Blog

【美肌効果】ハーブでもローズヒップが選ばれるワケ

【美肌効果】ハーブでもローズヒップが選ばれるワケ

  |   ハーブについて(種類別)

女性が美しさをキープするには、日々のスキンケアや食事、運動など、
様々なことに留意して生活するのが大切ですね。

特に、ビタミンなどの栄養素を効果的に摂取するというのは、
美肌や美しいスタイルを保つために欠かせないことです。

そうした中、人気のハーブといえば、ローズヒップでしょう。

ローズヒップは、バラの実の部分です。
種類としては、ロサ・カニナという品種(ドッグローズとも)になりますが、
この実の部分をハーブティーなどに利用します。

それ以外にも、この実から採ったオイルを美容オイルとしてスキンケアに使うこともポピュラーです。

人気の理由は、そのビタミン含有の多さです。

美肌、特に美白に効果があるとされるビタミンとしては、
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンP、の三つが挙げられます。

ビタミンPというのは、ポリフェノールの一種で、へスぺリジンといえばピンとくる方も多いでしょう。

これら三つのビタミンを多く含んだローズヒップは、美白のハーブとして人気が高いのです。

三つのビタミンが同時に体内にあることで、それぞれの働きを高め合う、相乗効果が生まれます。

美白以外でも、ビタミンCはコラーゲンの生成に大きく関与しており、
このコラーゲンは肌のハリを保つ役割があります。

ビタミンEは、水分を保つのに重要で、肌の酸化物質を排泄してくれるとされます。

ビタミンPはこれらを熱から守る働きをし、ティーで飲むときにもビタミンが壊れにくいというわけです。

おススメの摂り方は、ティーを飲んだ後の「出がらし」まで食べてしまうことです。

ビタミンが全てティーに溶けだすわけではないので、
出した後の実まで食べることで、無駄なく摂取することになります。

この「出がらし」は、そのままではちょっと食べにくいかもしれません。

そうした場合には、ハチミツをかけて召し上がってください。

また、ローズヒップ単独よりも、他のハーブとブレンドすることで美味しく頂けます。

特に相性が良いのは、ハイビスカスです。

その他、ローズヒップを使ったシロップやジャム、ビネガーなどを作り置きしておくのも良いでしょう。

市販のローズヒップは、熟した実を乾燥させ、カットしたものがほとんどです。

最後まで食べることを考えると、カットが細かいものの方が良いかもしれません。

有機栽培ものや野生品種ものなどがありますが、味の良さでは、
やはり野生品種の方が勝っているような印象を受けます。

もちろんこれは、個人の好みにもよるでしょう。

美肌効果を最大限に持ち合わせているローズヒップは
水筒などに入れて毎日、飲む「常備ティー」にしたいくらいの
優秀なティーだと思います。

皆さんも「綺麗」のためにローズヒップティーを始めてみてはいかがでしょうか?

⇒ ニュージーランドから直輸入のローズヒップは、こちら

⇒ ニュージーランドから直輸入のハイビスカスは、こちら

photo by demandaj