Blog
お酒は、紅茶の味をひきたててくれる明脇役

お酒は、紅茶の味をひきたててくれる明脇役

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

紅茶にいれるお酒について

 

紅茶にお酒を入れる飲み方をご存じでしょうか?

夏はアイスティに、冬はホットティにお酒を一滴たらすと何とも言えないテイストになります。

入れるお酒の種類もいろいろとバリエーションがあります。

よく知られているのはブランデーやラム、他にもウオッカ、ワイン、ウィスキー、
変わったところでは梅酒や杏露酒などもあります。

いわゆるリキュール、またはスピリッツと呼ばれる、度数が高めのお酒です。

リキュールは独特の風味と甘みがありますので、紅茶そのものの味をひきたててくれます。

また、紅茶リキュールと呼ばれている、紅茶の茶葉を漬け込ませ、
蒸留して作られているリキュールもありますので、更に紅茶テイストが楽しめます。

茶葉の種類もいろいろあるので、紅茶リキュールとミルクやソーダなどを合わせれば
オリジナルのカクテルを作ることができます。

カクテルの種類も様々ありますし、
リキュールは、酒屋さんやスーパーなどで小さなビンで売られていて保存もきくので、気軽にお酒と紅茶を楽しめます。

いつも飲んでいる紅茶とは違うテイストを楽しみたい、
また紅茶とアルコールの組み合わせでお酒を楽しみたいという方、それぞれ気分にあわせて考えてみてください。

 

紅茶にお酒を入れた場合の香りやテイストの変化について

 

紅茶の茶葉の種類は、ダージリン、アールグレイ、ジャスミンが有名なところですが、
茶葉によっていろいろと風味が違います。

ダージリンは一番ノーマルで、どんな料理にもあいやすく、香りもそれほど強くないのでミルクともあいますね。

人によっては、アールグレイはベルガモットの独特の香りがあり、少々くせがあるので好みが分かれますが、
いつもと違う紅茶の香りを楽しみたい方にはおすすめの茶葉です。

それらの茶葉とお好きなリキュールやお酒を合わせることで、いつもの紅茶のテイストや香りをひきたててくれます。

紅茶そのものの香りとお酒独特の香りが合わさって、何とも言えない風味を楽しむことができます。

入れるお酒の種類によって、香りも違ってきますのでいろいろと試してみるとおもしろいでしょう。

お酒を入れた紅茶と一緒にクッキーやケーキなどのお菓子と一緒にティータイムでほっと一息つくのもいいですね。

寒い日には、熱い紅茶に一滴リキュールをたらして飲めば体がぽかぽかと温まります。

紅茶の風味をひきたてくれる、いろいろな種類のお酒を組み合わせて
いろいろなテイストをお楽しみください。

リキュールを常備しておけば、手軽に準備ができますのでおすすめです。

 

紅茶とお酒の組み合わせとカクテルについて

 

では、紅茶とお酒の組み合わせにどんなものがあるか、また、その作り方についてご紹介します。

まず、ジン、紅茶、オレンジジュースの組み合わせです。

配分によってテイストが全く変わってきますので、好みで調整する必要がありますが、
ジンを入れすぎると度数も強く注意なのとアルコールの風味が強くなってしまいますので、
グラスの3/1くらいを目安にするとよいでしょう。

紅茶のテイストを楽しみたい方は、紅茶の茶葉を濃いめに出したものを、
甘めが好みの方はオレンジジュースを多めにするなどして調整できます。

茶葉から紅茶を淹れてもよいですし、手軽にティーバッグで淹れたものでも大丈夫です。

そのまま飲めるオレンジジュースのパックが売られているので、さらに甘い味がお好きな方にはおすすめです。

氷とこれらの材料を組み合わせてよく混ぜて飲んでください。

食前に飲むのもよし、食後のデザート酒として楽しむのもよいですね。

他に、紅茶と言えばロング アイランド アイスティが有名です。

ロング アイランド アイスティには実は紅茶は一切含まれていません。

アイスティーを使わず、様々なリキュールの組み合わせで
紅茶のテイストを出すごとができているおもしろいカクテルです。

 

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら