Blog
お酒と紅茶は好相性!ロシアンティーの歴史!

お酒と紅茶は好相性!ロシアンティーの歴史!

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

ロシアンティーのルーツ

 

ロシアンティーの定義はすこし複雑です。

日本でロシアンティーとは、紅茶にジャムを入れて楽しむ温かいお茶のことであると認識されている場合が多いです。

でも、紅茶にジャムをいくら入れても、フルーツのフレーバーは多少楽しめますが、
砂糖のようには甘くならないし、水っぽくてあまりおいしくありません。

実際、ロシア人もこのような飲み方はしないようです。

また、ロシアンティーの名称も認知されていないことが多く、
オーダーすればロシア産の紅茶のことかと勘違いされる場合もあります。

もちろん、ロシアのカフェには、ロシアンティーはメニューにありません。

歴史的に見ると、ロシアは夏が短く、冬が長いために、
昔から夏にとれたフルーツをジャムにして冬に保存しておく習慣がありました。

フルーツはビタミンをたくさん含み、ロシア人の重要な栄養源でもありました。

これを保存しスイーツのように楽しんだのが始まりと考えられます。

ロシア人にとってはフレーバーティーと同じ感覚です。

また、イギリスのビクトリア女王がロシアを訪問した際、レモンティーをふるまわれたことから、
今でもイギリスではレモンティーのことをロシアンティーと呼ぶことがあります。

 

ロシアンティーの楽しみ方

 

ロシアでは、日本のように紅茶に直接ジャムを入れるのではなく、
スプーンですくってなめながらお茶を楽しむ飲み方をするのが一般的です。

そもそも、昔は砂糖がとても高級であったため、
その代わりに自宅にたくさん保存されていたフルーツのコンポートのようなものを
お茶うけのように添えて出していたということから、このような飲み方になったようです。

ポーランドあたりでは、日本のようにジャムを入れたものをロシアンティーと呼びます。

これは、風邪をひいたときにお茶にラズベリージャムを入れて飲むという民間療法に由来するものです。

ジャムは、ベリー系が合いますが、アプリコットやマーマレード、梅など、どんなフルーツでも構いません。

お好みで楽しめますが、ラズベリーやストロベリーのジャムをなめながら楽しむというのがロシアのスタイルのようです。

逆に、お茶の中に入れてしまうのはマナー違反だという地域もあります。

お茶は熱くて濃いものがよく合います。

飲み方としては、ジャムを一口すくって口に含み、紅茶を一口飲んで、口の中でその味のハーモニーを楽しみます。

ビタミン不足や冷えの気になる方は、ロシアンティーをいただいてみるのはどうでしょうか?

 

ロシアンティーに相性のいいお酒は

 

ロシアンティーに少しお酒を垂らしていただくと、体が温まります。

寒いロシア地方ならではの飲み方です。

相性のいいお酒はいろいろありますが、代表的なものはウォッカです。

ロシアではジャムとウォッカを混ぜたものを小皿に出して、なめながらお茶と楽しむという飲み方もあります。

ウォッカの主な生産国はロシアと東欧で、たくさんの種類があり、そのアルコール度も様々です。

有名なものはポーランド原産の「スピリタス」という銘柄で、アルコール度数は95%以上もあります。

それ自体は無色透明で、味に癖がないのでいろいろなフレーバーをつけて楽しめます。

ロシアンティーにする場合は、ティースプーン1杯か2杯のウォッカに、上から熱いお茶を注ぐとよりいい香り楽しめます。

また、夏はアイスティーにウォッカを注ぐとカクテル風のさわやかな飲み物になります。

ブランデーもまた、相性のいいお酒です。

果実を発酵させてさらに熟成させて作るこのお酒は、フルーツのフレーバーがしっかりと楽しめ、
香りの強いお茶でも負けることはありません。

普通、ロシアンティーは主張の少ないセイロンティーを使いますが、
ダージリンのような香りの強いものでも大丈夫ですしアールグレイでも十分に楽しめるでしょう。

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら