Blog
風邪のひきはじめに……ハーブ「レモンバーム」が健康に良い理由とは?

風邪のひきはじめに……ハーブ「レモンバーム」が健康に良い理由とは?

  |   ハーブについて(種類別)

レモンバームとは・・・

レモンバームは人気があるハーブの一つです。

「バーム」という名は、バルサム(香膏の意)を縮めたもので、

『レモンように香る固体』から来ています。

レモンバームは別名「メリッサ」とも呼ばれます。

メリッサは、ミツバチの意味でレモンバームの花に

ミツバチが好んで集まることから呼ばれるようになりました。

レモンバーム人気の理由の3つ

人気の理由はいくつもありますが、

大きく分けて3つに

1つ目は、栽培が簡単なこと

生育が早く、比較的寒さ暑さにも強く丈夫で繁殖率も高いので

明るい日陰となる水はけの良い環境であれば勝手に増えていきます。

室内の植木鉢でも育つので人気です。

2つ目、その香り良さと利用方法があること

レモンのような香りのするハーブでなので人気が高く。

料理の飾りつけや香り付けのスパイス

ハーブティーなど様々なことに利用できます。

3つ目は、様々な健康効果があること

他のハーブと同じようにやはり注目を浴びています。

香りもよく、特にヨーロッパでは昔から長寿のハーブと呼ばれて親しまれて、
お茶などにして利用されてきていました。

レモンバームの効能

その効果も種類が多く、高血圧などにも良いですし、頭痛の緩和やストレスの解消にも役立ちます。

脳の活性化や、なんと若返りまで期待できるという事ですから、とても気になるのではないでしょうか。

それに、身近な病気の一つである風邪にも対策をしていく事が出来ます。

多種多様な効果がある中で、レモンバームは発汗作用を促し、
冷却効果のあるハーブであることから、発熱性の風邪にもよく効くのです。

上記のように発汗も促してくれますから、たっぷり汗をかくことで治りやすくなります。

にも、循環器系の働きを沈静化させてくれて、血圧を下げてくれる効果や心拍も整えてくれます。

リフレッシュ効果もありますので、疲労で溜まったストレスなどもすっきりとさせてくれるなど、
レモンバーム一つでいろんな効果が得られるのが有難いポイントになるのではないでしょうか。

風邪を引くと、せきなども出てつらいものですが、消化器官にも働きかけてくれますので、
吐き気が出てもそれを抑えてくれたり、消化不良なども軽減してくれます。

風邪を引くと食欲もなくなりますが、
食前に少し飲むだけでも食事を摂って早く元気になろうと思えてくるでしょう。

レモンバームの健康効果は本当に数が多いです。

解熱作用もありますし、消化を促し食欲も増しますので、
風邪の引き始めに飲むことで早めの対策をしていく事が出来ます。

レモンバームの利用方法

飲食で使用する

何より、手に入りやすいですから、お茶や普段のお菓子、
料理などにも使う事でふんだんに食生活に取り入れられるのも便利です。

良いレモンの香りがするのに酸味もないので飲みやすいですので、

冷たく冷やして水分補給に利用してもいいですし、
寝る前に温かなものを用意して飲んでから眠るというのもいいでしょう。

単品で、そのままお茶として飲むのもいいのですが、他のハーブとも相性がいいので、
いろんな効果があるものとブレンドする事でさらに健康のために役立てる事ができます。

レモンバームの入ったハーブティーを紹介

お風呂にいれてハーブ湯に

お風呂に入れて入浴剤(ハーブバス)としても使うことができます。

ちょっと寒いと思ったら、発汗作用のあるレモンバームを

たっぷり入れて汗をかいて元気になりましょう。

お掃除や家事にレモンバームウォーター

レモンバームをスプレーボトルに入れて

匂いの部屋の気になるところに吹きましょう

レモンの香りでリフレッシュ

 

手軽に作れる香り袋

生のレモンバームを天日乾燥させて

お洒落な布の袋に入れて、お手軽サシェの完成

カバンに入れておけば

カバンを開けたら、レモンの香りで気分爽やか♪