Blog

【思考】幽霊はいるのかを考えてみる

  |   その他, 知識

こんにちは

 

皆さんは幽霊がいると思いますか?

いきなりの話題ですが、

本日、幽霊がいるのかの話題が友人と出てきたので

私なりに紅茶を飲みながら

考えてみました

 

まず、

いるか。いないのか。ですが

合ったことが無いのでいないと思っています

いれば面白いと思いますが

存在理由がいまいち納得できないのが本心です

 

ホラー映画で言えば

邦画は「そこに静かにいて死後の世界に誘う」イメージ

洋画は「何かのメッセージを持って生者に訴える」イメージ

映画はメッセージ(コンセプト)を持って作られてるからいいのです

 

日本の怪談は「昔の戒め」イメージですね

ことわざや昔話もそんな感じです

典型的なことわざで

『幽霊の正体見たり枯れ尾花』

怖いと思うから幽霊に見えたが、実際によく見るとなんでもないこと

これが一番的をえていると思います

 

存在理由がいまいちと書きましたが

それが宗教の考えも入ってきます

閻魔大王や幽霊が存在するとして

仏教でいうと

死後49日で

閻魔大王とかに審判を受けて「天国」「地獄」の判決を受けると

もしこれが本当なら死んでしまったら

幽霊は現世に残るほうが困難じゃないかと思ってしまいます

 

心霊写真や動画などの思念とかも

同様の理由ですね

死んでしまって人に見つかれば

供養はされると思いますし

不慮の事故とか病気とか恨みで

霊になって残りましたなんて言ったら

そこら中に溢れかえって大変だと思うんですよね

 

悪霊とかが寂しいから

『呪い殺しちゃった。テヘっ』

みたいなの閻魔様が放置してると思いませんし

死んだら三途の川に行くのを否定しないといけませんしね

 

次に

輪廻転生とかですね

死んだら次の生物に生まれ変わるという奴

これは、ご先祖様の守護霊とかの存在を否定する一つです

残る残らないと人の都合でそんなの選べる訳がないと

生まれ変わったらその時点でいなくなるのですから

 

幽霊はいないと思いますが

幽霊がいたらいたで面白いと思います

人間死んだらどうなるのか

知りませんが一番は

『お星様になる』ではないでしょうか

 

確かに望遠鏡で見れば星ですが

目には、手の届かない光でしかないですから

死んでしまった人と違いはないと思いますよね