Blog

生中継してください

  |   nobu, ニュージーランド, 知識

初めまして、nobuです。

挨拶もそこそこに興奮冷めやらぬラグビーワールドカップ並びにラグビーについて書いていきます。

この記事を書いている9月22日現在でラグビー世界ランキングにおいて日本は13位から11位に昇格しましたね、逆に南アフリカは6位に転落。

19日の結果がダイレクトに反映されているとしたらシビアです。

ちなみに次戦の相手スコットランドは12位となんと日本より格下の位置づけですがどう考えても楽な相手ではありませんね。健闘を祈ります。

 

ニュージーランドブログとしてやはりラグビーは切り離せないというか、一番のニュージーランドの宣伝材料です。

何といっても世界ランキング1位!国際試合での勝率100%の相手がごろごろいます。もちろん今大会の優勝候補の筆頭です。

ちなみにラグビーワールドカップとは別の大会で毎年開催しているザ・ラグビーチャンピオンシップにおいては今年で20回目ですが既に13回優勝しています。

オールブラックスと呼ばれるニュージーランド代表の彼らはその代表に選ばれる時点で英国のナイトの称号を得るより名誉だと考える人もいるようです。

筆者もニュージーランドの首都ウェリントンに1年間滞在しておりましたがラグビーの試合となると普段穏やかなKiwi達(ニュージーランド人の愛称)もじっとしてられません。

スタジアムはもちろんのことスポーツバーも超満員、隣国オーストラリアとの国際試合があった日にはお祭り騒ぎです。昼間から顔に国旗のペイントした若者がぞろぞろ歩いていたり、相手のオーストラリア代表の応援団も国旗を振り回しながら町を闊歩するなど、試合前からそのボルテージが高まっていく様子を感じ取れます。といっても負けたりしたところで暴動に発展しないところがやはり彼らの穏やかな気性が表れていると感じました。

有名な試合前のダンス「ハカ」は元々ニュージーランドの先住民族であるマオリ族の戦意高揚のための踊りでしたがそれを鼓舞のために取り入れました。非常にパワフルで迫力のある声とダンスが特徴ですが、このような踊りはニュージーランドだけでなくトンガやサモアといったポリネシア系の国の代表も行います。試合前にお互いの踊りを見せつけあうというのはある種のダンスバトルのような様相を呈しており、一つの見どころにもなっています。たいていは相手の踊りが終わった後に始めるのですが、たまに気合が入りすぎて相手が終わらぬうちに踊りだすことも...試合への意気込みが感じられますね。

今回はここまでにしておきますが、ワールドカップに合わせて記事を書いていきたいと考えております。

それでは明日23日のスコットランド戦を応援しましょう!