Blog

第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2016に行ってみた

  |   その他, ヤスブログ

こんにちは

 

年2回開催されている東京ギフトショーに行ってみたました

ギフトショーとは色んな業種の総合見本市で

同時開催の「グルメ&ダイニングスタイルショー」に一度は出店を考えて

その下見と他の企業の市場調査も兼ねての参加でした

 

2月3日~2月5日の3日間の開催でした

初日からの朝一から快晴と良い感じの出だしでした

会場1

会場は東京国際展示場(東京ビックサイト)です

逆三角形が有名ですね

会場2

展示会場は広くビックサイトの展示ホールが全てギフトショーの主催貸し切りです(同時開催のイベント含む)

※東ホール1~6と西ホール1~4(東の1ホール広さは約90m*90m)

看板

意気揚々で会場の受付に向かったのですが

受付が長蛇の列!!最後尾に並んで待つこと30分

受付12個受付がある中の一つで言われた衝撃的な一言

『この招待状は3ホールの招待状になりますのでそちらに行って下さい』・・・?!

同じギフトショー受付が違うとのことで再度並び直し(´;ω;`)

3ホールの受付に並び更に30分

やっとこさ、会場内に入ることが出来ました(笑)

 

会場内は基本撮影禁止でしたので写真が撮れませんでしたので

ザックリした様子のみを記載させて頂きます

 

【3ホール】

・食品・フードエリアは、基本日本各地の物産展のようなもでした

地方の名産の新製品や目玉商品が現地の企業様が頑張って宣伝していました

※ゆずの製品が多かったような印象とお酒は日本酒が多かったのと思います

 

・食品輸入製品のエリアは、思った小さくドイツ・イタリアワインのセールスをしてました

 

・海外の輸入品エリアは、中国と韓国の出展者で固まっていました

布製品がほとんどでしたが

アニメ・漫画の著作権は大丈夫なの?って製品が多く見られました

後は、バック(リュック・ショルダー・ウエスト)や傘の出展者が目につきました

 

個人的に目ぼしいのが1箇所耐熱ガラスの製品を扱っているところがあり

結構おシャレティーポットが目を引きました

 

【2ホール】

ディズニーを中心にキャラクターグッズ系の出展者で固まっているエリアでした

ディズニーは人気で絶えず人が入ってました

他には、キティやリラックマ・ウルトラマンなどメジャーなキャラクターから

アトム・ブラックジャックなど手塚治虫先生の物まで広くありましたね

 

【1ホール】

文具等雑貨・子供用品・ベビー用品のエリアでした

 

【4ホール】

家具・ステンドグラス証明などを扱っているエリアで

量販店などでは、見られない一品を見れてなかなか面白かったです

 

【5ホール】

日本の工芸製品のエリア

ガーデニングに関するエリア

お香やアロマなどの香りのエリア

で興味がある人はとても楽しめるエリアだと思いました

 

【6ホール】

海外の輸入家具などのエリアで

目につく一点物など見てるだけでも面白いエリアでした

今回目についた1点物とは、動物ぬいぐるみですが

問題はその大きさです、原寸大?高さ4.7mのキリンのぬいぐるみには驚きました

 

【西1~4】

美容品のエリア

ジュエリーなど装飾品のエリア

地方観光品のエリア

タイルなどの家具まではいかないまでの家の装飾品のエリア

主に女性向きのエリアでした

 

ザックリと全エリアの内容を書きましたが

これは行ってみないと感じられない面白味だと思います

 

しかし、問題もあり

問題は会場が広いということです

1日じゃ到底見切れません

無理してみようとすると流し見になってしまうことや

歩き詰めで大変疲れてみるのも疎かになってしまいます

もし、参加に興味がある場合は

行きたいエリアを事前に決めていくか

複数日に分けてゆっくり見ることをおススメします

※1日中(約7時間)歩いてみても見切れませんでした(笑)

 

次回の開催は、9月7日~9日の三日間です

招待性の企業向けのイベントなので

興味があるある方は、招待状請求をしないと入れませんが

一度は見るだけでも面白いイベントだと思います