Blog

【レシピ】ヴァレンタインチョコはひと手間かけて-トリフチョコ-

  |   お知らせ, その他, ヤスブログ, レシピ

こんにちは

 

もうすぐヴァレンタインですね

絶賛チョコの準備は出来てますか?

渡す相手がいない自分ですが

今回は、海外から届いたチョコが悲惨なことになっていたので

ひと手間かけて加工してみました

 

01ビフォア※上記の写真は海外(オーストラリア)から届いたチョコ

溶けて悲惨なことになので

今回はひと手間かけて生チョコ風トリフチョコに挑戦

 

●材料※今回全てチョコを使用してるのでかなり多めです(笑)

チョコ:350g

クリーム:200ml

※市販に売ってる200mlのクリームも使い切ってます

ラム酒:お好みで(今回は量が多かったので40ml使用)

ココアパウダー:お好みで(見た目等の調整に大変便利です)

 

●作り方(製作時間:2時間ほど※量の性ですが)

1.湯煎ようにお湯を沸かします

01ビフォア

2.チョコを塊を細かく粉砕します

※粉砕に30分ほどかかりました(笑)

02粉砕3.湯煎でチョコを溶かします

03湯煎4.チョコが解けたら生クリームを投入

※生クリームの量で固さが大幅に変わり、今回は生チョコ風なので生クリーム多めです

04ミルクイン5.良く混ざったらお好みでラム酒を投入し、更にまぜまぜ

 

6.湯煎から上げて冷やします

※今回は量が多いので金トレイに移し替えてます05移し替え上:湯煎直後/下:しばらく放置後固まってきた頃

06冷やせ※固まり辛い時は粗熱がとれたら、冷蔵庫 or 冷凍庫 で冷やして下さい

7.冷えて固まって来たらスプーンですくって丸く形成します

・手で丸めるのは楽ですが手の体温で溶けてしまわないよう注意

・手を冷やして素早くやるのがコツです

・手にココアパウダーをまぶして丸めるのもありです

 

8.丸めたチョコにココアパウダーをまぶして冷蔵庫で更に良く冷やして完成です

07丸める

CSEケースがあればプレゼントの見栄えが良くなりますが

今回は自分ようなので省略

丸めないで四角く加工して生チョコにしても良いですし

加工が面倒な場合、固まってない状態で

CSEケースに入れて固めてしまうのもありです

 

チョコと生クリームがあれば簡単に出来るので

ただのチョコでは物足りない方はお試しください

 

●雑学

生チョコとトリフチョコの違い

日本では

トリフチョコを生チョコと呼ぶ場合もありますが

生チョコをトリフチョコとは呼びません

※ほぼ材料の違いはありません

 

正式なトリフチョコは

生チョコを丸めてチョコレートコーティングした物を言いますが

日本で丸めてココアパウダーなどでコーティングした物もトリフチョコと言います

※今回製作した物もそうですね

 

生チョコを『丸めて』表面加工したものがトリフチョコ

丸めないものは全て生チョコになります

 

 

チョコが苦手な人やチョコ以外にプレゼントの準備しようとしている人に

美味しい紅茶のプレゼントは如何でしょう?

今回は袋タイプの紅茶を紹介です

袋タイプはチャックもついて保存も便利で

紅茶もさっと入れやすいです

更に弊社の紅茶が現在セール中なのでプレゼントにおススメします

 

袋タイプ紅茶のご購入はこちらから