Blog

紅茶に珈琲に!ハーブ「シナモン」が便利すぎる理由4つ

紅茶に珈琲に!ハーブ「シナモン」が便利すぎる理由4つ

  |   ハーブについて(種類別)

シナモンは、世界で最も古いスパイスとして知られるハーブの一種です。

紀元前2000年以上前に、エジプト人がシナモンを求めて航海したという記録もあります。

シナモンは紅茶や珈琲に入れると様々なメリットがあります。

まずは、ダイエット効果です。

紅茶や珈琲には、カフェインが含まれており、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動の前に飲むと、
脂肪を燃焼しやすくなるので、少しの運動で効果を実感できます。

また、食後に飲むと、血糖値の上昇を抑えて脂肪が蓄積されるのを防ぎます。

シナモンには、体を温める効果があるので、冷え性が改善されてダイエットにつながります。

また、砂糖などを入れなくても美味しく飲めるため、余分な糖分を摂取しないで済みます。

次に、アンチエイジング効果があります。

毛細血管の老化を防いで、血行の流れをスムーズにするため、肌が引き締まります。

毛細血管が弱くなると、老廃物が蓄積されて免疫細胞のマクロファージが除去しようと働きますが、
マクロファージが活動している時に紫外線を浴びると、シミの原因になるメラノサイトまで活性化します。

しかし、シナモンの有効成分である、アンジオポエチンは、
毛細血管の壁細胞に代わって、内皮細胞に働きかけて炎症を防ぎます。

また、肌だけでなく脳の機能が活性されて、アルツハイマーの予防にも有効です。

そして、シナモンは栄養が豊富です。

ミネラルが特に多く、カルシウムや鉄分、マンガンなど女性が必要とする栄養分を含んでいます。

香り成分のファイトケミカルは、健康維持に効果がありますし、
さらにシナモンは糖尿病を予防すると言われています。

糖尿病では、インスリンがでなかったり、インスリンの感受性が低かったりしますが、
インスリン感受性とは、ブドウ糖と結合したインスリンがそれぞれの細胞に運ばれる仕組みのことで、
インスリンだけの働きでは、血糖値を安定させることができません。

インスリン受容体が十分に機能することが大切ですが、
シナモンにはインスリン感受性を高める効果があるため、血糖値が安定します。

ただし、シナモンの過剰摂取には注意が必要です。

甘い香り成分の一つであるクマリンは、大量に摂取すると肝障害を起こす危険があります。

1日の摂取量は体重1kgに対して0.1mgまでに抑えましょう。

また、子宮に強い刺激を与えて、子宮出血や流産のリスクを高めるので妊婦は飲用を控えましょう。

ドイツ連邦リスクアセスメント研究所によると、
シナモンの含まれるシンナムアルデヒドは胎児に良くない影響を与えると言われています。

妊婦の方は、カフェなどでシナモン入りのものを飲む際には注意しておくと良いでしょう。

⇒ ニュージーランドから直輸入 シナモンをブレンドした、アンチストレスティー は、こちら