Blog

国旗

  |   nobu, その他, ニュージーランド, 知識

ノブです

以前にニュージーランドが国旗を新しくするか検討していた事を書きましたが、3月に投票が行われておりました。

若干古い話題ですが結論を書かないのもアレですので記事にしようと思います。

結論から言いますと、変更はしません。
国民投票での採択により現状の国旗支持が56%を獲得したため、変更は見送りとなりました。
ジョン・キー首相としては植民地であった過去の象徴というイメージの払拭を訴えていただけに、現状維持という結果は厳しい現実として突きつけられるでしょう。

しかしながら、現状維持という結果ではあるものの
現在の国旗が素晴らしいというわけでもなさそうです。
そもそも候補に残った新デザインがダサいという意見も見られたようで、
消去法の末の選択ではないかとの指摘です。
150902_NZ_newflag

上の4つが候補となり、最終的に左下のデザインと現行のデザインで決選投票が行われました。
結果としては変更はなかったものの、近い将来に再度その機運は出てくるのではないかと思います。細かく数字を出しますと、56。6%(約120万票)に対して43.2%(約91万5千票)の得票率でした。大差ではありません。
英国から独立していることを強調するのであるならば、ユニオンジャックを外すことが先決となるでしょう。
また、やはりどうしてもオーストラリアと間違えられがちな現行デザインは国際社会においては何とも微妙です。
compare-with-threeflags

上記画像は左がイギリス、右上がニュージーランド、右下がオーストラリアですね。
見分け方としては星が4つで赤いほうがニュージーランド、星が6つで白いほうがオーストラリアというのがわかりやすいと思います。
しかしながら大半の人は間違えますね、僕も最初は間違えていたというか違いが説明できませんでした。
あまり詳しくない第三者から見てもわかりやすいというのはやはり求められるでしょう。ましてや隣国の旗同士が酷似していればなおさらです。

同じような歴史をたどった国としてはカナダがその例です。
201502160600500db

現在のカナダは上記のデザインですが、こちらは1965年に議会によってこの国旗が採択されました。
目的については諸説あり、旧国旗のデザインがやはり他の旗と酷似しており紛らわしい、英国植民地イメージからの脱却など、ニュージーランドと状況が一致しています。
ちなみに下記の画像が旧カナダ国旗です
507e71a5

この国旗変更の計画も1925年から始まり、採択が1965年ですから40年かけて国旗の制定を行っているのです。
ですからニュージーランドもこの1回だけの投票にとどまらず今後も国旗変更の議論は行われていくのではないかと考えています。

もちろんいままで使われていたことで愛着がある、女王陛下への敬意の表れとしてのユニオンジャックだ、などの様々な意見はあります。
カナダでも未だにケベック州の地域ではデザインについてもめているように
万人に受け入れられるものというのは非常に難しいです。

僕の持論としましては新しく制定されたもの、大きな変更を行った何かの良し悪しの判断というものは歴史が下すと考えておりますので
ただただ傍観者としてこの議論を注視していこうと思います。