Blog

キャラメル味が人気!フレーバーティーにはどんな味があるの?

キャラメル味が人気!フレーバーティーにはどんな味があるの?

  |   フレーバーティーについて

フレーバーティーとは、紅茶をベースに花びらや香料、果皮などで香りをつけた飲み物を指します。

花びらや果皮以外にも、キャラメルやチョコレート、
ココナッツなどの香りのついたフレーバーティーもあります。

また、有名なアールグレイは、柑橘類のベルガモットで香りをつけたフレーバーティーとなります。

そこで、ここではキャラメルティーとチョコレートティー、
ココナッツティーの味と香り、美味しい飲み方について紹介します。

キャラメルティーは紅茶にキャラメルの香料がミックスされたもので、
コクの有るキャラメルの、甘く香ばしい香りが特徴です。

そのままストレートティーとしてもおいしく飲めますが、ミルクティとして飲むと更にコクが増します。

また、ケーキなどのお菓子にも合うフレーバーティーとなります。

一方のチョコレートティーは、紅茶の茶葉にチョコレートの香りが付いたものとなります。

その香りは紅茶でありながら、チョコレートの濃厚な甘い香りが特徴となっています。

香りは濃厚でありながら、実際に飲んでみると味はさっぱりとしています。

チョコレートティーは、ストレートティーとして飲んでも良いですが、
濃い目にチョコレートティーを淹れ、ミルクを多めに入れるとココアのような濃厚な味わいになります。

ココナッツティーは、紅茶にココナッツの香りをつけたもので、甘い南国の香りが特徴です。

優しい味わいが特徴で、さわやかな甘い香りがリラックスさせてくれるものとなります。

ココナッツのフレーバーティーは、手軽に楽しめるティーバッグとしても売られていますが、
近年ブームとなっているココナッツオイルを紅茶に加えることで、
簡単に作ることができるものとなります。

また、そこにミルクを加えるとコクが増します。

これら以外にもフレーバーティーには、フルーツフレーバーのものが様々あり、
アップルティーをはじめ、ストロベリーティー、ピーチティーなどがあります。

アップルティーはりんごの香りをつけたものとして販売されていますが、
皮をむかずにスライスしたりんごに熱い紅茶を注いでも作ることが出来ます。

ストロベリーティーもティーバッグなどとして市販されていますが、
スライスしたいちごに熱い紅茶を注いで作ることができるものとなっています。

ピーチティーはペットボトル飲料などとして売られていますが、
スライスした桃に熱い紅茶と、シロップを適量加えることでも作れます。

ピーチティーには、ミントを加えたピーチミントティーや、
ミルクを加えるなどの楽しみ方があります。

Tea Totalのフルーツティーはドライ加工された天然のフルーツを
ふんだんに利用しているものなので、
フルーツを、、という方にはオススメのティーと言えるでしょう。

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら

ニュージーランドから直輸入の抗菌力もあるマヌカハニーは、こちら