Blog
ミントポリフェノールの効果!ハーブ・ペパーミントが今注目されているワケ

ミントポリフェノールの効果!ハーブ・ペパーミントが今注目されているワケ

  |   ハーブについて(種類別)

シソ科でハッカ属の多年草植物であるペパーミントは、
国内ではセイヨウハッカと言われることもあるハーブのひとつです。

そして、ウォーターミントとスペアミントの交配種が、ペパーミントです。
(ペパーミント系と、スペアミント系が、ミントにはあります。)

ほんのりと甘い香りが心地よいのは、スペアミントになり、
メントールを含む量が多いのは、ペパーミントです。

ペパーミントでには、ミントポリフェノールが含まれており、これが注目を集めています。

ポリフェノール成分であり、アレルギーなどの緩和に役立つ効果があるとわかったのです。

国民病とも言われるようになった、花粉症にも効果があるとして、関心を持つ人は増えています。

実は今までは、香りの成分を抽出したら、葉はそのまま捨てられていました。

しかし、そこにこそ重要な成分があったのです。

今まで、破棄されていた葉っぱには、ポリフェノールの有効成分が発見されたのです。

それが、ルテオリン-7-O-ルチノサイドという成分です。

作用としては、鼻に感じる粘膜の腫れの症状も、抑えるといった作用があります。

ミントであってもクールミントや、スペアミントなどには、ほとんどこの成分は含まれてはいません。

ミントポリフェノールの成分は、性質的にも水に溶ける物質です。

そのため摂取するには、お茶にして取り入れるのが良い方法となります。

お茶にすれば香りもありますから、より効果が期待できます。

ロイコトリエンやヒスタミンなど刺激細胞を持つ肥満細胞に、花粉症であればその花粉が反応し、
肥満細胞より、それらの刺激物質は、放たれることになります。

それが、目のかゆみやくしゃみ、鼻水とか鼻づまりなどの症状を引き起こします。

このミントポリフェノールの成分は、ロイコトリエンやヒスタミンが放たれるのを、
その前に押さえる働きがあると考えられており、
実験においては、飲む始めてから、しばらくして症状にも変化が出たと言われています。

変化が出たのは、2週間から3週間の期間であったため、花粉飛散前からの摂取がよいでしょう。

ペパーミントは、花粉症を予防し、改善する効果がありますから、
毎年花粉に悩まされている人であれば、トライしてみる価値はあるでしょう。

ペパーミントティーにすることによって、手軽に香りを楽しみながら摂取することができます。

すがすがしい香りを楽しみながら、アレルギーの予防や改善ができるのは、まさに一石二鳥です。

ペパーミントは、精神を安定させたり、美肌効果もありますので、
三石4鳥にも成り得ます。

花粉症をお持ちのかたは、ぜひ、生活の中に取り入れてみてほしいハーブです。

photo by foshydog

⇒ ニュージーランドから直輸入 ペパーミントをブレンドした、デトックスティー は、こちら