Blog
ハーブ「ウイキョウ(フェンネル)」が料理のスパイスにオススメ!

ハーブ「ウイキョウ(フェンネル)」が料理のスパイスにオススメ!

  |   ハーブについて(種類別)

ウイキョウ(フェンネル)はハーブであると同時に、日本薬局方に記載される生薬でもあります。

生薬として用いるのは果実の部分ですが、料理ではフェンネルシードとして用います。

漢方的な効能としては、芳香性健胃や去痰などがあり、
独特な芳香によって胃の動きを活発にさせて、食欲を増進させることになります。

植物学的にはセリ科に分類され、地中海沿岸が原産地となります。

西洋では消化促進や健胃のためのハーブとして、古代の昔から珍重されてきました。

爽やかな芳香は魚の生臭さを消すために、魚料理には欠かせないスパイスとなっていますので、
ウイキョウ(フェンネル)がなければ、魚のスープの風味も乏しくなり、
消化促進の効能も十分に期待できなくなります。

肉料理の消化を良くするためにも、ウイキョウ(フェンネル)は大いに役立つ食材です。

ウイキョウ(フェンネル)の主な有効成分はアネトールで、安中散などの漢方薬に配合されます。

学名の種小名は、ラテン語で民衆的を意味するものです。

このことについては、俗ラテン語の英語名を見ればつながりが分かります。

属名については、ラテン語で干し草を意味する言葉に指小辞がついた形となります。

和名の茴香の歴史も古いもので、古くなった魚の香りを復活させるという意味を持っています。

古代中国においても、魚に合うスパイスとしての認識があったことの名残となる名前です。

ウイキョウ(フェンネル)を初めて使うときには、魚料理で使うことが無難です。

最初は白身魚のムニエルで使えば、ハーブとしての香りの素晴らしさを実感できます。

次の段階にはスープ料理で使うために、ブーケガルニの材料の一つとして使います。

ブーケガルニは香草の束という意味で、素材の持ち味を引き出すために大いに役立つものです。

日本人にも馴染みやすいポトフに入れると、肉の臭みを防いで消化にも優しくなります。

ウイキョウ(フェンネル)の根元の部分は、野菜としても利用できます。

チコリに似た食感で、サラダにすると美味です。

種子の部分はカレーの重要なスパイスでもあります。

葉の部分は生でも食べられますから、魚介類のサラダに混ぜることもおすすめです。

ウイキョウ(フェンネル)は人類が栽培してきたハーブの中でも、最も古い部類になり、
長年にわたって使われてきた結果で、経験的な知恵も生み出されてきました。

香りが非常に強いために、慣れるまでは少しずつ加えることが大切です。

生薬としても効果を持つフェンネル、色々と活用できますね。

⇒ ニュージーランドから直輸入 フェンネルをブレンドした、マヌカデトックスティーは、こちら

⇒ ニュージーランドから直輸入 フェンネルをブレンドした、アンチストレスは、こちら