Blog
身体ぽかぽか!女性におすすめのジンジャーティーにはシュトーレン

身体ぽかぽか!女性におすすめのジンジャーティーにはシュトーレン

  |   ティーとお菓子について, ハーブティーについて, 紅茶について

冷えた身体を温めるジンジャーティー

 

ジンジャーを使ったハーブティーと言えば、ここ数年ですっかり一般的にも定着した「しょうが紅茶」ですが、
作り方が簡単な所も魅力の一つです。

いつも飲んでいる紅茶にすり下ろした生姜を適量入れるだけなので
毎日続けやすく、飲み続ける事で冷え性を和らげると言われています。

飲み辛い場合は砂糖やはちみつなどで甘みを出したり、
黒糖を砂糖の代わりに入れれば一緒にミネラルも摂れて健康的ですね。

最近では粉末タイプのものも発売されていて、お湯を注ぐだけで飲みやすい味に改良されたものなども
売られているので、生姜の味が苦手な方でも挑戦しやすくなっています。

このように数あるハーブティーの中でもメジャーな飲み物として愛されているジンジャーティーですが、
お茶を飲む時に何かお菓子も一緒に食べたい、と思っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、健康目的でハーブティーを飲んでいる方にとっては、
せっかく身体を温める為に飲んでいるのに市販の添加物がたっぷり入ったお菓子は良くないかも…
と思われる方もいるかもしれません。

また、生姜の風味の紅茶に合うお菓子はなかなか無いかもしれないと感じている方もいるでしょう。
そんな方々におすすめのお菓子が、実はあるんです!

ほっくり優しい味わい。ドイツの焼き菓子

 

シュトーレンと言えばクリスマスの時期などに多く見かけるドイツの焼き菓子ですが、
ナッツ類やレーズンを混ぜ込んだものの他にも、
チーズやスパイスをきかせた「おかずパン」的なものもあり、バリエーションは豊富にあるんです。

保存期間が他の菓子パンに比べて長い事も特徴の一つであり、
作ってからすぐではなく暫く期間を置く事で味が染み込んでより美味しく食べる事が出来ます。

材料として多く使用される事の多いレーズンは、普段の食事で何かと不足しがちな鉄分やカルシウムを取る事が出来るので、
軽食として食べる以外にも、食欲の無い時の食事などにも向いているのではないでしょうか。

とはいえ、ドライフルーツやナッツがふんだんに使われていて、
バターも多く練り込まれている事からダイエット中の方にとっては何となく食べづらいと思う方もいるかもしれません。

ですが、シュトーレンは一切れがだいたい151カロリーほどです。

茶わんに軽くご飯一杯分ほどのカロリーなので一瞬「カロリーが高い」と感じるかもしれませんが、
ほぼ炭水化物だけの白米に対して、シュトーレンには先程のレーズンの栄養の他にも
ナッツ類の栄養も含まれているので、健康的なおやつと言えるでしよう。

おうちで簡単♪お手製シュトーレンを作ろう

 

お店で売っている本格的なものも素敵ですが、自分の手作りのシュトーレンを食べながら紅茶を飲めたら
素敵ですよね。そんな方におすすめの簡単レシピを最後にご紹介いたします。

【材料】 シュトーレン1本分
牛乳 100ml
卵 Mサイズ1個
強力粉 150g
薄力粉 150g
砂糖 64g
塩 4g
バター 90g
シナモン 1g
ナツメグ 1g
ドライイースト 8.4g
レーズン 100g
フルーツミックス 80g
スライスアーモンド 50g
溶かしバター 30g
粉砂糖 30g

1.ホームベーカリーに室温で戻した牛乳を入れ、卵、粉類、砂糖、塩、常温で柔らかくなったバター、各スパイスを入れていきます。
2.ドライイーストを入れていきます。
3.ホームベーカリーで8割ほど捏ねたら取り出し、フルーツとアーモンドを入れて混ぜ合わせ、40℃で30分程発酵させます。
4.手の平全体で生地をまんべんなく押してガス抜きをしたら、再び10分程生地を置きます。
5.麺棒などで生地を楕円形に成形し、真ん中に向けて両端を内側に折りたたみます。
6.オーブンで40℃余熱した後、210℃で30分焼きます。
7.熱いうちに溶かしバターを塗り、あら熱が取れたら粉砂糖を振って完成です。

美味しい紅茶とシュトーレンで、素敵なティータイムを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら