Blog
人気のフレーバーティー!美肌へのヒントは含まれる成分にあり?!

人気のフレーバーティー!美肌へのヒントは含まれる成分にあり?!

  |   フレーバーティーについて

美肌効果で人気のフレーバーティーには、ジャスミン茶があります。

ジャスミン茶は、中国のお茶でフレーバーティーとして有名な花茶といわれています。
その香りは甘く、一口飲むとサッパリとした風味が爽やかで、食後に飲むお茶として最適です。

フレーバーティーとして人気の高いジャスミン茶の主な効用は、
カテキンによる抗菌作用で、ビタミンCやビタミンEが多く含まれています。

他にも、含有成分のカフェインには、覚醒作用の働きがあります。

ジャスミン茶の持つ美肌効果は、成分中のビタミンCが多く働きかけています。

その働きは、真皮質細胞の繊維芽細胞の活性化で、肌のハリや老化現象を防ぐ働きがあります。

この抗酸化作用は、発生した活性酸素の働きを抑制し、老化現象の防止だけではなく、
動脈硬化や抗がん作用の働きにも注目されています。

ビタミンCは主に、紫外線の作用で生成されるメラニン色素の生成を抑制することができ、
シミや、そばかすといった女性の肌トラブルを解決する働きもあるのです。

このように美肌だけではなく、美白の効果も併せ持つジャスミン茶は、
年間と特に日差しの強い暑い夏に、女性の肌を保護する頼もしい味方と言っていいでしょう。

そして、ジャスミン茶の成分として有名なビタミンEは、美容には欠かせない成分です。

働きとしては、血流を良くして、細胞の老化を防ぎます。

ですから、ビタミンCとの相性も良く、美肌の相乗効果が期待できます。

一般的に、ビタミンEは、植物油の種子に含まれています。

このように美容効果の高いビタミンCとビタミンEを両方併せ持つジャスミン茶は、
それぞれの働きを助け、美白作用による透明感のある肌を作り上げる効果があるのです。

他にも、さまざまな効果が期待できるジャスミン茶は、
フレーバーティーとしてはダイエット効果も期待できるでしょう。

その秘密は、その甘くも爽やかな香りにあります。

もともとジャスミン茶は、ウーロン茶にジャスミンの花の香りを付けたもので、
成分中のカフェインとタンニンとフレーバーであるジャスミンの香りが、
脂肪の燃焼助ける働きがあるのです。

その中でも、脂肪燃焼のあるカフェインは、
リパーゼを分解する酵素を活性化する働きがあり、血行がよくなります。

さらに血行が良くなることで、消費エネルギーも上がります。

ですから、ジャスミン茶を飲んだ後には、
運動することによって脂肪燃焼の効果が、更に発揮されるのです。

カフェインの効能としては、利尿作用による浮腫みの解消などが挙げられます。

ジャスミンの香りはアロマ癒し効果をもたらしてくれるだけでなく、
美容美肌、ダイエット効果などにも期待できるという優れたティーと言えるでしょう。

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら