Blog
ホットティーに合う洋酒とは?ポイントとおすすめの組み合わせ

ホットティーに合う洋酒とは?ポイントとおすすめの組み合わせ

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

今夜はホットティー+お酒で決まり!

 

紅茶ファンにも、お酒好きにも楽しく飲める。今回はそんな飲み方を御紹介します。

洋酒はもちろんですが、焼酎を紅茶で割ったものも最近はよく飲まれるそうです。

とはいえ、寒い日は特にホットティーで飲む方法もあれば良いのに、と思うことありますよね。

茶葉が沸騰させたお湯の中でジャンピングするのを見るのは楽しいものです。

香り高い茶葉の匂いに香りの高いお酒が加わる。最高なひとときを過ごせそうな気分になりませんか?

変わったものでは日本酒を合わせるという方法です。

ミルクティーカップ1杯に付き大匙2杯ほどの日本酒を入れ、
シナモンなどのスパイスで味を調えるというちょっと変わったカクテルもあるそうですよ。

紅茶の種類はこれという決まりはありません。お気に入りの紅茶に色々なものを合わせれば良いです。

お酒の量は適宜ですが、目安はスプーン1杯~紅茶の半分程度が一般的のようです。

ただ、私見ですがダージリンなどのあっさりした風味の紅茶の場合、
お酒の量は少なめにした方が紅茶の香りや味がわかる気がします。

アールグレイやアッサムなどのしっかりした風味だとお酒が多めでも気になりませんでした。

問題があるとしたら、紅茶との飲み合わせが美味しくて
ついついお酒を飲みすぎてしまうというケースでしょうか。

 

紅茶+お酒に“ちょい足し”もあり

 

紅茶とお酒や果実など、「2つ」を合わせていただくだけではありません。

紅茶にミルクや果実を合わせたものにもお酒は合います。

ミルクティーにウィスキー、紅茶にオレンジを浮かべてブランデーなどを入れれば、
お酒の、ふくよかな香りと紅茶のさわやかな香りがあいまって、オトナな感じになります。

できればミルクティーのミルクは温めたものが良いですね。

果物はできればオレンジやレモン、リンゴなどの果物を切ったものやジャムが合います。

また、色々なお酒が合いますが、できればお酒は上質の香りの高いものを使いましょう。

お酒は適量でOKです。

ポイントはお酒によっては入れすぎるとお酒の味が強くなってしまうことでしょうか。

とはいえ、紅茶に合うお酒はやはり香りの強いものの方があいます。

オレンジの果物を入れたらコアントロー、リンゴの果実ならカルバドスを入れる、という決まりはありません。

お好みの果物と組み合わせで大丈夫です。

3つ以上合わせるのも美味しいですよ。

ホットティーと牛乳、生姜を入れてウィスキーを香りづけに注ぐと寒い日にもぴったりです。

生姜のかわりにシナモンを入れるのもおすすめです。

シナモンスティックでホットティーをかき混ぜれば贅沢なティータイムが送れそうですね。

 

結論:どんな組み合わせでも美味しい!

 

身も蓋もありませんが、結論からすれば、どんな紅茶でもどんなお酒でも合う!これに尽きます。

紅茶は洋酒も日本酒、焼酎や杏露酒などもあいます。

分量も小さじ1杯の香りづけから大匙数杯までと、お好みで味を調整してかまわないのです。

また、ホットティーにお酒を加えただけの合わせ方から、
ミルクティーを合わせたもの、牛乳ではなく豆乳を加えたもの、生クリームを合わせたのものもあります。

ジャムを加えたロシアンティーにウィスキーを垂らせたものだけでなく
ブランデーを入れたもの、ワインで割ったものまで様々なバリエーションもありました。

なかでも評判が良いのはやはりカルバドスやウォッカ、
一般的なものとしてはウィスキーやブランデー、ラムなどでしょうか。

カルバドスはりんごからできた甘口のお酒です。

やはり「りんごと紅茶」という組み合わせが合うのでしょうか。

洋酒や、果実酒なども合うようです。

こう書いてみると、紅茶とお酒の組み合わせは女子向けな飲み物というイメージですが、そんなことはありません。

お酒次第では紅茶好きの男性にもおすすめできる1品だと思います。

寒い冬のデートのお伴にだけじゃなく、一年を通じてほっと一息つきたいときに、
こういったちょっと変わったカクテルを飲んでみては如何でしょうか?

 

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら