Blog

チェイサーのお水代わりに水出しや氷出しのアイスティーがおすすめ

チェイサーのお水代わりに水出しや氷出しのアイスティーがおすすめ

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

お酒と共に出てくる「チェイサー」とは?

 

バーなどへ行って度数の高めなお酒(ウイスキーなど)を頼むと、
よく「チェイサーはいかがいたしますか?」と聞かれる時があります。

この時、常連さんやお酒に詳しい方でないと、戸惑ってしまうことが多いと思います。

ウイスキーなどを注文した際によく聞かれるチェイサーとは、
アルコール度数の高いお酒と共に飲む水のことです。

チェイサーとは「追う」という意味があり、
お酒を飲んだ後に度数の高いアルコールによって舌が麻痺することがあり、
味覚を正常に整えるために飲む水をこのように呼ぶのです。

また、アルコール度数が高いお酒を飲むことで内臓にも大きな負担をかけることになり、
胃の中のお酒の度数を下げて内臓への負担を和らげるためにこの水を飲むことも有効とされています。

お酒が好きな方の中には、一つの種類のお酒をブランドごと、
また年代ごとに少量ずつ飲んでそれぞれの風味を楽しむ方も多くいます。

そうした場合に、お酒とお酒の間にこの水を飲むことで、
舌に残った前のお酒の味を消してすっきりとさせた上で、次のお酒を楽しむという方もおり、
この水は様々な用途・目的があるものなのです。

では、チェイサーとして飲む場合は水でなければならないのでしょうか?

 

チェイサーは水以外ではいけない?

 

一般的にチェイサーとしてお酒と共に提供されるのは水が多いですが、
これに決まりはなく水以外の飲みものでも構いません。

そのため、自分の好みの飲み物を頼むことも可能です。

そのため、注文したお酒よりもアルコール度数が低ければ、それがお酒であっても良いということです。

色々な飲み物がありますが、お酒のお共にはそのお酒に合ったものを選ぶのが良いです。

例えば、アイスティーは水の代わりとして最適です。

ちなみに、お酒の後に飲むこの水は、
バーによっては氷の入った冷水が出されることがよくありますが、
プロのバーテンダーやソムリエなどが、お酒を作ったりテイスティングする場合には、常温の水を使用します。

これは、氷などで冷えた水を飲むことで舌まで冷えてしまい、肝心な味覚が狂ってしまうため常温の水を使用します。

水の代わりに水出し(暑い日には氷出しでも可)アイスティーを使用することで、
特にウイスキーなどでは風味を殺さずにお酒にコクと軽い渋みを与えることができ、
より大人なウイスキーに変化させることができます。

アイスティーならば、ウイスキー以外のお酒でも相性が良いので気分を変えたい時などに選ぶと良いでしょう。

 

お酒の味でアイスティーを種類を変えてみるのも良い

 

チェイサーとしてアイスティーを選択する場合、お酒の味によってその種類も変えてみるのも楽しいものです。

例えば、甘い香りのするラム酒にはニルギリやアッサム、ダージリン、アールグレイなどがおすすめで、
特にホワイトラムにはニルギリが良く合い、ダークにはコクのあるアッサムとの相性が抜群です。

ブランデーにはダージリンが良く合い、リンゴから作られるカルバドスにはアップルティーが良く合います。

また、サクランボのお酒キルシュワッサーには、すっきりとしたダージリンやキームン、ニルギリなどと相性が良いです。

アイスティーは意外にも様々な種類のお酒と相性が良く、ここで紹介した以外にもまだまだたくさんあります。

そのため、チェイサーとして飲むアイスティーにおいても、
お酒の種類を変えるごとにその種類を相性の良い種類へと変えてみることで、
お酒の後味を消すことなく風味をいつまでも楽しむことができて楽しいでしょう。

一般的にはお酒の味を変えることが無いようにとチェイサーとして水が出されることが多いですが、
アイスティーであればホットのように香りが漂うことが無いため、お酒の残り香を楽しむことができます。

一度試してはいかがでしょうか?

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら