Blog
【女性ホルモンの乱れが辛い!】女性に勧めたいハーブティーの摂取方法とポイント

【女性ホルモンの乱れが辛い!】女性に勧めたいハーブティーの摂取方法とポイント

  |   ハーブティーについて

女性ホルモンが乱れるとイライラしたり吹き出物が出てきたり、
生理痛も酷くなったりと良いことはあまりありません。

そこで、女性ホルモンの減少を抑えるハーブティーがいくつかありますので
ご紹介していきます。

まず、チェストベリーティーです。

チェストベリーは、南ヨーロッパから中央アジアに生息するチェストツリーの果実です。

古くから生理痛などの婦人病に用いられており、女性のためのハーブティーです。
チェストベリーティーは、黄体ホルモンの分泌を促進する働きがあり、月経前症候群に効果があります。

また、チェストベリーティーに含まれている脂肪酸やフラボノイド、アルカノイドも、ホルモンバランスを整えます。

ただし経口避妊薬(ピル)の効果を薄めるので、経口避妊薬を使用している人には向いていません。

また妊娠中の人も飲めません。

チェストベリーは苦味が強いので、始めて飲むときや苦味が濃いと感じたときは、
茶葉を熱湯に浸す時間を5分くらいにして薄めると飲みやすいです。

次に、ローズヒップティーも女性ホルモンを増やします。

ローズヒップは南米のチリやアルゼンチン、ヨーロッパが原産ですが、
現在では世界中で栽培されている身近なハーブです。

ローズヒップティーは、ほんのりとした甘味があって、酸味も楽しめるほか
妊娠中や月経中の栄養補給に役立ち、ホルモンバランスの乱れによる不安定な精神を改善します。

酸味を抑えたい場合はハチミツを加えたり、
ビタミンやクエン酸の豊富なハイビスカスなどの他のハーブとブレンドしたりすると良いです。

またハイビスカスと同様にビタミンCが豊富でシミを予防し、
コラーゲンの生成を促進するので美肌効果、アンチエイジングにも効果があります。

このローズヒップは、ローズヒップの実にたくさんの栄養素が詰まっているので、
ハーブティーにして飲むときは茶葉や粉末もしっかり飲むことで高い効果が期待できます。

ローズヒップに含まれるペクチンやフラボノイドには、利尿作用や便秘解消の作用があり、
過剰摂取は下痢を引き起こすことがあるので、飲みすぎに気を付けます。

さらにもう一つ、ラズベリーリーフティーは、妊婦のためのハーブティーです。

フラガリンという成分が女性の子宮や骨盤周辺の筋肉を弛緩させて、出産を楽にします。

また辛い生理痛や気分の落ち込みを改善してくれるため鬱気味の症状も和らげます。

ラズベリーリーフティーは、ビタミンや鉄分、
ミネラルが豊富なので、デリケートな女性の体に適しています。

妊娠中の女性は出産の1~2ヶ月前に飲み始めると良いとされており、
1日2~3杯が目安ですが、強い効果作用をもたらすことがあるので
始めは1杯だけ飲んで次第に増やします。

より高い効果を得るためには、熱湯を注いでから10分間茶葉を浸し飲みましょう。

ヨーロッパでは主に食後に飲みますが、いつ飲んでも効果に違いはありませんので
好きなときに飲んでも大丈夫です。

様々な手軽なハーブティーで女性ホルモンを整えて
日々の生活を楽に、そして、肌も綺麗に、
素敵な毎日を暮らしましょう。

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら