Blog
【淹れ方】香りを樂しんで!ブラックティーおすすめの淹れ方

【淹れ方】香りを樂しんで!ブラックティーおすすめの淹れ方

  |   紅茶について

ブラックティーとは、砂糖を入れないでそのまま飲む紅茶のことで、
ディンブラやウバなど紅茶全般を指します。

紅茶の茶葉が緑茶と違って黒いことや、
イギリスの水で作ると、日本や中国の赤色ではなく、
タンニンが出た黒っぽい水色になることが由来です。

イギリスではストレートティーという言葉がありません。

ブラックティーのおすすめの淹れ方は、まず熱湯を使うことです。

やかんに汲みたての新鮮な水を入れて、カルキ臭を飛ばしながら沸騰させます。

ティーポットとカップに沸騰したお湯を入れて温めます。

カップ自体を温めると、出来上がったブラックティーが冷めにくくなり、
最後まで美味しく飲むことができます。

ティーポットが温まったら一旦、お湯を捨てて、茶葉を入れます。

1人分の目安は、ティースプーン1杯です。

ただし茶葉の大きさによっては山盛りにします。

細かい茶葉は中盛りを1杯分と見なします。

沸騰しているお湯をティーポットが冷めないうちに注ぎ、すぐにフタをします。

茶葉のグレードによって蒸らす時間が異なりますが、3分~5分のものが多いです。
硬い茶葉は10分程度蒸らします。

蒸らす途中で1回かき混ぜて、フタをします。

蒸らし終わったら、カップの紅茶の濃さが一定になるように、
ティーストレーナーを使って茶葉を漉しながらカップに注ぎます。

美味しいブラックティーを淹れるポイントは、ジャンピングです。

ジャンピングとは、お湯の中で茶葉が上下に揺られる現象で、
これによって茶葉の美味しい部分だけが抽出されます。

ジャンピングは、水に、より多くの空気を含ませることで起こります。

電気ポットのお湯では、温度や空気が足りないので、必ずやかんでお湯を沸かします。

お湯をティーポットに注ぐときに、
できるだけ高いところから落とすイメージを持つと、空気が取り込まれやすくなります。

また、ガラス製の丸いティーポットを使うと、
ジャンピングしているか確認できますので良いでしょう。

細長いティーポットでは、ジャンピングが起こりにくいとされます。

さらにブラックティーの美味しさを決めるものに、水があります。

ティーバッグで作るブラックティーでも水にこだわると味が大きく変わります。

日本ではミネラル成分が少ない軟水を使用しており、紅茶との相性が良いです。

水道水の臭いが気になる場合は、浄水器やミネラルウォーターを使います。

ただしUVAなど渋みがある茶葉には、
タンニンの抽出力が弱く甘味成分のアミノ酸を多く抽出できる硬水が適しています。

淹れ方や水を変えるだけで、
いつものティーが一層美味しくなるので、
ぜひ、お試しください。

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら