Fair Tradeについて

A note on Fair Trade.

While we do not advertise our products as Fair Trade, we buy our breakfast blends and some traditional black and green teas direct from the tea estates in India, Japan and Sri Lanka.

There are no middle men involved and while we pay what for us is a good price, it is far in excess of the amount they would receive from giants such as Liptons or Twinings.

Workers are unionised, they work eight hour days, five days per week, receive free housing, electricity, schooling and medical clinics. Because of these conditions, positions are much sought after and often handed down within families.

We don’t have the Fair Trade label but I can personally guarantee the teas above are more than fairly traded.

フェアトレードとは

私たちティートータルは、ブレックファーストブレンドといくつかの伝統的なブラックティー、グリーンティーなどをインド、日本やスリランカの茶園から直接購入していますが、これまで私たちは商品をフェアトレードとして宣伝していませんでした。

これら茶園との直接取引き購入の間には仲介役はいません。
そのため、私たちは良い価格を何に支払っているか明確にわかります。茶園が受け取る私たちが支払うそれらの金額はリプトンやトワイニングのような巨大な企業から受け取る金額をはるかに超えています。

そして、茶園の労働者は労働組合に加入し、1日8時間労働、週5日、そして社宅を含む住まい、電気、学校や診療所を無料で提供されたり受けられます。これらの状況から、求人状況は需要に溢れ、そして多くの家族持ちの人が求人を勝ち得ています。

私たちは宣伝のためにフェアトレードと明記していません。しかしながら、上記のお茶(茶葉)が公正に取引されている以上のものであることをティートータルは個人的に保証することが出来ます。

※フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」を いいます。
Fairtrade Label Japanより引用

これらフェアトレードは日常的に消費されるものを対象として国際フェアトレード認証が定めています。
スリランカやインドの茶園はイギリスの植民地時代に作られたものが多く、茶園の労働者に支払われる低賃金や劣悪な労働環境は問題になっていましたが、近年の茶葉の価格の下落によりさらに悪化している状況が背景にあります。

これらの状況をメーカーは、フェアトレードで適正な賃金を提供、労働環境を改善に取り組みます。
特に弱い立場にある生産者や労働者と公平な条件下で国際貿易を行い、彼らの権利を守ることにより持続的な発展、生産者の支援、啓発活動や従来の国際貿易のルールと慣行を変える運動に繋がります。
これらの行動は、購入者であるメーカーや消費者がそれらを支えることとなるのです。

国際フェアトレードネットワークより解釈

4leaves(大洋州貿易)もまたティートータルのフェアトレードの取り組みにも惹かれ日本向けに輸入を行なっています。