Blog
薬用効果のあるマヌカティーはシンプルなクッキーと一緒に!

薬用効果のあるマヌカティーはシンプルなクッキーと一緒に!

  |   ティーとお菓子について, ハーブティーについて

抗菌効果が注目されているマヌカティー

 

マヌカはマヌカハニーという名前が最も有名ですが、ハーブティーとしても利用されています。

土の混ざった甘いハーブの香りと言われていて、抗菌効果が極めて高いと言われている植物です。
主に、心、体、皮膚、などへの効能が期待されています。

 

心に対しては、穏やかな香りが落ち着きや癒しを与えて、
自分の気持ちをうまくコントロールできるようにさせてくれます。

自律神経が乱れている、イライラしている、という時にも取り入れたい香りです。
体へは、鎮痛作用があります。
筋肉痛、関節痛、腰痛、など子どもからお年寄りまで嬉しい効果です。

また、呼吸を楽にして、強いストレスや痛みを緩和してくれます。
緊張からきているような頭痛などへの効果が期待できそうです。

 

抗菌作用はその精油よりも優れていると言われており、
虫歯ができやすくなる妊婦さんに対してマヌカを使った歯磨きが勧められることもあります。
皮膚へはスキンケアの効果もあります。

感染症、ニキビ、切り傷、水虫などに効くとされており、
日焼け後の火照った肌や虫刺され後の炎症を抑える効果も期待できます。

ヘアケアに対しては、フケを防止する効果があるとされています。
体、心、皮膚、とたくさんの場所への効果が注目されています。

 

ハーブティーに入れて鎮静作用アップ

 

ハーブティー単独でも鎮静効果が高いものは多いですが、
さらにここにマヌカハニーを入れると自然な甘さで美味しく飲むことができます。
マヌカハニーはニュージーランドではよく売られている蜂蜜で、日本のものよりも濃い色をしています。

日本の蜂蜜と同じ感覚で使うと少し味に違和感を感じるかもしれませんが、慣れると癖になるトロミ感があります。
リラックス作用が高いのは、カモミールティーやラベンダーティーです。

ラベンダーティーは食欲を増進させてしまうので、
食欲を抑えたい時には不向きですが、風邪などで食欲減退している時にはオススメです。

 

マヌカハニーをプラスすれば抗菌作用や咳を楽にしてくれる作用で、風邪の緩和にも役立ちます。

最近では免疫力をアップさせる効能があるという研究もあり、風邪をひきやすい人にも向いています。
マヌカでハーブティーを作っても良いですし、ハーブティーに甘み代わりに入れても美味しく飲むことができます。
ただし、糖質が含まれているので摂りすぎは控えたほうが良いでしょう。

朝と夕に小さじ1杯半程度が適量です。
また、糖尿病の人が摂取すると血糖値が上がって体に影響が出る危険性があるので、かかりつけ医に相談しましょう。

 

シンプルなクッキーと一緒に

 

多くの薬効を持つマヌカティーは、シンプルなクッキーとよく合います。

お茶そのものに甘い香りがついているので、甘さ控えめのシンプルなクッキーと一緒にいただきましょう。
バターやナッツ系のクッキーなど、少し塩気のあるクッキーと一緒に食べると、ほのかな甘い香りが引き立つでしょう。

 

蜂蜜自体にも抗酸化作用、抗菌作用があって、
カリウムやカルシウムなど日本人が不足しがちな栄養素が含まれていますが、
マヌカにはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の除去や、
ビタミンB6によるエネルギー代謝促進によって生活習慣病を抑える働きがあります。

 

動脈硬化の予防にも良いと言われており、
日本で増えている高血圧、脂質異常症、糖尿病、といった生活習慣病の予防への効果も期待されています。
ハーブティーは独特の香りがして苦手という人もいるかもしれませんが、
これだけ薬効が多いと心惹かれるものがあります。

 

カフェインが含まれていないので、子どもや妊娠中、授乳中の人でも安心して飲むことができます。
日本ではまだそれほどメジャーな存在ではありませんが、徐々に注目が集まってきています。

お気に入りの方法を見つけて飲んでみると良いでしょう。

 

マヌカをブレンドしたティーは、こちらから ⇒ マヌカ & フラワー デトックス

 

 

manuka_detox

 

Tea Total- ティートータル

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら