Blog
s_IMG_0710

ホビット村へ~前編

  |   nobu, その他, ニュージーランド

ノブです

今日も暑いですね
南半球はこれから冬に向かっていくというのですから地球の不思議を感じます。

今日はそんな南半球の国ニュージーランドのホビット村を紹介します。
ホビット村とは映画「ロードオブザリング」「ホビット」に登場する架空の種族ホビット達の住む村です。
非常に独特な造形といいますか、特徴的な外観です。

maxresdefault

こんな感じです。
僕がウェリントンに住んでいたころは映画ホビット絶賛上映中でしたので
是非観に行きたいと思い立ち、同僚を誘って年末なぜか大みそかに行くことにしました。
なぜこの日になったかは覚えていませんが、おそらく最も混雑していない日が大みそかだったはず…
ウェリントンからホビット村の最寄りの町MATAMATAまではこのくらいです

キャプチャ

距離にしておよそ300㎞程でしょうか
日本に帰省する上司の車を借りて前日の夜中に出発、多く見積もっても約6時間で到着するだろうと踏んでおりました。
ツアー開始はお昼頃ですが余裕をもっておきたかったためでした。
それにしてもMATAMATAという名前に不思議なものを感じます
英語ではなくマオリ語由来の町だと思うのですがどうなんでしょう。
なぜかといいますと
マオリ語と日本語には英語にはない同じ「音の特徴」があり、
その特徴というのはは必ずKやSといった子音と、aやeといった母音が交互に入ってきてローマ字と同じように読みます。
このマオリ語については改めて記事にしたいと考えております。

この町の名を発音する際僕ら日本人は「マタマタ」とそのまま読むのですが
ニュージーランドの人が読むと「メトゥメトゥ」のような感じに聞こえます
ややこしいので英語表記MATAMATAで表示します。

ちなみに僕が住んでいた年末のウェリントンはこんな感じです
s_IMG_0686

s_IMG_0688

見事なまでに誰も歩いておりません
CUBA STREETという通りですが、普段はこのストリートはウェリントンでも屈指の人の多さでにぎわっているのですが
年末ともなると皆さん休暇でよそへ行ってしまうんだそうです。
普段人が多いのに誰もいない状況というのはある種不気味さすら感じますね。
夜中のデパートとか…

話を戻しましてウェリントンからMATAMATAへ
途中タウポという町で休憩し、
s_IMG_0693

約朝6時にMATAMATAへ到着です。
s_IMG_0695

僕が言った当時はまだホビット村最寄りの町という存在でした
もっと観光向けなつくりにしたほうが良いのではと思うぐらい全くホビットを感じません。
僕と同僚も本当にこの町で良いのか?と若干不安を覚えるほどでした
ただ町の観光案内だけは別格でした。
s_IMG_0697
これを見た瞬間ここで合っているなと確信できました。
中へ入って詳細を確認したいのですが時刻は午前6時ですのでまだ空いておりません。
なので開店時間まで暇をつぶすことに。

とりあえず朝食を近くのカフェで
s_IMG_0699

長いので後編へ続きます。