Blog
ブランデーに合う紅茶のポイント

ブランデーに合う紅茶のポイント

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

ブランデー入りの紅茶ティーロワイヤル

 

ティーロワイヤルという名前を聞いたことがある方も多くいるのではないでしょうか?

ティーロワイヤルはティースプーンに角砂糖を置いて
そこにブランデーをしみこませて火をつけてアルコール分をとばしてから紅茶に入れての香りを楽しむものです。

この飲み方のコーヒー版がカフェロワイヤルといいます。

ティーロワイヤルはブランデーの香りを楽しむものですから
あまり大量のブランデーを入れては紅茶の味を台無しにしてしまいますし、
しっかりと火でアルコール分を飛ばすことがポイントになります。

角砂糖に含ませるブランデーの量もティースプーン1杯分ほどを目安にすると良いでしょう。

ティーロワイヤルはアルコール分は飛ばしていても体がポカポカと温まりますし、
出来上がるまでの過程が、とてもロマンチックなので恋人や夫婦が夜を一緒に過ごしている時に淹れても素敵です。

ティーロワイヤルに使うブランデーの種類はどんなものでも合いますので、お好みで選ぶと良いです。

しかし、こだわりたいという方にはコニャックがオススメです。

コニャックは香りが高く、まろやかなのティーロワイヤルにはとても向いているブランデーです。

贅沢な一時を過ごしたい時にはぴったりです。

 

ブランデーを入れる紅茶にはどんなものがある?

 

ティーロワイヤルの他にもブランデーを使った紅茶はいろいろあります。

例えば、フルーツティーがあります。

用意するものはブランデーとレモン、氷砂糖、紅茶だけで、
それらの材料を全て一緒に蓋付きの瓶に入れて2晩ほどおいておくだけで出来上がります。

また寒い日には温かくして飲んでもおいしいです。

これはティー・ウィズ・ブランデーといって寝る前の一杯として人気ですし、女性からも支持されています。

寒い日におすすめのこちらも用意するものは少なく、お好みのブランデーと紅茶、シナモンスティックです。

イギリスでは夜眠る前に飲む紅茶をナイトキャップといっています。

紅茶に少しのブランデーなどのお酒を入れて体を温かくして眠るというもので、
寝つきが良くなるので特に冬などの夜にはおすすめです。

シナモンスティックがあると大人の味が際立ちますし、見た目的にもおしゃれです。

甘めのほうが好きな方は少しお砂糖を足してもおいしく飲むことができます。

冬はお風呂に入った後でも、すぐに体が冷えてしまいがちです。

そんな時にはティー・ウィズ・ブランデーで体の中から温めつつ、香りを楽しむのが良いでしょう。

お酒は少し苦手だという方でもこの方法であれば味わいながら飲むことができます。

 

どういう茶葉があうの?

 

ブランデーで体を温めるといっても夜に飲む場合はこれから眠るわけですから、茶葉の選択は慎重にしたいものです。

相性の良い紅茶にはアールグレイがあげられます。

ミルクティーにして、そこにお酒と砂糖を少し入れて飲むというのは
芳醇な香りを楽しむことができるので眠る前には良いでしょう。

逆に避けたほうが良いのはカフェインが多いものです。

ダージリンやアッサム、ウバやヌワラエリアなどは夜眠る前に飲むにはあまり向かない茶葉だといえるでしょう。

できればアールグレイであってもライトに淹れるのがおすすめです。

日中に飲むのであればセイロンやディンブラ、ニルギリなども味や香りがマッチしやすいので良いです。

いろいろな茶葉を試してみて、お酒を入れる量も調節しながらオリジナルの配合で
自分好みの一杯を作るまでも楽しめるのがこの飲み物です。

同じお酒でもそのお酒によって強い度数のものもあります。

アルコール度数には気をつけておかないと少しの量でもきつい場合がありますので、
そのあたりもチェックしながら選ぶのが良いです。

日中であればケーキと一緒に飲んでも相性が良いので、
大人のティータイムにオリジナルティーカクテルを出すのも面白いです。

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら