきの瓶などに移し替えてできあがり。
とっても簡単なんです。
使うときは清潔なコットンにこのシードを含ませて顔を拭きます。
汚れがたくさん取れるのですっきりしますよ。

また、フェンネルシードには毛穴を引き締める作用もあります。
これは「収れん作用」といって、毛穴を引き締めるだけでなく、肌の余分な油脂分を減らし、開いてしまった毛穴を引き締め目立たなくする作用です。
毛穴を引き締めることによって、肌のキメや弾力性が整い、化粧のりのよい肌に近づけることができます。

フェンネルシードを化粧水として使用する場合は、フェンネルシードティーといって、フェンネルの種をつぶし、沸騰させたお湯小さじ1/2を1カップ注ぎます。その後10分間浸出させてから濾してできあがり。
これを、一日に2回程度手に取り、肌になじませましょう。
続けていくことにより、肌が引き締まるの実感できます。

このほかフェンネルシードにはニキビ予防などの効果があります。
また殺菌作用や消炎作用があります。
ニキビが増える原因としては細菌やバクテリアなどが関連しますが、これらを撃退させ、ニキビを早く治す力をもつ「リモネン」や「アネトール」「ミルセン」と呼ばれる強力な化合物が含まれているので、ニキビでお悩みの方にもおすすめです。

化粧水としてもおすすめですが、このフェンネルハーブティーをコットンなどに浸して10分ほど顔に貼り付けておくとパックとしての効果もあります。
たっぷりと作ったら冷蔵庫などで保管して継続的に使うとよいでしょう。

クレンジングやパックの方法は他にもいろいろ。ちなみに副作用は大丈夫?

上記ではフェンネルシードのクレンジングやパックについてご紹介しましたが、クレンジングおよびパックの方法には種だけでなく、葉っぱも使う方法があるそうです。
方法例としては、市販のパック用クレイに、細かく刻んだ葉とすりつぶした種を混ぜるというもの。
パック用クレイを混ぜることで、肌に吸着しやすくなり、より毛穴の奥の汚れを落とす効果が期待できます。
また葉を混ぜることでほのかに甘い香りが漂い、よいリラックス効果があるといわれています。
ただ、長期保存には向かないので、1~2回程度で使い切れる量で作りましょう。

また、フェンネルシードパウダーというものがありますが、これには優しく角質を除去する効果があります。
すべての肌タイプに合うので、敏感肌の方も安心してお使いいただけます。
作り方は簡単。種ひとつかみ分をすり砕き、そこにスプーン1杯分のパウダーと水を混ぜ合わせて濃いペースト状にします。
これを手に取り、やさしく顔にスクラブし、肌の表面にある古くなった細胞や余分な皮脂を洗い落します。
指先で円を描くようにして優しくマッサージし、血流を刺激させることが大事です。

種に含まれる抗酸化物質は、健康な肌に必要な酸素を奪う悪い成分を撃退します。
このような効果は強力なアンチエイジング作用として知られ、肌と髪を活性酸素から守り、老化を防ぎます。
柔らかく、しなやかな髪を保ちたい方には、こうした手作りのシードクレンジングパックがおすすめです。

ところで、さまざまな効果を発揮してくれるフェンネルですが、副作用などはないのでしょうか?
一般的には副作用が出ることは少ないといわれている「フェンネル」ですが、セリ科のアレルギーがあるそうで、そういったアレルギーをお持ちの方は、注意されたほうがよさそうです。
このセリ科アレルギーの症状としては、じんましんやかゆみ、下痢、腹痛、咳などの副作用があります。
このような症状が出てしまった場合、使用を直ちにやめ、医師に相談し適切な処置をしてもらいましょう。
またフェンネルは妊婦さんや授乳中の女性には摂取や使用を控えるようにされています。
理由は、妊娠中・授乳中の影響や安全性が確証していないためといわれています。

このようにさまざまな効果が期待できることがわかりました。
これからの新しい美容法としてぜひ取り入れてみましょう。

フェンネルシードを使った角質除去マッサージのやり方とは

フェンネルシードは美容の強い味方

普段、美容ケアに使われている食材や、スキンケアアイテムは様々なタイプがあると言われていますが、最近、海外を中心に人気になってきており、日本でも注目されてきているのが「フェンネルシード」です。
このフェンネルシードは、フェンネルと呼ばれるセリ科の草からとれる種を指しており、昔から海外では口内ケアとしてガムのように噛む事で良い香りを楽しむアロマセラピーの方法として利用されることが多かったのですが、フェンネルシードに含まれている美容効果が着目されるようになり、様々なお手入れに取り入れられるようになってきています。

フェンネルシードの使い方は複数あり、体から排出される古い老廃物として余分な皮脂や、細菌を毛穴の奥深くから取り除く効果がありますので、フェンネルシードスプーン一杯分を熱湯を入れた鍋に入れて20分置いたあと、コットンに含ませて顔全体を軽く拭き取るとディープクレンジングケアとして利用することが出来ますし、殺菌と消炎作用の効果があることから毎日のスキンケアに取り入れることでニキビ肌で悩んでいる方も、ニキビが出来にくい状態に仕上げることが出来ます。

また、肌を引き締める収れん効果も期待することが出来ますので、フェンネルシードを煮込んだお湯を冷まして瓶に入れて冷やしておき、朝と夜の二回に分けて顔に使用すれば天然のスキンケアローションとして肌を健康に保つことが出来ます。

またフェンネルシードを利用したローションは顔だけではなく、頭皮や頭髪にも高い美容効果をもたらします。
健康な髪を維持するために必要だとされているケルセチンやケンペロールといった抗酸化物質や、チャビコールやリモネン、アネソールがフェンネルシードには含まれているので、通常通りシャンプーを行った後に、髪や頭皮にまんべんなくフェンネルシードで作ったローションを利用して頭皮マッサージをしたり、髪に塗布してリンスを行うと天然由来のエッセンシャル成分が髪をコーティングして、ハリやツヤの無かった状態を改善させることが出来ることから、ダメージヘアに悩んでいる方でも気軽に使用することが出来ます。

また年齢を重ねると若い頃に比べて肌のターンオーバーが活性化しにくくなる特徴がありますので、肌がくすみやすくなり、透明感がないと悩んでいる方は多いです。そんな方におすすめしたいのがフェンネルシードを利用した角質除去を行う方法です。

角質除去マッサージのやり方について

フェンネルシードは古い老廃物を肌の表面や毛穴の中からしっかり除去してくれる効果がありますので、ボディマッサージや顔の角質除去として使用することが出来ますが、種のまま使用すると肌に負担がかかってしまうので、優しくマッサージを行う方法としてフェンネルシードをひとつかみ取り、すりこぎでしっかり粉末状にしてから水を少しずつ加えてペースト状にします。

ペーストを肌に乗せてゴシゴシ擦らないように優しくマッサージを行うだけで、肌表面に残ってしまっている古い角質や毛穴に詰まっている黒ずみ、皮脂汚れなどを綺麗に角質除去してくれるので、一週間~二週間に一度のペースで角質除去のお手入れを行うようにすると肌質に透明感がでてきますし、マッサージを行うことで顔全体の血行が良くなりハリやもっちりとした弾力を取り戻すことが出来るメリットがあります。

市販されているマッサージペーストよりも、使用したい時だけ適量のフェンネルシードをペーストにすればいいので、新鮮な内に使用することが出来る点も大きな魅力の1つだと言われています。
角質除去は高い頻度で行ってしまうと肌に摩擦を与えて肌トラブルを引き起こしてしまう危険がありますので、出来るだけ期間を空けてケアを受けることをおすすめします。

このようにフェンネルシードはスキンケアにもデトックス対策としても利用できる万能美容食品となっていますが、安全に使用するためにも初めて利用する際には少量のローションを作成してから肌にトラブルやアレルギーが起きないかパッチテストを行うようにすると安全に使用することが出来るようになりますので安心です。

また高い美容効果は継続してこそ得ることが出来ますので、食用ハーブを取り扱っているお店で直接購入する方法もありますが、市販されているタイプは小さなボトルに入っている事が多いので、すぐに使い切ってしまうデメリットがあります。
ただ、探せば業務用の大容量サイズが販売されていたり、既にパウダー状態になって販売しているタイプも販売されていたりするので角質除去マッサージなどをメインに行いたいと思っている方は、事前にパウダータイプを購入しておくとパウダーに水を足して簡単に角質除去マッサージに使用するペーストを作ることが出来ます。

 

vegetables

フェンネルに捨てる所無し!食用としての使用方法

ビタミンやミネラルが豊富な万能野菜

フェンネルはアロマオイルの原料として日本でも最近注目されていますが、ヨーロッパでは古くから親しまれている野菜で主に食用として使用されてきました。
根茎の部分、葉の部分、花や種など全ての部位を食用にすることができるので無駄がなく、それぞれに含まれている栄養素や効能も違うため全部使用すればバランスのよい食事ができて、美容や健康のために役立ちます。

フェンネルにはビタミンAやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、マグネシウム、鉄分などが入っていて、食物繊維も豊富です。
生でサラダとして食べたり、葉や種をスパイスとして使用したりいろいろな食べ方があります。
ヨーロッパでは花を乾燥させたフェンネルティーや、種や葉の部分をほかの薬草とブレンドしたハーブティーも人気があり、胃の調子が悪いときや風邪気味のときに万能薬として飲まれています。

フェンネルにはカリウムがたっぷり入っているおかげで利尿作用があり、デトックスや便秘の解消にも効果的です。
食用として使うなら特に根茎の部分に栄養素が多く含まれていて、食物繊維も同時に摂取できるので体質改善のために使用できます。
独特の爽やかな香りとほのかな刺激があるので、胃をすっきりさせたり腸を優しく刺激して便通を促したり、脂肪分を分解しやすくして体脂肪の蓄積を防ぐこともできます。

ダイエットのためにも毎日フェンネルティーを飲んだり生の野菜を食用に使ったメニューがおすすめで、老廃物を排出してウエストをすっきりさせたり、美しく痩せるために効率よくビタミンとミネラルを摂取することができます。
根茎部分も葉の部分もカロリーがほとんどないので大量に食べても太る心配がなくて、満腹感を得られる便利な食材です。
サラダにすればボリュームがあって、スープや煮物にも向いています。
フェンネルティーは水分補給にぴったりで、カフェインが入っていないため寝る前に飲んだり子供やお年寄りでも安心して摂取できます。

フェンネルを売っているお店が見つからなかったり、値段が高くて毎日使うのが困難なときは食用に自分で栽培する方法もあります。
セリ科の植物で、庭やベランダで家庭菜園をして育てることができ、自分で作れば栄養素が豊富で新鮮な野菜が手に入ることや有機栽培で育てられるメリットもあります。
根茎だけでなく葉や花、種まで全ての部位を食用に活用できて見た目も可愛い植物です。

いろいろなレシピが応用できて便利

フェンネルを食用に使用するときは、サラダなど生で使うレシピから煮物や焼き物までさまざまなレシピがあり、葉や種はスパイスとしても活躍してくれるので飽きずにたくさんの料理が楽しめます。
特にイタリアでは日常的に使われている野菜なので、イタリアンのレシピが豊富にあってトマトソースやオリーブオイルとの相性も抜群です。

簡単にできるのはフェンネルのサラダで、根茎の部分を薄くスライスして好みのドレッシングをかけたり、レタスやトマトなどと合わせるだけのスピード料理です。
玉ねぎの代用にもなるので、サラダに入っているスライスオニオンが苦手な人はフェンネルを使ってみると爽やかで臭みのないおしゃれな仕上がりになります。
イタリアではオレンジと一緒にサラダにするのも一般的で、オリーブオイルやバルサミコ酢で味を付ければ美容にもよいダイエットメニューができます。

フェンネルの根茎は煮るととろけるように柔らかくなるので、セロリや玉ねぎのような感覚で野菜スープに入れたり、トマト煮込みなどにすると美味しく食べられます。鶏肉や豚肉との相性もよく、じっくり煮込むと味がしみ込んで風味がアップします。

炒め物にも向いていて、人参やパプリカ、じゃがいもなどと一緒に薄切りにしたものをフライパンで炒めれば野菜をたっぷり食べられます。
お肉を焼くとき一緒にソテーしたり、オーブンでグリルにしたり、ホワイトソースをかけてグラタンにするのもおしゃれで、焼くとクセのない味になるので独特の風味が苦手な人でも無理なく食べられます。

葉の部分はスパイスとして使うのが有効なので、サーモンや白身魚のムニエル、ホイル焼きなどを作るときに細かくきざんで添えると魚の臭みが消えて爽やかな風味になります。
見た目も鮮やかな緑色が美しいので、肉料理や魚料理の飾り付けに使うのも素敵です。
カルパッチョやお刺身にも意外と合うので、和食のときにも使用できます。

フェンネルシードは胃腸の調子を整えたり美肌を作るためのスパイスとして知られているので、スープや煮込み料理に加えたりして積極的に食べるのがおすすめです。
クッキーやパウンドケーキなどお菓子作りのとき生地に混ぜ込むとスパイシーな風味が加わって美味しくなり、パンを焼くとき表面にトッピングするのもおしゃれです。

フェンネルは全ての部位が食用に使えるので、捨てずに全部利用して健康や美容のために役立ててみましょう。

香り高くて美味しい!コンソメごはん×フェンネルの組み合わせ

料理の味を引き立ててくれるコンビネーションとして、もう少し料理レシピへの活用法をご紹介していきましょう。

真っ白でコロンとした根茎と繊細で鮮やかな緑色の葉が印象的なフェンネルは、日本人にはそれほど馴染みのない野菜ですが地中海地方や中国、インドなどでは古くから使われているメジャーな植物で、ミントのような爽快感のある独特の香りとほのかな甘みが特徴的で、見た目も美しいためあらゆるジャンルの料理に使用できます。

フェンネルの根茎部分はサラダや煮込み、グリルやソテーに向いていて、葉はハーブとしてドレッシングやソースに混ぜたり飾りに使われます。
花は乾燥させてハーブティーにして、種子はスパイスや漢方薬、ガラムマサラの材料など薬用に使われることも多く、全ての部位を無駄なく使える万能な野菜として知られています。フェンネルには優れた発汗作用と利尿作用があり、カリウムやマグネシウム、ビタミンB1、B2、B12、ビタミンC、食物繊維など栄養素を豊富に含んでいるため、毎日の食事に取り入れると健康的な生活をサポートしてくれます。

フェンネル独自の香りが苦手で生で食べるのが難しいなら、コンソメごはんと合わせたレシピがおすすめです。
コンソメを入れて炊いたごはんに仕上げとしてフェンネルの葉をみじん切りにして混ぜ合わせると彩りがよくなって、ほのかな香りが心地よく感じられて美味しいピラフができます。
フェンネルの根茎を使いたいときは、ごはんを炊くときに玉ねぎのような感じでみじん切りにしたものを一緒に炊飯器に入れると簡単で、コンソメの味がフェンネルにしみ込むと同時に甘い風味が引き立つので香り高いごはんになります。

余った残り物や冷蔵庫にあるごはんを活用したいときには、フェンネルの根茎をみじん切りにしてレンジで火を通すかフライパンで炒めてからコンソメと一緒に混ぜ込むだけで手軽に作ることもできます。
葉だけを使うときはもっと簡単で、仕上げに上からふりかけるだけでも香りが加わってあっという間に美味しい料理が完成します。
新鮮な葉は色が鮮やかで美しいのでパセリの代用にしたり、スープやサラダ、肉料理や魚料理のトッピングにするのもおすすめです。
特に白身魚やサーモンとの相性がよく、生臭さを消して爽やかな風味にしてくれる効果があるのでハーブとして常備しておくと重宝します。
フェンネルの種子もコンソメごはんと相性がよくて口の中や胃腸をさっぱりさせることができるので、スパイスとしてキッチンに置いておきましょう。

メインにも付け合わせにも使える

フェンネルの根茎や葉、種子を混ぜ込んだコンソメごはんはメイン料理としても付け合わせとしても食べられる美味しいメニューです。
メインにするならチャーハンやピラフのような感じでソーセージ、ベーコン、ハム、鶏肉などを加えたり、エビやイカなどシーフードを混ぜ込んだり、人参、グリンピース、玉ねぎなど野菜も追加するとバランスがよくなってボリュームも出すことができます。普通のチャーハンやピラフよりも香りがよくてさっぱり食べられるので、真夏や食欲がないときでも栄養たっぷりの食事ができます。

付け合わせとして肉料理や魚料理に添えるときは、シンプルにコンソメだけで味付けをしたごはんのほうが料理の味を邪魔しないで味を引き立ててくれます。フェンネルは細かく刻んで混ぜ込んでもいいし、肉をソテーするときに一緒にフライパンで焼いたりオーブンに入れたりして火を通して添えても美味しく楽しめます。臭みのある魚や肉もフェンネルの香りでさっぱりと食べられて、自然の甘みが加わるおかげでシンプルな味付けでも素材をじゅうぶんに味わうことができます。

胃腸が弱い人や食欲不振で悩んでいる人にもおすすめで、胃もたれや胸やけを防いで優しく食べられます。胃腸薬や漢方薬にも使われているほど効果のある野菜で、爽やかな香りが食欲を増進させて、胃腸の働きを活発にしてくれます。
ダイエット中にも積極的に食べると発汗作用があり新陳代謝を盛んにして体脂肪を燃焼することができます。
無駄な脂肪を蓄積させず、太りにくい体質になったり利尿作用のおかげでたるみやむくみが解消されて体がすっきりすることにもつながります。

フェンネルはデトックスにも効く野菜で、水分と一緒に毒素や老廃物を体外に出したり便秘を解消して腸をきれいにすることができます。
腸内環境が整って細胞が活性化されると肌がきれいになり、エイジングケアにも有効です。
そのままでは食べにくいと思ったらコンソメごはんと組み合わせるレシピを使えば無理なく摂取できて、家族みんなが一緒に楽しめます。
食物繊維もたっぷり入っているので便秘の解消にも効果的で、特にダイエットをしていてお通じが不定期だったり外食の多い生活で脂分の摂取が気になる人は積極的に食べるようにしましょう。

コンソメごはんは材料費も安くて誰でも簡単に作れる料理なので、フェンネルを加えて香り高い上質な食事を楽しんでみましょう。

沖縄のイーチョバー(フェンネル)天ぷらが美味しい!

実は、フェンネルは日本人にはあまり馴染みのない野菜で、一度も食べたことがない人のほうが多くて売っているお店もそれほどありませんが、沖縄地方では頻繁に使われています。
地元の方言ではフェンネルのことをイーチョバーと言い、特産品として売り出しているお店もあります。

イーチョバー(フェンネル)は中国では漢方薬の原料に使われていて、インドでも種をガラムマサラの材料に加えたり、ヨーロッパでは根茎や葉の部分まで全てが日常的に使用されています。
カリウムを多く含んでいるため優れた利尿作用があり、発汗作用や新陳代謝をアップさせる働きも持っているので健康のために効果的です。
中国やヨーロッパ各地では古くから薬の代わりに使われていた歴史もあり、ビタミンやミネラル、食物繊維などをバランスよく豊富に含んでいて健康維持や滋養強壮、疲労回復などにも役立ちます。

イーチョバー(フェンネル)は沖縄料理で天ぷらによく使われています。
衣を作るときに、フェンネルの葉を細かく刻んで混ぜ込んでから好みの具材にからめて揚げるとサックリした食感になり見た目も緑色が加わってきれいです。
イーチョバー(フェンネル)の葉はそのまま生で食べると少しクセのある味なので苦手だと感じる人もいますが、天ぷらの衣に混ぜてしまえば独特の風味が消えて食べやすくなります。
爽やかな香りがして、口の中に爽快感が残るので脂っこい天ぷらも軽い口当たりになるのがメリットです。

イーチョバー(フェンネル)には口臭を消したり胃腸の働きを整えたりする効果もあるので、揚げものを食べたあとも口の中がさっぱりしていて胃もたれや胸やけを防ぐことができます。
整腸剤にも使われている成分なので、胃の粘膜を保護して脂の吸収を抑制したり、腸内環境を整えて便秘や下痢を防ぐなどの健康効果もあって脂っこい食事が多い人に特におすすめの食材です。
脂の多い沖縄料理との相性も抜群で、天ぷら以外にも炒め物や煮物に使ったり、サラダに混ぜたりしても美味しく食べられます。

フェンネルの利尿作用を利用すると、食事のときについビールやジュースを飲み過ぎてしまったときや汗をかいて体内で水分と塩分のバランスが崩れそうなときにも健康を維持することができます。
むくみが気になるときや真夏、真冬などに体の調子がよくないとき、食べ過ぎや飲み過ぎのときに積極的に食べるようにすると自然の力が体をサポートしてくれます。

葉も根茎も食用として天ぷらにできる

沖縄料理では主にイーチョバー(フェンネル)の葉が使われていますが、葉だけでなく根茎もいろいろな料理を作ることができる貴重な食材です。
地中海を中心としたヨーロッパ各国ではフェンネルの根茎のほうが主に使われていて、そのまま薄切りにしてサラダにしたり、スープや煮込み、グリル、グラタンなどあらゆるレシピが存在します。

沖縄のイーチョバーも葉を衣にするとき、根茎部分も一緒に天ぷらにすると美味しく食べられます。
玉ねぎのような感覚でフェンネルの根茎を適当な厚さにスライスして衣をつけて揚げると、ジューシーでほくほくした柔らかい食感と自然の甘みが楽しめて、心地よい爽やかな風味があるので脂っこさを感じずにたくさん食べることができます。
根茎と葉が両方使われているのでビタミンCやビタミンB群、食物繊維、カリウムや鉄分、マグネシウムなど多くの栄養素を効率よく摂取できて健康的です。
胃腸に優しい野菜なので揚げものにしても後から胃にもたれたり胸やけに苦しむことがなく、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるのでダイエット中に天ぷらが食べたくなったときにもおすすめの料理です。

長寿で健康な人が多い沖縄には独自の食材や珍しいレシピがたくさんあります。
フェンネルは薬用として世界中で重宝されてきた優秀な野菜で、胃腸関係の悩みや体の水分調節、新陳代謝の促進などに役立ちます。
発汗作用や利尿作用、腸内環境の改善のほか強力なデトックス効果もあり、体に溜まっている老廃物や毒素を余分な水分と一緒に外に出せるので免疫力が上がったりアンチエイジングや美肌作りにも有効です。
フェンネルを使ったハーブティーを飲むのもデトックスになり、水分と栄養素を同時に補給できるおかげで潤いを保ちながら健康な食生活を続けられます。

イーチョバーが日常的に使われている沖縄には長生きをする人や肌のきれいな美人が多く、スタイルのいい人も目立ちます。
ダイエット中は避けたほうがよい天ぷらなどの揚げものも、整腸作用のあるイーチョバー(フェンネル)をレシピに取り入れることで安心して食べられるので、食べたいものを食べながらダイエットに取り組めます。
脂肪を燃焼させる効果や発汗作用を活用すると食べても太りにくい体質になり、新陳代謝がアップして効率よく体脂肪を撃退できます。
沖縄料理を食べる機会があったらイーチョバーが使われている天ぷらを試してみましょう。

フェンネルシードをドレッシングに加えるだけで上質な味になる!

フェンネルは日本ではそれほど知名度がありませんが、ヨーロッパでは古くから食べられている野菜で、インドや中国でも薬として使われてきた伝統があり、根茎の部分や葉はそのまま食べることができ、花はハーブティーに使えて、種は乾燥させてスパイスにしたり、オイルを抽出できるので全ての部位を無駄なく使える優秀な植物です。

フェンネルシードは漢方薬の原料になっていたり、喉飴や胃腸薬に入っていることもあるので馴染みやすい味がします。
乾燥させたものをビンに入れてスパイスとして売られているので、スーパーやデパートで比較的、簡単に手に入ります。
フェンネルシードには独特の爽やかな風味があり、少し刺激のある味が特徴です。
そのまま食べるとクセがあるのでドレッシングに混ぜるのがおすすめで、本格的な味わいが楽しめます。

ドレッシングの種類は洋風でも和風でも使えて、フレンチやイタリアン、シーザー、青紫蘇や梅など、どんな味でも合います。
シンプルなサラダでもフェンネルシード入りのドレッシングをかければレストランのようなオシャレな味になり、香りもよくなるのでいつもと違う美味しさを実感できます。
イタリアンなど洋風料理ではフェンネルシードを肉料理のスパイスとして使ったり、スープやトマト煮込みの隠し味にすることもあります。
冷たいサラダのほか、温野菜のサラダに合わせるのもおすすめで、スパイシーな風味が加わって食べやすくなります。

市販のドレッシングに加えるのではなく自分で全て手作りするのも魅力的で、いろいろな味を試すことができます。
マヨネーズや生クリームを使った濃厚でコクのあるドレッシングも、フェンネルシードを加えるとさっぱりした香りになって胃もたれの心配がありません。
オリーブオイルやアーモンドオイルなど健康オイルをベースにしたレシピや、バルサミコ酢やフルーツビネガーを使ったオシャレなレシピ、ケシの実、クミン、胡桃や胡麻などを混ぜたバリエーションも素敵で、同じサラダが全く違う味わいになります。

こってりした洋風の料理のときも、フェンネルシードを加えたドレッシングのサラダを付け合わせにすれば口の中がさっぱりして食欲がわいてきます。
胃腸の調子を整えてくれる効果があるので食後の胸やけを防いだり、口臭予防や便秘の改善などにも有効です。
中華料理やエスニックな料理との相性も抜群で、どんな料理も美味しく食べられます。

 

フェンネルを含む主な商品

 

anti-stress

 

manuka_detox