Blog
妊娠中でも飲めるハーブティーはあります!水筒に入れて気軽に水分補給

妊娠中でも飲めるハーブティーはあります!水筒に入れて気軽に水分補給

  |   ハーブティーについて

妊娠中は胎児に影響が及ぶためカフェインの入った飲み物を飲むことができなくなります。

コーヒーはもちろんですが、市販のペットボトルの緑茶や
紅茶にもカフェインが含まれているため気軽に飲むことが難しくなります。

ハーブティーはノンカフェインのため、
妊娠中にはハーブティーを作って水筒に入れて持ち歩くと、
いつでも水分補給をすることができ食塩が入っておらず
無糖でカロリー制限も気にすることなく飲むことができリラックス効果も得ることが可能です。

ハーブティーの中には女性ホルモンや子宮の筋肉に影響を及ぼすものや、
身体を冷やす、おなかを緩くするものもあり、それらのハーブは妊娠中には禁忌とされています。

ただし、禁忌とされているものでも大量に摂取しなければ、
胎児に影響を与える恐れはほとんどないため
知らない間に飲んでしまった場合にも慌てる必要はありません。

妊娠中でも飲めるハーブティーは、むくみを解消する効果のあるタンポポの根、
リラックス効果のあるオレンジピール、
つわり中の気分をすっきりとさせてくれるペパーミントやレモンバーム、
ビタミンCが豊富なローズヒップなどがあります。

子宮収縮作用があるため初期には使用禁止とされていても
後期に使用すると陣痛を緩和し安産によいとされているラズベリーリーフや
子宮を刺激するため摂取を控えたほうがよいが母乳の分泌を促進してくれるため
授乳中にはすすめられるフェンネルのように、
時期によっても飲むことができるハーブが変わってくるため注意が必要になります。

比較的、安全でいつでも飲むことができるのは亜鉛、カルシウム、鉄分など
必要な栄養を多く含み貧血を予防する効果のあるルイボスティーです。

マタニティ用のものとしてブレンドして売られているものを利用したり、
医師や専門店のスタッフなどに相談して購入することが大切です。

しかしながら、ハーブには独特の香りがあるため、
つわりの時期などには普段飲みなれているハーブでも飲みづらく感じることもあります。

その際には、様々な効果を持つハーブですが薬ではないため
無理をしてハーブティーを飲む必要はなく、飲みたいと感じるときのみ使用するようにしましょう。

1日1杯から3杯程度を目安として飲むようにし、
良い効果があるものでも同じものばかりを大量に利用すると効果が強くでてしまうこともあるため、
ハーブの影響が心配な場合は使われているハーブが異なるお茶をいろいろと飲むのもよい方法です。

身体を温めるためにホットで飲むほうが効果的ですが、冷やして飲むこともできますので
その時の気分で飲み分けていきましょう。

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら