Blog
野菜

【知識】普段食べている食材で毒性のあるものとは?

  |   その他, ヤスブログ, 知識

こんにちは

私が家にいるときで
雨の降ってない日は、
基本的に窓を開けて生活してますが
風が強い日は、どうするか悩んでしまいます
今日は風があまりに強いので久々に窓を閉めましたが
風で舞うカーテンを見て、
カーテンってどのペースで洗濯するんだろうと考えてしまいました
今度、調べてみようと思います

さて、今回は前回毒性のあるハーブを話題にしましたが
普段食べている物の毒性について書きたいと思います

まず、毒性があるもので思い浮かぶのは何でしょうね
私がふと思い浮かぶのは、「フグ」ですね
フグのどこに毒あるのかは、地域や季節によって変わりますので
一様に言えませんので各都道府県で調理に免許が必要になります
素人が手を出せる食材ではありませんね
※免許を持っていても、取得した県以外で使えませんので注意

それでは普段食べでいると思われるものでは何でしょうか
有名なのは、「ジャガイモ」ですね
毒部分:発芽した芽や緑化したジャガイモはだめですね
自家栽培の場合は、発育不良の小芋が出来るのですが
それも有毒成分を多く含んでいる場合があるので注意しましょう
※水溶性の毒なので皮を剥いたあと、水に晒すと大分中和できると思います

次に「なす」ですね
なすは実以外は毒性を含んでいるのですが
家庭栽培をする際には注意が必要になります
なすの根から土を汚染して他の栽培物にも
毒性を持たせる可能性があるためです

「トマト」も以外にも毒性があります
未成熟のトマト(緑のトマト)やトマトのへたに毒性があります

「青梅」は毒抜きしないと死んでしまうと注意されています
※大量摂取や種を食べなければ大丈夫ですが注意です
毒抜き方法(毒を発生させる酵素の無効化)は以下の通り
天日干し
塩漬け(梅干しを作る際の過程)
アルコール漬け(梅酒を作る過程)

上記以外に多いのは「種系」ですね
リンゴの種:ビタミンCと共に摂取すると、毒性が強まるとも言われています。
⇒かなりの量をとらないと発症しませんが注意です

チェリーの種・桃の種:青酸カリを含んでいるので食べてはいけません
⇒そうそう食べないと思いますのが、特に割ってからの摂取はいけません

いろいろ書きましたが
基本的に有毒性の部分を食べたり・大量摂取するものではありませんので大丈夫ですが
自分が食べているものはが本当に大丈夫か見直してみるのも面白いと思います

「なす」「とまと」「ジャガイモ」と食材をあげましたが
他に「ピーマン」を含め
植物学上全て「ナス科」の植物になります
知ってましたか?
面白いですよね

今回はここまで、次回もお楽しみに