Blog

カロリー控えめダイエット!フレーバーティーダイエットが流行中のワケ

カロリー控えめダイエット!フレーバーティーダイエットが流行中のワケ

  |   フレーバーティーについて

フレーバーティーは、花弁や香料をお茶に入れて味や香り付けをした飲み物です。
一般的に知られているものでは、ジャスミンティーやシナモンティーなどがあります。

このフレーバーティーが今、ダイエット効果が得られるということで流行っています。

通常の紅茶でもレモンを入れればレモンティーに
ミルクを入れればミルクティーに、
中にはイチゴやブルーベリージャムを入れる人もおり、
これらも十分にフレーバーティーと言えるでしょう。

しかしながら果物には果糖という糖分が多く含まれており、カロリーが高いものもあります。

甘いものが好きな若い女性で、口当たりの良いジュースをどうしても飲みたくなる時があります。

適度な糖分は、疲労回復に効果を発揮するため良く、
長時間労働で神経を集中させると疲労度がMAXとなったとき
甘いものが食べたくなることがあります。

これは、消費したカロリーを補うため、身体が糖分を欲し、
糖の吸収により脳への刺激となりリフレッシュ効果や持続性が増すというものです。

しかし、一旦糖質を取ると、糖質吸収のスイッチが入り、
次々と糖分を摂取してしまいがちとなります。

そこで、カロリーの高いジュースやミルクココア、
カフェオレなどをフレーバーティーに置き換えてみましょう。

花弁や果実がをベースである茶葉とブレンドしていたり、
花弁や果実は乾燥してあることからカロリーも低く、香りや風味が凝縮されており、
そのフルーティーな香りに心身ともに癒されるでしょう。

ダイエットの基本は、絶食をせず、
栄養を摂りつつも無駄な脂肪を落とすという健康的なものでないといけません。

いつもの食事を減らすと、体は、吸収性を高め、不足したカロリーを多く摂りこもうとします。

ダイエット初期の1週間で、2キロほど減っても、
さらに1週間でほとんど減らず、多少増えたという人も多く、
これが吸収性が高くなったことによる停滞期であると言えるのです。

ただ、フレーバーティーに置き換えるだけで、
ダイエットの効果は現れますが、毎日の食事でもバランスよく摂取し、
代謝を高めるために、軽い運動や早寝早起きなどで代謝を高めるためのスイッチを入れることが重要です。

とくに女性の体は脂肪を貯めやすくなっています。

しかし、男性に比べてダイエット効果が出やすいのも女性でしょう。

職場やご家庭でもポットのお湯で簡単にフレーバーティーが楽しめ、
ともにバニラやチョコレートなどの甘い香りを楽しみ、
同時にスリムになれると女性の間で人気となっています。

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら