Blog
【便秘対策】腸環境に悩む前にハーブティーを摂取して!

【便秘対策】腸環境に悩む前にハーブティーを摂取して!

  |   ハーブティーについて

便秘を治す上で、食生活を改善することも大切ですが、
実はもっと簡単に対策をとることができます。

腸内環境に悩んでいる人は、ハーブティーを摂取するのがおすすめです。

なぜ、ハーブティーが腸内環境の改善によいのか?
ですが、まず、水分が摂取できるという点にあります。

これは、どの飲み物でも共通のことですが、水分を摂取しないと便が硬くなってしまい、
外に排出することができなくなってしまいます。

また、水分が足りないと血液がドロドロになってしまい体の新陳代謝も低下してしまい、
老廃物などを外に出す働きが鈍くなってしまいます。

こういったことから便秘になってしまうので、食事の時などに十分な水分を摂取することが大切です。

ハーブティーに含まれるハーブには腸内環境を整える様々な成分が含まれています。

ハーブティーの中でも有名なカモミールティーには胃腸の炎症を抑える作用があります。

ストレスを取り除く効果があるので、便が排泄されやすくなり、
また、食物繊維も含まれているので、腸の中を掃除してくれる働きもあります。

ローズヒップティーには、ビタミンCが非常に多く含まれており、
腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

腸内の善玉菌が増えれば、便を柔らかくしてくれるので、排出しやすくなります。

フェンネルティーには消化不良を改善する働きがあり、
食べ過ぎや飲み過ぎのあとに飲むことで、消化の手助けをしてくれます。

しっかりと消化をすることができれば、便もやわらかくなります。
また、食べ過ぎた時特有のお腹の張りや気持ち悪さを取り除いてくれる働きもあり、
ガスの排出も手助けしてくれるので、便秘対策においては非常に効果の期待される飲み物です。

ハーブは単体でも十分効果を期待することができますが、
いくつかのハーブをブレンドさせることによってさらなる効果が期待できるようになります。

例えば、慢性的な便秘に悩んでいる方は、レモンバームとローズヒップを合わせて作るのがよいです。

ガスがたまっているタイプの方は、カモミールとフェンネル、
そしてアニスシードというハーブを合わせるのがよいです。

ハーブティーは毎日飲み続ける必要はありませんが、
なるべく定期的に飲むようにすることが大切です。

食事のあとのリラックスタイムなど飲むタイミングを決めておくことで、
習慣的にハーブティーを飲むことができるようになります。

好き嫌いが分かれる飲み物なので、いくつかのハーブを試してみて
また、ミルクやフルーツジュース、ハチミツや砂糖などを入れたり、
アールグレイなどの紅茶とブレンドしたり、様々なハーブ同士をブレンドしたりと、
自分に合うものを楽しみながら見つけティーライフを満喫してみてはいかがでしょうか?

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら