Blog

いつもの紅茶に少しリキュールをたらすだけで驚きの変化が!

いつもの紅茶に少しリキュールをたらすだけで驚きの変化が!

  |   ティーとお酒について, フレーバーティーについて, 紅茶について

ほんの少しのリキュールが紅茶をより華やかに

 

紅茶文化であるヨーロッパ、特に北欧の地域では、
紅茶にスピリッツやリキュールなどのお酒をほんの少しを入れる飲み方が珍しくありません。

寒い冬にはホットティーに香りの高いお酒を合わせることで香りが増し、
逆に暑い夏は、ライチやマンゴー、ピーチのようなフルーツリキュールとアイスティーを合わせることで
茶葉の爽やかな風味が引き立ち、とても爽涼感あふれるティーカクテルが作れます。

紅茶と合わせるお酒に特に決まりはありませんが、
スピリッツやブランデー・リキュールなど、雑味の少ない蒸留酒を用いる方が紅茶の風味を損なうことがないので一般的です。

紅茶にお酒というと顔をしかめる方もいらっしゃるかも知れませんが、
お酒でなくてもアップルティーやライチティーがあることを考えると、
紅茶の香りにフルーツやハーブのフレーバーがよく合い、
紅茶だけを味わうのとは一味違った楽しみ方が出来るのは納得していただけると思います。

また、紅茶の茶葉にもダージリンやアールグレイ、アッサムティーやセイロンなど様々な種類があり、
それぞれに風味やクセが違いますので、茶葉とお酒の組み合わせを変えてみることで、
自分だけのオリジナルカクテルレシピを作ることも楽しみの1つではないでしょうか。

ホットティーとアイスティー。それぞれのティーカクテルの作り方

 

ホットティーの基本的なレシピは、
先にティーカップの中にザラメ糖(または砂糖)とお酒小さじ1〜2杯を入れ、その上から熱い紅茶を注ぎます。

すると紅茶の熱で温められたお酒が揮発することで薫りが強く引き立ち、
その薫りが紅茶の香りととけ合うことで渾然一体となった得も言われぬ風味を醸し出します。

茶葉には体を温める作用もあるので、手足の冷えを癒やす目的でホットティーカクテルを飲まれる方もいるようです。

 

逆に、暑い夏にはアイスティーカクテルを。

アイスティーでカクテルを作る際は、先にアイスティーを作り、その上からお酒を注いで混ぜあわせます。

冷たい飲み物では風味を感じにくくなるので、お酒の量はホットティーカクテルよりもやや多めにする方が良いでしょう。

目安としては小さじ2〜3杯ぐらい。

砂糖を入れる量は好みにもよりますが、こちらもホットより少し多めにした方が美味しく仕上がります。

甘酸っぱいライチリキュールやマンゴーリキュールを使うと爽涼感が更に増し、
口当たりの良いさっぱりとした風味が味わえます。

紅茶の色合いも美しく、パーティーやコース料理のアペリティフ(食前酒)にもよく映えます。

アルコールが苦手な方にもおすすめです。

 

茶葉とお酒の組み合わせを楽しむ

 

アッサムティーやセイロンティー・ダージリンなど、紅茶の茶葉にも色々な種類があり、それぞれに個性があります。

この個性を活かしてオリジナルの組み合わせを考えるのも、ティーカクテルの楽しみ方の1つです。

たとえば、マンゴーリキュールやピーチリキュールのような甘みの強い果実系リキュールと、
個性のあるアッサムティーやアールグレイティーを合わせると、
果実の甘みがより複雑に感じられ、糖度も高いのでコクのあるティーカクテルが作れます。

ブランデーのようにアルコール度が高く、香りが高いお酒と合わせるのなら
ダージリンで受け止めて、より風味豊かなティーカクテルを。

など、基本的に相性の良い組み合わせというものはありますが、それらに縛られる必要はありません。

お酒もフルーツリキュールやスピリッツだけでなく、
ブランデー・ウイスキーやワインなど様々な種類があり、それぞれの個性があります。

例えば、シードル(リンゴを漬けて作るアルコール飲料)を使うと、
シードルの微発泡性が活かされたスパークリングワインのようなティーカクテルが作れます。

自由に組み合わせて楽しめれば良いのです。

いつも飲んでいる紅茶にほんの少しお好きなリキュールを垂らしてみれば、その変化にきっと驚かれるはずです。

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら