Blog

アールグレイにぴったりな柑橘系フルーツを使ったスイーツレシピ

アールグレイにぴったりな柑橘系フルーツを使ったスイーツレシピ

  |   ティーとお菓子について, 紅茶について

グレープフルーツを使ったタルト

 

紅茶の代表格とも言えるアールグレイには、柑橘系フルーツが良く合います。

柑橘系フルーツはグループフルーツやオレンジ、レモンなど酸味を伴うフルーツで、
同じ柑橘類であるベルガモットの香りが漂うアールグレイとの相性が抜群なのです。

アールグレイとともに食べたい柑橘系フルーツを使ったスイーツの一つに、グレープフルーツのタルトがあります。
つくり方は、まずタルト生地を作るために薄力粉100g、バターと砂糖を50gずつ、
アーモンドプードル20gと卵一個を用意し、溶かしたバターに砂糖と卵を加えて混ぜ、
滑らかな状態にしてから小麦粉とアーモンドプードルをふるいます。

ヘラで混ぜて生地をまとめ、麺棒を使って厚さ5mmほどに引き延ばします。

四角い型に入れて、180度に予熱したオーブンで30分焼けばタルト生地が完成します。
このタルト生地に固めのカスタードクリームを入れて、カットしたグレープフルーツを載せれば完成です。

グレープフルーツにナパージュを塗ると果肉がきらきらと輝いて見栄えが非常に良くなります。

また、ナパージュを塗らずにグレープフルーツをバーナーであぶり、アップルワインを少量かけると大人の味になります。

 

オレンジを使ったスコーン

 

紅茶のお供と言えばスコーンです。

柑橘系の中でもオレンジを使ったスコーンは珍しく、つくり方を知っているとホームパーティなどで役立ちます。

用意する材料は大きさや個数によって異なりますが、
一般的な大きさで8個から10個作るのであれば薄力粉200gにベーキングパウダー2gと砂糖30gを混ぜて、
溶かしたバター50gと一緒に牛乳60ccを徐々に加えながら混ぜ合わせます。

牛乳を全部入れたら、オレンジピール50gとクリームチーズ50gを加えて軽く混ぜます。

オレンジピールとクリームチーズは形が残る程度の大きさに切っておきます。
ここまでで出来た生地をカップ形状の型に入れて、
200度に予熱したオーブンで25分焼けばちょうど良い固さのスコーンが完成します。
このレシピのポイントは、生地を作る際に混ぜすぎないことです。

ハンドミキサーは使用せず、ヘラを使ってざっくりと切るように混ぜ合わせていきましょう。

また、砂糖の量を調節すれば好みの甘さに仕上げられます。

濃いアールグレイと合わせて食べるなら、甘めにすると紅茶のほどよい渋みとオレンジの酸味、
そして砂糖の甘さが調和して多くの人の好みに合うはずです。

 

スダチやレモンを使ったスイーツ

 

柑橘系のフルーツは、他にも多くの種類があります。徳島原産のスダチを使ったスイーツもアールグレイにぴったりです。
溶かしたバター50gに砂糖50gをよく混ぜておき、
そこにヨーグルト100gを入れてさらに混ぜ合わせます。

そこにスダチ1個分の果汁を搾り、薄力粉150gをふるって入れます。

固くならない程度に混ぜたらケーキの型に入れて170度に予熱したオーブンで30分じっくりと焼き上げれば、
スダチ入りのすっきりとしたマフィンケーキのできあがりです。

食べるときはカットしたスダチのスライスを乗せるとより柑橘系の香りを楽しめます。
柑橘類として最初に連想することも多いレモンを使って、爽やかなレモンクッキーを作ることが可能です。

ボウルに溶かしたバター50gと砂糖80gと卵1個、そしてレモン1個分の果汁を入れてしっかりと混ぜておきます。

続いて薄力粉200gを加え、ざっくりと混ぜて棒状に形作ります。

上手にまとまらない場合は牛乳を少量ずつ足していきます。

そして1時間ほど冷凍し、包丁で丸くカットして170度に予熱したオーブンで
15分焼けば爽やかな風味が楽しめるレモンのアイスボックスクッキーの完成です。

 

文章で見ると難しそうに感じますが、
比較的、簡単に作れるのでアールグレイと共に相性の良いスイーツ作り、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

Tea Total- ティートータル

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら