Blog
砂糖なしで糖尿病を防ぐ!ブラックティーと健康

砂糖なしで糖尿病を防ぐ!ブラックティーと健康

  |   紅茶について

ブラックティーとは、ダージリンやアッサム、セイロンにルワンダ、タンザニアにケニアなどから採れた
紅茶の茶葉をそのまま楽しむ紅茶のことをいいます。茶葉本来の味や香りを楽しむ飲み方です。

紅茶の本場であるイギリスは、日本などとは水質が異なるため、
紅茶を入れるとタンニンが出た黒っぽい水色になるためブラックティーと呼ばれています。

さて、糖尿病を防ぎたいなどの健康に気を使っている場合、
砂糖を入れずにストレートに飲むことをおすすめします。

ブラックティーはダイエットにも効果的な飲み物で、
紅茶に含まれる「紅茶カテキン」には、糖分を分解する酵素があり、
カフェインには脂肪を分解する作用や脂肪を燃焼する作用などがあるため
ダイエットには最適な飲み物とも言えるのです。

具体的な成分としては
紅茶カテキンと紅茶フラボノイドの働きによるもので、
抗酸化作用や血中コレステロールの抑制、血糖値上昇を抑えたりするなどの効果があります

糖尿病を予防する効果だけではなく、
ほかの健康効果にも期待することができ、
カルシウムやカリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシンなどのビタミン類や
ミネラルが含まれているため新陳代謝を整えて成長をサポートする作用があります。

紅茶に含まれるテラフラビンやカテキンには、殺菌作用があるため、
風邪やインフルエンザウイルスの活性を抑制する働きがあり、感染を防ぐ効果があります

これは細胞がウイルスに感染してしまっても増殖を抑える働きがあります

また、体を温める作用もあるため、冬や冷え性の人などには効果的な飲み物です。

タンニンには歯を強くするフッ素が含まれており、
殺菌作用や消毒作用と合わさることによって虫歯の原因である
歯垢や雑菌を防ぐ働きもあるとされています

ダイエットを行っているため、
甘いものは食べられないがどうしても甘いものが飲みたいと言う場合には、
ブラックティーにカロリーの高い白砂糖ではなく、
やはりハチミツやオリゴ糖を入れて飲むことをおすすめします。

また、痩身効果や体ををより温めたいという場合には、
しょうがを組み合わせることが良いとされています。

しょうがの辛み成分の働きで血行が促進され体温が上がり、
体温が上がることで内臓の働きが活発になって消化能力が高まる上に、
脂肪を燃焼しやすく太りにくい体質を作ることができるのです。

作り方は簡単で、ブラックティーに
ティースプーン1〜2杯程度の擦り下ろしたしょうがを入れるだけの
簡単レシピとなっています。

砂糖だけでなく、いろいろなレシピがありますので、
一度、試してみてはいかがでしょうか?

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら

ニュージーランドから直輸入の抗菌力もあるマヌカハニーは、こちら