Blog

ロシアンティーにはロシアンウォッカが一番合います!

ロシアンティーにはロシアンウォッカが一番合います!

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

ロシアと紅茶の利便性

 

オシャレな飲み方として人気のロシアンティーですが
実はロシアンティーというとイギリスでは「レモンティー」を指し、
この由来はビクトリア女王がロシアに嫁いだ孫娘に会いに行った際に
レモンを浮かべた紅茶が出されたからだそうです。
一方、日本では「ジャム入り紅茶」を指します。

そんな紅茶文化の国ロシアではサモワールと呼ばれるロシアならではの湯沸かし器で淹れた紅茶を
ジャム(正式には砂糖で果物を煮たヴァレニエ)や
ハチミツを舐めながら香りを楽しみつつ飲むのが本当のロシアンティーで
直接、溶かして飲むことはしないようです。

しかし、風邪をひいた際にはラズベリーヴァレニエ入りの紅茶を飲むという民間療法もあるので
日本式の飲み方も間違いではなさそうです。

また紅茶の消費が一番多いのはアフタヌーンティーのイメージでイギリスかと思いきや
ダントツでロシアだそうで、極寒の地ロシアで多く飲まれているのには理由があり
実は紅茶は発酵食品でもあるため体を温める効果がとても高く、
その上、保温効果もあることから果物の栄養と糖分と合わさることで
更に寒い時期の風邪予防に効果的な飲み物になります。

このように理にかなったロシアの紅茶文化ですが、
それを参考に冬場の代謝アップや冷え性解消に紅茶をどんどん活用していきたいものです。

 

本場のロシアンティーの淹れ方

 

体が温まるウォッカを使った本場のロシアンティーの淹れ方は、
用意するもの

茶葉(ジャワやニルギリなどでも)5グラム

熱湯を300cc

ジャム(ロシアでは砂糖で果物を煮たヴァレニエを使います)50g

ウォッカ適量

で淹れる事が出来ます。

まずは温めたポットに茶葉を入れて、熱湯を注ぎふたをします。
(ロシアではサモワールという金属製の湯沸かし器を使用します)

そのまま3分蒸らし、その間にジャムをウォッカで練り混ぜます。

次に茶葉が蒸らし終わったら、茶こしを使いあらかじめ温めておいたティーカップに紅茶を注ぎます。

そして、仕上げは紅茶の入ったティーカップの横に練ったジャムを添えて完成です。

これを飲む際に舐めながら飲むのが本来のロシアンティーで、
家庭によってはハチミツと赤ワインを練り合わせる家庭もあるそうで、
ほかにもロシアでは紅茶にコニャックを入れて飲むという方法もあり、
紅茶とお酒の組み合わせはとてもレパートリーが多いそうです。

また、一緒に味わいたい食べ物としてはブリヌイと呼ばれるロシア版クレープがあります。

これはクレープとパンケーキの間のような生地にサワークリームやサーモン、
イクラなどを載せて食べたり、ヴァレニエをかけて食べるのですが紅茶にもとても合います。

 

ロシアンティーに入れるウォッカについて

 

そもそもウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦、ジャガイモなどを原料として糖化させ発酵、
蒸留して作られた日本でいう焼酎のようなスピリッツに属します。

種類としてはロシアンウォッカ・ヨーロピアンタイプ・アメリカンタイプとあり
日本で一番有名なのは「ストリチナヤ」や「スミノフ」ではないでしょうか?

このお酒は一般的にはアルコール分がとても強いく中には98度というアルコール度数のものもあります。

これをロシアでは小さなショットグラスのようなグラスに注ぎ
一気に飲み干すのが一般的ですが他にもカクテルベースとしても使用されます。

このウォッカの始まりは一説によると12世紀にロシア人がハチミツのお酒を飲んでいたそうで、
その後15世紀になり蒸留の技術が伝わりハチミツのお酒を蒸留した物が作られたのが始まりだと言われています。

そして、この蒸留酒が「ジーズナヤヴァダー(生命の水)」と呼ばれ、
ヴァダーが後にvodlka(ウォッカ)と呼ばれるようになったそうです。

お勧めのウォッカのおつまみはというと、なんといっても「ザクースキ」です。

これはピクルスや燻製ニシン、豚脂、キャビア、塩漬けキュウリや
ジャガイモなどを盛り合わせたオードブルの事でお酒の席で最もポピュラーです。

ロシアの食文化にも触れながら、ロシアティーを楽しんでみても優雅なひと時を過ごせそうですね!

 

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら