Blog
ブラックティーを活用して健康的にダイエットするコツ3選

ブラックティーを活用して健康的にダイエットするコツ3選

  |   紅茶について

ブラックティーとは、ダージリン、アッサム、セイロン、ルワンダ、
ケニア、タンザニアなどで摘採された茶葉をそのまま楽しむ紅茶の飲み方をいいます。

これらの茶葉をブレンドしたものもブラックティーと呼びます。

紅茶の本場では、日本などと比べて水質が異なるため
紅茶のタンニンが出た黒っぽい水色になるため小バレルとされています。

ブラックティーには、さまざまな健康効果があるとされていますので
そちらをご紹介いたします。

紅茶茶葉には、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれており新陳代謝を整えて、
体の成長をサポートするのに効果的で、
紅茶の中に含まれるテアフラビンは
インフルエンザウイルスの活動や増殖を抑制する働きがあることも確かめられてます。

A型やB型などのウイルスの種類に関係なく
その作用は有効に働き即効性があり、
細胞がウイルスに感染したとしてもその増殖を抑えます。

また、紅茶に含まれるカフェインが疲労回復やストレスの解消、
覚醒作用や強心作用、利尿効果などさまざまな働きとともに、
胃酸の働きを活発にするため消化不良を改善します。

これらの作用から健康だけではなくダイエットにも効果的です。

利尿効果によって体内の余分な水分を排出したり、
便秘の改善、カフェインによる脂肪燃焼を促す効果、
紅茶カテキンによる糖分分解酵素の働きなどによって
ダイエット効果が期待することができるのです。

このブラックティーをダイエットに活用する場合の時のコツとしては、
食事やお菓子を食べるときに一緒に紅茶を摂取することで
紅茶ポリフェノールが食事の脂肪分の吸収を抑えることができます。

有酸素運動を行う前の40〜50分前に飲んでおけば、
体内活動を活発化させて脂肪の分解を促すことができ、
有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼することができるようになります。

ダイエットを行う場合には、甘味をつけるとその分のカロリーがプラスされてしまいます。

どうしても甘い味をつけたい場合には、
カロリーの高い白砂糖ではなくハチミツやオリゴ糖などを使用することがおすすめです。

ブラックティーはそのまま飲むだけでもダイエットや健康効果を期待することができますが、
より痩身効果を高めるためにおすすめなのは、しょうがを混ぜたしょうが紅茶です。

しょうがに含まれる辛み成分の働きで、
血行が促進されて体の末端に血液が運ばれるようになり体温が上がり、
胃腸などの臓器の働きも活発になります。

また、脂肪を燃焼させやすくなるため太りにくい体質を作ることができるのです。

美味しく飲んでさらにダイエット効果を。

ティーが世界各地で好まれている理由でもあるかと思いますね!

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら

ニュージーランドから直輸入の抗菌力もあるマヌカハニーは、こちら