Blog
カレンダー

【知識】今日は2月29日で閏日です

  |   その他, ヤスブログ, 知識

こんにちは

 

今日は、2月ラストの29日です

約4年一度の閏日が来ますので

そんなに珍しい事でも有りませんが

閏○は、秒・日・月・年とあるのは知っていましたでしょうか?

 

閏秒に去年の7月1日に施行されました

デジタル表記で2015年07月01日08:59:60

と表記されました

アナログ時計では確認できませんが世界標準時間に合わせていれば

去年から1秒ずれていることになりますが

そこまでは気になりませんよね

閏秒は不定期で世界時計との調整で行われるので実施は不定期です

 

閏日は本日2月29日です

閏日がある年が閏年になります

 

さて、今回は閏日の知識を2点ほど書きたいと思います

 

●1点目、知っている人や対象の人はいると思いますが

閏日の誕生日の人は

『2月29日は4年に一度しか来ないからどうなるの』って

思ったことがあると思います

日本ではその場合はみなし誕生日といって

2月28日を誕生日にみなす事が書類上出来ます

しかし、考えの違いが発生するので実は結構ややこしいです

『2月末(2月29日)生まれだから2月生まれ』

『2月28日は過ぎてるから3月生まれ』

と二通りの解釈がされるようですが

自分としては1つ目の考えが良いですね

自分は誕生日が違うので確認は出来ませんが戸籍上はしっかり2月29日と明記されます

 

また、日本ではと書きましたが

世界では2月29日のみなし日を3月1日にしている国もあります

※イギリスや香港は3月1日がみなし日、ニュージーランドは2月28日がみなし日です

 

みなし日はあくまで書類上でみなす事が出来るとのことですので

実際の誕生日はと言うと2月28日24:00に過ぎることにされています

この考えだと1秒で誕生日が過ぎることになるので寂しいですよね

2月29日生まれの人には2月28日にお祝いして上げましょう

 

●2点目、なぜ閏日(閏年)は発生するのか

これも何となくで知ってる方はいると思います

日付のずれを治すために閏年はあるのです

日付なんてずれる分けないじゃないかと思う方もいるかと思いますが

一年は365日です

これは太陽の周りを1周するのにかかる日数です

しかし、365日は正確ではないのです

細かい時間も出てますが省略して

実は太陽一周するのには約『365日と6時間』かかっているのです

お気づきの方は、その通り

6時間のずれが閏年の原因です

6時間では1日に満たないので

4年に1度、閏年が発生します

 

もし、一年が366日で太陽を回り切っていたら

閏年なんて存在しなかったと思いますし

「6時間ずれ」でなく「1時間のずれ」とかであれば

24年に一度の閏年がくることになったかもしれませんね