Blog
妊娠中の女性はダメ!ハーブ「シナモン」を摂取するときの注意点3つ

妊婦の女性はダメ!ハーブ「シナモン」を摂取するときの注意点3つ

  |   ハーブについて(種類別)

嗜好品として好まれるハーブ『シナモン』

お菓子や紅茶、コーヒーなどの香りづけとして使用されているシナモンは、
私たちの身近なハーブの一つです。

特徴のある甘くエキゾチックな香りは、嗅いでいるだけで身体がポカポカしてくるような気がしませんか?

中国では、桂皮と呼ばれ、中華料理やスープのだしを取るのに重宝されています。

香りや味はもちろん、身体を温め、消化を促し、元気にするという効果があるからです。

シナモンは、ハーブの中では香りや刺激が強いスパイスの部類に入ります。

古代エジプトでは、その強い香りを利用して、ミイラの防腐剤として使われていました。

シナモンの効能効果として、適量を摂取すると、血管が若返る、身体が温まり血流が良くなる、
抜け毛が減る、コレステロールを下げる、などの効果が期待できるでしょう。

また、ダイエット中の人は、シナモンの香りに満足し、
甘味料の量を減らすことが出来るというメリットもあります。

シナモンは多種多様な栄養素を含み、様々な効果を持っています

シナモンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、カリウム、カルシウム、
マグネシウム、鉄、亜鉛などの、たくさんの栄養素を含んでいます。
効能も多様にあり、注目すべき一番効能は、血流改善効果です。

作用まとめ

殺菌作用、抗菌作用、芳香性健胃、発汗作用、利尿作用、血液循環促進、整腸作用、鎮痛作用
鎮痙、去痰

効能まとめ

ダイエット、血流改善、アンチエイジング、むくみ、冷え性、うつの改善、便秘

HP内:シナモン(セイロンニッケイ) 基礎知識と効能効果、作用について から抜粋

 

シナモンを摂取する際の3つの注意

一方、緩やかなリラックス効果を持つハーブに比べて、強くパンチのある効果を発揮する為、
摂取する際には、考慮しなければならない注意点が3つあります。

1つ目『妊婦の方はシナモンの摂取を極力控える。

特にサプリメントタイプは少量であっても妊娠中の身体は敏感です。

シナモンは子宮を刺激する為、胎児の血圧が上がっての流産や子宮出血などに繋がりかねません。

食用や、サプリメントに限らず、シナモンのアロマオイルや芳香も避けた方がベストです。

 

今回のシナモンだけが特別なハーブでこれだけが妊婦さんのダメってわけではありません。

妊娠初期・妊娠後期と場面で良い悪いと出てきますが、

シナモンの他にも約54種ものハーブが、ダメとされていますので、

ハーブティーやスパイスを摂取するときは、何が含まれているかを確認してからのほう良いでしょう。

余談ですが

妊婦さんが摂取しては行けない食べ物も結構あります。

動物性のビタミンAを多く含むの食べ物や海藻類の食べ物等々、

本当に大変だと思いますが、

生まれてくる子供の為に、注意しましょう。

 

2つ目『通常の人が長期にわたってシナモンを摂取する場合の量に気を付ける

1回、2回なら量を多くとってもさほど問題ではありませんが、

ダイエットの為と称して、長期にわたり過剰摂取を続けると、
シナモンに含まれるクマリンという物質が肝臓に影響を与える恐れがあります。

シナモンは大きく分けて「セイロン」と「カシア」という2種類に分類されます。

そのうち、クマリンを多く含むのが、カシアです。

長期にわたり摂取する際は、表示を確認しましょう。

ドイツのある研究所によれば、1日の摂取量は、体重1kgに対して0.1mgが限度とのこと。

なので、成人女性の平均体重が約50kgぐらいなので、

1日の摂取量は、5mgぐらいになります。

香り付けなど少量のパウダーでは、越えることは有りませんが、

シナモンを直接使う食べ物・飲み物には気を付けないといけません。

シナモンロールやチャイティー、

アップルパイやシナモンコーヒーなど

レシピによっては1g以上シナモンを使っていたりします。

最初に書きましたが、『1回、2回なら量を多くとってもさほど問題ではありません』

スターバックスコーヒーが好きで備え付けのシナモンパウダーなどを毎回ガッツリ使う人なども注意しましょう。

 

3つ目『サプリメントや他の薬、ハーブとの併用に気を付ける

食品に用いられるくらいですので、身体に大きな影響を及ぼすことはありませんが、

例えば、糖尿病の為、血糖値を下げる薬を服用している方は、
シナモンと併用すると、血糖値が下がりすぎてしまう可能性もあります。

また、心臓にも刺激を与えますので、
お薬で治療している方は、医師に相談してから服用しましょう。

 

コーヒーやお菓子などの香りづけ程度ならば問題はありません。

何事も程よい摂取量と期間の限度を守ることが大切ですね。

 

シナモン配合のハーブティーは以下のリンクからお買い求め出来ます。