Blog
リモンチェッロで大人なレモンティーを楽しもう!

リモンチェッロで大人なレモンティーを楽しもう!

  |   ティーとお酒について, 紅茶について

イタリアの定番、リモンチェッロ

 

イタリアでは、スーパーや酒屋などで買う以外に、今でも地元では無農薬栽培のレモンを使って
自家製のリモンチェッロを作っている人も多く、
イタリア人のお宅を訪問するとその家に代々伝わるレシピを使って作られた
リキュールをふるまってもらえることがあります。

レシピによって甘さが違ったり、使用するスピリッツの種類やレモンの産地や質によって
香りも異なるのでいろいろな味を比べてみるのも面白く、
イタリア人はお気に入りのメーカーや自家製レシピにこだわりがあります。

リモンチェッロはイタリアで大変好まれているリキュールで、
カプリ島やアマルフィ海岸などの地域が産地として有名です。

レモンの皮をアルコール度数の高い蒸留酒と一緒に砂糖漬けにしたもので、30%以上の度数があるのが普通です。

レモンのさわやかな酸味としっかりした甘みが心地よく、
冷蔵庫でしっかり冷やしたものを同じく冷蔵庫で冷やした
小さなリキュールグラスに注いで食後に楽しむのがイタリア流の飲み方です。

バールで飲む以外に、レストランで食事をしたあとデザートやコーヒーのあとに
サービスとして出されることも多く、特に夏場のイタリアではリモンチェッロなしの食卓は考えられないほど人気です。

 

爽やかなカクテル風アイスレモンティーを

 

ベースになる紅茶の種類はレモンの香りを引き立てるためにダージリンや
オレンジペコ、セイロン、アッサムなどあまり主張の強すぎないものを選んだほうがおいしく仕上がります。

バニラやキャラメルなどのフレーバーが付いた紅茶やアップルティー、
アールグレイなどはレモンの香りを消してしまうので使わないようにして、
紅茶そのものの味と香りを楽しめるものを使用しましょう。

普通のアイスレモンティーもレモンの果汁を搾る代わりに
リモンチェッロを使うと大人の味のカクテルに変身します。

紅茶とレモンは相性抜群で、特にアイスティーの場合は
爽やかで飲みやすいので女性向けの素敵なドリンクができます。

リモンチェッロには最初から甘みがついているのでガムシロップを加える必要はありませんが、
甘みが足りないと感じたら好みでシロップを加えて調節しましょう。

透明感のある黄色が鮮やかなリキュールなので紅茶の紅色と混ざって
素敵な色合いになるのでロングドリンク用のグラスで作ってゆっくりと味わいたいカクテルです。

飲みやすいのでそのまま楽しんでも、
ケーキやクッキーなどのお菓子と一緒に飲んだり
サンドイッチなどの軽食に合わせてもよく、どんな場面でも大活躍してくれます。

 

バリエーションを楽しむなら

 

リモンチェッロとアイスティーにミントの葉やレモングラスなどの
フレッシュハーブを加えるのもおしゃれで、
グリーンを添えることでグラスの見た目がきれいでハーブの香りが爽やかな夏向けのカクテルができます。

スライスしたレモンを1枚浮かべたり、サングリア風にリンゴやオレンジ、
キウイなどのフレッシュフルーツを入れてみるのも素敵です。

もともと女性向けのドリンクなのでグラスも工夫してロングドリンクのグラスや
大きめのワイングラス、シャンパングラスなど気に入った
おしゃれなものを選んできれいに盛り付けてみましょう。

濃度の違いを利用してリモンチェッロがグラスの底に沈むように
そっとアイスティーを注ぐと下が黄色、上が紅色のアイスレモンティーができます。

いろいろ試してお気に入りのバリエーションを見つけてみましょう。

 

 

Tea Total- ティートータル

 

ニュージーランドから直輸入のTea Totalの様々な商品は、こちら