Blog

【淹れ方】ハーブティーのオススメの淹れ方

【淹れ方】ハーブティーのオススメの淹れ方

  |   ハーブティーについて

ハーブティーというのは、おしゃれなイメージはあるけれど
あまり飲んだこともないし、身近なものではないので馴染みがなくて
良く分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

一軒家に住んでいて、お庭でガーデニングをしているというような方の場合には、
生のハーブを使って淹れるハーブティーは格別なので楽しめますが、
誰もがそのような環境に恵まれているわけではありません。

やはり一般的に広く親しまれて飲まれているのは、茶葉の状態で売られているものや、
ティーバッグタイプのものなどが手軽で人気もあると言います。

しかし、プレゼントとしてハーブティーの詰め合わせをもらったけれど、
正しい淹れ方が分からないので戸棚に仕舞ったままの状態になっている、
というような方もいらっしゃるかもしれません。

ハーブティーの淹れ方のポイントとしては、やはり熱湯を使って勢い良くお湯を注ぐということです。

風味豊かな出来上がりにするために、お湯を注いでから
しばらく保温した状態で待ってあげるというのも大切です。

紅茶用に、ティーポットにかぶせるカバーなどを持っている場合には、
そのようなものを利用して温かい状態を保ってあげると良いのです。

そうすることにより、ゆっくりと時間をかけてじわりじわりと
ハーブの中に入っている成分が染み出てくる感じになるので、
すぐに茶葉を取り出してしまうのに比べてより美味しいハーブティーになるわけです。

ハーブティーのおすすめの味わい方としては、様々なものがありますが、
ここでは夏におすすめの飲み方をご紹介しましょう。

暑い夏には、麦茶を冷蔵庫に常備しているという方も多いかもしれませんが、
その代わりにハーブティーを冷やしておくというのも良いものです。

水出しで作ることも出来るので、暑い時にお湯を沸かしてそれを冷やし、
冷蔵庫に入れるという手間も省けるのも手軽で嬉しいものです。

ハーブティーは自然の味を楽しめるものなので、
ティータイム以外にもお食事と一緒に飲むということも出来ます。

女子会の時や、お友達をランチに招く際などにも、
おしゃれな飲み物として注目を集めることは間違いありません。

スパゲッティやピザなどの軽食と一緒に出しても良いですし、
脂っぽいお料理と合わせてみてもさっぱりとして口直しに良いものです。

また、ティータイムにももちろん活躍します。

甘いマカロンやケーキなどお菓子と一緒に頂くのも良いですし、
そのまま氷を入れて冷たく頂くのも最高です。

様々な場面で活躍するハーブティーで
健康で少しお洒落な生活を始めてみませんか?

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら