Blog

【知識】気になる美味しい紅茶の入れ方-ハーブティー

  |   お知らせ, その他, ヤスブログ, 商品情報, 知識, 紅茶について

こんにちは

 

前回、アールグレイの入れ方を書きましたが

今回は、ハーブティーの入れ方を書かせて頂きます

ほとんどが紅茶と同じになるので解説については

違い部分のみにさせて頂きます

 

ブログ「【知識】気になる美味しい紅茶の入れ方-アールグレイ」

※前回の記事です

 

●美味しい紅茶の入れ方-ハーブティー-

1.水道水からお湯を沸かします

2.完全に沸騰するまでに、ティーポットとカップを温めて置きます

3. 「2」のお湯が沸くまでに、ポットとカップに水を入れ電子レンジでチンします

4. 「2」のお湯が沸いたらすぐに火を止めて、ほんの少し熱湯の温度を冷まします

【温度としては、90度以上95度以下ぐらい】

※温度は目安です。すぐに熱湯を入れても大丈夫ですが

5. 「3」で温めたポットのお湯を捨てます

6. 「5」のポットに茶葉を入れて、「2」のお湯を入れます

【アールグレイと違い普通にいれます】

7. ポットの準備が完了です。抽出時間は3分位が平均です

【ハーブの種類によって時間は変わります。茎や種子系は5~15分と長くなります】

【アールグレイと違い渋み等は出にくいのですので時間の目安は大雑把です】

8. 「3」のカップのお湯を捨てて、「7」の抽出したハーブティーを入れて完成です

【入れる前にティーポットの中を混ぜるて抽出を均等にするようにしましょう】

 

以上が、紅茶を美味しく入れる入れ方です

少し内容について解説していきます

『4』について、沸騰直後の水温100度場合、ハーブの効能が飛びやすくなったり変化があったりする種類があるため

『5』について、ハーブの効能抽出に適温が90度以上が抽出に適しているので、ポットの温度を下げないためです

『6』について、アールグレイと違いジャンピングで茶葉開くよりも、時間をかけてハーブの成分を抽出することが大切なため

『7』について、時間おいても大方は大丈夫ですが、余りに長くハーブ浸しておくと抽出されたハーブがまた効能成分を吸うとも言われています

※そこまで長時間おいて置くことはないと思いますので心配はしてません

『8』について、ハーブティーは香りや湯気などにも効能が出る場合が有るので、カップの温度を下げないためです

※ハーブの抽出では、ハーブ付近に抽出成分が溜まるので混ぜることでティー全体に均等にします

 

ハーブティーは、アールグレイと入れ方の違いが多くありません

違いとしてお湯をポットに入れるときの温度があると

湯気や香りにハーブの効能が出る点ですね

なのでティーポットに入れて抽出するときは

きちんと蓋をして抽出しましょうね

カップに入れる前に一混ぜも忘れずに

 

皆さんもお試し下さい

 

弊社のハーブティー購入はこちらから